オプトインアフィリエイトイメージ画像


オプトインアフィリエイトという仕組みがあります。
もっとも『オプトイン』ということを知らずに・意識しないでアフィリエイトしている
アフィリエイターもいらっしゃるかと思います。

一言でいうと、メールアドレスを取得することを目的としたアフィリエイトです。

そもそもオプトインとは? どんなものなのか?

日立さんの電子行政用語集というサイトにズバリ記載されていました。

オプトインとは、広告メールの配信や、企業が入手した個人情報の利用などについて、
事前に利用者の承諾を得ることを指す。

例えば、自治体が発行するメールマガジンを購読するにあたり、
利用者が購読開始をWeb上で申し込むといった行為は、オプトインに相当する。

【出典:電子行政用語集(日立)】



オプトインアフィリエイトとは、ズバリ、メール配信(ステップメールでの売込み)をしてもいいですよ、
という人を集めるためのアフィリエイトです。

商品やサービスを紹介・案内して報酬を得るのではなく、
メールアドレスを取得するのをお手伝いして報酬を得る、というアフィリエイトです。

もっとわかりやすく図にしたものが次です。

オプトインアフィリエイトの仕組みは、売り手と買い手の仲介役のようなもの。

アフィリエイトの仕組みイメージ画像

矢印イメージ画像

オプトインアフィリエイトのイメージ画像


あなたがオプトインアフィリエイトをする時には、
無料オファーを読者(サイト・ブログを訪れた人)に案内します。

ブログの読者は、メールアドレスの登録と引換に『無料オファー』を手にできます。
※無料オファーは(お得な・お金稼ぎができるような)PDFファイルであったり、
動画であったり、します。

相場的には1件のメールアドレス当たり1,000円前後が多くなっているようです。


ガイド案内ネット王女

オファー自体が(直接的には)高額な商品や情報商材などではないことから、
=メールアドレスの登録ですから、抵抗は少なくなります。

それだけ『リスト取り』という点では実績が上がりやすい、
報酬を獲得しやすい、といえるアフィリエイトですね。

ガイド案内アフィリ王子

逆に・・・実は、ローンチを仕掛ける側からの胸算用ですが・・・
今やメールアドレスを1件獲得するのに(リスト取りに)、1件当たり
1,000円~1,500円くらいかかる、と言われています。

ということは単純計算でも1万件のメールアドレスを集めるのに、約1,000万円は必要になる、ということです。

プロダクトローンチを仕掛ける側は『儲かる』と踏んでローンチのための『リスト取り』をする!

それでも儲かるの?
という疑問がわいてきそうです。

秋田秀一秋田秀一

それでも『儲かる』ように仕組みをつくりあげるのがプロダクトローンチです。

では、約1,000万円を使って約1万件のリストを取得できた、とします。
この1万件のリストにステップメールで『高額塾・高額商品』を案内・売込みします。

もし、1万件の3%に当たる300人が、30万円の高額商品を購入してくれたら・・・
9,000万円の売上です。

差し引き・・・9,000万円-1,000万円=8,000万円の儲け、となります。
実際にはこんなに単純にはいかないかも知れませんが、リストは何回も使えます。

オプトインアフィリエイトのまとめ

オプトインアフィリエイトは、『リスト取りのお手伝い』です。
仕掛ける側は、先行投資的にコストが発生しますが、上手くいけば大きなリターンが
手にできる、というものになります。

逆に、アフィリエイター側は、ある意味『自分のリスト』を『他の人に差し出す』ということにも
なってしまいます。

それでも報酬獲得までのハードルは低いもので、最近ではよくみられるようになってきています。

要は、アフィリエイター側とプロダクトローンチを仕掛ける側とのWIN-WINの関係が成立するように
なっているものです。

オレオレ詐欺に代表されるように、身近なところに詐欺があふれている時代です。
ネットでの甘い言葉やお金儲けの話に(普通の人は)、人は敏感になっています。

そこで無料のオファーを提供することで、リスト取りをして
見込み客にステップメールを送って、信頼関係を構築するのが狙いです。

そして・・・最終的には、高額塾や高額商品を売り込むところまで、成約(クロージング)まで
持っていく、というスタイルになっています。

ハードルが低いですから、興味があったらチャレンジしてみてもいいかと思います。