【将棋】8大タイトル戦の1つ・王将戦~正式名称は大阪王将杯王将戦

秋田です。

将棋界8大タイトルの1つ、王将戦についてご案内します。
正式名称は「大阪王将杯王将戦」です。

・スタートが1951年(昭和26年)ですから戦後間もない頃からスタートしています。
・対局料(賞金)は公表されていないですが・・・推定で優勝賞金300~500万円と言われています。
・長期政権というか連続して長い間、王将のタイトルを保持したスーパースターも多いのが特徴です。

概要と過去の優勝者

秋田秀一秋田秀一

全棋士参加のトーナメント戦でスタートします。
一次予選、二次予選と進んで勝ち上がった3人+前年度のシード(4名)の合計7名での総当たり戦で優勝者を決めます。
優勝したら王将に挑むことのできるチャレンジャーとなります。

対局時間は・・・
■ 予選・3時間
■ 本戦リーグ・4時間
■ 王将戦・8時間の7番勝負

過去の王将位獲得者

(敬称略)
第1期 升田 幸三
第2期 大山 康晴
第3期 大山 康晴
第4期 大山 康晴
第5期 升田 幸三
第6期 升田 幸三
第7期 大山 康晴
第8期 大山 康晴
第9期 大山 康晴
第10期 大山 康晴
第11期 大山 康晴
第12期 二上 達也
第13期 大山 康晴
第14期 大山 康晴
第15期 大山 康晴
第16期 大山 康晴
第17期 大山 康晴
第18期 大山 康晴
第19期 大山 康晴
第20期 大山 康晴
第21期 大山 康晴
第22期 中原 誠
第23期 中原 誠
第24期 中原 誠
第25期 中原 誠
第26期 中原 誠
第27期 中原 誠
第28期 加藤 一二三
第29期 大山 康晴
第30期 大山 康晴
第31期 大山 康晴
第32期 米長 邦雄
第33期 米長 邦雄
第34期 中原 誠
第35期 中村 修
第36期 中村 修
第37期 南 芳一
第38期 南 芳一
第39期 米長 邦雄
第40期 南 芳一
第41期 谷川 浩司
第42期 谷川 浩司
第43期 谷川 浩司
第44期 谷川 浩司
第45期 羽生 善治
第46期 羽生 善治
第47期 羽生 善治
第48期 羽生 善治
第49期 羽生 善治
第50期 羽生 善治
第51期 佐藤 康光
第52期 羽生 善治
第53期 森内 俊之
第54期 羽生 善治
第55期 羽生 善治
第56期 羽生 善治
第57期 羽生 善治
第58期 羽生 善治
第59期 久保 利明
第60期 久保 利明
第61期 佐藤 康光
第62期 渡辺 明
第63期 渡辺 明
第64期 郷田 真隆
第65期 郷田 真隆
第66期 久保 利明
第67期 久保 利明
第68期 渡辺 明
第69期
【出典:将棋連盟】

大山先生の3連覇×2回
大山先生の5連覇
大山先生の9連覇
中原先生の6連覇
谷川先生の4連覇
羽生先生の6連覇
羽生先生の5連覇
他2連覇多数・・・

という感じで過去連覇されたビッグネームが目白押しです。

それだけ逆に言うと・・・挑戦者決定リーグまで勝ち残ってさらにリーグ戦で勝ち上がるのも大変なタイトル戦だと言えます。

防衛する方が有利なのかも知れませんね。

王将戦のトーナメント戦イメージ図

全棋士参加ですから半端ない人数からのスタートです。

予選

20名~22名が7つのブロックに分かれて予選の勝ち抜き者を決めます。
第69期の場合は7つのブロック148名参加のうち、7名が勝ち抜きです。

王将戦

秋田秀一秋田秀一

この時点(一次予選を勝ち抜くには、4回~5回、連続で勝ち続けないといけません。
ちなみに第69期一次予選の藤井聡太7段は(4ブロックで)4回勝って二次予選に進みました。

矢印イメージ画像

二次予選

一次予選を勝ち抜いた7名と、シードされていたA級棋士、タイトル保持者等で二次予選を行って上位3名だけが挑戦者決定リーグに進むことができます。

王将戦・二次予選

藤井聡太7段は・・・
・一次予選で4回連続で勝ち続けて、さらに
・二次予選で3回連続で勝ち続けて・・・やっと・・・
・王将戦の挑戦者決定リーグに進むことができた、ということになります。

1回でも負けたら・・・終わりです。
厳しいですね。

矢印イメージ画像

二次予選通過者3名に残った藤井聡太7段は・・・

挑戦者決定リーグ

挑戦者決定リーグは勝ち上がったわずか3名に、前回からのシード選手4名を加えて合計7名での総当たり戦となります。

【星取表のイメージ】

A B C D E F G
A
B
C
D
E
F
G

1人当たり6名と対戦します。
6勝0敗なら文句なしですが、5勝1敗でも可能性ありです。
4勝2敗ならプレーオフが濃厚です。

※ちなみに・・・
第69期の挑戦者決定リーグに藤井聡太7段が勝ち上がってきましたが・・・リーグ戦の相手はA級棋士、タイトル保持者、元タイトル保持者といったような人ばかりです。

いかに激戦区であるか、ということがわかります。

まとめ

上記の星取表で1位~4位までは次回のシード選手になります。
優勝したら・・・王将に挑戦することになります。

令和元年11月3日現在、藤井聡太7段は3勝1敗です。
前評判では1勝もできないのではないか、ということでしたが・・・ひょっしたら王将への挑戦権を手にするかも知れません。

【まとめ】
・王将戦のタイトル戦は毎年1月~3月にかけて行われます。
・毎年1月から新たな一次予選がスタートして9月には二次予選まで終了。
・9月中旬頃から、挑戦者決定リーグ(7名の総当たり戦)が開始されます。

11月末頃までには王将への挑戦者が決定することになります。





ここまで本当にありがとうございました。





スポンサードリンク