サーバーイメージ画像


ネットビジネスをする際にサーバーをレンタルするのは必須ですが、
このサーバーにSSLを設定するのが今や『世界標準』になりました。

検索エンジンがSSLでないブログを評価しないようになってきています。

秋田秀一秋田秀一

アフィリエイターを募集している商品販売者・メーカー側が教える
『エックスサーバーの独自SSL設定のやり方、おさらい』です。

今回の記事は以前触れたことのある独自SSLの設定をxサーバーでやる時の方法です。
ほんとワンタッチでできるようになりました。

長年、エックスサーバーを使ってきた私としては、『隔世の感』を覚えています。

元銀行員、定年退職後にネットビジネスをしている秋田です。
中小企業診断士でコンサルもして二足の草鞋を履いています。


独自SSLについての歴史と考察。『昔は高かった』『昔は、面倒だった』!

以前は、
独自SSLというのは企業のサイトでセキュリティと企業の『信頼というイメージ』のために
導入されていました。

しかも、ネット通販等でショッピングカートとクレジット決済を導入しているサイトに
見られたものです。

それ以外では、あまり見受けられませんでした。

まして、普通の個人が独自SSLを導入しているなんてことは、皆無に近かったと思います。

ガイド案内アフィリ王子

その理由は・・・

いかんせん、コストがかかったのです。
年間の利用料が3万円とか5万円といった水準でした。

もちろん有名なSSLの会社が提供しているものですが。

ガイド案内ネット王女

後に、もっと安いSSLのサービスも提供されるようになってきましたが・・・
実際の導入は、『手続き・やり方』等が面倒なものでもありましたね。

さらに・・・

独自SSLが設定できるサーバーでも2つの種類がありました。

個人的な感情で分けてみました。

1つが、
親切丁寧なサーバー屋さん
2つ目が、
そうでもないサーバー屋さん
申請すると設定を全部してもらえますので、当方としては、
待っているだけで済みます。
設定のための操作・作業を自分でしないといけない、
というサーバー屋さんです。
苦笑どころではありませんでした。


そもそも、レンタルサーバーを利用する人は、そういったものに詳しい人ばかりではありませんね。

データベースって何?というレベルの自分にとっては、
独自SSLの設定どころか、テレビのビデオ録画はもちろんのこと、
テレビとビデオデッキなどを接続することすらハードルが高いものだったのです。

結局、レンタルサーバーの1年契約をして、独自SSLも申請して・・・自分で設定できずに、
何の利用もすることなくそのままで1年後に契約終了となったこともあったのです。

どうぞ、みなさんはそんなおバカなことだけはしないでください。

もっとも最近ではワンタッチの独自SSLが『無料』でついているサーバーも
増えてきました。

ぜひ、最初からSSLを設定してブログを始めてください。

独自SSL、もう一つの分け方とは?

レンタルサーバー内で(レンタルしてから後に)、

  • 別途、独自SSLを提供している外部のサービスを入れ込む形と
  • そのサーバー会社が用意してくれていて、ワンタッチで使えるヤツとの

2種類があります。

ブログアフィリエイトでネットビジネスをしたい、という人にお薦めしているのは、
2番目の独自SSLのことです。
(下表の右)


別途料金を払って
独自SSLを導入・設定
レンタルサーバーに
無料オプションとして独自SSLが標準装備的に
用意されているもの
×
こっちがダメというわけではありません。
自分で契約してお金を払うことでも構いません。

ここのことです。



もっとも、最近では
無料でしかもワンタッチでSSLに設定してくれるレンタルサーバーが増えているようですから、
安心して独自ドメインのSSLを設定してください。

高いお金を出して「独自SSL」をわざわざ取得する必要もありません。

エックスサーバーで独自SSLを導入・設定するワンタッチのやり方

スマホを始めて手にした時に、自然と皮膚感覚で操作できたように、
下記の流れで簡単に設定できます。


エックスサーバー独自SSLの設定イメージ画像

矢印イメージ画像

エックスサーバー独自SSLの設定イメージ画像

矢印イメージ画像

エックスサーバー独自SSLの設定イメージ画像

矢印イメージ画像