ハワイビーチ

あなただけのブログ名・サイト名のためのドメインを決定・取得します。
このステップ2とステップ3、ステップ4は同時に進めても構いません。

ドメイン名(独自ドメイン)の決定

ドメイン名はあなたのブログ・サイトのアドレス、番地になるものです。

今では日本語でのドメイン名を取得することもできますが、やはり英語表記(ローマ字)の方がしっくりきます。私は全部英語表記でのドメイン名にしています。
あなたの好みで取得するのがいちばんです。

もちろん希望のドメインがすでに使用されている場合は取得不可です。ドメインは早い者勝ちです。

私は主に バリュードメイン を利用して、(ある一つのドメインだけ) ムームードメイン を使っています。
他にもいろいろな会社があります。もちろんレンタルサーバーを契約した会社でも(同時に)取り扱っていることも多いです。

秋田秀一秋田秀一

一つだけ気をつけていただきたいのが独自ドメインを取得したあとで、
ネームサーバーの変更という作業があります。

ドメインを取得したところ(会社)と、レンタルサーバーを借りたところ(会社)が
同じ会社・サイトであれば問題ないのですが・・・
料金的な観点から別々に契約した場合はこの作業が発生します。

実は、レンタルサーバーを借りるとネット上の番地が割り当てられます。
たとえば、あなたの番地=IPアドレス=159.248.345.32というような番地です。

これをブラウザにいちいち入力してサイトを訪れるというようなやり方は(通常は)しません。
(もちろんこれだけではサイトにはつながらないと思いますが)

このIPアドレス=○○○.comというように設定する必要がある、というわけです。

レンタルサーバー会社で契約したサーバーのIPアドレスに ←←←
ドメイン取得会社で取得したあなたのドメインを向けてやる(結びつける)必要があります、
ということです。

ネームサーバーの設定のイメージ画像

こんな感じです。
大文字でも小文字でもどちらでも大丈夫です。

さあ、それでは早速自分だけのドメインを取得しましょう。
ステップ1で検討した仮のテーマにつながるようなものがいいですね。

(その前に一つ二つ注意点を)

ドメイン取得時の注意点

【1.comとnetとjpと・・・その他のドメインでは違うのか?】

自分の希望するドメインが見つからない時は、comとかnetといったようなドメインだけに
固執しなくていいかも知れません。

infoとかorgとかいろいろ馴染みのないドメインなら空きがある場合があります。

もし可能であれば、やはり馴染みのあるcomとかnetなどの方がいいと思います。
工夫することで、たとえば、途中に「-(ハイフン)」などを入れて取得すれば・・・

独自ドメインを取得できる時もあります。

【2.長いドメインは、どうなの?】
たとえば、中高年のダイエットをテーマにブログ・サイトづくりをしようとした場合に、
chukonennodiet.comとかdiet-chukonen.comというようなサイト名にすることもできますが、
あまりに長いと手入力の時が大変だなという感じもあります。

まあ(長さは)皮膚感覚の世界ではありますが・・・私も○○○.comで、○○○の部分が10文字のサイトもあります。

いずれにして一度決定・選択したら一生のお付き合いです。愛着のあるドメインにしてください。