夕陽


ブログ(サイト)をスタートさせたら少しずつブログの解析なども始めましょう。
実は、このサーチコンソール(旧・ウェブマスターツール)は、これを専門的に扱ってコンサルしている人や企業が存在するくらいに奥の深い分野です。

ブログでアフィリエイトをする私たちとしては、まるで研究者のように深く追求するよりもサイトの登録、検索エンジンに認識してもらう(クロールしてもらう)ための一手段として(取り敢えずは)考えた方がいいと思います。

ここでは新規でブログ(サイト)を立ち上げたあと検索エンジンに認識してもらうための方法をまずはご案内いたします。

サーチコンソール(ウェブマスターツール)でできること

サイトのチェック

いちばんは、登録したブログ(サイト)に異常が起きていないかをチェックすることができます。グーグルからメッセージも届きます。
下図のような感じで注意喚起を促してくれたりします。

サーチコンソール

サーチコンソールの管理画面にエラーのあるページという欄があります。
これはサイトが見つかりませんよ、というメッセージでした。いわゆるリンク切れというか、ページそのものが存在しないということでした。
こんな感じで検索エンジンからみてブログ(サイト)内に不都合がないか教えてくれます。

2.ブログ(サイト)への来訪キーワードがわかる

来訪者がどんなキーワードでアクセスしてきてくれているか、というのが分かります。これはありがたいサービスです。

サーチコンソール

サーチコンソール(ウェブマスターツール)のログイン画面から「検索アナリティクス」を選択するだけです。

3.外部からのリンクが分かる

どんなところからリンクされているか分かります。
画面からサイトへのリンクをクリックしてください。

被リンク

4.クローラーにページを認識してもらうことを要請できる

新しいブログ・サイト全体が検索エンジンから認識されていない時はもちろんのことですが、毎日新しくブログ記事などを投稿してもすぐには認識してもらえません。そんな時に、この方法で投稿する度に検索エンジンに認識してもらえるように要請します。

⇒ インデックスについて(後述)

サーチコンソール(ウェブマスターツール)への登録

グーグルアカウントで Google Search Console にログインします。(アカウントがない時は無料で作成できます)
管理画面(ホーム)で右上に赤いプロパティを追加をクリックします。


ブログ(サイト)の登録

サイトアドレスを入力する画面になります。ここにアドレスを入力します。


ブログ(サイト)アドレス登録

ここまで終了したら、自分のブログ(サイト)を検索エンジンに認識してもらうための「合図となる目印」をサーバーにアップします。
「私のブログ(サイト)はここですよ」と信号を送って、それを確認してもらう作業です。


2つの方法があります。


【1】htmlファイルをダウンロードしてそれをサーバーにアップする方法
「おすすめの方法」とある方です。

ブログ(サイト)の登録

このダウンロードしたファイルをそのままサーバーのindex.htmlがあるディレクトリにそのままアップします。
(このファイルはずっとそのままにしておきます)

サーバーへのアップが済んだら、下の「私はロボットではありません」にチェックを入れて確認をクリックします。
検索エンジンからの認証が終わったらOKです。

ブログ(サイト)の登録

この後は、画面に、1行だけの味気のないページが表示されますが、それが確認できましたよ、の確認画面(合図)になります。
これで終了です。


【2】別の方法
別の方法を選択すると、1行のタグが表示されます。
そのタグを、index.htmlファイルか、ワードプレスのダッシュボードの(賢威のテンプレートの場合だと)「外観」から「テーマの編集」を開きます。
そのテンプレートの中に「テーマヘッダー」というファイルの中に入れ込んでやる必要があります。

基本的には、<head> ~ </head> の間に、そのタグを記載(コピー・ペースト)するだけです。

※ここではワードプレスの場合を案内します(htmlの場合はもっと簡単です)
先ほど案内した「テーマヘッダー」をクリックして開きます。

ファイルを開くと細かい文字列が並んでいますが、上から3、4行目のところに、<title>○○○~○○○</title>という行があると思います。
その上の行に1行空の行を入れましたが、すぐに上の行は<head>~の行になっていると思います。

ヘッダー

つまりこの行から、下の図にあるように </head>のある行までの間にそのタグを入れ込めばそれでOKです。

ヘッダー

タグを埋め込んだら、忘れずに最下部にある「ファイルを更新」をクリックして確実に更新しておきます。

ここまで済んだら、もう一度サーチコンソール(ウェブマスターツール)の画面に戻ります。

そして、「確認」をクリックしてください。

確認ボタン

これで、あなたのブログ(サイト)の所有権があなたにある、ということを検索エンジンに認識してもらえることができました。

何となくすぐにでも検索エンジンに来てもらって、検索結果が表示されるような気がしますがだいぶ時間がかかります。
数日~1週間くらいは気長に待ってください。

次は、ブログ(サイト)にあるファイル全部を認識してもらう作業です。

※本ページの最下部に番外編も用意いたしました。時間のある時にチャレンジしてください。

サイトマップの送信

サイトマップには2種類あります。

1つがブログ(サイト)を訪問してくれた人が全体を把握できるようにしたもの、と
2つ目が、検索エンジンのクローラーにサイト全体を把握してもらうためのものです。

普通は1つ目のサイトマップは手づくり(手作業)です。
ということは、ブログ(サイト)内のページがどんどん増えてくると、その都度修正する必要がありますから、大変です。

2つ目が、XML形式のサイトマップです。これが検索エンジンのクローラー用になります。
このXML形式のサイトマップのつくり方は別ページを参照ください。

⇒ XML形式のサイトマップのつくり方

ここで作成したサイトマップをサーバーにアップロードしたら、それをサーチコンソール(ウェブマスターツール)で認識してもらいます。

サイトマップ

左側のダッシュボードのサイトマップをクリックすると、右図のような赤い「サイトマップの追加/テスト」というボタンをクリックします。
次のような入力欄が出ますので、sitemap.xml と入力して「送信」します。

これでOKです。完了となります。

ここまで終了したら、ブログ(サイト)訪問者と検索エンジンのクローラーの両者にサイトマップを確認してもらうためのプラグインを入れておきましょう。このプラグインのインストールについても別ページ・サイトマップの作成にありますので参照してください。

記事の送信(インデックス)

実は、毎日毎日記事を書いても(最初は)クローラーは毎日のようにはやって来てくれません。(毎日の記事投稿を続けていると、やがてクローラーが毎日のようにやって来てくれるようになりますが)

それで記事を書いたらコマ目に送信して認識してもらうようにします。
(ただし認識されたから必ずインデックスされるとは限りません。薄っぺらなサイトだとインデックスされない場合もあります)

Fetch as Google

「取得する」をクリックして、取得 ステータスが成功しましたになったら、「インデックスに送信」をクリックしてください。
これで終了です。

繰り返しますが必ずしもインデックスされるわけではありません。
また、時々上手くいかないことがありますが、その時は時間をおいてから再度試してみてください。

※このFetch as Googleは回数制限があるらしいです。(私は意識したことはありませんが)
自分のアカウントにたくさんのブログ(サイト)を登録している場合には制限にかかってしまう可能性もあります。
その時は別アカウントを取得するなりして分散してやってみることをお薦めいたします。

番外編

1つ確認していただきたいのですが・・・
サイトアドレスを表示した時にWWW.がついているアドレスと、WWW.がついていないアドレスの両方が表示される状態になっているかも知れません。サーバー側の性能が上がっているためにどっちのアドレスを入れても同じブログ(サイト)が、ちゃんと表示されると思います。

実は、たとえ同じブログ(サイト)が表示されても検索エンジンはまつたく別のサイトだと認識します。アドレスが違うわけですから。(いうならば番地が違うわけですから)
となると、コピーのサイトが存在する=わざと=スパムだ、と認識されてしまいます。

それを避けるために2つの方法があります。リダイレクトとサーチコンソール(ウェブマスターツール)側で認識してもらう方法です。
念のために、ここまでの作業はやっておきましょう。

詳しくはこちらです。⇒ www.有り・無しを統一する方法