アドセンスとは? アカウント停止されながら再取得できた私がご案内します
アフィリ王子
ここの管理人、アドセンスのアカウント停止くらったことがあるんだって!

 

ネット王女
何したのかな?
そうとう『悪いコト』をしてそうじゃない?

 
まあ、自業自得です。
詳しくはこちらからどうぞ ⇒ アドセンスのアカウント停止と再取得
 
秋田秀一イメージ画像
アドセンスは『権利として』所有できるなら取得しておいた方がいいと思います。
⇒ 割引券を配布するだけで稼げる副業 を提唱しています。私が構築しました。

 

ここでは以下の3つについてお伝えします。

・アドセンスとは? その魅力は?
・アドセンスの報酬
・注意点

 
アドセンスは一度アカウント停止になると・・・ほとんど再取得できないこともあります。
(家族名義で再取得にチャレンジしたり、住所移転・IPアドレス変更など涙ぐましいトライをしなければならないとも言われたりします)

以前、アドセンスのアカウント停止になったブログ管理人の秋田がその体験から『アドセンスとは』について解説します。

どうぞ・・・アドセンスは成果報酬が高めですが運用についての厳格な取り扱いが求められます。私のようにアカウント停止にならないようにしてください。
 
 

アドセンスについて。最大の魅力は?

ここから上に視線を向けてください。目次の上に(たぶん)広告が表示されていると思います。

これはグーグルが勝手に表示してくれるものです。読者がこれをクリックしてくれたら・・・(広告を掲載している人に)報酬が入る、というのが『アドセンス』です。

クリック型の広告ということになります。このアドセンスの最大の魅力は『お手軽さ』と『高報酬』です。一つずつ見ていきます。

 

お手軽さ ブログアフィリエイトは、売り込みたい商品について調べて『記事』を作成しないといけません。犬のしつけについてノウハウを知りたい、という人に英会話の教材をPR・売り込んでも反応はしてくれません。
ターゲットの特性と商品知識について調べて記事を書かないといけない、のです。

一方、アドセンスは・・・極端な話、芸能人のブログのように日記を書いても、訪問してくれた読者がクリックしてくれさえすれば・・・報酬が発生します。
(実際は芸能人ではないので、ちゃんとした記事を作成して集客しなければ報酬にはつながりません)
当たり前の話ですね。ブログ記事を書いても誰も来てくれなければ、クリック以前に可能性はゼロです。

高報酬 グーグル以外にクリック型の広告を提供しているASP(広告代理店)もあります。しかし、アドセンスがいちばん報酬の率は高くなっています。
1クリック50円くらいもらえたりします。
広告を貼ること ⇒ 簡単 アカウントが取得できたあと、『コード』をブログ内に貼るだけです。
グーグル側が勝手に『そのページを見ている読者に最適の・お薦めの広告』を表示してくれます。
難点があるとしたら・・・ ある程度、サイト・ブログを作り込んでから申請する形ですが、ハードルは高い方かと思います。

繰り返しますね。

アカウント取得できたら、実際にコードを貼りさえすれば『仕掛けづくり』は完成です。
(前提として、このサイト・ブログにアドセンスのコードを貼りますから審査してくださいというスタンス)

あとはそのサイトやブログを訪問した人がアドセンスの広告をクリックしたら(その回数に応じて)報酬が入る、という仕組みです。

ほんと仕組み自体は簡単です。

ただ、グーグルの承認がもらえるかどうか
ということが『最初の』ポイントとなります。

本格的なアフィリエイトにチャレンジする時、お試し的に取り組んでみるくらいのつもりでもいいかと思います。長い目でみての仕掛けづくり、将来への投資、ですね。
 
【結論】

・(アカウントが承認されたら)お手軽・簡単に稼げるネットビジネス
・もちろん集客が大前提となる
・アフィリエイトとアドセンスの併用も可能(財布の入口が2つになる、ということ)

アドセンスの報酬は? 稼げる人ってどのくらい稼げるのか

1クリック当たり数十円というところです。ここで【捕らぬ狸の皮算用】をしてみたいと思います。

■仮に1クリック50円だとしましょう。毎日毎日、1万人がサイトやブログを訪問してくれてその中の1%がクリックしてくれたとします。
■すると、1万人の1%ですから、100人です。
■50円×100人×30日(1ヶ月)だと・・・凄いですね、毎月15万円の報酬となります。

毎日毎日1万人が来てくれるサイト・ブログだと凄い集客力ということになります。
また、1%のクリック率も高い設定かも知れません。でも、一つの参考事例として計算してみました。

チャレンジするだけの価値はありそうです。
 
秋田秀一イメージ画像
このサイトでも・・・おかげさまで毎月1万円くらいにはなっています。

稼げる人は・・・
ゲーム攻略のブログで毎月(アドセンス収入が)
100万円
という人もいます。

 
ですから・・・ほったらかしで、毎月10万円、20万円といったような人はいくらでもいると思います。

アドセンスの注意点

アドセンスだけに限ったことではありませんが、必ず規約(ルール)というものが存在します。

パソコンを最初購入したや新しいソフトをダウンロード・インストールする時など『規約を読んでもらって』『同意』を求められることがあります。

たぶん、誰も中身をきっちりと熟読した上で規約にチェックを入れる、というようなことはしません。機械的にチェックして終わり、だと思います。

もし、そんな感覚でアドセンスの規約を考えていると・・・将来、大変なことになるかも知れません。

・グーグルの検索エンジンそのものが質の高い(コンテンツの充実した)サイトを評価して検索結果の上位になるようにするのと同じように
・アドセンスもいいかげんなサイトや中身のないクリックでの副収入稼ぎがメインのようなサイトへアドセンスが表示されることを嫌います。

※むかし、私はメインのサイト以外に、ペラサイトをたくさんつくってアドセンスのコードを貼りまくったことがあります。・・・やがて、グーグルから注意がきて、補正が間に合わせずにアカウントを凍結されたことがあります。

稼ぎはパーです。(汗・苦笑)

つまり、ルールはちゃんと守るのが当たり前だし、サイト・ブログの充実も当たり前、なんだということをきっちりと理解してそれなりのサイト・ブログづくりをしてください、ということをお伝えしておきたいと思います。

・アドセンスと他の広告(例えば、アマゾンのアソシエイツなど)との併用についてはどこまでが可能かどうかきっちりと理解すること。
・中身のない量産型のペラサイトなどにはアドセンスを入れない方が良いと思われる。
・画像(肖像権やはだかの画像など)、言葉など注意すべきコトにもちゃんと気配りすること。

※ アマゾンのアソシエイツとは、アマゾン版のアフィリエイトのことです。

まとめ

アドセンスとは、まとめ
いずれにしても、アドセンスは(ネットの世界で)神にも等しい検索エンジンを持って、それを駆使できる立場にあるわけですから、他の広告主のように緩いチェック態勢ではありません。

まして、人工知能AIもどんどん進化してきています。

たとえが不適切かも知れませんが・・・最近は犯罪捜査で駅や街中の防犯カメラで(わずか数日のうちに)容疑者・犯人が見つかる場合があります。(ニュースなどで見かけるかと思います)

あれは全部人工知能が24時間不眠不休で『探す』からですね。

検索エンジンもいっしょです。その力を甘くみてはいけません。アドセンスにチャレンジする時はSEOと同じように正統派でいきましょう。

せっかくの稼ぎ(資産)がある日突然アカウント停止・凍結、となれば・・・それまでの人生の時間が無駄になります。そそれくらいの認識を持って取り組んで欲しいものです。
 

ここまでありがとうございました。

 
 

スポンサードリンク