ユーチューブ動画ビジネス・ユーチューバ―は儲かるのか?イメージ画像


他人の『財布』は気になりますね。

ましてや・・・アフィリエイトやネットビジネスなどに興味のある方は、他の人がどのくらい稼いでいるのか、
というのは割りと気になるところだと思います。

ガイド案内アフィリ王子

自分でどのくらい稼いでいるのか、ということをオープンにしているユーチューバ―は
あまりいないと思います。

ブログアフィリエイトをしている人などは、自分の成果・実績を公表して、
あなたも私と同じように稼げますよ、そのためには、このメルマガに登録してください、
この講座がいいですよ、というビジネスモデルを構築している人もたくさんいらっしゃいます。

ガイド案内ネット王女

今回は、ユーチューバ―で(若い男性で)、自分の稼いだ金額を動画内でコメントしている人の
動画をズバリ紹介してみました。

秋田秀一秋田秀一

私は昔から、古代史的なもの(ピラミッドやインカ帝国などの遺跡)や化石、超常現象、
未確認飛行物体(UFO)、未確認生物(UMA)などのテレビ番組が割と好きでした。

最近では、都市伝説のテレビ番組なども興味があって見たりしています。
その流れで、ユーチューブ動画の中の都市伝説的なテーマでチャンネルを開設している人の
動画を見た時に、偶然にもユーチューブで稼いだ金額を自己申告している動画を見つけてしまいました。

(これからYoutube動画ビジネスにチャレンジしようかという方など)良かったら、
参考にしてみてください。

定年退職後にネットビジネスで起業した秋田です。
アフィリエイトターさまを募集する側の人間です。




ユーチューブ動画ビジネス(ユーチューバ―)開始して約1年ちょっと、チャンネル登録者数約7万人、アップ動画数約230動画超のケースを紹介!

※2019年1月21日現在の数値です。
ファン数(チャンネル登録者数)が約7万人、1動画当たりの再生回数が約5万回~50万回、動画数約230、の約1年間の実績

※動画数はいっぺんに230動画もアップできているわけではありませんね。
毎日少しずつ投稿して(動画をアップして)、ファンを獲得しながら、少しずつ再生回数を伸ばしてきている、
というパターンが普通の状況だと思います。(ご理解ください)

秋田秀一秋田秀一

もし、動画そのものが削除されていたり、非公開になっていたり、
また、ユーチューバ―の方のアカウントが停止されたりしていた場合には動画閲覧できません。

そこだけは、どうぞ事前にご了承ください。

ユーチューバ―の方が稼ぐ金額、一つの参考例、です。




いかがでしょうか。
ユーチューバ―として本格的に活動を開始して約1年ちょっとでの実績です。

アフィリエイトと、今回の動画ビジネス(ユーチューバ―)の稼ぎ状況や費やしたエネルギーを比較してみると・・・



動画ビジネスの稼ぎイメージ画像


・スタートして約14ヶ月(2018年12月末時点)
・春先~夏頃にかけて収益が上がり始める。
・12月までの1年間で、約700万円の稼ぎ。
・ということは、2年目はもっとすごい稼ぎになる!
・なぜなら、今の毎月の収益は、当初に比較すると、とんでもなく増えてきているはず、だから。
・約230動画数÷14ヶ月=毎月、約16動画・・・2日に1本、アップしている計算。
・700万円÷230動画=1本あたり、約3万円稼いでいる。
・もちろん、2年目はもっといい数字になる。

ブログアフィリエイトなどの『資産構築型のネットビジネス』と比較してみて、どんな印象でしょうか。

顔出しOKと、顔出しNG。
文章を書く方がいい、という人と、動画でしゃべる方がずっと簡単、という人。
(もちろん動画には、文字スクロール動画というものもありますが)

あなたなら、どっちがいいですか?

ブログアフィリエイトで走るなら、毎回3,000文字以上の記事を1年間で
約300くらいは投稿することが必要かと思います。

もちろん、そうしたら絶対に検索エンジンから評価される、というものでもありません。

動画とブログ、比較すると微妙なところですね。

ユーチューバ―としてトップランナークラスだと? どのくらい稼いでいるのか?

秋田秀一秋田秀一

ヤボな話しですが、少しだけ比較検討してみてはいかがでしょうか。

本格的にネットビジネス(動画ビジネス)で稼ごう、
ユーチューバ―として自由に、やりたいことをやっていきたい、という方には
参考になるかと思います。


2019年1月21日現在の概数です。

ユーチューバ― チャンネル登録者数・
アップした動画数
稼いだ金額(約1年間)
今回のケーススタディ
(宇宙○チャンネル)
約7万人・
約230動画・
再生回数(それぞれの動画)
約5万回~50万回
5万回×230動画でも
合計約1,150万回の再生数
約700万円
某トップクラスの
ユーチューバ―
約700万人・
約2,550動画・
再生回数(それぞれの動画)
約100万回~2,000万回
?(類推してみてください)
ちなみにPPAPは?
ペン・パイナッポー・アッポー・ペン
約56万人・
動画数2本・
再生回数(2本の動画だけで)
約2億回

再生された動画の回数(総数)に比例して収益アップする仕組みが、Youtube 動画ビジネス



※もちろん、ケーススタディで取り上げさせていただいたユーチューバーの方の場合でも
これからさらに、どんどんファンがついて(チャンネル登録者数が増えて)いけば・・・

過去の分の動画もドンドン再生回数が増えることになります。

ということは・・・

矢印イメージ画像

アフィリエイターとユーチューバ―とを比較してみて・・・まとめ

同じ『ほったらかし』での副収入を狙えるビジネスであることは間違いありません。

もちろん、ともに検索エンジン側の評価基準の変更(アルゴリズムの変動)や、ユーチューブ側からの
動画削除やアカウント停止などで一気に稼ぎが変わってしまうリスクも同じようにあります。

ただ、自分の好き・嫌い、スキル、情熱(持続できる熱意)などによって、どちらがいい・悪いは
一概には言えませんね。

自分はサラリーマンだけど・・・何もしない、という選択肢もあるかと思います。
つまり、正解はない、ということです。

それでも、自分に合う・合わない、の判断をするために、両方ともに試してみることもいいかも知れません。
向き・不向きは、絶対にあります。

【老婆心からのアドバイス】ですが・・・
まずは、いずれかやってみて(やり方やノウハウを習得するのに、あまり情報商材などに手を出すことなく)
長続きできそうか、それとも無理かな、という『モノサシ』で試行期間的にトライしてもいいのでは、
というのが(私の)助言です。

もちろん、正解ではありません。
あなたが、ご自分の判断を尊重することがいちばんです。