プリペイド・チャージクレジットカードイメージ画像

借金・クレジット

【クレカが作れない人】でもネットショッピングが楽しめる! Vプリカの作り方・チャージの仕方と使い方

秋田です。

クレジットカードについては【2通り】の考え方・付き合い方があります。

■ クレジットカードを使いたいけど作れない人(過去ブラックの経験など信用力の問題)
■ クレジットカードを使いたくない人(現金主義の人)

という2つのタイプです。

ネット王女
ただ、最近ではネット通販が当たり前のようになってきており、しかも商品やサイトによっては・・・
銀行振込とかコンビニエンスストアでの支払いができない場合もあります。
当然、クレジットカードで購入するしか手がない、ということになります。
また、同じクレジットカードでもJCBカードやAMERICAN EXPRESSが使えない時もあります。
アフィリ王子

つまり・・・VISAかMastercardと提携しているクレカでないとダメ、ということです。

今や、クレジットカードを所有していないと(銀行振込・コンビニ支払いNGの)ネット通販が利用できない、という世の中になっているのです。

ということは・・・
クレジットカードは持っていないけど(持ちたくないけど)ネット通販は利用したい、という人にとっては大変に不便な状況です。

秋田秀一
それを解決する手段があります。
世の中うまくできているものです。

今回の記事は

・クレジットカードがなくてもネット通販で使えるプリペイド(チャージ)クレジットカードについて
・Vプリカのカード発行・使い方

についてご案内します。
 

姉妹サイトCM

550円のオリジナル体質改善ツール

毎月1万円入ってきたら・・・

毎月堅実に「ほったらかし」で1万円

※PC好きな人ならこれだけで毎年1台新機種が買える!

 

プリペイド(チャージ)クレジットカードとは? 優れている点・お薦めできる点

チャージ式(プリペイド式)クレジットカードイメージ画像
一言でいうなら・・・前払い式(チャージ式)のクレジットカード、ということです。

Suicaなどの交通系のチャージ式のカードと同じようなものだと考えてください。
それがクレジットカードとして使える、というのが最大の特徴です。

ネットショッピングや海外旅行などでも使えるということが魅力です。

海外旅行イメージ画像

たくさんの提携カードがあります。
中にはマイルが貯まるタイプもあります。(旅行好き・出張の多いビジネスマンには好都合です)

【特徴】は次のようになります。

(一般的な)クレジットカード プリペイド(チャージ)クレジットカード
・審査アリ
・引き落とし口座必要
・後日、引き落とし
・限度額あり
・審査なし
・引き落とし口座不要
・即時、引き落とされる
・事前の入金額(チャージ額)が限度額

デメリットとしてはケースバイケースですが・・・双方ともにお金がかかる場合があります。
普通のクレジットカードだと年会費(無料もあり)、チャージ(プリペイド)式のクレジットカードだと発行手数料・維持手数料等(残高ゼロだと不要となる)といったものです。

また分割払いができない、払い戻しできない、事前に入金(チャージ)しておかないと使えない、というデメリットもあります。

反対に・・・
ズバリ、メリットは・・・

・審査なしで誰でも作れる。(カードによっては年齢制限あり)
・限度額あり(チャージした分だけ)なので使い過ぎることはない。
・クレジットカードを持てない人でも作れる。
・ネットショッピングや海外旅行などにも使える。(ネットショッピング専用・海外専用もある)
・繰り返し使える。(チャージできる)
・セキュリティ面も安心。
・ポイントがつく場合もある。

クレジットカードは持っていないけど、ネットショッピングを楽しみたい、という人にはピッタリだと思います。

高齢になってクレジットカードが使えなくなった方でもネットショッピングや海外旅行などで使えるというのは魅力です。

メジャーなカード会社2つ

おおもと的には(通常のクレジットカードで世界的にメジャーなものは)VISAとMastercardです。
たとえば・・・楽天カードにしてもセゾンカードにしてもどちらかと提携するという形で発行されています。

同じようにプリペイド式のクレジットカードも2つのおおもとがあります。
興味のある人は確認してみてください。

⇒ VISAプリペイド
⇒ Mastercardプリペイドカード

たくさんある提携プリペイドクレジットカードの中からいちばん簡単なのがVプリカです。
 

Vプリカの作り方・使い方

Vプリカの作り方・使い方イメージ画像
Vプリカとは・・・ライフというクレジットカード会社が取り扱っているプリペイド(チャージ)クレジットカードです。

もちろんライフという会社はライフカードというクレジットカードも発行しています。
後からチャージのやり方でも触れますが・・・ライフカードを作ってそこからチャージすることも可能です。

アフィリ王子
会社側の戦略としてライフカードホルダーの獲得・囲い込みが狙いだと思われます。(素晴らしいですね)

では、簡単にVプリカの作り方・使い方を解説します。

矢印イメージ画像

秋田秀一
【結論】から言いますと・・・
ネットで申請して銀行から振込(チャージ)するとすぐに使えるようになります。
コンビニで購入する手もあります。(別記事)
何といっても・・・(私の契約しているネットバンキングの銀行は)
■ 提携している銀行からの振込(チャージ)が朝8時~夜11時までOKだからです。(注意:銀行によって違います)
銀行の通常の振込時間外でも間に合うのです。

Vプリカの発行申請

おおまかな流れですが・・・以下のような2ステップになります。

【最初のステップ・・・アカウント開設】
1. アカウント開設から申請(メールアドレス登録) ⇒ 登録メールが届く ⇒ 2. 正式登録 ⇒ ログインIDのメールが届く ⇒ 3. ログインしてカード発行に進む。

【次のステップ・・・カード発行=Vプリカを買う
3. カード発行(=Vプリカを買う)⇒ 金額を指定して発行を申請 ⇒ 4. 入金(チャージ) = 銀行から送金する(またはクレジットカードで決済する) ⇒ 銀行からメールが届く(メール通知パスワード記載) ⇒ 5. パスワードを入力して発行申請完了 ⇒ カード発行

ここでは銀行からの送金を選択

矢印イメージ画像

アカウント開設

では、具体的な手続きの流れです。
まずはサイト右上のアカウント開設(無料)から入ります。

⇒ Vプリカ

Vプリカアカウント開設イメージ画像

矢印イメージ画像

18歳未満ではないとか、規約に同意しますよ、といった確認事項にチェックを入れて次に進むと・・・
メールアドレスを登録します。

次のような画面になってメールに本登録のアドレスが届きますので先に進みます。

矢印イメージ画像

Vプリカアカウント開設イメージ画像

矢印イメージ画像

本登録が済むと本登録完了のメールが届きます。
これでアカウント開設は終了です。
 
Vプリカ本登録完了イメージ画像
 
次はいよいよ実際にVプリカを発行する手続きです。
 

発行手続き=Vプリカを買う

IDとパスワードからMYページにログインします。

秋田秀一
実はVプリカを発行する方法は2つありますが・・・
今回はインターネットバンキングで購入(チャージ)する方法です。
(※コンビニ経由でのやり方は別記事にてご案内)

矢印イメージ画像

Vプリカ購入画面イメージ画像

矢印イメージ画像

金額(額面)、カードデザイン、カード名などを選択・入力します。

ネット王女
名前の入力欄は「全角」です。
もちろんニックネームでも構いません。

 
Vプリカ発行(購入)イメージ画像
 
クレジットカードで入金するか、銀行からインターネットバンキングで入金するか選択します。

Vプリカ発行(購入)イメージ画像

矢印イメージ画像

インターネットバンキングを選択すると・・・都市銀行・地方銀行・一部のネット銀行が表示されます。
(残念ながら楽天銀行は提携先に含まれていません)

自分がネットバンキングを契約している銀行から振込(送金)=入金(チャージ)することになります。

矢印イメージ画像

送金が済むと・・・銀行からメールが届きます。(通知パスワードが届く)

Vプリカ購入手続きイメージ画像

矢印イメージ画像

Vプリカ発行(購入)手続きイメージ画像

通知されたパスワードを入力して最終的な発行申請(購入手続き)が完了すると・・・

矢印イメージ画像

Vプリカ発行イメージ画像
 
これで発行完了(購入完了)です。
ネットの中の世界ですが・・・発行されたカードを見ると普通のクレジットカードと同じです。

あとはインターネットショッピングを楽しむだけですね。
 

追加購入(チャージ)のやり方

Myページにログインして普通に【追加】で購入するだけです。
やり方はネットバンキングからの入金(チャージ)といっしょです。
 
Vプリカ追加チャージ(入金)イメージ画像
 
発行済み(購入済み)のVプリカに追加で「加算する」を選択して手続きを進めてください。
 

【ここまでのまとめ】
・身近なところにコンビニがあればそこでVプリカを購入することもできます。(別記事にてご案内)
・ネットバンキングが使えるのであれば、簡単に24時間発行可能です。(ただし銀行側の送金時間には制限あり)
・※私の契約している地方銀行は平日・日祝祭日関係なく8時~23時まで対応していて非常にありがたい、と感じた。

※ネットバンキングで入金(チャージ)される時はご契約先の銀行によって取扱い時間が違うことは認識しておいてください。

それと・・・

・10,000円のVプリカを購入すると・・・
・10,200円必要となります。(200円が手数料ですね)

 

チャージクレジットカード・プリペイドクレジットカードの使い方

今回はケーススタディとしてVプリカを取り上げた形ですが・・・
すでにカードのデザインを見て気づかれたと思います。

通常、実物を持ち歩いている時のクレジットカードとまったく「いっしょのつくり」になっています。

Vプリカイメージ画像

限度額(入金・チャージ額)の範囲内で自由にクレジットカードを使用してください。

秋田秀一
注意するのは有効期限です。
発行日(購入日)の翌年の月末まで、となっています。つまり・・・
有効期限1年、ということになります。

※VISAがいやな人は・・・Mastercardのカードを選択してください。(他社を探すことになります)
 

まとめ

Vプリカまとめイメージ画像
今やネットショッピングや海外旅行などにはクレジットカードが必須の時代となりました。

その一方でクレジットカードを(何らかの理由により)持っていないという人も存在します。
そんな時の必須アイテムとしてチャージクレジットカード・プリペイドクレジットカードは本当に便利なツールだと思います。

万が一の時のリスクという観点からもチャージしてある金額が最大のリスクになりますから通常のクレジットカードに比べて(ある程度は)安心です。

これまでクレジットカードを持っていなくてインターネットショッピングを楽しめていないかった人にも大いにありがたいサービスだと思います。

【まとめ】
・クレジットカードを持てない、持っていない、持ちたくない、という人にはプリペイド(チャージ)クレジットカードがお薦め。
・クレカなしでもネットショッピングを楽しめることが最大の魅力!
・審査なし、口座不要、24時間簡単発行、チャージも可能とメリット大!

 

ここまで本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク



 

-借金・クレジット

Copyright© 副業専門学校 , 2020 All Rights Reserved.