WPテーマ・THE THORのインストール方法(ちょっと特殊というか・・・少し面倒)

秋田です。

WPテーマ・テンプレートは賢威を使用していますが・・・一時期・・・THE THORを使ってみようかなということでチャレンジしたことがあります。

デザイン面や多機能はもちろんのことSEO的にも評判のいいテーマです。
(私は賢威に戻ってしまいましたが)

若い人やWPテーマの設定等に慣れた人なら簡単なことでも中高年になると・・・まして初心者レベルだと戸惑ってしまう、ということもありえます。

中高年である私が戸惑った経験から少しだけアドバイスをお話することにします。
今回の記事は

・THE THORのインストールは2段階
・デモのような見映えのいいデザインは着せ替えが必要

について解説します。

THE THORのインストールは2段階

THE THORインストール初期画面

上記画像はWPのダッシュボード、「外観」からインストールした時の最初のブログイメージです。

おとなしいイメージです。
このまま使いたい人は何もデザイン面をカスタマイズする必要はありません。

【インストール時の注意点】
ズバリ・・・下記のようになります。

THE THORインストール注意点

親テーマ・子テーマともにインストールして(親テーマからインストール)・・・で子テーマを有効化する形です。

まあ、中高年でもここまでは違和感なくインストールすることは可能です。
ところが・・・次の段階で少し戸惑うかも知れませんね。

特に中高年の初心者の方です。

デモのような見映えのいいデザインは着せ替えが必要

しかも作業としては・・・2ステップです。

まずは「着せ替えのための」プラグインをインストールします。
WPの管理画面、プラグイン、新規追加から「Customizer Export/Import」と入力して検索します。

THE THORプラグイン

見つかったら・・・インストールして「有効化」します。・・・ここまでが【ステップ1】

THE THORプラグイン

矢印イメージ画像

それから・・・着せ替えデザインの圧縮ファイルをアップロードすることになります。
お好みのデザインはデモサイトからダウンロードできます。

⇒ THE tHORデモサイト

圧縮ファイルをダウンロードしたら(テーマのインストールの時とは違って)、まずは解凍(展開)します
すると・・・
パソコン上に「the-thor-child-export-drmo01~09.dat」というファイルがありますから、それをWPの管理顔面からインストールしてください。

「外観」 ⇒ 「カスタマイズ」 ⇒ 「エクスポート / インポート」 ⇒ 「ファイルを選択」です。

「画像ファイルをダウンロードしてインポートしますか?」にチェックを入れて「インポート」してください。
・・・ここまでが【ステップ2】です。

THE THORデザイン着せ替えのインポート

いかがでしたか・・・
これでOK、バンザーイなのですが・・・

実は、もう一つ困ったことというか、場合によっては戸惑う点があと一つあります。
それは・・・

まとめ・・・着せ替え時のもう一つの注意点

お気に入りのつもりで選択したデザインが今一つなじめずに・・・別のデザインに変更しようと思った時が少し面倒です。

デザイン・1 ⇒ デザイン2 をインポートしてOKとはならないのです。

秋田秀一秋田秀一

面倒ですけど・・・一度、リセットしなければならない、ということです。

リセットするためのデザインを1度、インポートしなければならない、のです。
リセットのためのファイルは・・・会員専用サイトからダウンロード可能です。



繰り返しますね・・・
デザイン・1 ⇒ リセットのためのファイルで上書き ⇒ デザイン・2をインポート、という流れです。

ネット王女ネット王女

なので・・・THE THORのデザインを選択する時は・・・
最初の時点でじっくりと検討・選択されることをお薦めします。

矢印イメージ画像

最終的にデザインのデモ3を選択したら・・・下図のようになりました。

THE THORデザインカスタマイズ

ヘッダー画像部分が充実した形になりましたね。

【まとめ】
・THE THORのWPテーマは見映えよく、ブログ内の回遊性を高める工夫など高機能ですが・・・
・初心者レベルだと戸惑うかも知れません。
・デザインの着せ替えをする時には直接「上書き」という形ではなくて、一度リセットしなければならない面倒くささがある。

THE THORはWPテーマ・テンプレートとしてはSEO的にデザイン的にも機能的にも素晴らしいものです。
ただし、中高年の方、特に初心者レベルだとセッティングはもちろんのこと、着せ替えデザイン変更の時などに戸惑うかも知れません。

ここまで本当にありがとうございました。

スポンサードリンク