定年退職をむかえるに当たって・・・何年間の勤務でしたか? お疲れさまでした!

秋田です。

もし、あなたが定年退職したばかり、または間近にそんなビッグイベントが控えているとしたら・・・思い返してみてください。

入社してから今日まで、または定年退職予定日まで何年、何日頑張ってきましたか?

1年365日で(うるう年は計算せずに)算出すると・・・
30年×365日=10,950日
31年×365日=11,315日
35年×365日=12,775日

日数で言われてもあまりピンときませんね。

23歳の歳に入社して60歳までは勤務すると・・・37年間。
20歳から働いて65歳までなら・・・45年間です。

凄い年月です。
とんでもなく大変なことだったのです。

秋田秀一秋田秀一

本当にお疲れさまでした。
先に定年退職した私からのメッセージです。


これからお伝えすることが・・・
人生をしみじみと振り返った時の想い出と今後について少しだけ自分の人生に思いを寄せるための後押しになれば、と思っています。

今回の記事は

についての話です。

まずは・・・定年退職をむかえる・むかえたあなたに一つ二つ質問をさせてください。


スポンサードリンク



【質問1】あなたは勤務中の1日24時間の中で何に最も多くの時間を使ってきましたか?

人生の時間
ズバリ、『仕事』と答えた人が圧倒的だと思います。
そうです、正解です。

残念ながら、仕事が正解なのです。

24時間のうち、通勤(準備・身支度なども入れて)に往復2時間。
仕事が、まあ午前8時から、午後6時頃だとすると・・・10時間。

これだけで12時間になってしまいます。

ということは、勤務年数30年の人で・・・ゆうに5,000日以上の時間を仕事に捧げてきたのです。
(24時間仕事をしたとすると・・・約14年間ぶっ通しという時間が仕事)

本当にご苦労さまでした。
お疲れさまでした、ですね。

膨大な時間を仕事に費やしてきたのです。

かけがえのない人生、一度きりの人生・・・
振り返ってみていかがですか?

秋田秀一秋田秀一

納得のいく、幸せな人生でしたか?




次なる質問は少しばかりショックです・・・

その仕事に費やしてきた時間は、楽しい想い出ですか? 心から楽しかった日々でしたか?

定年退職までの仕事
これに自信を持って『ハイ』と応えることのできる人はこの記事は不要です。
どうぞご退出ください。

自分の好きなように・満足のいくように自分で人生を創造してきた、ということが言えるかと思うからです。

たぶんに選択した仕事が楽しかった、ということでしょうから。

仕事にやりがいを感じ、
日々、生きがいを感じ、
人生を充実させてきた、

そんな生活だったということでしょうね。

秋田秀一秋田秀一

うらやましい限りです。
どうぞ自らをほめて差し上げてください。

では、そんな人も、そうでなかった人も、どちらにも・・・(またまた)質問です。

今・・・

今、人生が楽しいですか? 充実していますか? やりがい・生きがいのある毎日ですか?

人生のいきがい
あなたは、今、やりたいコトができていますか?

定年退職前にイメージしていた第二の人生。
その描いていたとおりに毎日が進行していますか?

そうでなかったとしたら・・・

何が原因なのでしょうか。
もし、それを少しでもイメージしていたとおりに人生を軌道修正するとしたら・・・

何をすれぱいいと思いますか。
または・・・

何をしたらワクワクの毎日になれると思いますか。

人生は年齢のスピードで1年が過ぎる!?

時の流れ
私はよく半分冗談的な軽い笑い話のように、次のようなことをよく口にします。

秋田秀一秋田秀一

人の年齢の時速で1年間が過ぎます
最近、歳をとってくると本当に1年が過ぎるのが速いですね。

というような会話です。

50歳の人は、時速50kmで1年が過ぎます。
65歳の人は、時速65kmで、
10歳の小学生は、時速10kmで1年が過ぎる、ということです。

実際、私はそうでしたね。
小さい頃は・・・ほんと1年が長かったものです。

秋田秀一秋田秀一

はやく大人になりたい、と思っていました。

最近は本当に速いです。
あっ、という間に1年が終わります。

実は、この投稿記事を書いているのが10月の6日です。
今年も年が明けてから残り3ヶ月になってしまいました。

今年、(ここまで)何をしたっけ?

と自問自答すると・・・答えに詰まってしまいます。(苦笑)

ほんと残念です。
あなたは、いかがなものでしょうか。

定年退職してからのスピードがはやくありませんか?
ちょっとビビッたりしていませんか。

まとめ・・・もし充実させている『モノ・なにか』がなかったら、意識して見つけませんか?

未来
人生が、一年が速いのは述べたとおりです。

来年の今頃も同じようなところで、同じような気持ちで、同じようなことをしていますか?
ひょっとして、再来年も一緒でしょうか。

もし、脱却してみたい、との思いがありましたら・・・

・自分のやってきたこと・経験・身についたスキルを
・文字(文章)、動画などにして残してみませんか?
・発信してみませんか?



あなたの全体が、あなたそのものが「財産」になるように、この世に「何かしら」を「目に見えるものにして」残す、ということにエネルギーを向けてみませんか?

無料で相談に応じます。
何なりとご相談ください。

お問い合わせ

ここまで本当にありがとうございました。

スポンサードリンク