【非公開的ネタ】あなたのパソコンはみられている!

元・銀行支店長がこっそりとお伝えします。2つの体験談です。

むか~し、昔。
休日明けに出勤すると・・・同僚が『この前、上司が(君の)パソコン立ち上げて触っていたよ』と言われたことがあります。

ショックですね。

実は、そのパソコンは完全にプライベートなもので、職場に道具が足らなかったために私物のパソコンを持ちこんでいたのですが・・・

まあ、それも悪いのでしょうけど。(今では私物を持ち込むなんてことは絶対にできませんけど)
その時からパソコンは見られるものだ、という認識を強くしたものです。

それからは、ログインする際のパスワードはきっちりと設定することにしていたのですが・・・

パソコンにパスワードを設定することにしていたら・・・今度は!

月日は流れて・・・違う職場で。

ある日、休日にゆっくりしていると・・・とある上司から・・・

『休日にどうしてもまとめないといけない資料があるので、君のパソコン内にある資料を使いたい。
それで、ログインパスワードを教えてくれないか?』との電話がありました。

もちろん、パスワードを伝えましたし、特にパソコン内にヤバそうな資料はなかったのでそんなに不安になることはありませんでした。

心の中では、たぶんにパソコン内のチェックだろうな、とは感じましたね。

それから何年も何十年もたって、今の時代になっていますが。
たぶんに・・・

時代は進化・発展しました。

オフィスのパソコンでネットサーフィンしたり、私的ファイルを保存していたりすると・・・

会社から支給されているパソコンで、いくらインターネットにつながる環境だからといって仕事に直接的には関係のないサイトなどを閲覧するのは止めた方がいいですよ。

専門の部署がある・ない、に関わらず遠隔でパソコンの履歴などを知らべることは簡単にできてしまう世の中なのです。

正直にいいます。

職場内のパソコンだと、どこの部署の誰が、いつ、何分くらい、
たとえば2チャンネルの不倫の投稿ネタを見ていた、というのが簡単にバレます。

その情報は人事部やセキュリティ関連の部署などにも伝えられることになるはずです。
(役員・経営陣にも報告されるかも知れません)

どうぞオフィスでのパソコン使用には細心の注意をはらうようにしてください。
会社内のパソコンは、いつ何時にPCを立ち上げて、いつシャットダウンしたというのはもちろんのこと・・・
中味まですべてチェックされるのが当たり前、と認識しておいた方がいいですよ。

たかがパソコン使用の件で、といったら怒られそうですが、パソコンの使用や利用状況で、本人の勤務態度や人事評価、出世などに影響がでるとしたら、ほんと残念ですから。

※休日にこっそり出勤して、他人やライバルのパソコンを操作してその人を『おとしいれよう』と考える人間はゼロだと思いたいですよね。

直接は関係ないかも知れませんが、この記事も操作・履歴・ログ関連の話題です。

ここまで本当にありがとうございました。