【2019年版ウィルス・セキュリティソフト】のお薦めは? 実際に数年間ずつ使ってみた体験からの比較!

自分のパソコンにウイルス対策・セキュリティソフトを入れていない、という人はさすがにいないかと思いますが・・・

昔は、日本国内で使えるというか、出回っている『ウィルス対策ソフト・セキュリティソフト』は2種類だったように思います。

カメラ業界で『ニコン』と『キャノン』の2大勢力があるように以前は、『ウイルスバスター』と『ノートン』の2種類の中から選択していたような状況でした。

それが・・・今では群雄割拠のような感じになってきています。

アフィリ王子アフィリ王子

むかし・・・2大政党ならぬ、2大勢力。

  • ウイルスバスター(トレンドマイクロ)
  • ノートン(シマンテック)

もちろん両方とも『使用』したことがあります。
ただ、最近の新製品まで含めてすべてのPC機器で実証したわけではありません。

それでも参考になればと思っています。

ネット王女ネット王女

最近は、ほんと凄いです。

  • ESET(キャノンITソリューションズ)
  • カスペルスキー(カスペルスキー)
  • マカフィー(マカフィー)
  • ゼロ(ソースネクスト)・・・

いろんな選択肢から選べる時代になったのです。
競争の原理が働いて、ずいぶんと『お安く』なってきているのは間違いありません。
いい時代になりましたね。

今回の記事はウイルス・セキュリティソフトの比較です。

・ウイルスバスター
・ノートン
・ESET
・カスペルスキー
・マカフィー
・ゼロ

について検討できるように比較してみました。

秋田秀一秋田秀一

【結論から申します】
ノートンからスタートして、ウイルスバスターへと乗り換えて・・・
今は、ESETを利用しています。


スポンサードリンク



セキュリティソフト選択のポイント ⇒ 動きの『重さ』が、いちばんの私の場合の『乗り換え』要因

私の『体感』からのウイルス対策ソフト・セキュリティソフトの遍歴です。

前提条件として、ソフトの対象となるパソコンの性能は人それぞれです。
また、ネット環境もそれぞれです。(光回線、ADSL回線・・・)

さらには、それぞれのパソコン内に保存してある(インストールされている)ファイルの数は個人差があります。

ですから、単純に『速い』『遅い』『軽い』『重い』という比較は・・・あくまでも個人差がある人間の『体感』だと認識しておいてください。

秋田秀一秋田秀一

私は、ノートンからスタートしました。
それから2台目のパソコンを買った時にウイルスバスターを入れました。
しばらくは、ノートンとウイルスバスターを同時並行的に活用していましたが・・・
どうしても、『重さ』が気になって・・・パソコンが軽快に作動しないのです。
笑い話的な感じですが、ウイルス対策ソフト・セキュリティソフトをアンインストールしてしまおうか、と感じたこともありました。

それから、ほどなくして・・・
私の妻が『パソコンをやりたい』と言い出して・・・

私と同じパソコンを購入することになりました。
まったく『私と同じ性能』のパソコンです。

『レノボ・E430・COREi5』の同じパソコンが我が家には2台あることになりました。

妻はパソコンの速い・遅いがわからないので、ただインターネットが使えたらいいとのことでしたので、妻用の新しいパソコンに、自分が使っていたノートンを入れて・・・

私は、ESETに乗り換えることにしました。
理由は・・・金額的なものもさることながら、いちばんは『軽快さ』です。

結果・・・正解でした!



ウイルスバスターもノートンも、自分が設定をいろいろと細かくやれば・・・もっと使い勝手がよかったのかも知れませんが、インストールしたままの状態での使い方が自分としては『精一杯』でした。

皮膚感覚で『遅い』『重い』という感じ方から、乗り換えました。
特にバックグラウンドで動いている時などに『不自由さ』を感じていましたから。

そして・・・更新の時に、複数台数(5台)使えるプランに変更して、それからは・・・とうとう、ウイルスバスターもノートンも、アンインストールの運びとなりました。

今では、妻用のパソコンも5台分使えるプランでの『ESET』が入っている状況です。

ウイルス・セキュリティソフトは・・・値段が下がった今、複数年契約と複数台数での利用を前提に比較検討することをお薦めします!

私は、軽快さ・軽さを追求した結果での選択でした。
もちろん、金額的なものもあります。

今では、パソコンとスマホと・・・という具合に複数の台数での使用が当たり前のようになってきました。
(スマホのみで十分という方には、あまり関係のない話です)

ですから・・・

  • 複数年契約の割引と(人によっては複数台数での使用)を比較・検討材料にする
  • 使い勝手は『お試し』などを利用して体験してみる
  • キャンペーン期間など、割安で購入できるタイミングを待つのも一つの手
    (すべてのソフト会社が実行しているかどうかは不明)

という視点から「お試し」をしてみることもいいかも知れません。

秋田秀一秋田秀一

【繰り返しますが・・・】
・私の場合は「はやさ」「重たくない」という点がポイントでした。

安心・安全のためのソフト一覧比較

あくまでも自己の体験からのコメント・感想です。

人それぞれパソコンの利用目的や情報等の重要性・機密性などが違いますのでじっくりと検討されることをお薦めします。

ノートン ウイルスバスター ESET
価格 1年版3,230円税別
記事作成時キャンペーン価格)
3年版(ダウンロード)
11,500円(税込)
1年あたり3,833円
記事作成時キャンペーン価格)
1年あたり4,500円(税別)
台数 1台 1台
複数台数OKは
4,980円(1年)
3年版で12,880円
(税別)
1年あたり4,293円
1台
3年版で6,000円(格安
5台・3年=9,000円⇒私はこれを使っています。
1台・1年あたり600円
特徴 私が最初に使ったソフト。
他のソフトが動いている際にバックグラウンドで検査をしている時などに「重たさ」を強く感じた経験あり。⇒ 次はウイルスバスターに移行した。
ノートンからウイルスバスターに乗り換え。
ネット通販サイトのショッピングカートなど他のソフトとの相性でいろいろと不都合発覚。また、重たさもあり最終的には ⇒ ESET へ移行。
5台だと、Windows、Mac、2台目Windows、スマホ・・・と複数台数が3年間使えるのでコストパフォーマンスから選択。
最終的に落ち着いたソフト。
軽さも選択した理由。

カスペルスキー マカフィー ゼロ
価格 3,980円(税込)
3年版 8,980円(税込)
2,993円
1年版 5,980円(税込)
3年版で10,000円(税込)
2,630円(税別)
台数 1台
5台・3年 12,150円
1台あたり1年810円
台数無制限 1台
5台 5,220円(税別)
1台あたり1,044円
※更新料不要
特徴 台数無制限のプレミアライセンス版もあります マカフィーリブセーフ
(記事作成時キャンペーン価格)
※一度インストールすると更新料【無料】
ずっと使い続けることができる。

⇒ ウイルスバスター
⇒ ノートン
⇒ ESET
⇒ カスペルスキー
⇒ マカフィー
⇒ ゼロ

秋田秀一秋田秀一

ウイルス対策だけでなくセキュリティ全般のソフトで比較しました。
ウイルス対策だけのソフトならもっと安価で入手できる場合があります。
目的に合わせて比較検討してみてください。

ウイルス対策・セキュリティソフトのまとめ

【まとめ】
・価格と台数割引やキャンペーンなどからコストパフォーマンスを重視して決める手もあります。
 ⇒ (なぜなら)PC の他にスマホなども必須アイテムになっている時代だからです。
・ソフトによっては「バックグラウンド」で稼働している時に「動作が重く」なってしまうものあります。
(パソコンの性能等にもよりますが)
・私は軽快性からウイルス対策・セキュリティソフトを選択しました。

パソコンを立ち上げて・・・ウイルス対策ソフト・セキュリティソフトが勝手に定義ファイルのバージョンアップを始めて、ファイルチェックを始めたりして・・・

まあ、いくらバックグラウンドで動いても、その他のパソコン作業を進める時にイライラしてしまう、ということから(私の場合は)最終的にESETに落ち着きました。

繰り返しますが・・・パソコンの性能や利用方法などで『遅い・重い』の感じ方は人それぞれです。
どうぞ、自分の皮膚感覚で感じてください。

お試しなどで体感してから最終的な決断をしてもいいかと思います。


ここまで本当にありがとうございました。



【追伸】
この壁紙はESETの会員サイトにいくと無料でダウンロードできるヤツです。
同じもので『カレンダー』もあります。

月ごとに変わるようです。


ESET壁紙・カレンダーイメージ画像

スポンサードリンク