パソコンの使用履歴・ログのチェックイメージ画像

パソコンの使用履歴・ログを調べたい。ひょっとして休日に勝手に使われた? 不安だから履歴を確認したいし、逆に自分のログを消す方法を知りたい!

朝、自分のパソコンを触った時に・・・「あれ? かな入力がローマ字入力になっている?」「勝手に変わった?」「もしかして・・・誰か触った?」と感じたことはありませんか。
 

アフィリ王子
まあ、ショートカットキーなどを割と使いこなしている方だと、「Shiftキー」「CapsLockキー」「Ctrlキー」等を駆使している時に間違って二度押ししたり、指が当たったりで設定に(知らない間に)影響が出てしまうこともありますね。

 

ネット王女
自分も時々あります。逆に、それなら安心ですが・・・もっとも、勝手に設定が変わったのを元に戻せずにあれこれ悩むことがあったりもしますけど。

 

もしあなたがこんな不安や思いをしたことがあったのなら、今回の記事ではそれを解決する方法を解説します。

・不在時・離席時にパソコンを触られたのではないか? という不安がある。
・パソコンの操作履歴やログの履歴を調べる方法を知りたい、部下の履歴をチェックしたい。
・自分の操作やログインの履歴を消したい。

 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者 ⇒ 割引券を配布するだけで稼げる副業 を提案しています
秋田秀一

調べることで安心できますし、不快な気分で仕事をする必要もなくなります。
部下を持つ上司の人だと、こっそり休日出勤したり、残業の申請なしで夜遅くまで仕事をしていた部下の実態もチェックできます。

元・銀行員支店長経験者の秋田です。銀行内の検査専門部署の経験もあります。
検査の仕事では、銀行の決まりどおりに事務処理されているかどうか、不正がないかを調べたりします。さらには銀行員の個人レベルで(仕事以外にパソコンを使用していないかどうかなど)チェックした経験があります。

【注意事項・前提】
WINDOWSの場合は、windows7、windows8、windows8.1、windows10で操作方法が異なっています。
(今回は、私のPCがウインドウズ8なのでそれをメインにお話します。※ただ、私は旧WINDOWSのスタートメニューに設定を変えています。ご了承ください)

チェックする方法と自分の足跡を消す方法、特に消す方法はiPhoneなど多種多様な機器まで含めると凄いことになりますので、一部抽出的なものにとどめています。どうぞご了承ください。

では、不安解消と操作履歴の抹消について一つずつ解説させていただきます。

目次

履歴ログを調べることで使用履歴がわかる。まずは不安解消ができる

まずは『疑われるパソコン』の使用・操作履歴ログを確認することから始めます。履歴ログを確認するためにコントロールパネルから『イベントビューアー』機能を使います。

まずは、コントロールパネルを開きます。

コントロールパネルイメージ画像

矢印イメージ画像

システムを選択・クリックします。

システムイメージ画像

矢印イメージ画像

コントロールパネルホームへ移行します。

コントロールパネルホームイメージ画像

矢印イメージ画像

システムとセキュリティ ⇒ 管理ツールを選択します。

管理ツールイメージ画像

矢印イメージ画像

イベントビューアーイメージ画像

イベントビューアーをクリックしたら・・・見えてくるのが使用履歴。これをチェック!

Windows ログ ⇒ システムを選択してください。

イベントビューアーイメージ画像

矢印イメージ画像

イベントビューアーイメージ画像

細かい記号等の意味がわからなくても、パソコンのオフ・オンの時間を確認できます。

ここでは20170911日の朝6時1分22秒から、11時19分44秒まで(シャットダウンされていて)使用歴なし、ということがわかります。

こんな感じで確認すると、まあ不在時に誰かに使用されたとか・されないといったことが確認できます。

【結論】不安な時は・・・
・離席、不在時に勝手に使われたのでは、と感じたら確認すれば安心!
・精神安定剤として履歴確認!
・サービス残業していたら、ログ確認でバレます。起動時間≒勤務時間!

パソコンの履歴・ログを見る・確認・チェックするには、また別の方法もあります。
それは・・・

ファイル名を指定して実行(R)からイベントビューアーを使う。またはWindowsキー+Rキーから「ファイル名を指定して実行」を呼び出してもOK

イベントビューアーはショートカットキーからも呼び出せます。

Windowsキー+Rキーを同時に押して「ファイル名を指定して実行(R)」を呼び出します。

ファイル名を指定して実行イメージ画像

検索窓に「eventvwr.msc」と入力してください。先ほどと同じ画面になりますので、そこから確認することができます。

気になったら・・・こまめにチェックですね。
まあ、安心料だと思って時間をとって確認作業をしてみてください。

少しだけ話がそれますが・・・私の体験談を二つご案内します。暇な時にでもどうぞ。

今度は『足跡』を消す方法について解説したいと思います。

パソコンやスマホの履歴(操作・閲覧・検索)を削除する方法

昔話で恐縮ですが・・・銀行に勤めていた時のセキュリティは凄かったです。

誰がいつパソコンを使用した・操作したというのはもちろんのことですが、印刷したもの(店の外に持ち出せるもの)にも、アウトプットした用紙に・・・『透かし』のように、何月何日の何時何分に誰がアウトプットした、と薄く印字されるような仕組みでした。

下手するとパソコンの操作一つで人生が違ってくることもあるような世界にいました。
まあ、お金や情報をあつかう商売の現場ですから、企業としてのセキュリティは『ハンパない』というものでしたね。

さて、ではその履歴の削除(証拠隠滅)のやり方です。

イベントビューアーから履歴を削除する方法

ここまでみてきた手順で『イベントビューアー』の画面まで到達してください。

履歴・ログの削除イメージ画像

左端のWindowsログを展開して、そこから

・『Application』
・『セキュリティ』
・『システム』 と順に削除していってください。

3つとも確認・処理することを忘れないでください。

右クリックで開いて『ログの消去』 ⇒ 次に『消去』を選択します。

ここで一つ気になることが・・・
ログを消したことそれ自体が、ログとして残っているのではないか? という心配があるのですが・・・ 実は、そのとおりです。

それをどうするか? ・・・

ログを削除した(消した)こと自体のログが残っているはずだから、それまで消す方法は?

私は、この領域にまで踏み込んで証拠隠滅をした経験は、残念ながらありません。
それで・・・ヤフーの知恵袋にありましたのでご紹介したいと思います。

⇒ pcのログを消すとログ削除のログが残りますよね?

あくまでも自己責任でトライしてください。
まあ、ここまでやる、というような 『足跡消し』は普通の人には無縁だと思いますけど。

iPhoneの履歴を消す方法

私がアイフォンを利用していることからのご案内しますが、他のスマホを所有していないので・・・Androidについては割愛させていただきます。お許しください。

iPhone の履歴を消す方法イメージ画像

Safari を立ち上げてブックマークから『時計』のマークをクリックします。履歴が表示されます。

あとは、右下の『消去』からお好きなパターン(期間を選択して)で消去してください。これで一安心です。

閲覧履歴は削除されました。

実は、過去に見ていたサイトの情報が削除されますが・・・今、開いているサイト・ブログのページがあった場合には、そのページは削除されません。

もし、もっと全部を消去したい、という時には・・・

『設定』から『Safari』⇒『履歴とWebサイトデータを消去』してください。

iPhone の履歴削除イメージ画像

ただし、これをやると、
全部まとめての削除で、今現在ログインしているサイトなども強制的にログアウトされます。

Windows10の履歴を削除する方法

Windows10には『アクティビティ履歴』というものがあります。

これは、過去に使ったファイル・フォルダ、アクセスしたサイトなどの記録がバッチリと記録されています。次の手順で削除することができます。

スタートメニュー『歯車』 ⇒ Windows設定の『プライバシー』 ⇒ 『アクティビティの履歴』⇒ 『アクティビティの履歴を消去する』 ⇒ 『クリア』 ⇒ 『OK』
で完了です。

※マイクロソフトのアカウントでクラウド上に同期させている使い方をしている場合には、『Microsoft アカウントのアクティビティデータを管理する』からサインインして履歴を削除してください。

インターネットの閲覧・検索履歴を消す方法

ムフフなサイトの閲覧などヤバイ履歴を削除しても、見る人が見れば・・・検索した履歴などもチェックすることができます。

ここでは『閲覧』の履歴『検索』の履歴までをセットで削除する、という点までとらえていた方がいいかも知れませんね。

では、その方法ですが・・・

ネットの閲覧履歴を削除する方法

以下の3つのパターンを参考にしてください。

エクスプローラー 右上の『歯車マーク』⇒『セーフティ』⇒『閲覧履歴の削除』
あとは削除したい項目にチェックを入れて削除してください
FireFox 右上の『三本線マーク』⇒『オプション』⇒『プライバシーとセキュリティ』
『履歴』⇒『履歴を消去』
Chrome 右上3つの『●ポッマーク』『Goole Chrome の設定』から⇒『設定』⇒『詳細設定』⇒『プライバシーとセキュリティ』
『閲覧履歴データを消去する』⇒『データを消去』

※クッキーを削除すると、ショッピングカートなどに一時的に入れている商品のデータなども削除されます。どこまで削除するかは十分にご検討ください。

ただ、また新しい気持ちでリセット・ネット生活の再スタート、だと割り切れば全部削除してもいいのかも知れませんが。あくまでも自己責任でお願いします。

検索履歴を削除する方法

サイトを検索する時には、いろんなパターンがあります。
人によって、ブラウザが異なっていたり、グーグルのアカウントにログインしている状態での閲覧だったり・・・

なので、代表的なものをいくつか紹介します。

グーグルアカウントログイン状態での検索履歴を削除する方法

まずは、『グーグルアカウント』にログインします。

左端の『データとカスタマイズ』を選択。
次に、『アクティビティ管理』⇒『アクティビティ管理を行う』

⇒ 『ウエブとアプリのアクティビティ』とか『YouTubeの検索履歴』『YouTubeの再生履歴』といった項目があります。

そこから個別に『履歴を管理』から詳細にみていきます。
個別の履歴の右側に『●ポッが縦に3つ並んだマーク』がありますので、そこから削除していってください。

私のアクティビティは?私の場合は、アクティビティそのものを『一時停止』しています。
特に『ウエブとアプリのアクティビティ』は一時停止中と表示されたままにしています。

PCの検索履歴を消す方法(Windows8)

『PC設定』⇒『検索とアプリ』⇒『検索履歴』⇒『消去する』でOKです。

こういった作業を定期・不定期的に行うというのは、ある意味たいへんです。
前もって検索機能でキーワードを覚えておかないようにしたり、そもそもサイト閲覧の時点で履歴が残らないようにすることの方がずっと楽だと思います。

その方法もご案内したいのですが・・・

オートコンプリート機能が検索履歴を覚えておいて、『候補』として表示させてしまうのをやめたい時は!

オートコンプリートという機能は便利です。
過去のキーワードを覚えておいてくれて、入力する前に『これじゃないですか?』とばかりに表示してくれます。

他の人に見られたら、余計なお世話ですね。
便利な機能ですが外しておいた方がいいかな、という方は検討されてみてください。

ただし・・・オートコンプリートには・・・

削除すると困る点も・IDやパスワードを入力してログインする画面などの場合には自動的にログインIDを表示してくれる。
削除したり、設定を解除したりすると・・・
ログインID・パスワード管理の時に困ることも起こりえます。

ということで、慎重に対応していただきたくて、ここではオートコンプリートを削除したり、設定解除する方法を最後までは記載することを割愛させていただきました。どうぞご了承ください。

※ただ、ここまで代表的な3つのブラウザについて閲覧履歴を削除する方法をご案内しました。その一部として、オートコンプリートの機能についての削除も含まれています。

どうしてもチャレンジしたい、という時には前述のやり方を参考にチャレンジしてみてください。
(ブラウザによって『呼称』が違います。必ずしもオートコンプリートとは表示されていないものもあります)

繰り返しますが、使用環境や使い方などはバラバラです。

もし、最初から(特にネットでの)閲覧・検索履歴を残したくないなら・・・プライベートウィンドウを利用されることをお薦めします。

それが、次のテーマです。

矢印イメージ画像

ネット上の閲覧履歴を残したくないなら、最初からプライベートなブラウザでみるべし!

家族共有パソコンで閲覧履歴が『ヤバイ!』と感じるのは、ムフフなサイトを見る時くらいだと思います。

まあ、閲覧履歴や検索履歴から個人の趣味・嗜好が完全にバレバレになったりもしますから、その後の人間関係を考えると要注意ではあります。

最初からブラウザのプライベートウィンドウで閲覧する癖(くせ)をつけてください。
その方が安心です。

エクスプローラー InPrivateブラウズ
『ツール』『セーフティ』から『In Private ブラウズ』を選択
・・・Ctrl + Shift + P
FireFox 新しいプライベートウィンドウ
『メニューを開きます』から Ctrl + Shift + P
Chrome シークレットウインドウを開く
『Goole Chrome の設定』から Ctrl + Shift + N

インターネットエクスプローラーはスタート画面の最下部にも『InPrivateブラウザ』または『InPrivateブラウズを開始する』の表示があります。

そこからでも閲覧履歴が残らない形でサイト閲覧が楽しめます。

エクスプローラーのInPrivate ブラウズイメージ画像

ご健闘をお祈りさせて、いやご検討ください。

パソコンの使用履歴・ログを調べたい時、操作履歴・閲覧履歴・検索履歴を削除したい時のまとめ

前回使用時のパソコンと違和感を感じたら、履歴ログを確認して、(休日中や不在時などに、誰も触っていないということをチェックして)安心してみるのがいちばんです。

疑心暗鬼のまま仕事なり作業なりを続けていると、どんどん妄想がわいてきて思考がとんでもないところに行ってしまいます。それよりも気分を晴らした方がずっと得策ですね。

不安や疑念を持ちつつ作業なりを継続することは精神衛生上マイナスです。
どうせしなければならない仕事であったり、作業であったりするのであれば・・・先に気分を良くすることを考えてください。

 

【結論】
・操作・使用履歴が気になり始めたら・・・まず確認・チェック。
・身近なセキュリティとして、パソコンの不正使用・不正ログインなど・・・自分が触った時に『違和感』を感じたら、その皮膚感覚を大事にしてすぐチェック・確認作業をお薦めします。
・疑念のまま仕事するよりチェック・確認して『安心』する方が得策です。

 
逆に、自分が(少し後ろめたい気持ちで)履歴を消したい時の方法についてもご案内しました。パソコンを使用したつど、こまめに削除するような方法は大変です。

利便性をとるか、安全性をとるか、はたまた周囲の目を気にするか・・・正解はないですね。

※セキュリティやログイン管理に意識が向いたらパスワード管理ソフトを検討してみてもいいかも知れません。こちらの記事ページのソフトを私は無料で利用しています。便利です。


 
疑いだせばキリがないですが、少しだけ敏感になることは大切です。
(老婆心からの助言でした)

他の人の仕事ぶりや行動をチェックする側の人にとっても、お役に立てたかも知れませんね。

部下を持つサラリーマンではなくて、上司がいるサラリーマンの方はこちらの記事もどうぞ。

⇒ 【非公開的ネタ】あなたのパソコンはみられている!

ここまで本当にありがとうございました。

スポンサードリンク




毎月毎月『ほったらかし』での副収入 割引券アフィリエイト