PPC広告・PPCアフィリエイト説明イメージ画像


元銀行員でネット通販サイトを運営している秋田です。
今回は体験からPPC(広告・アフィリエイト)について考察してみたいと思います。

アフィリエイトにはいろんなやり方があります。
ツイッターやFB、インスタグラムなどを活用したアフィリエイト、
メルマガを使ったアフィリエイト、
ブログアフィリエイト、
・・・・・

最近では@LINEに登録してもらってのアフィリエイト、
時代とともにどんどん進化したり、新しい概念が登場・誕生します。

そんなアフィリエイトの中に、PPCアフィリエイトというものがあります。
広告料というお金を払って自分のブログ・サイトに来てもらう(集客する)。

その来てもらうページをキラーページにして商品販売のページへ行ってもらう、
(誘導する)というやり方です。

ガイド案内アフィリ王子

サイトのコンテンツやブログの記事数が少なくても
お金で人を呼び込むことのできる手法ですから、サイトやブログが発展途上でも
アフィリエイト報酬発生につながる可能性がある手法です。

ガイド案内ネット王女

何となく初心者でもできそうな気がしますが・・・

ちゃんと費用対効果(コストパフォーマンス)が回ればいいビジネスモデルですけど、
アフィリエイトのことを学び始めた初心者だと大変だと思います。

現実に・・・
ネット上にはリスティング広告の運営代行をしますよ、という会社がたくさんあります。
それだけ『お金が動く』『関わる会社も儲かる』という世界だと認識した方がいいと思います。

つまり・・・知らない間に『お金が出ていく可能性がある』ものです。

※リスティング広告・・・PPC広告と同じ概念だととらえても構いません。

PPC広告は湯水のように相手にお金が入って、反対に自分のお金が出ていくシステム?

正直にお伝えします。

ここまでネット上に(街中も含めて)広告があふれかえってくると・・・
みんな(広告を)無視できるレベルというか、人は広告があまり視線に入ってこないように
なってきている(訓練されてきている)のではないか、と思っています。

街中の人混みで友だちと歩きながら会話をしている時、周囲の人の会話・雑音・
交通量からくる騒音などが耳に入ってこないのといっしょです。

むかし、バスの車体に広告があったりすると『おっ、?』と感じたりしたものですが、
今ではすっかり無視できるというか、まったく意識しないように(自分は)なっています。
それと同じです。

秋田秀一秋田秀一

もはや『広告』が人の無意識の意識において
完全にというか、ある程度スルーされる時代になった、ということだと思います。

昔は反応が良かった広告も、どんどん反応がとれなくなっているのは事実です。

さらに酷なことに、クリック単価も高騰していたりします。

正直にいいますと・・・
私は2003年頃からネットビジネスに関わっています。

それなりに時代の経過・ネット世界の進化・進展などにも反応してきた人間だと
自負とまではいかなくても、それなりにノウハウ・情報を知っていると思っていました。

ですからPPC広告も業者に依頼することなく、自分でトライしてきました。

それなのに・・・
毎月数万円~数十数万円の広告費が出ていっても、そこからの集客は数えるほど・・・
といった経験を何回もしてきました。

意外とPPC広告は(今や)反応がとれない広告だと認識しています。
(専門家に頼めば違うのかも知れませんが、それはまた新しいコスト負担になります)

自分の感覚だと湯水のごとくお金を使ってしまうシステムだ、と思ってしまいます。
その原因は・・・

『ほったらかし』的な性格の人や、細かい管理ができない人には向かないかも知れない手法

ちゃんと管理できる人ならいいのです。

広告の効果をコマ目にチェックしたり、反応度合などを随時チェックしたりすることが
苦にならずにちゃんとできる人ならいいですけど・・・

何もかもが『ほったらかし好き』だ、というような性格だとお金が出るだけです。
まずは性格を直した方がいいかも知れません。

それができないなら、個人でアフィリエイトをする時にはよっぽどの管理をしないと赤字、
お金の無駄になったままで終わる可能性があります。

細かいチェック・管理をするとなると、
それなりにPPC広告やアフィリエイトについて(ある程度は本格的に)学ぶ必要があります。

ちょっとかじって・・・というスタンスでは赤字たれ流し、効果なし、のままです。

それと、残念というかやむを得ないことですが・・・
利用するPPCの相手側(グーグル・ヤフー、FBなども含めて)が仕様を変更したりします。
つまり使い勝手が変わったり、仕組みそのものが変わったりもします。

新サービスが登場したりもします。

それに置いてきぼりにならないように、勉強してついていく必要があるのです。

PPCアフィリエイトをするには勉強のための投資(授業料)が必要、という覚悟が求められます。

ズバリ、素人(初心者)が、ポッと思いついたように取り組んで、すぐに(人に自慢できるような)効果が
現れるようなものでは決してありません。

もちろん取り組むことでさらに興味を持ってドンドンと進化・成長していくこともあるでしょう。

秋田秀一秋田秀一

PPCアフィリエイトで素晴らしい成果をあげている人たちも存在します。

通常の(ネット上に資産を構築する)ブログアフィリエイトよりも
成果・報酬につながるのが『はやい』のもメリットではあります。

でも、仕掛けづくり(広告)にお金がかかる、ということだけは
常に忘れないようにしてください。
意識するのは費用対効果(コストパフォーマンス)です。

昔はそこまで面倒なことはあまりなかったように記憶しています。
(新サービスの登場や仕様の進化・発展などで)
勉強することもどんどん増えています。

いずれにしてもお金がかかるのがPPCアフィリエイト、です。

やり出すとキリがありませんが、広告の反応を確かめる必要があります。だからABテストのようなやり方にも習熟する必要があります。

ABテストとは、同じ商品・サービスの販売に関しての『広告』において、
複数の異なる画像やキャッチコピーなどを用意して、反応のよい広告の方を残して、
どんどん反応率などを上げていくために比較しながらメンテナンスしていく方法のことです。

先に広告の反応などにおいてコマ目にチェックすることの重要性をお話しましたが、
同じように『広告の表現』においてもお金の管理(広告費用と効果)とともに、
試行錯誤しながら前進することが非常に大切になってきます。

こういった手法なども試したりしながらスキルアップする必要があるのです。
つまり・・・

PPC広告はブログやサイト作成、LP(ランディングページ)の作成技術など同じように、
『広告の表現』についても学び続ける必要がある、ということです。

もちろん外注化する手もあるでしょうけど・・・

最終的に自分でもできる・自分ではできない、とでは大きな違いがあります。
やはり、当初はそれなりに勉強しないといけない、と思っておいてください。

広告画像のセンス・スキル、キャッチコピーなどのスキルも必要となる。

最近の広告はスマホ対応が主流です。
スマホにもちゃんと表示されるような画像の大切さは言うまでもありません。

ブログを思い出してください。
最近は多くのブログ・サイトが、『アイキャッチ画像』を用意しています。

人は(基本的には)文字・文章は読みません。
画像は流し読みできますし、実際、人はそうするものです。

となると・・・画像の前後の文章などは読まれる可能性がある、ということです。
それだけ画像とその前後の文章の大切さがわかるかと思います。

同じように広告においても引きつける・目を引くという観点から画像は大切です。

また広告画像においては画像内のテキストの比率が20%以下といったような決まりごとが
あったりもします。
(結構、神経を使うことでもあります)

キャッチコピーを含めて、広告にはそれなりのセンス・スキルが必要だということになります。
経験がなければ、ある程度は(そこから)勉強しなければなりません。

時には画像作成・編集ソフトも必要になったりもします。
またまた余計なコストです。

反応率を上げるために画像を外注化すれば、それもコストです。
広告を掲載してもらうだけでもお金がかかるのに、付随してどんどんコストが
積み重なっていくような感じです。

ここまでどうでしたか。
PPCアフィリエイト。
意外とコストもかかる世界だな、と感じませんでしたか?

まとめ・・・PPC広告・PPCアフィリエイトについての老婆心的アドバイス!

ズバリ、独断と偏見でのアドバイスです。

秋田秀一秋田秀一

PPCアフィリエイトは、素人が最初のアフィリエイト、ネットビジネスとして
もチャレンジ・トライするには『やや難しい』といえるかと思います。

不可能だ、とはいいません。
それなりに覚悟をもってチャレンジすることが大切です。

そして試行錯誤の繰り返しで成長していってください。

もし、覚悟を決めて(特にアフィリエイト初心者の方が)PPCアフィリエイトに取り組むなら・・・

ちゃんと、毎日のように予算や広告の効果・反応をチェックすること、試行錯誤を含めてのPDCAが大切です。

PDCAイメージ画像
PDCAという単語(キーワード)をご存知ですか。

Plan
Do
Check
Action

のPDCAです。

計画を立てて(計画立案)⇒ 実行(実践)⇒ チェック ⇒ ふたたび行動(対策立案後の行動)
という流れになります。

一般的には『PDCAを回す』と言ったりもします。
要は、試行錯誤の繰り返しをキッチリとチェック・反省しながらやる、
やり続けるということが重要だよ、ということです。

PPCアフィリエイトは
・几帳面に
・毎日毎日チェック&トライして
・毎日、チェック(反省)して
・さらに良い結果になるように対策を講じて(手直し等しながら)
・費用対効果(コストパフォーマンス)を追求していく
ということをやってください。

ちゃんと『それが・そういったことが』できる人は、素人でもPPCアフィリエイトに
チャレンジしてもいいかと思います。

もし、そうでなければ・・・

アフィリエイト初心者が最初から手を出すのは大変。まずは普通にブログアフィリエイトをして(しかもあくまでも練習としての位置づけで)、それから手を染めるやり方をお薦めします!

今までネットでの副業、副収入稼ぎ・お小遣い稼ぎをしたことがない人が・・・
(しかもあまりネットのことに詳しくない人が、スマホ中心の人が)
お金稼ぎのために何かをしよう、と決意したら、いちばんのお薦めはアフィリエイトです。

仕掛けづくりが完成すれば『限りなくほったらかし』での副収入確保ができるからです。
確かに時間はかかりますが、普通のブログアフィリエイトは先が不透明であったりするから、
PPCアフィリエイトで即効性に期待してみてもいいかな、という思いは理解できるものです。

でも、アフィリエイトをやろう、と思うならば・・・まずは正攻法というか
ネット上に資産をつくりあげるブログアフィリエイトがお薦めです。

それを勉強しながら(少しずつ試しながら)PPCアフィリエイトの知識を入れる、
PPCアフィリエイトにチャレンジする、という考え方の方がいいと思います。

アフィリエイト初心者がいきなりPPCアフィリエイトは、少しばかり
授業料が高くなる(持ち出しが多くなる)ような気がします。

もちろんPPCが本人の性格やスキルにピッタリあって、最初から素晴らしい成果を
あげることがあるかも知れません。

それはそれで凄いことだと思います。

自分の性格やライフスタイルなどを十分に考慮した上で、決意・決断・決心、されることを
お薦めしたいと思います。



【CM】
⇒ 時間のかかるネットでの仕掛けづくりとは別に現実世界での仕掛けづくり・アフィリエイトでも
稼ぐ方法・・・副業プログラム講座(マスターコース)