ネットビジネス・アフィリエイト初心者への始め方アドバイスイメージ画像

アフィリエイト

初心者がスタート時に知っておくべき7つの最重要ポイント!【77/600】

秋田です。

ネットビジネスやブログアフィリエイトを始めようという時に・・・何からスタートすればいいのか、という素直な疑問点があるかと思います。

実は・・・いろんなアドバイスができます。

■ テーマ・キーワードを決める、ターゲットを決めるところから始める。
■ レンタルサーバー、独自ドメインの契約と設定から始める。
■ 記事テーマや見出しの見つけ方、記事作成のやり方から始める・・・などなど・・・
秋田秀一
これこそが、初心者が最初に始める時の「やり方」だ! という正解はないと思います。

アドバイスする人によって違います。

でも・・・「これだけは、 最初で絶対に意識しておいて欲しい!」というものがあります。
私はそう思っています。

知らないばかりに「後から苦労した」「修正に時間がかかった」というようなことがあるからです。

それだと時間がもったいないですし、下手するとモチベーションが一気に下がったりしますね。
ネット王女

アフィリエイト初心者が回り道しないために、途中で(やり替え・やり直し等で)挫折しないために、私の体験からの老婆心的アドバイスです。

⇒ 【重要なポイント】を7つご案内します。

今回の記事はスタートする時に最初から絶対に頭に入れておいて欲しいこと

・運営するブログ・サイトは最初から絶対SSL化!
・リンク切れはユーザビリティを無視していることといっしょ!
・同じテーマ・キーワードで違うことを書かない!
・まとめ記事は読者へも検索エンジンへも「やさしい心遣い」・・・評価されないはずがない!
・タイトルへ入れるキーワードを使い過ぎない(詰め込み過ぎない)! 欲張りはNG!
・サイト内でどの記事が重要な記事かどうかは被リンクで検索エンジンは判断する!
・ユーザビリティの1つに回遊性もある!(プラスの効果もアリ!)

の7つです。

秋田秀一
※今回の記事は少しボリュームがありますが・・・アフィリエイトに挫折しない・失敗しない・回り道しないために非常に大切なことです。
ぜひ、ブログアフィリエイトにチャレンジしようという初心者の時から意識して、毎日の記事作成・サイトづくりを心がけてください。
絶対に後から後悔することがなくなるはずですから。

【自社CM・オリジナル教材】
【お手軽】【簡単】【即効性あり】【限りなくほったらかし】【継続報酬】の5拍子そろった副業モデル
⇒ 1グラムの副業(日本初モデル)

 

スポンサードリンク



 

運営するブログ・サイトは最初から絶対SSL化!

SSLブラウザ表示イメージ画像
サイトを見ているとアドレスの横に「鍵マーク」が表示されているのに気づいたことがあると思います。

このサイトは安全なサイト(ブログ)ですよ、ということが保証されているマークです。

アフィリ王子
クリックしたら・・・いかがわしいサイトに飛ばされた。
詐欺サイトに登録させられそうになった。
というような悪意を持ったサイトに誘導されるとしたら・・・ある意味で犯罪に巻き込まれるのといっしょです。

そんなことがないようにネットユーザーがこれからも安心してネットを使えるようにサイトの安全性を保証しているのが鍵マークです。

その鍵マークを自分のブログ・サイトに導入しているのが(今の時代では)当たり前になっているのです。

■ ユーザーのために運営者側が鍵マークを導入しておきなさい、というものです。
■ 食品の安心・安全のためにISOとか、JASマークとか、製造する工場もHACCPを取得しなさい、というようにどんどん消費者保護に重きがおかれるようになっています。
■ 同じです。ネットユーザーが安心して使えるように鍵マークを取得しておきなさい、というのは自然な流れです。

その鍵マークを取得することが「SSL化」です。

実際のやり方は契約するレンタルサーバー会社にもよりますが・・・普通はワンタッチで導入できます。

絶対に最初から自分のサイト・ブログをSSL化した形でスタートさせてください。

食品の包装に安心・安全を保証するマークがついているように、検索エンジンは安心なサイト・ブログをユーザー(消費者)に紹介するのは当たり前ですね。

■ 安心なマークがついている商品だけを売っているスーパーと
■ 正体不明な商品だけを売っているスーパー・・・

あなたはどちらのスーパーを利用しますか。
同じですね。

検索エンジンが正体不明なスーパーを積極的に紹介してくれるはずがありませんね。

ですから・・・最初からSSL化しておいてください。

SSL化すると・・・実は、サイト・ブログのアドレスも違ってくるのです。

■ 普通のアドレス・・・http://www・・・
■ SSL化済みのアドレス・・・https://www・・・

Secure(安全)の「s」なのでしょうか・・・httpの後にsがつきます。

なぜ、これを最初にアピールするかというと・・・

秋田秀一
ブログ内のすべての画像等もhttpでつながった画像か、httpsでつながっている画像か、に分かれるからです。
画像一つひとつがhttpsになっているかどうか、というチェックが入ります。
記事内の1つの画像がhttpにつながっていたら・・・記事全体が安全でない、と判断されます。
(外部へのリンクは別です。SSL化していないサイトも存在していますから・・・リンクを貼る側の責任ではないですね)

【こんな面倒な作業まで発生しかねません!】
記事を100記事、200記事も書いて投稿した後から・・・
1つの記事に画像が3つずつ入っていたら・・・

合計300~600の画像がブログ内に存在することになります。

あとから・・・全部SSL化しようと変更する時に、何百という画像を全部チェックしてhttpから ⇒ httpsに変える作業が発生してしまうことになるのです。

膨大な時間が浪費されます。

 

あなたが記事の修正をしてる時に、ライバルたちは・・・

どこまで先に記事投稿=仕掛けづくりを進めることができるものでしょうか?

ネットビジネス・アフィリエイトのライバルは待ってくれないのイメージ画像

ネットビジネスの世界では、ライバルは、新規参入者は、待っていてはくれません。

昔、といってもほんの数年前の2016年3月に「ダイエット」というキーワードで検索した時には・・・
この記事を書いているのが【2018年9月】です。
その後2020年3月にメンテナンス・リライトしています。

今、同じ自分のパソコンで、グーグルの検索結果からの比較してみたのが・・・
下表の数値です。

【2016年3月検索】 【2018年9月検索】 【2020年3月検索】
ダイエット・・・
約3,000万件
ダイエット・・・
約2億3,300万件
ダイエット・・・
約3億3,300万件
ダイエット やり方・・・
約1,000万件
ダイエット やり方・・・
約3,100万件
ダイエット やり方・・・
約2,960万件

※「ダイエット やり方」は減少していますね。

私だけの検索結果からの数値比較ですから、必ずしも「絶対的に正しい」というわけではないかも知れません。

ただ、わずか数年の間に、どんどん「ライバルサイト・ブログ」が、競合ページが増えていることがわかります。
しかも爆発的に増えていますね。

それだけブロガーやアフィリエイターが増えたこともあるかと思います。

アフィリ王子
毎日のように、新規参入者が参加してきている、のは間違いありません。
ビッグキーワードではなくて、スモールキーワード、複合キーワード、スキマ的なジャンルのキーワードなど・・・

自分だけの「穴場的なテーマやキーワード」を発掘しても、すぐに「レッドオーシャン化」しそうな感じがします。

となれば・・・

記事作成等で本当はコツコツと頑張らなければならない時に、SSLのための修正・補正作業が入ってくることで、ライバルとの競合においては間違いなく「後退する」ことにもなります。

貴重な時間とエネルギーを費やしての「作業」です。
無駄なことは避けたいですね。

【ここでのまとめ】
・SSL化は最初から導入。
・後からの修正は大変。画像1つ1つまで修正することになります!
・導入は(普通は)ワンタッチに近いレベルでの手続きで完了しますから!

 

リンク切れはユーザビリティを無視していることといっしょ!

リンク切れイメージ画像

あなたがあるリンクをクリックしたら・・・いかがわしいサイトに飛ばされた、ということがあったかも知れません。
一種の詐欺ですね。

⇒ ○○県警はこちら とあったのにクリックしたら・・・○○組事務所だったとなれば大変です。

とんでもないサイトです。
■ わざと仕掛けたのか
■ 知らないうちに「ついうっかり」間違ったのか・・・
神さましかわかりません。

でもクリックした側にとってはどうでもいいことです。
事実として違うところに飛ばされたことは間違いありません。

これと同じように
⇒ ○○はこちら とあったのにクリックしたら「サイト・ページが見つかりません」となったらどうですか?

ネット王女
あなたが友だちに「このお店、凄くいいよ」と教えてあげたのに・・・
友だちが利用したら・・・とんでもない扱いを受けた、となれば「あんたの信用はガタ落ち」するかも知れません。

矢印イメージ画像

これといっしょです。

あなたが「ニキビ 治し方」で検索したのに・・・
検索エンジンが、1位に評価したサイトに行ってみたら・・・

商品のCMだけのページで、⇒ 治し方はこちら をクリックしても・・・ページが見当たりません、とか、
間違ったページに飛ばされたり、となれば・・・あなたはどう感じますか?

■ このサイトは「なんてヤツだ」「不親切だ」と思うか
■ このサイトを紹介した検索エンジンは「なんてヤツだ!」と、どちらを強く非難しますか?

検索エンジンを使ったら・・・紹介されたサイト(会社)が悪いと思うか、紹介した検索結果が悪いと思うか、です。

そうなると・・・検索エンジンはどうなりますか?
ヒント・・・【無料】で検索結果を教えてくれるのが検索エンジンです。

■ 調べものなら・・・このサイト・ブログがお薦めです。
■ それがウソやとんでもないサイトの紹介となれば・・・

ユーザーは「その検索エンジン」を利用しなくなります。
そうすると・・・そこに広告を出している大企業・スポンサーは検索エンジンにお金を出さなくなります

これだと困るのですね。

だから・・・リンク切れがあるような不親切なサイト・ブログは・・・当然ことながら・・・
評価が落ちることになります。

だって、ユーザーにお薦めできませんから。

【ここでのまとめ】
・リンク切れがある、ということはお店に不備があるということ。
・そんなお店をミシュランが「三ツ星」にするようなことはありません。
・ネットでも同じです。検索エンジンがユーザー(消費者)にはお薦めしたくない、と思うのは当たり前です。

 

同じテーマ・キーワードで違うことを書かない!

同じことをいくつもの記事で書く・同じテーマ・キーワードで違うことを書くイメージ画像

世の中に同じ意見だけがあったら・・・どうでしょうか。

ダイエットする方法を検索する人がいた時に・・・
世の中のノウハウが全部「腹筋運動」をしなさい、というものだったらどうなりますか?

困りますね。

ジョギングで成功したらからそれをお薦めする人もいれば・・・
ウエイトトレーニングで実際に痩せた人もいるはずです。

運動せずに食事療法や断食などで痩せた人も存在します。

逆に・・・
同じ風邪薬でも「効く人」「効かない人」「副作用が出てしまう人」「不幸な結果になってしまう人」がいます。
求めているものが人それぞれ違います。

それといっしょです。

「ダイエット やり方」で検索した時に腹筋運動だけが検索結果に出たらいけないのです。
誰も検索エンジンを利用しなくなります。

だから・・・いろんな意見を検索エンジンはひろって紹介するようになっています。

ここまではいいですね。

今度はこれとは別の話になりますが・・・
アフィリエイトという副業を薦めるサイト・ブログなのに・・・

■ ある記事では、アフィリエイトはブログアフィリエイトが絶対にいい、いちばんのお薦めです、と言っておきながら
■ 別の記事では、ブログアフィリエイトよりも広告を出して誘導するPPCアフィリエイトがいちばんのお薦めです、というような記事を連発すると、読者はどう感じると思いますか。

作者=運営者の本当の考え方はどうなの? と不安になってしまいます。

また、こんな記事がたくさんあったらどうでしょうか。

・二の腕を細くするダイエットのやり方は、この「腕回し」運動がいい。【1月10日の記事】
・「腕回し」運動で腕のダイエットに成功!【2月25日の記事】
・ダイエットには「腕回し」運動が最高!【4月5日の記事】

いかがですか。
同じような内容の記事をいくついくつも投稿していますね。

これって・・・ユーザー(読者)はどの記事を読めばいいのでしょうか。
迷ってしまいます。

そもそも、こんな場合では・・・検索エンジンはこのブログから「腕回し」運動を紹介している記事を検索結果でお薦めしようとする時には、どの記事を評価すればいいと判断したらいいものでしょうか?

※同じ内容の記事を「わざといくつも投稿して、記事数を見せかけ的に増やしているだけの悪徳サイト・ブログじゃないか」と判断されてもやむをえないですね。

世の中に出回っている商品でも「上げ底」にしてたくさん入っているように見せかけている商品があったりしますが・・・それと同じ手口です。

【ここでのまとめ】
・同じ内容の記事を複数書くのはマイナス。
・忙しい世の中、読者はどの記事を読めばいちばんいいのか?
・同じテーマ、キーワードで違うことを書くのもマイナス。どれが正解? どの記事を信じればいいのか?

となります。

ただし・・・

ネット王女
記事の内容によっては時間が経過することで中身が変わってくることもあります。

たとえば・・・2019年の税制改正のポイントは・・・○○!
翌年になって2020年の税制改正は○△が導入されるようになった!
アフィリ王子

というようなケースは当たり前のように存在します。

当然、2019年版の記事をメンテナンスすることになりますが・・・それは問題ありませんね。

時代の経過とともに「真実・事実」が変わってくることは起こりえます。
その時はリライト・メンテナンスですね。

【ブログ進捗管理表】
同じテーマ・キーワードの記事を書かないように管理表でチェックすることもアリです。
私の使っているブログ進捗管理表をご案内します。

 

リライト・メンテナンスは別!(3歩進んで2歩チェック)

リライトイメージ画像

リライトというのは世の中の情報をコピペして、それだとバレるから自分の言葉や言い回しに変える、という意味ではありません。
最新の情報に変更したり、読者(ユーザー)のために加筆・修正したりするものです。

誤解のないようにしてください。

いくらアフィリエイトはネット上に資産を構築するものだといっても・・・
情報はすぐに時代遅れになったりする世の中です。

見直し・メンテナンスすることは非常に大切です。
自分なりの「決め事」「ルール」をつくってください。

たとえば・・・30記事書いたら・・・見直しをしてみる、とか
50記事ごとに・・・とか、
投稿して1ヶ月たったら・・・とか
自分なりのルールを決めて記事を見直すことは非常に大事です。

・PDCAを回す、ということです。

 

まとめ記事は読者へも検索エンジンへも「やさしい心遣い」・・・評価されないはずがない!

まとめ記事イメージ画像

今のサイト・ブログには「サイトマップ」が用意されていますし、WPなどでは簡単にサイトマップを設置できるツール(プラグイン)もあります。

ですけど・・・私の記事の全容を知りたい人はサイトマップを見てね、ではあまりに不親切です。

現実のお店であっても・・・店員さんのフォローを嫌がる人と、店員さんに相談したい人がいるなどお客さまのニーズは人それぞれです。

ブログで記事を作成した時も同じです。
勝手に自分で読みたい記事を、欲しい情報を探してね、というスタンスでのサイト・ブログ運営はお客さま目線ではありません。

まさに検索エンジンが大切にする「このサイト・ブログはユーザビリティがちゃんとできているだろうか」という目線でのチェックからすると・・・お客さまの「ほったらかし」は不親切です

三ツ星レストランの評価は受けられませんね。

「二の腕 運動」で検索した人向けの記事を作成した後に・・・
運動の種類
運動時の食事のやり方
運動した後のクールダウンの方法
二の腕のダイエットにお薦めのサポーター・・・等々
といったような記事を用意したなら・・・

この記事を一覧形式に案内するような「まとめ記事」を別に用意してあげることは親切の極みです。
まさにユーザビリティの世界です。

ユーザーは喜びます。
サイト・ブログ内をあちこちクリックして探す必要がないのですから。

検索エンジンも「親切なサイト・ブログ」だ、と評価してくれます。

検索結果に「まとめサイト」の情報が割と上位で登場するのはなぜだと思いますか?

ぜひ、意識してみてください。
日頃の記事作成の時点から意識することでコンテンツの質はどんどん高まります。

これが最後のポイントにある「回遊性」にもつながります
「回遊性」が高まれば・・・ユーザーの「滞留時間」が長くなることにもつながります。

■ お店に入ってもお客さまがすぐに退店するようなお店と
■ 店内により長い時間滞在してくれるようなお店とでは・・・どちらが「いいお店」だと判断できますか?

【ここでのまとめ】
・まとめ記事はユーザビリティにつながるもの。
・検索エンジンも評価する。
・検索エンジンはユーザーの「滞留時間」もチェックしています。

この手の導線を考える時に・・・日頃から「アフィリエイトリンク」を貼ってのマネタイズを意識することも大切な思考となります。
まとめ記事の作成がマネタイズ思考の訓練にもなるかと思います。

 

タイトルへ入れるキーワードを使い過ぎない(詰め込み過ぎない)! 欲張りはNG!

キーワードの詰め込み過ぎはNGイメージ画像

スパム、という単語を知っていますか?

スパムメールというキーワードもあります。
迷惑・わざと、というヤツですね。

あなたが毎回記事を書く時に、欲張り過ぎて・・・キーワードを入れすぎると・・・スパムと判断される可能性がありますよ、ということをお伝えしておきたいと思います。

あなたが決めるタイトルとして・・・

■ シミを薄くするのに効果的なマッサージ方法はこれだ!

というタイトルと

■ シミ消し、ニキビを治す、小顔効果にも、血行改善にもいいマッサージ法!

という2つのタイトルだと、どちらかを選ぶくせがあるでしょうか。

たくさんのキーワードで検索エンジンにユーザーをひろって欲しい、という思いがあると・・・
つい後者のようなキーワードをちりばめるやり方をする人がいます。

ですが・・・それは・・・
完全に逆効果です。

このサイト・ブログは「悪徳業者・悪徳商法」だとみられます。

もっともこの手の表現は薬事法(今の薬機法)に触れる可能性もありますから、あくまでも一つの参考事例としてみてください。
 

複合キーワードはスキマを攻めるやり方としては正しいのですが・・・

複合キーワードイメージ画像

ビッグキーワードという概念、複合キーワードという概念があります。
アフィリエイトの世界には個人だけではなくて組織や大企業も参入しています。

何十人、何百人という従業員を使って毎日毎日もの凄い数の記事を投稿しているライバルと同じ土俵で勝負するのはとんでもない話です。

しかも後発で今からアフィリエイトに参入しようとするなら・・・

スキマビジネス、複合キーワードで記事を作成するというのが賢明なやり方です。

ですけど・・・複合キーワードは3つも4つもキーワードをちりばめるようなやり方だと逆効果になる可能性がある、ということだけは理解しておいてください。

100%ダメ、ということではありません。
やってみないとわかりませんけど・・・

やってみることもアリです。
やってみて、後から検証してみて・・・「良かった」「悪かった」と判断するだけです。

ただし・・・私の経験上・・・ライバル数約1億で1位をとれているいた記事がありますが・・・
複合キーワードです。

秋田秀一
実は・・・後から欲張って複合キーワードを3つにしたタイトルに変えたことがあります。
すぐに4位、5位に落ちました。(苦笑)

今では少し復活しています。(2位まで復活しました)

こういうペナルティーもあるものだ、ということを知っておいてください。

【サンプル】
■ アフィリエイト初心者はこれからスタートすべし!というタイトルと
■ ネットビジネスで副業したらサラリーマンとアフィリエイト初心者はアドセンスからはじめることをお薦めします!

こんなタイトルの場合だと後者にはキーワードがたくさん入っていることになります。
ネットビジネス・副業・サラリーマン・アフィリエイト・初心者・アドセンス・・・と6つも入る形ですね。

こんなやり方は・・・
いろんな人にヒットしてもらいたいという思いはわからないでもありませんが・・・確実に順位は下がると思います

【ここでのまとめ】
・狙うターゲットとして複合キーワードは正攻法。
・ただしタイトルや見出しなどに複数のキーワードを詰め込み過ぎるのは逆効果!
・自分の記事の検索順位などからPDCAを回すことでチェックできる!
(その意味でもリライトは大切です)

 

サイト内でどの記事が重要な記事かどうかは被リンクで検索エンジンは判断する!

検索エンジン(人工知能AI)は、どうやってあなたのサイト・ブログ内の記事の中で・・・
あなたがいちばん読者に見て欲しい記事が、これだ! とわかるのでしょうか?

検索エンジンへのアピールイメージ画像

あなたは人間です。
感情を持った人間です。

ユーザー(読者)も人間です。

でも・・・そのユーザーの前に「このブログお薦めですよ」「この記事の情報はあなたの悩み・課題を解決してくれるはずですよ」と検索結果をかえしてくれるのは・・・人工知能AI(検索エンジン)です。

アフィリ王子
あなたが何かをアピールする時には・・・声を大きくしたり、身振り手振りで表現したりすることで「これが大事です」「私がいいたいのはこれです」と相手に対して区別した表現も可能です。

また、お店などの店内POPにはこんなアピールもあります。

店長のおすすめ!

見たことがあると思いますし、実際のお店で買い物する時には店員さんが・・・
「これ、お似合いですよ」「お薦めです!」
と会話を投げかけてくれることもあります。

でも・・・あなたのサイト・ブログを評価する検索エンジンは、どうやってあなたの「お薦めの記事」「サイト・ブログ内であなたがぜひ見て欲しいと思っている重要な記事」を見つけると思いますか?

秋田秀一
実は・・・「あること」をするだけで検索エンジンが「このブログ内ではこの記事が重要なんだな」と理解してくれる方法があります。

それは・・・ズバリ、重要な記事にリンクを向ける(貼る)ことです。

下図のような形でサイト・ブログ内でリンク貼れば・・・記事2が大切な記事なんだあなたが強調したいのは記事2なんだ、ということを検索エンジンが理解してくれます。

リンクでの重要記事イメージ画像

究極的には外部からのリンクもあればますます評価が高まります。

※ただし、この外部リンクをお金で買うのはやめた方が絶対にいいですよ。
わけのわからないサイトから関連性のない内容でリンクを貼られたら・・・スパムだと、悪いことをしている一味だと思われますから。

秋田秀一
※私は外部リンクをお金で買ったことがありますが(何ごとも経験です)・・・圏外に飛びました!

どうぞやめてください。
悪いことはいいません。(検索エンジンの人工知能AIは凄いレベルにまで進化していますから。バレます)

 

ユーザビリティの1つに回遊性もある!(プラスの効果もアリ!)

回遊性・滞在時間が伸びるイメージ画像

先ほどの重要な記事へのリンクと関連して・・・
次のようなケースもあります。

今回の記事に関連して「この記事も参考になると思いますよ」という感じで別記事を案内する、という形です。

■ 読者(ユーザー)目線で親切な配慮になります。・・・まさにユーザビリティです。
■ 回遊してもらえることで・・・滞在時間が伸びます。・・・検索エンジンが「ユーザーにとっていい情報が提供されているサイト・ブログだ」と判断してくれます。
■ 結果として順位が上がります。

紹介された記事を実際にクリックして「読む・読まない」は読者の自由です。
でも、情報を提供する側としては相手への配慮・心配りをすることは非常に大切なのです。

その「手間ひま」「エネルギー」が滞在時間の伸び、検索エンジンからの好評価につながります。

【実例でも・・・】
店内に入ってざっと見渡してみて、お客さまがすぐに退店されるような店は魅力のない店、ということになります。
ネットもいっしょです。

検索エンジンから訪問したけど・・・記事の冒頭部分をチラ見しただけですぐに検索エンジンの順位結果に戻ったり、他のサイト・ブログに行ってしまった場合には・・・滞在時間が短い、という評価になります。

その結果、検索エンジンからの評価が下がるというのは理解できますね。
記事を書く時は、その内容次第では・・・実店舗での魅力のない店といっしょのような評価をされているという考え方をしてください。

【ここでのまとめ】
・記事を積み上げていくにつれて関連性のある記事は積極的に紹介しましょう。
・リンクを貼ることで大切な記事を(読者はもちろんのこと検索エンジンにも)アピールすることにもつながります。
・コンテンツの質を高めることと、ユーザビリティを配慮することは最重要課題というか「基本」です。

 

まとめ

初心者最重要ポイントまとめイメージ画像

ここまでブログアフィリエイトをスタートさせる前にぜひ知っておいて欲しいポイントを7つご案内しました。
実は、このポイントを事前に知っているか・知らないか、というだけでも(回り道を回避するという意味では)かなり違ってきます。

知らないで・・・どんどん記事作成を進めたけど・・・途中で気がついてというか、知識を学んで「やり直し・メンテナンス」をしなければならない、となったら本当に大変です。

【まとめ】
・ブログアフィリエイトは記事投稿してナンボの世界です。
・記事投稿をバンバン進めていくことは大切ですが・・・間違ったやり方で後からやり直しが発生するとなると大変です。
・スタートダッシュするためにも「ポイント」を押さえてから前進してください。

 

ここまで本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク



 

-アフィリエイト

Copyright© 副業専門学校 , 2020 All Rights Reserved.