カフェ・レストランイメージ画像


儲かる飲食店経営・・・結論から、ズバリ! 結構、シビアなことが書いてあります。

周囲におだてられて(声を掛けられて)、
自分の夢を漠然と追い求めて・・・統計によると、開業2年以内に約50%、
10年で約90%が廃業、だそうです。

秋田秀一秋田秀一

まあ、夢を追いかける時は冷静な判断ができなかったり、周囲に言われるままに、
成り行き的にモノゴトを進めてしまう、というようなこともあるのでしょうね。

アフィリエイターさまを募集している側の人間、秋田です。
ミネラルウォーターのネット通販をしています。

今回の記事は、『儲かる飲食店経営』という本の紹介です。
ネットビジネス、特に物販・通販には参考になるアドバイス・ノウハウ本だと思えるものでした。



この本を読んで漠然と起業したい、とか
飲食業界でチャレンジしてみたい、という人が、著者のフランチャイズチェーンに参加しよう!
と思ったりすることもあるのだろうな、と感じた次第です。

実際に成功した著者をマスターとして、付いていきたいという人もいるかも知れません。

【老婆心からのアドバイス】
ただし、人生のおいて大事な『舵(かじ)』を(ある方向に)きろうとするなら・・・
広い視野を持って判断してください。

著者は初期投資を絶対的に抑えるべきだ、そのための考え方・マインドや具体的なノウハウなどを
たくさん示してくれています。

もし、本気で起業しよう! と考えるなら、
『フードトラック』ビジネスを検討材料の一つに加えてみることもお薦めします。

儲かる飲食店経営の目次

儲かる飲食店経営は約200ページの書籍です。

はじめに
第1章 開店後2年で5割、10年で9割が廃業
    飲食店経営に失敗するオーナーの共通点とは

第2章 リスクを抑えて確実に儲けるために
    「30分に1組の来店」で利益が出る仕組みをつくる

第3章 賃料が高い「好立地物件」にこだわる必要なし!
    利益率の高い立地と店舗づくりの条件

第4章 「クーポンサイト」には頼らない!
    「客が客を呼ぶ」店内販促で
    コストをかけずに集客するテクニック

第5章 「味がいい」だけでは他店に勝てない!
    素材、調理にコストをかけずに「外食の魅力」を
    提供するメニューのポイント

第6章 設備よりも人財育成に投資せよ!
    リピーターくを獲得する接客サービスの秘訣

第7章 仕入原価、求人広告費、設備購入費・・・
    フランチャイズを徹底利用したコスト圧縮で
    さらに利益率を高める

おわりに

【出典:儲かる飲食店経営(渡辺大河氏)幻冬舎】

ここまでバラしてもいいの? 的な話まで親切にアドバイスしているノウハウ本です。

  • 初期投資を抑えて(1000万円程度)、3年で回収を目指す
  • 30分に1組の来客でも儲かるライン設定
  • 売価に原価を合わせる
  • ・・・・・

秋田秀一秋田秀一

初期投資を抑えるために・・・

工事の時に人夫さんを遊ばせないようにする、とか自分たちで(スタッフで)できることはやる、
といったような目からウロコの具体的なノウハウは本当に勉強・参考になります。

渡辺大河氏のプロフィール

1974年生まれの44歳(2018年当時)、千葉県出身。

プロフィールをみると波乱万丈人生というか、若い頃から成功してきている『凄い』人だなぁ、
という印象です。

トップセールスマン、20代での起業、30歳になってから飲食業界に飛び込む。
現会社を設立し、浜焼太郎、(無添加カレーの店)Cfarmのフランチャイズを展開されています。

お名前もそのまま芸名になりそうな感じです。
大河は、『だいが』と読むそうです。


会社サイトはこちらです。

飲食FCのオピニオンリーダーを目指して。
⇒ 株式会社フードナビ のサイト

このサイト内に渡辺氏の代表(CEO)ブログがあります。
飲食店経営で成功するためのメッセージが発信されています。

これから飲食業で起業しようかな、と思っている人には何らかの刺激やアドバイスになるもの
だと思います。

ブログを追いかけてみてもいいかも知れません。

この本を読んで学んだこと

ズバリ、ネットビジネスやアフィリエイトにも参考になる『現実的なノウハウ』がいっぱいです。


儲かる飲食店経営イメージ画像


たとえば、クーポンサイトに載せると毎月約5万円、さらに割引やタイムセール的なアピールも
しないと集客できない、となればいくらでもコストがかさむ、という話が登場します。

それよりも、従業員スタッフが、制服を着て(背広ではなく、制服姿で)、周囲の法人に飛び込みで
法人営業を仕掛けた方がずっと集客につながる、と提案しています。

なるほど、ほんとそうだろうね、と思ってしまいます。


それと・・・『裏技』的なお得な話も満載です。

オーナーにタダ?でマイルが貯まる話など・・・

それと大事なことだなぁ、と思ったのが
お客さまへの特別感を感じていただくために、スタッフの接客はもちろんこと、
裏メニュー的なものまでを店側が用意しておく、という発想でした。

つまり・・・意図的に『仕掛ける』ということですね。

さらに初期投資を抑えたい、となれば・・・

最近(2018年秋)話題の『フードトラック』というビジネスがあります。

移動販売、キッチンカーのイメージでとらえてもいいかも知れません。
移動販売がお弁当やパンなどのイメージ、
キッチンカーというと、ファーストフードというイメージですが・・・

それを海鮮や和食、エスニック・アジア料理、イタリアン、多国籍料理・・・という本格的な
実店舗でしか食べることのできなかった料理・メニューを提供するビジネスモデルです。

ぜひキーワードとして『フードトラック』を覚えておいても損はしないと思います。

⇒ フードトラックビジネス

『儲かる飲食店経営』のまとめ

(繰り返しますが)
クーポンサイトに掲載するよりも、地域の会社にチラシを配る、マスコミにプレスリリースする、
といったことで集客につなげることが大切だと、本当にコストと利益を意識したノウハウ本になっています。

それだけ著者が苦労したことの実体験・裏付けがあるからなのだと思います。
だからこそ、成功していらっしゃるのでしょうね。

秋田秀一秋田秀一

ズバリ、飲食店で起業したい、という方はもちろんのこと・・・
ネットビジネスでの起業を考えている人にもほんとお薦め本です。

二重丸イメージ画像