ローンチは稼げるのか? ステップメールとメルマガとの違いは? 元・銀行支店長がお教えします!

ローンチとかステップメールといったものは、すべて読者・お客さまとの親密度を高めるためのブループリント(設計図・青写真)だ、と理解しておいてください。

情報商材を買ったことのある人なら、あるいはそのセールスレターページを見たことがある人なら、異常に縦長のつくりになっているセールスレターページを見たことがあるかと思います。

ズバリ、下図のようなページです。

セールスレターページのイメージ画像

だいたい、こんなスタイルが定番でした。(実際、読みこなすとなると・・・うんざりすることもありますね)

裏話的にバラすなら・・・だいたいの文字数が5万文字くらいでつくられているものです。
5万文字ということは、400字詰め原稿用紙に換算すると・・・なんと125枚分です。

ネットをやる人で、短時間の間に原稿用紙で125枚分のセールスレターを真剣に読む人なんか(通常は)いません。
(あまり興味のないセールスレターを)もし、最初から最後までキッチリ読むという人は、よっぽどの『もの好き』か『暇な人』ということになります。

かといって・・・流し読み、飛ばし読みでもいいように(割りとザックバランに)作成してあるか、というとそうでもなくて、一言一句、ちゃんと作成されているものなのです。

いい加減さがあれば、それに気づいた読者が『信ぴょう性がない』ということでさっさと離脱するのは当然のことなのです。
流し読みが前提だけど、きっちりと『つくり込んである』というのがセールスレターなのです。

さて、あの異常なくらいの『縦長(たてなが)』のレターが少しずつ変化してきているのをご存知ですか。

・・・・・

実は、縦長が横長になってきているのです。

シビアな考え方をするなら、ネットの世界の流行り(はやり)・廃れ(すたれ)は速いですね。
まさに、毎年毎年変わる、流行語大賞のような感すらあります。

アフィリ王子
イメージとしては・・・縦長のレターを第1章、第2章・・・という感じで切り分けます。
それを、時系列的に一つずつ読者に訴えていくような感じだと思ってください。

ラブレターだと思ってみてください。
今日ラブレターが届く。読むと・・・『続く』とある。
『この続きは明日』・・・といったような感じでつながっているようなものです。

ネット王女
ということは・・・
1日で上から下まで『あの長いレターを読んでいたのを、数日かけて読む』というような感じですね。

一気に感情が高ぶっている時に成約・クロージングまで持っていくスタイルだったのが、何日か時間をかけてじっくりとセールスしていく、という形かと思います。

時間をかけて商品の良さや特徴・メリット・デメリットなどを理解してもらうような仕組みになっている、と言えます。
何か(これまでの縦長のレターと違って)メリットがあるのでしょうか

ネットの世界ですから『めまぐるしい』くらいに新しい『もの』が登場して、また廃れていって・・・というようなことが日常茶飯事のように起こっています。

ローンチという手法はまさにそんな感じの『ノウハウ』です。

秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

イメージとして横長に切り分けることで異常なくらいの『縦長』型のレターではなくて、それを切り分けて少しずつお客さま・読者にアピールしていくことで『対話ができる』というような感じになります。

いわば、(少しずつ)コミュニケーションをとっているようなものです。

このローンチという手法は、元々は外国・アメリカから導入されたような手法です。

お客さま・読者との距離を縮める、親密度を上げる・・・そして共感してもらうという世界を演出するものです。

まあ、最終的には『商品・商材・サービス』を購入していただく、というものですが。

この手法はこれまでメルマガやステップメールという人間関係をつくりあげるツールに代わるものとして導入されたというか、セールスのための新しい手法として(最近では)どんどん使われるようになってきています。

さらに面白いことに・・・
この手法自体を『最新の手法です。マスターしませんか?』という感じで、このノウハウを教えることで稼ごうという人たちも存在しています。

冷静にみると・・・みんなブームというか『新しいものに』乗り遅れないように努めているのですね。

ローンチが稼げるか・稼げないかは、やり方や展開の仕方で変わってきます。
やる・やらないは別にしても、ノウハウとしては『こんなものがあるんだ』と認識しておくだけでもいいかと思います。

きっとあなたのアフィリエイトやネットビジネスの展開において役に立つ時がくるかも知れないのですから。

ステップメールとは? メルマガとは? ローンチと何が違うのか?

いずれも基本的には『メール』を使って『やり取り』をします。
ただ、最近ではメールの到達率や開封率が著しく落ちてきていることからメールの代わりに『LINE』を使ったやり方などもどんどんメジャーになりつつあります。

LINEの到達率・開封率はハンパないものがありますから。

LINE でのローンチ・ステップメールの到達率・開封率のイメージ画像

メールマガジンとは? メルマガスタンドというプラットホームを利用するか、自前のシステムを使うかの違いがあるけど、コミュニケーションの手段としてマガジンを発行するもの!

まずはメルマガから簡単に説明すると、読者の側からみてメールで「マガジン」を定期・不定期購読するようなものです。
発行者側が毎日、毎週、毎月といった間隔で発行するのを、『情報をメールでもらう』というものです。
無料のメルマガと有料のメルマガがあります。

実は手前味噌なのですが、私も『まぐまぐ』というメルマガ発行スタンドを利用して一時期メルマガを発行していました。
読者が3万人を超えていたと思います。

まあ、情報のみならず自分の商品・サービスを告知するとそれなりに反応もありました。
つまり、売上に直結できていたのです。

メールマガジンを何回も何回も発行・発信して、読者との信頼関係ができていたからこそ、商品の告知や案内をするとそれなりに反応(売上)につながっていた、というのが大きいと思います。

つまりは、メルマガは定期・不定期の情報発信をとおして『信頼関係』を構築するものだ、ということができます。
その信頼関係があるからこそ、告知・PRをした時に売上や報酬につながるものなのです。

では、ステップメールとはどんな時に使われるか、ということを見てみたいと思います。

ステップメールとはラブレターを次から次へと送り続けるようなもの?

一度登録してもらうと、一定の間隔でずっと(毎日毎日でも可能)メールを自動的に配信する仕組みになっているメールを、ステップメールといいます。

毎日毎日、指定した時間にラブレターを送信することができるようなものです。

メルマガが、(定期・不定期は別にして・臨時増刊号的なものも発行できますが)発行者側の、『今日、発行・送信しようかな』という思い・思惑で発行するようなパターンが多いのに対して(もちろん予約もできますが)・・・

ステップメールとは、メールアドレスを登録してもらったら
すぐにお礼メールを送信して、
翌日の9時には2回目のメールを送信して、
翌々日の16時には3回目のメールを送信して・・・

という具合にあらかじめ決められたとおりの『シナリオ=メールマガジン(またはLINEなど)』でお客さまへ情報を届けるものです。

最初にシナリオと送信のタイミング・スケジュールを『設定・セット』しておけば、あとは何もすることはありません。
いわば、自分の側が作成したシナリオにそって、自動的にお客さまにアプローチできる仕組みそのものです。

しかも、ほったらかし、ができてしまいます。

もちろん、この予定どおりのステップメールの最中に、いわば臨時増刊号的に、自分の好きなタイミングでメール・メッセージを発信することもできてしまいます。

ステップメールでできることは? ズバリ、緊密な人間関係の構築! つまり信頼関係を築くことです!

いちばんの狙いは送信者と受信者の間の関係構築・強化です。

毎日毎日ラブレターをもらったら・・・(好き嫌いは別にしても)無視できない相手になってきます。
「遠くの親戚より、近くの他人」というような言葉もあるくらいです。

一度登録してもらうと、一定の間隔でずっと(毎日毎日でも可能)メールを自動的に配信する仕組みになっているメールがステップメールです。

それこそ毎日毎日、指定した時間にラブレターを送信することができるようなものなのです。

こんなことに困っていませんか、と読者に同調して『悩みごと』を共有する
このままいったら、こんなことになる可能性がありますよ、と訴える
実は、こんな解決策もあるのですよ、と教える

自分を知ってもらう
自分の商品・サービスを知ってもらう

自分の商品・サービスを利用したら、こんな未来が待っていますよ
反対に利用しないと、こんなことになってしまいます(それだとイヤですよね)

といったようなことを『シナリオ』にしてそれをステップ式のメールで訴えるのです。

いわば、(言葉が不適切で申し訳ないのですが)『メールで読者を教育』するようなものです。

目の前に自分がいてセールストークで口説くことができません。
なので、その代わりをメール(ステップ式のメール)にしてもらうわけです。

実は、
このステップメールが、ローンチと相性がいいのです。

それはなぜかと言うと・・・ステップメールに記載された情報だけでなく

動画のリンクや音声ファイル、ダウンロードできる資料のリンクを貼る、といったことでより強くお客さま・読者との関係を親密にすることができることから強力な武器になる! ということです

少し余談的な話でわき道にそれますが・・・

オレオレ詐欺から始まって、いろんな『詐欺』が手を変え、品を変え誕生・登場してきました。
今でも、そんな『詐欺』は減っていません。

毎年毎年、1歳ずつ歳をとって高齢者の方が増えていっている時代です。
高齢者の方の予備軍を含めたら(詐欺グループからみたら)、市場規模は大きい、ということなのでしょうね。

残念ながら、です。

さて、話を元に戻しますが・・・

一回切りの電話でも『それなりの関係』を構築して相手の『ふところ』に飛び込むことができる人たちがいるわけですね。

これは極端な話ですが、何回も何回も会話したり、コミュニケーション(たとえ一方通行でも)をとったりすることで仲良くというか、身近に感じてもらえる存在になることができてしまいます。

まさにステップメール、ローンチといった『ツール』はそんな関係構築を狙いとしたツールなのです。

従来の縦型の長いセールスレターを少しずつのパーツにバラして、それを一つずつ案内する。
内容としては・・・
ダウンロードできる資料であったり、動画であったり、音声ファイルであったり・・・。

毎回、無料で資料がもらえたり、お得な情報を教えてくれたり、動画・音声で話しかけられたりすることでメール発信者を、あなたを信頼するようになる、というわけです。

これが最大の役割・効果(狙い)です。

ただし、これにはメールを届ける相手のアドレスがあることが大前提です。

動画でのローンチイメージ画像

ローンチ、ステップメール、メルマガで稼ぐ最大のキモ(ポイント)は、メールアドレスという名簿を手にすること!

今や1件のメールアドレスを獲得するのに、500円とか1000円といったようなことが言われてもいます。
凄い時代になりました。

チラシ・DMなどの販促物を配布しても、1,000人のうち3人とか4人というのが今の時代の反応率だといいます。
まさに『センミツ』です。

ということは1,000人のメールアドレス=名簿を取得するのには、50万円とか100万円かかってしまうということになります。

それで、3人か4人しか反応してくれない、という世界です。
(もちろんやり方やキャッチコピーなどによって反応率は大きく変わってきます)

3人、4人に売れて名簿代の50万円、100万円を回収してさらに『儲け』も得る、というビジネスモデルは成り立つものなのでしょうか。

実際には、赤字覚悟で名簿を入手して、そこへローンチを仕掛けて回収する、さらに儲けるというビジネスモデルがここにあります。

あなたが仕掛ける側なら特に問題はないですけど、仕掛けられる側なら十分にそのビジネスモデルの裏側に気づいてください。

ラブレターの役割を果たすのがローンチ。(動画で、声で、プレゼントで)
ラブレターを届けるシステムがステップメール。

メールにあらかじめ撮影しておいた動画のラブレターや、音声ファイルのラブレターを見たり・聴いたりできるようにしておいて毎日のように届ける、というのがローンチなのです。

このローンチを有効的に活用する側に回れば、自分の商品・サービスがお金儲けにつながることも十分に期待できます。

ローンチという手法は稼げるのか・・・まとめ

大前提として名簿があるかどうか、というのが大きな課題・宿題としてありますが・・・
(今から名簿を積み上げることができるか・購入するかは別にして)

(名簿を確保できたら)やり方・仕掛け方次第で、十分に稼げるもの=ノウハウです。

私たちは、そしてブログアフィリエイトをするあなたは、このローンチを悪い方に活用してはいけません、ということだけは強調しておきたいと思います。

ブログアフィリエイトを運営する時の読者とのコミュニケーションをさらに強化する目的で(ついでにメールアドレスという名簿(財産)を育てていくという目的で)取り組むことをお薦めします

お互いがハッピーになることが原則です。最低でもWIN-WINです。
一方通行のGive、Give、Giveでもいいくらいのつもりで。

貴重な情報やノウハウ・サービスを提供する。その代わりにリータンをいただく、というスタンスが望まれます。

一方的な『搾取』は長続きしません。

関連記事も良ければご参照ください。

⇒ プロダクトローンチはアフィリエイトやネットビジネスに応用が効く

ここまで本当にありがとうございました。