夜中に海外から不正アクセス・不正ログイン?

秋田です。

みなさんは・・・
不正アクセス・不正ログインの体験がありますか?(こう質問すると『不正をした側』に感じるかも知れませんね)
受けたことがありますか? という意味です。

私はありました。
たぶんに未遂に終わったと思うのですが・・・遠隔操作での不正アクセスではなかったのか? の体験を一つ紹介します。

  • 夜中に不正アクセス?
  • 寝ていたのにキンドルにログイン?

今回の記事は注意喚起です。

・不正ログイン・不正アクセスの経緯・概要

事件の経緯はこんな感じでした。

寝ていたら携帯に連絡が・・・

不正アクセス・不正ログイン

私はキンドル本出版も手掛けています。
実は・・・そのキンドルの管理画面へのログインが以前より厳しくなりました。

最近のセキュリティ面での強化から、二重認証になっています。
こんな感じです。

  • ログインする時には、いったんID・パスワードで一次認証画面を通過すると・・・
  • 自分の携帯に二次認証のための『コード番号』が届くことになっていて・・・
  • 自分の携帯に届いたコード番号を入力しないと最終的なログインはできない、という仕組みなのです。

不正アクセス・不正アクセス
夜中に寝ている時にその二次認証のための『コード番号』が携帯に届いた、ということです。

ということは・・・おそらく・・・そうです。

誰かが、一次認証をクリアして二次認証のコードを入手するところまで到達した、ということでもあります。
(他にも要因があるのかも知れませんが)

日本時間での夜中3時頃だったりしますから、不正アクセス・不正ログインしようとしたのは、海外のハッカーなのでしょうか・・・

いずれにしても、ほんと 『不気味』でした。
起きてからいろいろ原因追求したのですが結局はわかりませんでした。

まとめ(アドバイス)

リスク管理としてのパソコン履歴・ログイン履歴の確認イメージ画像

やはり・・・(今や)ネット環境というのは、非常に危険な状況にもなっていると思った方が、そして用心した方がいいかと思います。

つまり、自分のパソコンがログオフ・シャットダウンしていても、ネット環境につながっていなくてもリスクがある、ということです。

ネット環境につながっていなくても(遠隔操作で)攻撃される、侵入される、という点でのリスク管理は忘れない方がいい!

秋田秀一秋田秀一

老婆心からのアドバイスでした。
ぜひ、頭に入れておいてください。

直接の関連情報ではありませんがパソコンの履歴や履歴削除についての記事もあります。



ここまで本当にありがとうございました。

スポンサードリンク