【中高年・初心者向け】ユーザビリティの追求とは? 何がユーザビリティに当たるのか?

秋田です。

今回の記事は

・ユーザビリティについて追求しました。
・討論会形式に近いイメージで作成しました・・・読み流してください。
・ユーザビリティを追求することが重要な真の意味とは?

について説明します。

[br num=”1″]

[br num=”1″]

スポンサードリンク



目次

ユーザビリティとは?

ユーザビリティについてイメージ画像
[char no=”3″ char=”秋田秀一”]【先生役】
今日は、「ユーザビリティ」について自由に意見を出し合ってみたいと思います。
これってユーザビリティじゃない? という感じでドンドン好きなように思うことを述べてみてください。(プレーンストーミングです)[/char]

ではホームルームの始まり・始まり、です。

[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]【生徒A】
読者がサイト・ブログを訪問した時に「見にくい画面」だと嫌ですよね。
特にPCではキレイに見れるけど、スマホでみたら「縦・横」にスクロールなど駆使しないといけない、というのは面倒ですね。[/char]

ということは・・・

[char no=”2″ char=”ネット王女”]【生徒B】
スマホユーザーがメインになりつつある昨今、スマホでちゃんとキレイに見ることのできるサイト・ブログはユーザビリティが高いと言えますね。[/char]

スマホでもちゃんと見映えのいいサイト・ブログのためのテンプレート・WPテーマを選ぶことは大切ということになります。

[char no=”2″ char=”ネット王女”]異様に文字が大きかったり、小さすぎたり、というのもユーザビリティ上好ましくない、と言えませんか。
むやみやたらと装飾がひどくて、見にくいページもゴメンですね。[/char]

[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]リンクがあるのにクリックしたら・・・ページがありません
なんていうのは問題外ですね。
(これをみてください、用意しましたと言っているのに・・・裏切る形ですから)
約束ごとを守らないというのといっしょです。[/char]

知っていましたか?
実は・・・

矢印イメージ画像

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]検索エンジンの評価が高いサイト・ブログの運営者たちは・・・
サイト・ブログ内のすべてのページへ2クリック以内でいける、というような仕組みにしてあるそうですよ![/char]

究極のユーザビリティ、ですね。

[br num=”1″]
[char no=”2″ char=”ネット王女”]画像サイズがバラバラ、というのもちょっと勘弁して欲しいですね。[/char]

[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]運営者の結論がどこに書いてあるのか(探さないと)わからない、というのもちょっと・・・ですね。
だって自分達は時間がない中で検索結果を求めているわけですから。[/char]

[char no=”2″ char=”ネット王女”]記事の内容・中身が時代遅れというか、古い情報やノウハウであるのも期待外れになります。
えっ? いつの時代の話? となりますね。[/char]

もっとも・・・記事内容の古いものは検索エンジンの検索結果から外されるようになっているみたいですよ。

[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]その意味ではリライトしてある、最新の情報に加筆修正してある記事はありがたいですね。[/char]

[char no=”2″ char=”ネット王女”]いちばん困るのは・・・あれ!ですね。[/char]
[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]そうそう、あれ! は勘弁して欲しいですね。
というか・・・読者をバカにしているのか! となりますね。[/char]

あれ! とは・・・

[br num=”2″]
[char no=”3″ char=”秋田秀一”]前に書いた情報・ノウハウ・回答と、また同じ記事が用意してある、ということがありますね。
同じ内容(テーマ・キーワード)の記事が2つも、3つも登場する、ということです。
(同じテーマの記事でも内容や切り口が違っていればいいのですけど)
さらに・・・[/char]

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]同じ内容・テーマ・キーワードの記事が・・・
毎回毎回、言っていることが違っている! というのは(またまた)問題外です。[/char]

【7月1日の記事で】
・アフィリエイトでいちばん大切なことは・・・毎記事2,000文字以上書く必要があることと、毎日記事投稿することです! と言っておきながら・・・
【8月15日の記事では】
・アフィリエイトで絶対に守って欲しいのは、2、3日に一回は記事投稿しましょう。
・その際の文字数は最低でも3,000文字数はクリアしなければなりません!
なんてことが同じブログ内で記事になっていたら・・・どう感じますか?

[br num=”1″]
こうなっていたら・・・

[char no=”2″ char=”ネット王女”]読者はどちらの情報を信じればいいのでしょうか?[/char]
[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]毎日のように貴重な時間を費やして訪問してくれて、記事を読んでくれる読者だと・・・
何じゃこいつは? 何が言いたいの? とご立腹するかも知れません。[/char]

矢印イメージ画像

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]検索エンジンの人工知能AIは凄いレベルに進化しているらしいです。
同じ内容の記事をいくつも用意する、ということは「読者が迷うじゃないか」と判断するそうです。
さらに・・・
言っていることが違うとなると・・・どっちが本当の情報なの?
このサイト・ブログの記事は読者にとって実に不親切だ、しかも信頼できないサイト・ブログだ、と判断されること間違いありません![/char]
[br num=”1″]

※ 記事作成・投稿するのは人間です。
※ でも検索順位を評価するのは24時間365日チェックし続ける人工知能AIです。
  何ヶ月か何年か経過してからの記事が前に書いた記事と違ってくることは起こりえます。
※ 過去の記事を最新の情報にリライトするのとは違います。
※ 自分がどんな内容の記事を書いたか、ということは記録に残しておきたいものです。

⇒ ブログ進捗管理表(無料ダウンロード)

[char no=”2″ char=”ネット王女”]それと著作権・肖像権などがある画像を勝手に使用しているサイト・ブログはダメですよね。
無断で(法を犯して)使用している、いわば犯罪者の運営しているサイト・ブログだ、と烙印を押されます。[/char]

[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]読者の安心・安全性に貢献すべきだ、という意味では・・・
自分のサイト・ブログがSSL化されていることは絶対的に大事です。
http:// ではなくて https:// である必要があります。
さらに・・・[/char]

[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]他のサイトへリンクを貼ったり、リンクを貼った時に自動的に外部サイト・ブログの画像を読み込んでくる機能を使う時などはSSL化された画像を持ってくる必要があります。
SSL化されていないサイト・ブログの画像にリンクを貼ると・・・
最近のブラウザでは「安全でないからリンク先を開けません」となります。[/char]

矢印イメージ画像

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]そんなリンク先へのリンクが用意しているサイト・ブログだと・・・
検索エンジンは、「こいつの記事は悪徳サイト・ブログへの誘導をしかねない、SSL化されていない不明・不安なサイトへ平気で誘導してしまうヤツ」だと判断されてしまいます。[/char]

■ 悪意で詐欺サイトや悪質サイトへ誘導する人と
■ 悪意はないけど・・・無知なためにSSL化されていないサイト・ブログへ誘導してしまう人と
・・・検索エンジンからみたら、どちらも同じようにしか見えません!

[br num=”2″]
[char no=”2″ char=”ネット王女”]他にもユーザビリティについて何かありますでしょうか?[/char]

[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]実は・・・画像ファイルサイズも関係してきます。
画像のファイルサイズが大きい画像だと読み込みに時間がかかってしまいます。
重たい画像・・・読者がイライラする。
・・・通信回線業者(インフラ設備)にとって負担をかけるサイト・ブログ運営者、となります。[/char]

[char no=”2″ char=”ネット王女”]これから5Gの時代になれば関係ないような気がしますが・・・[/char]

[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]これまでの画像保存形式である gif・jpg・png 以外に圧縮率の高い(それでいてキレイな画質の)画像ファイル形式も開発されています。※参照ください。⇒ HEIC・HEIF
そんな時代です。[/char]
人口も増えてきています、世界中のブログページ数も増えてきています、動画投稿なども毎日凄いです、そんなネット回線をみんなで大切にして守っていきましょうね、というのは当たり前の思考かと思うのですが・・・

矢印イメージ画像

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]読者にとってキレイで、自分も満足だ、という発想で・・・
通信回線業者に迷惑やムリをかけても構わない、関係ないね、というサイト・ブログは社会的にプラスの評価となるものでしょうか。
検索エンジンで判断した時に「同じ10位候補だけど、どちらを10位にしてどちらを11位にしようか」という時にどんな評価が働くものでしょうか?(あくまでも私個人の私見です)[/char]
[br num=”1″]

【個人的な話ですが・・・】
・私はブログに投稿する記事内の画像はだいたいファイルサイズを50kバイト前後以下に抑えています。(もちろん例外もありますが)
・なので・・・画像が「きたない」というか「低解像度だ」というものも散見されると思います。
・できるだけページの表示スピードを落とさないようにしています。なぜなら・・・
⇒ 読者は光回線の方だけではないからです。

[br num=”2″]
[char no=”2″ char=”ネット王女”]あと・・・これまで出てきたユーザビリティについての考え方以外に、何かありますでしょうか?
私はもう思いつきません(苦笑)[/char]

[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]自分も・・・ちょっと・・・もう、ないかな?[/char]

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]では、私から・・・
みんなが副業・アルバイト関連のブログを運営しているとします。
記事を書いて、そこから転職や求人求職のサイトへアフィリエイトリンクを貼っているとしましょう。[/char]

アルバイト関連の情報を紹介する記事を5つ投稿したとします。
たぶんに日付はバラバラです。

■ 1つ目の記事・・・日払いのアルバイトについての記事
■ 2つ目の記事・・・治験(薬を飲むバイト)についての記事
■ 3つ目の記事・・・選挙のアルバイトについての記事
■ 4つ目の記事・・・住み込みアルバイトについての記事
■ 5つ目の記事・・・1日からOKの派遣アルバイトについての記事

たとえば・・・2つ目の記事に1つ目の記事も参考にしてください、とリンクを貼ることはユーザビリティの観点からはプラスです。

参考記事という形で関連記事へのリンクを貼ることは誰しも行っているかと思います。

矢印イメージ画像

それを・・・

[br num=”1″]

矢印イメージ画像

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]NAVER のように「まとめ記事」を作成するのです。
たとえば・・・[/char]

すぐにでも、1日からできるアルバイト5選」という形で「まとめ記事」用のページを作成します。
そのページで先の5つの投稿記事を紹介する形で記事を書くことになります!

当然・・・5つの各記事へリンクを貼ります!
良かったらご参照ください、という感じです。

【自作自演のまとめ記事】
・これ、大事です。
・なぜなら・・・図鑑の表紙みたいなものですから。
(たとえば)動物に関してはこのページに概要をまとめてあります。
5選ということで紹介しますので・・・興味ある動物は個別のページで確かめてくださいね、ということになります。
自分でとりまとめ記事を別に用意する、というのは読者に対して「親切の極み」です。

矢印イメージ画像

ここまで読者のためにやっています、究極のユーザビリティです。

[br num=”1″]
[char no=”3″ char=”秋田秀一”]ということで・・・意図的に記事作成をするなら・・・
ブログ内に「まとめ」記事を用意すれば・・・検索エンジンから(確実に)評価されると思われます。
なぜなら・・・メチャクチャ、ユーザビリティGood!だからです。[/char]

ユーザビリティ追求が重要であることの真の意味

ユーザビリティで判断されるものは?イメージ画像

ここまでいろいろと見てきましたが・・・結果として検索エンジンは「何で」判断するものでしょうか?
もちろん検索エンジン側から、「○○で判断しますから、よろしくネ」なんてことは絶対に公表されません。

ましてや・・・検索エンジンの人工知能AIはどんどん進化し続けています。

となれば・・・最終的には「人」と同じような感情を持ち、「人」と同じような判断をする時代が遅かれはやかれくることになると思われます。

ユーザビリティで評価されるのは、のイメージ画像

ここで少し違う世界の話をしますが・・・(実は大いに関係があります)

銀行が個人や会社にお金を貸す時に最終的に「みる」のは何だと思いますか?

銀行イメージ画像
[char no=”3″ char=”秋田秀一”]銀行は会社や個人にお金を貸します。
その時にいちばん重要視するのは何だと思いますか?[/char]
もちろん、ちゃんと返してもらえるかどうかの売上や儲けや年収などもチェックします。
実は・・・それ以上に大切なことがあります。

それは・・・「人間性」なのです。
ズバリ・・・「人(ひと)」をみます。

・個人なら・・・本人の人間性。人となり。
・会社(組織・法人)なら・・・社長の人間性。人となり。

[br num=”1″]
■ 銀行を裏切るか、家族や従業員を裏切るか・・・人です。人間性です。
■ 夜逃げするタイプか、最後まで責任をとるタイプか・・・人です。人間性です。
■ 約束を守るタイプか、そうでないか・・・人です。人間性です。

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]だから・・・人工知能も最終的には「人」となりをみるようになると思います。
※もうすでに今でも、そうなっているかも知れません。[/char]

【ここでのまとめ】
・検索エンジンの評価・・・このブログはユーザビリティの点でどうかな?
・このブログを運営しているのは誰かな?
・こいつはダメなヤツだ、この人はちゃんとした信頼できる人間だよね、と人工知能が人をみて順位を決める(信頼性・ユーザビリティを判断する)ことになると、どうしますか?
・・・いや、もうすでになっていると思われます!

[br num=”1″]
[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]ということは・・・
ユーザビリティというのは自分を信頼してもらう、という意味でもメッチャ大事じゃないですか?![/char]

[char no=”2″ char=”ネット王女”]であるならば・・・
常に、ユーザビリティを意識して記事作成をすべきだ、ということですね。[/char]

そのとおり!

実は・・・もう一つ・・・

ユーザビリティと滞在時間の比例と・・・ますますの高評価・好評価!

ユーザビリティと滞在時間のイメージ画像

お店に欲しいものやワクワクするものがたくさんあれば・・・自然と滞留時間が長くなります。
それだけお店の側としては売上アップにつながってくれます。

100円ショップなどは商品単価が安いですから・・・なるべくたくさんのものを買ってもらえるようにワクワク感を演出したり、どんどん新しいものを投入して滞在・滞留時間アップに取り組んでいるのです。

お客さまは欲しいものがなければ・・・とっととお店から退出します。

[char no=”2″ char=”ネット王女”]サイト・ブログもいっしょです。
検索エンジンからやってきた読者が・・・
自分の求めている情報が、役立つ情報が(このサイト・ブログには)なかった、となればすぐに離れます。
当然の話ですね。[/char]

[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]では、この行動を検索エンジンの側からフォローしてみましょう。[/char]

矢印イメージ画像

【検索エンジンの独り言】
・せっかく「○○」というキーワードの検索結果から読者をこのサイト・ブログに送り込んであげたのに・・・
・読者はすぐに離れて、他の検索結果のページへ移動してしまった。
・ということは・・・このサイト・ブログは読者が期待するような、欲しているような記事内容ではなかった、ということだな。 
・読者にとって有益な情報はなかった、ということに違いない。
・我輩が推薦するには値(あたい)しないカス情報しかないサイト・ブログだ、ということだね。
・ということであれば・・・低評価にしよう!
・検索順位は・・・○○ランクダウン! いや、圏外でもいいかな。

こうなったら・・・悲惨です、悲劇です。

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]ということは・・・滞留時間、滞在時間が長ければ・・・検索エンジンは読者にとって有益な情報が手に入るサイト・ブログだ、と判断してくれることになります。[/char]

であるからこそ・・・

[br num=”1″]

矢印イメージ画像

サイト内・ブログ内の「回遊性」を高めることが必要になる、というわけです。
それが・・・とりもなおさず・・・ユーザビリティの高いサイト・ブログということになります!

まとめ

ユーザビリティイメージ画像

ポテトはいかがですか? と同じです。

お客さまに「これも有益な情報ですよ」「こちらの情報も関連情報ですからいかがですか?」とお薦めすることは・・・非常に重要なのです。

SEO、検索エンジン対策としても、ユーザビリティを高める・追求するという意味からも大事です。

[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]そういえば・・・Youtuber が・・・
「いつも動画をご覧いただきましてありがとうございます。
前回、前々回の動画のリンクを説明欄に貼っておきましたので、まだ見ていないという方はぜひご覧ください」
と話しているのも同じ観点からのアピールなのですね。[/char]

[char no=”2″ char=”ネット王女”]なるほど・・・
だから自分のブログ内で、この記事もありますよ、こちらの記事も有益ですよ、と「こまめに」リンクを貼っているブロガーがたくさんいることの理由がわかりました。
みんなユーザビリティの追求、滞留時間のアップ、その結果としての検索エンジンからの高評価、を得ようとしているのですね。[/char]

矢印イメージ画像

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]では・・・私も・・・ユーザビリティの追求ということで、関連情報・有益情報のお薦めをしたいと思います。[/char]

【追伸】
アフィリエイト初心者、特に中高年のアフィリエイター初心者が心しておきたいポイントについて「まとめ記事」にしたものをご案内します。

ぜひスタートダッシュする時の参考になれば幸いです。

【まとめ】
・SEOの本質はユーザビリティの追求。
・結果として記事を書いている「運営者」そのものが評価される。⇒ 検索エンジンから信頼される。この人なら、となる。
・ユーザビリティの追求、回遊性、滞在・滞留時間・・・意識して記事を作成されてください!

[br num=”1″]

ここまで本当にありがとうございました。

[br num=”1″]

スポンサードリンク



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

秋田秀一と申します。銀行に31年勤務して定年退職後、二足の草鞋を履いています。副業・起業・借金(資金調達と返済)についてお手伝いできましたらうれしい限りです。⇒ プロフィール

目次
閉じる