PVモンスターサービス終了のイメージ画像

年度末の3月末とか、新年度開始の4月といったタイミングは、新旧交代はもちろんのこと
いろんなサービスの改廃の時期でもあります。

ちょっと前に『賢威』というテンプレートのアフィリエイトが(インフォトップ経由)
2019年3月末で終了、という話題をとりあげましたが、今回、もう一つ別のサービスの
終了について触れてみたいと思います。

その名もズバリ『PVモンスター』というサービスです。

秋田秀一秋田秀一

アフィリエイトで成果がでなくても、質の良い記事を作成することで
それだけで(クライアント=依頼主に採用されたら)報酬が期待できる、という仕組みでした。

下記にサービス提供の会社HPから抜粋させていただいた文書をご紹介しますと・・・

成果報酬でSEOコンテンツをクリエイターに発注できるシステム

PVモンスターは、自社サイトを検索結果で上位表示したい企業と、
良質なSEOコンテンツを作るクリエイターをマッチングするサービスです。

企業はリスクや無駄なコストを抑えて確実に自社サイトを検索上位に表示できます。
クリエイターはコンテンツを作って企業に納品するだけで簡単に継続報酬を獲得できます。

【出典:PVモンスターのサービス提供・イノベーションハック株式会社HPより】


スポンサードリンク






PVモンスターそのものについて、あくまでも私見です

在宅での副業、クラウドソーシングでの記事作成よりはいい?

クラウドソーシングでの記事作成、いわゆるライターとしての成果物は、だいたい1記事いくらとか
1文字○円、といったような取り決めでのお仕事になります。

もちろん無条件に、あなたの好きなテーマで、好きなことを書いてください、というような仕事はありません。
必ずクライアント・依頼主からの指示事項があります。


  • ○○と○△というキーワードを必ず入れてください。
  • 2,000文字以上はクリアしてください。
  • 起承転結の流れで記事を作成してください。



といったような指示事項がくっついてきます。

これは、PVモンスターもクラウドソーシングでのライターとしての仕事もいっしょです。
その上でさらに、せっかく記事を作成しても採用される・されない、という厳しい選別を受けたりもします。

結構シビアな世界です。

クラウドソーシングのライターでもクライアント・依頼主と一対一で信頼関係ができてくれば、
『ご指名』でのお仕事をもらえることにつながったりもしますけど、そこまでいくには大変です。


【違う点】

PVモンスター クラウドソーシング
ライター
採用されてネット上に露出されたら
その記事が見られた人数・回数に応じて報酬発生
(普通は上限あり)
採用されたら、決められたとおりの報酬
記事一つにつき、一回切りの報酬

※クラウドソーシングでのライターとしての記事だと、お仕事が終わって、報酬をもらったら・・・
それで終わり、という形です。

※一方、PVモンスターは、採用されて会社のHPやブログなどにその記事が掲載されていれば、かつ、
その記事が閲覧されたらその回数に応じて報酬がもらえるというものです。

ですから、2000文字書いた記事が2000円となった場合(ライターとしての報酬)と、
PVモンスターで半年間、閲覧された結果3万円の報酬となった、ということも起こりえます。

単純には、PVモンスターの方が魅力があるようですけど、その記事を読む・読まない、
そもそもそこのサイト・ブログに訪問する・しないは、読者が決めるわけですから、
まったく読まれなかったということも起こりえます。

となれば・・・成果報酬はゼロ、となってしまいます。

判断は難しいですね。
もちろん自分の文才・力量との絡みは常に発生します。

ブログアフィリエイトでの記事作成と比較してみたら?

単純に比較すると・・・ブログアフィリエイトは単発の記事一つ、二つで成果報酬につながることは
まず考えられません。(運よくつながる場合も、もちろんありますけど)

ブログだと他にも(毎日のように)記事を書き続け、投稿して、テーマやキーワードにも注意し、
SEOにも留意し、『資産』になるまで書き続ける必要があります。

つまり、成果発生につながるまで『ある程度、時間がかかる』ということがあります。

要は、集客という課題が常についてまわることになります。

一方、PVモンスターなら
そもそも採用されて掲載されるHPが、クライアント・依頼主のHP・ブログです。
企業側が集客をある程度はしてくれます。

(まったく集客がないようなHPだと残念、ということになりますが)

そこで読まれるか・読まれないか、の勝負です。
たくさん読まれたら、長い期間読まれたら、継続的に報酬が入る、ということになります。

※もちろん半永久的というわけではありませんね。
普通は、企業というものは予算で動いています。

いつからいつまでで、いくらの予算を用意するか、ということは常にありますから、
その予算内でもらえる報酬ということになるはずです。

秋田秀一秋田秀一

文章力がある人には、PVモンスターでの副業はいいかも知れません。
もっともそんな人だと、自分で独自ドメインでブログを運営した方がずっとお薦めということに
なるかと思います。

※PVモンスターは終了しますので、現実には今から始める、というのは不可能です。
お許しください。

成果報酬型の新しいモデル、『スキマ』的なサービスとして画期的・面白いと思っていたのですが・・・PVモンスターサービス概要のまとめ

実は、私はこのサービスのクリエイター側で登録したことがあります。

本当に稼げるものだろうか、という(サービスを体験したい)点と
ネットでの副業という純粋な副収入を得るための視点から登録しました。

それが・・・

一つも成果(作品)を誕生させる前に挫折しました。

良い記事・成果物を出して、それが企業側(クライアント・依頼主)に認められて、
ずっとネット上に存在すればいいのですが・・・

もし、採用された記事を、ある日突然クライアント・依頼主側が会社のHP上から削除すれば
(期間が終了したとの理由で)
この世から消えてしまうことに、報酬が入らないということになるからです。

ということは・・・この副業モデルもチャレンジする側からは『ある日突然、ゼロ』のリスクがある、
ということになります。

う~ん、結構ハイリスク・ハイリターンかな、と思ってしまったら・・・
会員登録したのにチャレンジするモチベーションはなくなってしまいました。

そうこうするうちに・・・サービス廃止のお知らせが届いたのでした。

PVモンスターというサービス廃止のまとめ

PVモンスターのサービスのイメージ画像


私、一個人がPVモンスターというサービスの終了についてあれこれ言える立場ではないかと思います。

いわゆる『大人の事情』があったのかも知れません。

このサービスを提供している会社の代表が『トリイケンゴ』氏なる人物でした。
この名前については少しばかり知っていたことが興味を持って登録したことの理由でもあります。

ただ、個人的には『トリイケンゴ』氏という人物がいろんな面で活躍されている人物、
面白そうなことをやっていらっしゃる人物だな、とは思っていました。

※ネットサーフィンなどの時に彼の運営しているブログやコンテンツなどに出会ったことがあったからです。

実際、ビジネス絡みの『サロン』を運営したり、主夫として活躍したり、月間10万PVを超えるブログを
運営されたり・・・多才な方です。

※ちなみに、オンラインサロンは表彰もされていらっしゃるようです。凄いです。

さて、今回のサービス終了からただ一つ確実に言えることは・・・


秋田秀一秋田秀一

プラットホーム(誰かが提供しているサービス)に乗っかって、
報酬を得る、副収入を得る、という副業・ビジネスモデルは、サービス提供側の思惑で
いつでも、突然にサービス提供が終了することで、成果がゼロになるリスクがある、ということです。

副業をするにしても、ブログアフィリエイトをするにしても・・・
リスク分散・リスク回避という観点から常に考えておくことが大切だ、ということになります。

無料ブログが突然に終了したり、アフィリエイトOKが規約変更でダメになったりする可能性はゼロではありません。

たとえ、自分が正当に・約束どおりにブログを運営していても、他の参加者・会員が迷惑をかけような行為を
もしも行っていれば、全体として『規約を変えよう』とか『サービスそのものを廃止しよう』とサービス提供側が
考えることも起こりえるからです。

老婆心ながら・・・もう十分に理解されていらっしゃるかと思いますが、
ブログアフィリエイトをするなら、独自ドメインで自らレンタルサーバーと契約してのブログ運営がいちばんです。