ワードプレスを導入する時の設置ディレクトリ(場所)についての考察! 結論・・・あまり悩まなくてもいいのでは!

ワードプレスの設置場所の悩みイメージ画像


これからレンタルサーバーを契約して、独自ドメインにWPを導入して、ブログアフィリエイトを始めようか、
というアフィリエイト初心者・入門者向けのアドバイスです。

ワードプレス・WPを導入設置する時に、取得した独自ドメインのどこに(どのディレクトリに)設置しようか、という判断・選択があります。

こんなケースです。
www.○○○.com というアドレスでサイト・ブログを開いた時に、すぐにWPの画面になるのか、それとも
www.○○○.com/wp/ というアドレスや
WWW.○○○.com/blog/ というアドレスがサイト・ブログの画面になるか、ということです。

ガイド案内アフィリ王子

アフィリエイト初心者や入門者はどんな風に考えればいいでしょうか?

ガイド案内ネット王女

そんなに深刻に考える必要があるものでしょうか。

最近のレンタルサーバーは、契約すると・・・自動的にWPをインストールしてくれる機能・サービスが
ついていたりします。

サーバー側の『お薦め』というか、自然体でインストールすると、サブディレクトリに
自動的にWPというフォルダをつくって設置してくれるパターンが多いのではないでしょうか?


秋田秀一秋田秀一

確かに、自然体で『成りゆき任せ』とまでは言いませんが、
サブディレクトリに設置してくれるサーバー側の『やり方』に素直に従う形でも大丈夫です。

一つだけ言うならば・・・

サイト(ブログ)で、ネット通販をやるのか、ブログアフィリエイトをやるのか、という視点から
自分の方向性を考えるだけでいいかと思います。

元銀行員でネット通販で起業した秋田です。
31年間勤務した後、定年退職後にネットビジネスにチャレンジしました。


矢印イメージ画像 元銀行員の私が借金の負担軽減相談にのります【秘密厳守】 矢印イメージ画像

矢印イメージ画像 元銀行員の私が構築した副業プログラムです。名付けて『いまだかつてない副業』 矢印イメージ画像

矢印イメージ画像 メール無制限・ワンコインキャッチボール 矢印イメージ画像


秋田秀一秋田秀一

もっともレンタルサーバーの仕様やサービスそのもので、自動的にWPを導入できる場合などは、
それこそ自動的に任意のディリクトリ(場所)に設置されてしまう場合もあります。

実は・・・後から設置場所を変更したり、設置場所はそのままでも(サブディレクトリでも)
表面的なアドレスをルートディレクトリに表示させることも今はできるので・・・
あまり、心配しなくてもいいかと思います。

ほんと、あまり深刻に考えることだけはしないでください。
繰り返しますね・・・後々、移行したり変更したりすることも可能です。
(SEO的にそれがいいか悪いかは別問題ですけど)

いつも言っていることですが、要は、それなりの内容の記事数を増やす、
コンテンツの質を高める・充実させる、というのが優先順位が高いです。
悩む時間よりは記事作成・コンテンツ充実、を第一に考えましょう。




ルートディレクト、○○○.com のルートディレクトリに導入・設置するケース

【ズバリ・・・】
ブログアフィリエイトをやろう、ということでしたら、ルートディレクトリに設置しても構わないと思います。

まさにブログとしてサイトを育てていく、というスタンスで行く形になります。


秋田秀一秋田秀一

実は・・・ルートディレクトリに設置しなくても、アドレス上は
ルートディレクトリに設置したような感じでブログを運営することが(今では)可能です。

ですから、自然体でブログアフィリエイトをやる、ということなら気にすることなく、自然体でのインストールで構いません。
自然体でインストールするだけで何も特別なことはしない、ということでOKです。

下位のディレクトリ、○○○.com/wp/ や、○○○.com/blog/ に導入するケース

あなたのやろうとしているサイト・ブログが、ネット通販や会社のコーポレイトサイトのようなつくりであれば・・・
ここにあるような『下位のディレクトリ』に設置する、『サブディレクトリ』に設置する、というやり方を選択されることを
お薦めします、とまでは言いませんが、一度は検討するに値すると思います。


秋田秀一秋田秀一

どんなサイトになるか、以下のようなサイトをみたことはありません?

一般的な会社のサイトやネット通販のサイトで、会社概要や商品カタログ的にページ、お申込みページ、
特定商取引に基づく表示のページなどをhtmlでサイト作成するパターンがあります。

そして、サイト内に『社長ブログ』や『営業ブログ』など、いくつかのブログを設置して運営していく、
という『つくり・構成』のサイトがあります。

トップページ -会社概要ページ
       -特定商取引に基づく表示のページ
       -お問い合わせページ
       -個人情報保護方針
       -商品カタログページ
       -注文(お申込み)ページ
       -社長ブログ
       -営業ブログ
       -・・・・・

こんなつくりのサイト、ブログを考えているなら、サブディレクトリに設置する方法がいいかと思います。
いくらでもWPを導入して、ブログを設定することができてしまいます。


秋田秀一秋田秀一

もっとも・・・

ルートディレクトリにWPを設置して、または・・・サブディレクトリに設置する形でも、
どちらでも構わないので、ルートディレクトリ上のアドレスでWPを運用するスタイルもありです。

しかも、コーポレイトのサイトでもそのスタイルを採用している大企業もあります。

つまり、会社概要ページやお問い合わせページなどもWPで(たとえば固定ページなどで)作成・運用する、
というものです。

どうぞ、あまり考え過ぎないようにする方がいいかと思います。

WP設置場所についての考察・・・まとめ


秋田秀一秋田秀一

ルートディレクトリに設置したWPを、サブディレクトリに設置する方法が皆無か、というと
そうでもありません。

逆にサブディレクトリに設置したWPをルートディレクトリに移行する、というのも可能です。

ですから、何回も繰り返していますが、あまり深くは考えない方がいいですね。

また、これも繰り返していますが・・・

サブディレクトリに設置したWPでも、ルートディレクトリに設置したように運用することは可能です。
今ではワードプレスについては、弾力的に運営することが可能となっているようです。
つまり、逆も可能となっているということです。

もし良ければ、こちらも参照されてみてください。

⇒ WPをサブディレクトリに設置したけどルートディレクトリのドメインで運用したい時の設定変更のやり方