WPを5.1.1にバージョンアップしたら・・・エディター画面が消えて入力できなくなった!

秋田です。

長年使ったブログのテンプレートをとうとう変更しました。(賢威 ⇒ THE THOR ⇒ 賢威)
※最終的には賢威に戻しましたけど・・・
今回は、その時のちょっとしたトラブルというか、慌てたことについて取り上げてみました。

実は・・・WPのバージョンアップにつれて投稿記事の入力画面が大幅に変更になっている、ということに気づいていませんでした。
知らない間に、まあ勝手にという感じで使い勝手が(私にとっては)「悪く」なってしまっていたのでした。

すばり、こんな感じの「入力画面」に突然! 変身していたのです。
まあ、使いにくいこと使いにくいこと・・・まあ、慣れるというのもたぶんにムリだと思いました。

WPバージョン5でエディタ入力画面が消えたイメージ画像

えっ、何この入力画面? と、ぼうぜんとなってしまいました。
最初は・・・「そうか、これが THE THOR の入力画面なのか・・・」と納得しながら、いくつかの文章や見出しを入れて実際に記事を書いてみたのです。

でも、しっくりこない! というのが実感でした。

いや、これだと THE THOR にテンプレートを変えたのが失敗だったかな、と瞬間的に思ったりもしました。
(ほんと自分の選択をうらみました)

アフィリ王子アフィリ王子

カスタマイズするにしても、いきなりこんな入力画面が出現したら・・・
後悔するかも知れませんね。

ネット王女ネット王女

一大決心をしてテンプレートを変えたのに・・・
元に戻すとなると・・・それこそお金のムダ使いにもなってしまいますから、ショックは2倍ですね。

これぐらいで慌ててはいけません。
まあ、検索でいろいろ調べてみると・・・

秋田秀一秋田秀一

どうやら・・・WPのバージョンアップでスタイルが変わったらしい、ということがわかったのでした。

あとは、元に戻すだけだなぁ、とは思ったのですが・・・
WPそのもののバージョンを5から4へと「戻す」形にするのは(自分の力量では)不可能だろう、と考えて他の手段を見つけることにしました。

ありました、ありましたね。
今回の記事は

・WPを旧式の入力画面に戻す方法

を解説します。

それが・・・

スポンサードリンク



プラグイン・classic Editor で元に戻すのがいちばんやさしくて簡単!

WPの管理画面から、プラグインで新規追加をしてください。

検索窓に「Classic Editor」と入力して検索します。
見つかったらインストールします。

プラグインClassic Editor イメージ画像

すぐに有効化します。

Classic Editor でWPのエディターをプラグインを使って元に戻す方法のイメージ画像

WPの管理画面の左上にWのマークがあります。
それをクリックすると、下図のような画面が表示されますので、「クラシックエディター」設定をクリックして確認します。

クラシックエディターの設定イメージ画像

クラシックエディターイメージ画像

有効化したらWPの管理画面から記事の新規追加をしてみてください。
ちゃんとテキストでの入力とビジュアルでの入力ができるようになっているかどうか、確認してください。

確認できたらまずは一件落着となります。

ですが・・・
実はこんなトラブルまで・・・

プラグインでクラシックエディターでの入力ができるようになったはずなのに・・・消えていたエディターとビジュアルの選択画面!

クラシックエディター新たなトラブル

下の図をみてください。

消えたテキストとビジュアルの切り替え画面のイメージ画像

上が正式な切り替えできる画像で、下が今回の私のWPの入力画面です。
クラシックに戻ったことは戻ったのですが・・・

ビジュアルとテキストの表示が消滅! してしまいました!



最終的には何が原因かまでは追求できませんでした。
(時間的に素人が探すと時間がいくらあっても足りないだろう、との判断で・・・途中でやめました)

ワードプレスのバージョンや他のプラグインとの相性などいろんな要因があるのかも知れません。
繰り返しますが深入りすることは「あきらめ」ました。

では、どうしたか・・・ということなのですが・・・

まとめ・・・消えたエディターとビジュアルの入力切替は、創意工夫とアイデアで解決!

WPバージョンアップとテーマ変更時のトラブル

どうしたか、わかりますか?

原因追求しても時間がもったいないので、こうなったら・・・
とにかく記事投稿を再開できるようにすることが最大のテーマです。

実際のところどうしたか、というと・・・

【解決策】
■ 別のサイトに(ブログを運営しているヤツ)に、THE THOR をインストールして
■ ちゃんとテキストとビジュアルが動く記事投稿画面から、装飾タグをコピーして別途テキストファイルなどに保存
■ そこから自分が使うであろうタグをコピペして、消えた側の記事投稿画面にて使用する
という2段構えで使うことにしました。



自分なりによく利用するタグは限られているので、つどコピペするだけで十分に記事投稿できています。
まあ、人間、追い詰められたら何かしらアイデアが浮かぶものですね。

今回のトラブルは複雑な要因が絡みあってのものかも知れません。
ただ、あまり時間をかけることなく創意工夫で解決策まで到達できたので、「よし」としたいと思います。

ネットビジネス・アフィリエイト初心者の方だと同じような場面に出くわした時に焦るかも知れません。
まあ、慣れの問題もありますが、バージョンアップについては慎重に考えた方がいいのだと思います。

実際、プラグインによってはワードプレスの新しいバージョンに追いついていないものもたくさんあります。

テンプレートを変えたついでにWPのバージョンも最新のものにアップさせておこうかな、という単純発想からの試みはどうぞ慎重に対応されてください。

何かしらのお役に立てましたらうれしい限りです。