7asayake


アドセンスは成果報酬が高めですが運用についての厳格な取り扱いが求められます。私のようにアカウント停止にならないようにしてください。

アドセンスについて

アドセンスは、グーグルが提供している(いわばクリック型の)アフィリエイトです。
サイトやブログ(これにアドセンスのコードを設置しますよと申請する予定のサイトやブログ)を申請して、承認されたらアドセンスのコードを設置します。
⇒ あとはそのサイトやブログを訪問した人がアドセンスの広告をクリックしたら(その回数に応じて)報酬が入る、という仕組みです。

仕組み自体は簡単です。
ただ、グーグルの承認がもらえるかどうか、ということがいちばんのポイントですね。

サイトの最終形や完成形でなくても構いませんので、お手軽なネットビジネス、初心者向けのアフィリエイトとして取り組んでみられることはお薦めしたいところです。
それから、少しずつサイト・ブログへの訪問者を増やすためのキーワードの選定やSEOについて、あるいはSNS(フェイスブックやツイッター、ラインなど)との連携などを研究していけばサイト・ブログそのものがまさに自分の財産・資産となって機能してくれることになります。

長い目でみての仕掛けづくり、将来への投資、ですね。

アドセンスの報酬

1クリック当たり数十円というところです。
仮に50円だとしましょう。毎日毎日、1万人がサイトやブログを訪問してくれてその中の1%がクリックしてくれたとします。
すると、1万人の1%ですから、100人です。

50円×100人×30日(1ヶ月)だと・・・凄いですね、毎月15万円の報酬となります。

毎日毎日1万人が来てくれるサイト・ブログだと凄い集客力ということになります。
また、1%のクリック率も高い設定かも知れません。でも、一つの参考事例として計算してみました。

チャレンジするだけの価値はありそうですね。

アドセンスの注意点

アドセンスだけに限ったことではありませんが、必ず規約(ルール)というものが存在します。
パソコンを最初購入した時のいろんな設定時の「規約への同意」やソフトをダウンロードする時などの「同意」など、たぶん中身をきっちりと熟読した上で規約にチェックを入れる、というようなことはあまりしません。

同じようにアドセンスの規約(同意)を考えると、将来大変なことになるかも知れません。
グーグルの検索エンジンそのものが質の高い(コンテンツの充実した)サイトを評価して検索結果の上位になるようにするのと同じように、アドセンスもいいかげんなサイトや中身のないクリックでの副収入稼ぎがメインのようなサイトへアドセンスが表示されることを嫌います。


秋田秀一秋田秀一

むかし、私はメインのサイト以外に、ペラサイトをたくさんつくってアドセンスのコードを貼りまくったことがあります。
・・・やがて、グーグルから注意がきて、補正が間に合わせずにアカウントを凍結されたことがあります。稼ぎはパーです。(汗・苦笑)

つまり、ルールはちゃんと守るのが当たり前だし、サイト・ブログの充実も当たり前、なんだということをきっちりと理解してそれなりのサイト・ブログづくりをしてください、ということです。

  • アドセンスと他の広告(例えば、アマゾンのアソシエイツなど)との併用については、どこまでが可能かどうかきっちりと理解すること。
  • 中身のない量産型のペラサイトなどにはアドセンスを入れない方が良いと思われます。
  • 画像や言葉など注意すべきコトにもちゃんと気配りすること。

※ アマゾンのアソシエイツとは、アマゾン版のアフィリエイトのことです。

いずれにしても、アドセンスは(ネットの世界で)神にも等しい検索エンジンを持って、駆使できる立場にあるわけですから、他の広告主のように緩いチェック態勢ではありません。
SEOと同じように正統派でいきましょう。

せっかくの稼ぎ(資産)がある日突然アカウント停止・凍結、となればそれまでの人生の時間が無駄になりますので、それくらいのつもりで取り組んで欲しいものです。