THE THOR のカスタマイズイメージ画像

ツール・テーマ

THE THOR のテーマをカスタマイズ! 賢威のようにリンク文字色とアンダーライン、文字装飾をカスタマイズしてみた!

賢威から THE THOR へテンプレート変更しました。

ここまでは良かったのですが・・・どうも賢威時代のイメージに慣れているせいか、細かい点が気になるというか、慣れていないというか、少しだけ違和感を感じながら記事を書いています。

思い切ってカスタマイズしてみることにしました。
まだ、THE THOR を使いこなせていないのに・・・

アフィリ王子
実は・・・このサイトはTHE THOR のデモ01で作成しています。
元々のオリジナルでは・・・
残念ながらリンク部分にアンダーラインが表示されていなかったのです。

当初の文字色もテーマカラーといっしょというかワインカラーの色で、自分にはいまいち馴染めませんでした。

こんな感じで表示されていたので・・・下のようにアンダーライン付きの『普通』のリンクに変更しました。

THE THOR カスタマイズイメージ画像

ネット王女
最近のテンプレートはお洒落なつくりになっていたりします。
ただ、その分だけ馴染みのあるスタイルが変わると違和感を感じてしまいますし、頭の固い読者だとリンク下線は青色だ、という認識がありますから、クリックして欲しいリンクを見逃してしまう恐れもあります。

なのでまあ、リンクはアンダーライン付きの青色に変更しました。
そのやり方(カスタマイズ)をご紹介したいと思います。

秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

それと
賢威7では次のようなマーカーが使えていました。

黄色のマーカーです

さらに賢威8では

黄色のアンダーラインが使えていました。(もちろんピンクなど他の色もあります)

シンプルな文章をつくりたい自分としては、この黄色の(またはピンクなども自由に設定できますが)マーカーやアンダーラインをそのまま使い続けたくて、これもカスタマイズすることにしました。

THE THOR のカスタマイズは、直接『 Style-user.css 』を編集します

ワードプレスの管理画面から『外観』 ⇒ 『 Theme Editor 』 ⇒ 『 Style-user.css 』を開いてください。

まずはリンク文字色とアンダーラインのカスタマイズです。


.content a{
color:#39f !important;
border-bottom:solid 1px;
}
.content a:hover {
color:#5077A2 !important;
border-bottom:solid 1px #5077A2 !important;
}


上記の文言をそのままコピペして『ファイルを更新』してください。

これでOKです。

こんな感じになります。

文字色は自分で好きな色に変更してください。

※リンク文字の上にカーソルが来た時に太字になるのは、どこを修正すればいいのかわかりませんでした。
そのままにしてあります。

賢威で使っていたラインマーカーやアンダーラインは、そのままコピペでOK!

賢威の著作権がありますので・・・ここに記載するわけにはいきません。

なので・・・賢威の愛用者の方であった方なら『賢威7』や『賢威8』の base.css から該当の箇所をコピペして、THE THOR の Style-user.css にそのままコピペしてください。

賢威で使えていたマーカーや色付きのアンダーラインはシンプルで使いやすいです。
ちなみに、どんな感じになるかというと・・・下のような感じです。

黄色のマーカー
橙色のマーカー
赤色のマーカー
ピンク色のマーカー
黄緑色のマーカー
灰色のマーカー
白色のマーカー
青色のマーカー

いくつか自分なりの色も作成してみました。
文字色を反転させたり(白色に)することで、ちょっとした『強調』になります。
暗赤色のマーカー
ライトグリーンのマーカー

アンダーラインはこんな感じです。


青色のアンダーライン
橙色のアンダーライン
ピンク色のアンダーライン
黄緑色のアンダーライン
灰色のアンダーライン

いかがでしょうか。

長らく賢威愛用者であった私は、この文字装飾の方がやりやすいですね。
メインで使うのは黄色が圧倒的に多いです。

あまりいろんな色を使い過ぎるとうっとおしくなりますから。

カスタマイズイメージ画像

THE THOR のカスタマイズ(リンク色・文字装飾)のまとめ

カスタマイズはやりだすと、キリがありません。

デザインやスタイルなどはその日その日の感性によっても違ってきますから、『正解』はないと思います。
それに・・・

ブログアフィリエイトの本質は良質な記事を投稿し続けること
読者の知りたいところ、痒い所に手が届く、というスタンスでコンテンツの質を上げること、につきます。

カスタマイズにこだわって時間が過ぎる、というのがいちばんもったいないです。
本末転倒的なところに余計なエネルギーを費やすことなく前進してください。

(初心者のうちは)記事投稿 ⇒ 分析・チェック ⇒ 見直し ⇒ 記事投稿 ⇒ ・・・

何かしらのお役に立てましたらうれしい限りです。

ここまで本当にありがとうございました。

-ツール・テーマ
-

Copyright© 副業専門学校 , 2020 All Rights Reserved.