SEOイメージ画像

みなさんはブログ・サイトのタイトルや、見出しなどにキーワードとなる言葉・単語を無意識に並べていませんか?

キーワードが3つあったとします。
ライ○ップと峯岸○なみとダイエット、です。

秋田秀一秋田秀一

1.ライ○ップで峯岸○なみがダイエットに成功!
2.ダイエットに成功した峯岸○なみはライ○ップのおかげ!
3.峯岸○なみのダイエット成功の裏にはライ○ップあり!

この違いを意識して文章を書いたり、タイトルをつけたりしていますか?

上の3つは週刊誌やスポーツ新聞などの見出しとしては同じ意味合いです。しかし検索エンジン(SEOの話)となると意味合いが違ってくるのです。

実は、検索エンジンは文章の中で「いちばん左にあるモノを最重要」とみなします。
決して文章内に並んだ言葉・単語の中で、真ん中など途中に出てくる(出現する)ものを最重要とはとらえていないと言われています。

キーワードの順番


いくら自分が峯岸○なみのファンだといっても(峯岸○なみについての応援ブログとして運営していても)左側のように文章を並べると、ライ○ップがいちばん重要だと(検索エンジンは)認識するのです。この記事のタイトルや見出しで峯岸○なみがテーマだ、キーワードだということであれば右側のように文章を意識して並べる・作成する必要があります。

決してオリンピックや世界大会の表彰台のようなものではありません。人間が判断するものでもありません。
相手はコンピュータです。

もしも
「A○B48の中でもっともぽっちゃり系だった○△○子と峯岸○なみ。なんと峯岸○なみはライ○ップでダイエットチャレンジ、大成功!」
こういった場合、検索エンジンは「ぽっちゃり系」「○△○子」「峯岸○なみ」「ライ○ップ」「ダイエット」という単語・キーワードがいちばん重要だ、とは認識しません。

もっともな話ですね。世の中にあふれている文章は単純に主語+述語というようなものだけではありません。
長い文章だといろんな単語などが混ざりあって何が大切なキーワードかどうか日本人が読む際でも簡単には分からないことがあります。
学術研究的な論文などなおさらです。

この場合だとA○B48というのが(検索エンジンの中では)最重要語になってしまうのです。

ぜひこういった点を少しずつ気にしながら(意識しながら)タイトルや見出しをつけるようにしてください。
せっかく貴重な時間を費やして記事・情報・文章を投稿するわけですから、できるだけ自分の思いと同じ方向に検索エンジンが判断できるように仕掛けづくりをしてください。もったいないです。

ただし、この考え方はグーグルの検索エンジンに聞いたわけではありません。必ずしもこのやり方で評価順位が上がるということを保証するものでもありません。
そこは誤解のないようにお願いします。