Youtube動画ビジネスでやめて欲しいこと!【サムネイルで釣るのはアリ?】

秋田です。

意図的にアイキャッチ画像を刺激的なものにしました。
この動画のサムネイル画像をYoutubeで見かけたら・・・クリックする人がいるかと思います。

さて・・・今は2020年の春のタイミングですが・・・

2019年の夏頃から動画(Youtube)の時代が到来する、という話を耳にするようになりました。
実際2020年の春の時点で芸能人・タレントやお笑い芸人などがどんどん参入してきています。

さて、そんな中、政治の世界で「お隣のK国」をテーマ・キーワードにした動画がかなりアップされています。
※ここでは敢えて「K」と表示させていただきます。(それだけ微妙な単語・キーワードだと認識してください)

結論めいたことから先に言いますけど。
なぜそんなに「騙し・煽りの手口の動画が増えているのか」というと・・・

・○国をテーマにすると嫌Kブームというか動画視聴が増える傾向にある。
・10分、11分を超える時間の動画だと広告が入ることで収益性がアップする。
・その時間稼ぎのために半年も1年も前の記事・話題などを(今)動画にして視聴者を騙している。

という残念な傾向について触れてみたいと思います。

20年超ネットビジネスに関わってきました元銀行員です。
実は・・・私も2020年のうちに本格的にYoutube動画デビューしようと企んでいるからです。

今から動画ビジネスに進出する、ユーチューバ―としてデビューする、という方へのお願いというか忠告的な話になるかも知れませんが・・・しばしお付き合いください。

 

目次

○国をテーマにすると嫌Kブームというか動画視聴が増える傾向にある

こんなサムネイル画像の動画なら・・・(極端な「煽り(あおり)風」のキャッチコピーにしています)

Youtube動画ビジネスイメージ画像

思わずクリックしてみたくなりませんか?
最初の数十秒だけでも視聴してみようか、と思いませんか?

ズバリ・・・こんな「煽り風」のサムネイル画像、しかもKの国についての動画が非常に多くなっています。
もちろん両国(日本と相手国)の国民感情の変化を受けてのテーマ取り上げ傾向であることは間違いありません。

■ 今、この手の話題を取り上げて動画にしたら・・・それなりに視聴回数を稼げる ⇒ 収益につながる。
■ 相手国のポータルサイトからの記事をグーグル翻訳で日本語訳にして・・・それを読み上げたり、テキスト動画にして投稿している。(話題性のある最新の記事をソースにできる)
■ 最近の話題をキャッチコピーに持ってきているから「おっ、見てみようか」となってしまう。

ところが・・・「なんじゃこれ?」となるわけです。

サムネイル画像と中味が一致しないのです。

 

10分、11分を超える時間の動画だと広告が入ることで収益性がアップする

動画ビジネス投稿イメージ画像
たぶんにYoutube動画の広告が10分以上?といったような一定時間を超えると複数の広告が表示されるようになっているようです。
それだけユーチューバーにとっては収益の機会・チャンスが増えることになります。

⇒ それで・・・多くの人が10分とか11分、あるいは14分、15分といったような長さの動画を意図的に制作して出回っているような気がします。

もちろん、ちゃんと構築・構成された内容で価値ある情報ならいいのですが・・・
次のようなどうでもいい内容の動画もバンバン投稿されています。
 
今言ったような・・・
 

時間稼ぎのために半年も1年も前の話題などを動画にして視聴者を騙している

時間稼ぎイメージ画像

たとえば・・・
本記事のいちばん上のアイキャッチ画像のキャッチコピーを読んだら・・・恋物語、運命の再会話だと思います。
それなのに・・・話の中身がちょっと違うかな、なんてこともあります。

もっと凄いのが・・・あと一つ・・・

(前掲)私の写真に目隠しをした煽り系の画像も用意しましたが・・・
そのサムネイル画像をクリックしたら、昔の総理大臣時代のトピック的な記事を動画にしている、といったような「詐欺まがい」の動画だったりすることがあります。

[st-kaiwa1]はぁ? キャッチコピーは今の総理大臣の最近のトピック的な話なのに・・・[/st-kaiwa1]
とガッカリすることがあります。(ガッカリよりも憤慨に近い感情になりますが)

しかも残念なことに・・・
10分、11分超えの動画にするため・・・昔の話題を3つ4つ組み合わせて、ただ読んでいるだけの動画なのです。

ほんと騙された、という気持ちになります。
騙しのテクニックとしては悪知恵が働くなぁ、と感心するくらいです。

・決して、こんなテクニックは真似しないでください。

 

まとめ

Youtube動画止めて欲しいことまとめイメージ画像
それと・・・最近Youtube動画で目立つことは・・・

■ 漫画で作成されている。
■ 浮気・馴れ初め・・・などの色恋沙汰。
■ ビジネス系(顔出し・漫画・テキスト・チャートや図解を使った)動画。

が、多くみられるようになりました。

ブームとまではいいませんが・・・だいぶ支持されているようです。
今から動画そのものはもっと大きなブームになること間違いない、と言われています。

となれば・・・参入するなら今のうち、ということになります。

いずれにしても最近の動画ビジネスの傾向からいくつかの点は勉強になったなぁと思った次第です。
こういった視点から勉強として学べたことと活かしたいことについてまとめると・・・

【まとめ】
・サムネイル画像は大事。
・話題性のあるテーマだとそれなりに動画再生回数を稼げる。
・正統派、正攻法でやるべき。それが「成功法」!

 

ここまで本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク



 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

秋田秀一と申します。銀行に31年勤務して定年退職後、二足の草鞋を履いています。副業・起業・借金(資金調達と返済)についてお手伝いできましたらうれしい限りです。⇒ プロフィール

目次
閉じる