ハワイビーチ

※ここにあるようなリゾート地のイメージ写真などといっしょにセミナーに参加するとこういった生活が待っていますよ、というようなセールスコピーのサイトを見たことはありませんか。

最近、「高額塾」なるものが流行ってきています。ひと昔前の情報商材は便利なツール系でも数万円でしたが、高額塾(高額セミナー)は数十万円というレベルの費用が発生するものもあります。
もちろんそれなりに貴重なノウハウなどを提供している良心的なものもあるのでしょうけど、中には詐欺に近いレベルのものもあふれています。
玉石混交がネットの世界です。

十分に検討されることをお薦めいたします。また、ご相談いただければ対象の高額塾についていっしょに考えてみることもさせていただきます。

【目次】
1.高額塾の罠(わな)
2.安いセミナーなんだけど・・・高額塾?

高額塾の罠(わな)

高額塾に入ったけど、全然稼げない、といったような声を聞いたりします。
最近の高額塾は凄いですね。20万円~30万円といったような商品・商材がちまたにあふれています。

特に、高額塾が魅力的にうつるのはそのコピー(セールスレター)の内容が心ワクワクさせるような(素晴らしい)文言になっているからだと思います。
つまり、誇大広告の極地というような世界です。

ある種の催眠術のように、この高額塾の世界(サイト)のコピー内容(セールスレター)を読んでいくと、
・誰でも
・簡単に
・再現性があって
・ちょっとしたきっかけ(一歩踏み出す勇気)さえあれば
・夢のような未来(将来)が
・バラ色の人生が
・すぐそこに
待っているかのような錯覚(思い込み)におちいらせてくれるようなものになっています。

サラリーマンでも、主婦でも、誰しもが実現可能な世界を(ある種の妄想を)映しだしてくれます

こんな画像を見せられたことはありませんか?
海外リゾート地の風景、夜景のきれいなレストラン等での食事風景、高級マンション、高級外車、セレブ風な人たちとの懇親・懇談風景、美味しそうな食事、そして現金の束(一万円札を、百万円の束を、これでもかと見せつけるようなもの)です。

高額塾に入れば、入りさえすれば、こんな生活・人生が待っているのですよ、というまさに洗脳のような世界です。

しかも、今すぐに行動しなければ二度とチャンスはありませんよ、今回限りですよ、人数制限がありますよ、というようなキャッチコピーで思考のスイッチを押させようとするのです。

時には、サイト上にカウントダウン式のタイマーまで設置されていたりします。
焦らせるのです。

冷静に冷静に、です。サイトから貴重な情報を得ているのであれば、さらに情報を追加で収集するくらいの、(それこそもっと内容が良くて安い塾はないのか、というようなことを調べてみるつもりくらいで時間を費やす)自分であって欲しいものです。

いくら「いい勉強になった」というような体験・経験ができたとしても、金額的にはあまりに高額です。
もちろんすべての塾が悪いものだとはいいません。

本当に素晴らしいものもあると思います。
しかし、ネットの世界は玉石混交です。石ころをつかまされることのないようにしてください。

安いセミナーなんだけど・・・高額塾?

みなさんは、フロントエンド商品、バックエンド商品という単語をご存知でしょうか。
フロントエンド・・・目の前に見せる商品(赤字覚悟、いわば広告宣伝費といったようなコストをかけて、見込み客を集める・足を止めてもらう・注目してもらうというような商品です。)

ビジネスモデル的には決して悪いイメージのものではありません。
大手企業でも採用されているビジネスモデルであったりします。

要は、集めた見込み客の中から本当の狙いの商品(高い金額のものが多い・企業側にとって利益のでる商品)の購入につなげていく、というための(釣りでいうところの)撒き餌的な商品です。

例えば、格安のセミナー、無料セミナー、なんていうのもあり得ます。
また、ネットの世界だと無料ツール、無料のマニュアル、無料の(ノウハウを教えるための)メルマガ・・・いろんな「撒き餌」があふれています。

バックエンド・・・真の狙いの(買って欲しい)商品(提供する側にとって利幅の大きい、儲かる商品です。)

フロントエンドで多少のコストをかけても、赤字でも、バックエンドで儲かればいいや、利益を確保していこう、というようなものです。
フロントエンドで良心的な世界を演出して、バックエンドで怖い世界に引きずり込んでしまう、ということすらあり得ます。

都市部だと、いろんなところでセミナーが開催されています。
日本全国の例えば6大都市で開催される、とういうのもあります。
セミナーで集めておいて、注目してもらって、その見込客の中からバックエンドの商品、ここでは高額塾をセールスする・売り込むというような図式です。

世の中には、そんなに上手い話はない、という前提で物事(ものごと)を見ることも大切かも知れません。

見極めるだけの目を、意識を持ってください。
繰り返しますが、「いい勉強になった」ではあまりにもったいないです。

いつでも何でもご相談ください。
いっしょに対応できたら(それこそ)「三人寄れば文殊の知恵」です。

高額塾の正体について考察してみました。・・・独断と偏見かも知れませんが。