ショッピングカートペイメントEXイメージ画像

アフィリエイトをされてる方には直接的には関係のない話です。どうぞ無視してください。
私はネットビジネスでの通販をしている関係から「ショッピングカート」というものを利用しています。

買取型のショッピングカートです。レンタル型と買取型があります。レンタル型だと売上が上がろうが、サイト自体のトラブルやメンテナンスで注文が発生しないタイミングでもコストがかかります。

それが嫌で、買取型を選択しました。初回投資のみの費用負担で済むのがメリットです。
(自分での設置・設定などは大変ですけど)

また、クレジット機能が使えるショッピングカートでも個別にカード会社と契約したりするのは面倒です。それをサービスとして、取りまとめ的にカード会社との間に入ってサービスを提供している業者も存在します。当然、その業者に費用が発生します。これもコスト増の要因です。

なので、個人レベルからの通販サイトでクレジット機能のついたショッピングカートとして私が選択したのは、ペイメントEXというプログラムです。これは世界共通レベルでのPayPalという決済機能を利用しているものです。

買取金額もわずか12,800円なので非常にお得です。一生使えます。
(平成29年時点でphp5.6に対応していますのでちゃんとバージョンアップも無料でされています。安心です)

その設置においてキャンセル処理の時にcronを設定する必要があることから、本ページは備忘録として残しているものです。ご了承ください。

Xサーバーに設置したペイメントEXが前提で、cronを設定するには2つのステップが必要!

サーバー内でcronを動かすには、まずはプログラムファイルそのものが必要です。
そして、Xサーバーの側で(コントロールパネル ⇒ サーバーパネルから)cronの設定(命令を実行する内容を設定)をして完了となります。

サーバーに設置するプログラム サーバー側の設定
(サーバーパネル)
○○○.shというファイルをアップする 実行する曜日・時間等を設定

ペイメントEXの設置マニュアルなどをみながら試行錯誤してもいいのですが・・・(次回のために)時間がもったいないので残すことにしましたが、私の場合・ケースですので他社のサーバーなどの場合はそこのルールに従ってください。

1.最初のステップ・・・cronのプログラムを実行するファイルを作成

ペイメントEXの場合は、cansel.sh というファイルを作成します。(サンプルは付いています)

テラパッドなどのエディタで作成します。注意点は・・・文字コードがEUC、改行はLFで保存してください。
下のような6行を記載します。

—————————————
#!/bin/sh
/usr/bin/php5.6 /home/○○○/○○△□.com/public_html/payment/cdata.php

exit
—————————————
※○○○と○○△□.comの部分はご自分のケースに合わせてください。

もちろんphpのところもサーバーパネルで設定しているものに合わせる必要があります。

2.Xサーバー側の設定(曜日や時間と命令文)

曜日 コマンド
0 * * * * /home/○○○/○○△□.com/public_html/payment/cancel.sh 1> /dev/null

この設定で毎日、○時00分、△時00分・・・という具合にちょうど1時間おきにcronが実行されようになります。

コマンドの内容は、キャンセルになった時だけ(登録したメールアドレス宛に)、エラーメールを送信ように設定してあります。

なので、スタートさせるまでのチェック段階では、cansel.sh の後の「1>dev/null」の部分はない形でチェックしてからメール部分を加え方がいいかと思います。
※チェックのやり方は、まとめを参照。

3.1のファイルをFTPソフトなどでサーバーにアップする。パーミッションの変更まで

アップする方法は省略します。パーミッションの変更は「701」で(私は)運用しています。
※ペイメントEXのマニュアルでは700になっていますけど

まとめ

エラーメールの送付先アドレス宛にメールが届くかどうか、取りあえずはコマンドのcansel.sh の「1>dev/null」の部分なしでチェックしてみますが、その時には、サーバーパネル側のcronの設定の時間を、今現在の時間よりも1、2分後の時間を設定して、取りあえずは保存。

⇒ ※「cronの編集」を2回クリックして保存。それで1、2分後に登録メールアドレスにちゃんとメールが届くかどうかを確認します。

もし、エラーメールが届いたら、内容をみて修正です。

問題なければ、コマンドの部分に /home/○○○/○○△□.com/public_html/payment/cancel.sh 1> /dev/null という正式な形を入力して、さらに時間設定を0分を入れて最終形を確定させます。

これなら、エラーが発生した時だけ登録したメールアドレスにメールが届くようになります。
もちろんエラー時もメールが届かないように設定することも可能です。

レンタルサーバーの会社によってはここで案内している内容とは違ってくる部分があるかと思いますが、苦労するのは最初だけです。
ペイメントEXの購入先やサーバー会社に質問しながら設置・設定を完了させてください。

繰り返しますが・・・買取型でクレジットが使えて、というショッピングカートとしては(設置・設定が多少面倒ですけど)非常にありがたいプログラムだと思います。