ネットビジネスでのトラブル【3選】

ネットビジネでのトラブルイメージ画像

ネットビジネ、特に物販系などをやっていて正体不明のハガキが送付されたことはありませんか?

私は物販をやっている時に、上アイキャッチ画像のようなハガキが送られてきたことがあります。
(もちろん黒塗りのところは実名入りでした)

貴殿の住所を特定したゾ!的なニュアンスですが、元々サイトの特定商取引に基づく表示のページには、ちゃんとした住所を記載していましたので簡単に特定することができるようになっているのですけど。

秋田秀一

普通の人間の感覚だとイヤですよね。

実はハガキの差出人の住所もちゃんと印刷されていました。東京在住の人物です。
でも、私のところまで本人が(または仲間が)やってきて、恐喝とかされるのではないか、と不安を感じたのも事実です。

今回はネットビジネにまつわるトラブルを実体験からお話したいと思います。

【今回の記事がお役に立ちそうな人】
・ネットビジネスでのトラブルに不安を持っている人
・自宅などに正体不明のハガキなど(郵便物)が届いて心配になった人
・これからどんなことに注意すればいいか知りたい人

元銀行員で30年選手だった秋田がわかりやすく解説します。
得意技は資金調達と借金返済の相談・サポートです。
オリジナルの副業モデルやプログラムで借金返済や副収入稼ぎを応援しています。

【今回の記事の内容】
・正体不明の郵便物やメール
・嫌がらせ
・一般的な苦情 ⇒ トラブル

矢印画像

【結論】
・正体不明の郵便物やメールには、【無視】がいちばんです。
⇒ ウイルスが付着したメールだから開封せずにゴミ箱に削除するのと同じ感覚。触らない。
・嫌がらせも【無視】がいちばんです。
・苦情には、可能であれば「できるだけはやく」対応することが大切。
⇒ 後になればなるほど解決するためのエネルギーが大きくなります。
⇒ 嫌がらせに進化した場合は、自分の対応も【無視】に移行しましょう。

【 VPN 】とは、あなたがネットにつながっているのを
隠してくれる+守ってくれるサービスです。
(月額 ⇒ 毎月300円~500円~700円~)

\ VPNランキング /
キャンペーン中のサービスもあります

金色王冠1位イメージ画像 NordVPN・6台まで可
・月額450円くらい
オフィシャルサイト【NordVPN】
銀色王冠2位イメージ画像 SurfShark・台数限度ナシ
・月額350円~550円くらい
【SurfShark】
銅色王冠3位イメージ画像 AvastSoftwareJapan・5台まで可
・月額600円くらい
アバスト セキュアラインVPN

スポンサードリンク

目次

正体不明の郵便物やメール

アイキャッチ画像を再掲します。この手の郵便物や、詐欺狙いの郵便物などもやってきます。
(サイト内に住所を開示していることから誰でも知ることのできる状態になっているので仕方ないかも知れません)

ネットビジネでのトラブルイメージ画像
正体不明の郵便物イメージ

慌てて対応・反応する必要はありません。
無視することが大切です。

まあ、後々のために郵便物原本でなくても、コピーを残しておいてもいいかも知れません。

メールも同じです。
特に最近は巧妙にウイルスが仕組まれたメールもやってきます。

ウイルスソフト・セキュリティソフトで対応しています。(受信の段階で駆除してくれます)

嫌がらせ

嫌がらせクレーマーイメージ画像
嫌がらせのイメージ

これは次のトラブルから嫌がらせにつながる場合もあります。

私の場合がまさにそうでした。

嫌がらせ、というのは毎日不気味なメールが何十通と届くのです。
毎日毎日、マジに届きます。

しかも同じ文面です。もちろんタイトルも同じです。

メールボックスが大変なのと、受信している時間がもったいないですね。
その間、他のメールを見れませんから。

秋田秀一

言うならば、ストーカー行為です。
マジにヤバい人(女性でしたけど)だと感じました。

【ここまでのまとめ】
・郵便物と同じく【無視】がいちばんです。
・自分の精神衛生上はイヤな気持ち・嫌な気分・反発したくなる感情が残りますが、そのうち慣れます。
慣れた頃には、メールも送られてこなくなりました。

一般的な苦情 ⇒ トラブル

苦情・トラブルのイメージ

たとえば、商品の送付について・・
到着までしばらくかかります、とか郵便・宅配の事情によっては遅れることもあります、といくらサイト内に表示したり、注文確認メールの文面内に記載していても、苦情を言う人います。

「何で、送ってこないの?」
「どうして遅いの?」

欲しいものが届くまでの期間や日数、時間的な感覚は人それぞれだとは思うのですが、無理難題を言う人はいくらでもいます。

わざとやっているのではないか(いわゆるトラブルメーカー)というような人です。

これはさすがに無視するわけにいかないので、真摯に・丁寧に・かつ論理的に・具体的なケーススタディなども伝えながら説得に努めるしかありません。

でも、人によっては、

振り上げた拳(こぶし)の落としどころを自分では見つけられない、どうにもできないというような人もいて・・
そんな人はいつまでもネチネチと言ってきます。

秋田秀一

私の場合も、とある女性でしたが対応・反応が遅かった、というだけで
⇒ それを「何時間か、数日間、無視された」と感じたのでしょうね。

メールでのやり取りでお詫びして、実情をお話したのですが・・
前章で紹介した「嫌がらせ」のメール攻撃が1ヶ月くらい続きました。

最終的には「嫌がらせ」攻撃は【無視】しましたので、その後はフェードアウトというか自然消滅するように嫌がらせはなくなりました。

めでたしめでたし、です。

トラブル【3選】のまとめ

ネットビジネスでのトラブル【3選】まとめイメージ画像
ネットビジネスでのトラブル【3選】まとめのイメージ

ポイントは2つ!
元銀行員としての30年選手での経験からも言えること

苦情から始まったトラブルは、絶対に気を付けておいて欲しいことがあります。
先送りすればするほど、問題が複雑になる可能性があります。

単なる手続き的なものや、時間的なもの(遅延など自分以外の要因によるもの)からの普通の苦情が、対応・対処が遅れたことで【感情論】が入ってくると、こじれることがある、ということです。

早めの対応ほどOKです。・・【ポイント1】

無理難題を言ってくる相手は、【無視】=【関わらない】ことが大切です。
もちろん本記事の2章と3章の話になります。

相手は関わってこようとしますので、自分の側からは関わらない、ということです。
⇒ 放っておく、関わらない、でする。・・【ポイント2】

【まとめ】
・早めにエネルギーを費やして「火の粉を消す」的な感じで、早め早めの対応が基本です。
・後になればなるほど、こじれたり・感情論的なトラブルになる可能性があるからです。
・嫌がらせ的な行為については【無視】【放っておく】ことがおすすめです。

ここまで本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

ネットビジネでのトラブルイメージ画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

秋田秀一のアバター 秋田秀一 コンサル・ネットビジネス

元銀行員・約30年勤めて定年退職後にコンサル・ネットビジネスで起業しました。借金の返済・副業・お小遣いアップ・いきがいづくりを応援しています。⇒ 秋田秀一公式サイト

目次