【実例】起業・開業資金 ~ 900 万円を A4 版用紙 3 枚で借りることに成功した方法!(保証人なし・担保なし)

秋田です。

元銀行員(中小企業診断士)で定年退職後にネット通販で自ら起業しました。
コンサルタントとして二足の草鞋を履いています。

起業・開業時にすべての資金を自己資金で用意できればいちばんいいのですが・・・どうしても銀行から借りたいという場合もあります。

今回は金融機関から資金調達する時(特に起業・開業時)に使える資料を用意しました。
起業・開業相談を受けてアドバイス・フォローさせていただいたケーススタディから起業時の資金調達に成功した時の作成資料のサンプルを【無料】で使えるようにしました。

今回の記事では

・3 つのパターン(実例)紹介【資料・無料ダウンロードあり】
・上記 3 つの中からパン屋さんの実例紹介【資料・無料ダウンロードあり】
・追加 4 事例目(リラクゼーションサロンオープン)【資料・無料ダウンロードあり】
・追加プレゼント【秘密のおまけ】

についてご案内します。

目次

資金調達できた 3 つの起業・開業のケーススタディ

銀行からの資金調達イメージ画像
いずれも担保・保証人なしで資金調達(銀行からの借入)できたケースです。

ケース 1 ・・・主婦 ・ネット通販にチャレンジしたくて申込み
・250 万円調達成功
ケース 2 ・・・中年男性 ・ネット通販、実店舗販売にチャレンジ
・900 万円調達成功
ケース 3 ・・・中年女性 ・パン屋さん開業にチャレンジ
・700 万円調達成功

[br num=”1″]
[char no=”3″ char=”秋田秀一”]銀行に提出する資料の中で事業計画=収支見通しがいちばん重要になってきます。
その長期収支予想表を 3 つ用意しました。
どんな感じの資料が必要かイメージをつかむために良かったらみてください。[/char]

※エクセルファイルのダウンロードです。

⇒ 3 つのケーススタディ(収支予想)
⇒ 3 つのケーススタディ(収支予想・旧エクセルファイル)

もし・・・

エクセルソフトや次にダウンロードを用意しているワードソフトがない場合は・・・

クラウドで使えるエクセル・ワードイメージ画像
オンライン上で操作できる非常に便利なサービスがあります。
ご利用されてみてはいかがでしょうか。

矢印イメージ画像

OneDrive というサービスになります。

パン屋さんのケーススタディ(申込人の概要サンプル【無料】ダウンロード)

パン屋さん開業イメージ画像

銀行に借入金の相談に行く時に必要な書類(事業計画関連)は次の 3 つです。

【 3 点セット】
■ 申込人の概要(どんな経歴の持ち主なの? 履歴書みたいなものです)
■ 事業に必要な資金の総額(資金計画)
■ 借金を返していくための事業計画(売上高の推移とか経費等がどのくらい必要か、最終的な儲けはどのくらいか?)

が必要となります。

もちろんこれがすべてではありません。
・工事が必要ならば・・・工事の見積書など
・備品購入や商品仕入が必要であれば・・・その見積書や請求書など
・すでに支払った経費があれば・・・その領収書
・事業を開業するのに資格や許認可が必要であれば・・・その「証」となる書類
といったようなものも要求されることがあります。

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]まずは最低限必要な「3 点セット」を自分の目で確認してみてください。[/char]
ここでは申込人の概要を用意しました。

申込人概要(ワードファイル) 旧ファイル
■ 資金計画(先にダウンロードできた 3 つのケーススタディの資料内にあり)
■ 長期収支予想(先にダウンロードできた 3 つのケーススタディの資料内にあり)

前章での 3 つのケーススタディと合わせて確認してみてください。

4 事例目(リラクゼーションサロン開業)

リラクゼーションサロンイメージ画像

【前提条件】
・総投資額約 300 万円
・借入金申込額 300 万円
・借入期間 7 年(当初 6 ヶ月間据置)

[br num=”1″]
個人で(自宅の一室にて)細々とやっていたのを ⇒ 一軒家を借りてそこで新たにサロンを開設したもの。
ズバリ・・・3 点セットを【無料】ダウンロードできるようにしましたのでどうぞ参考にしてみてください。

⇒ 申込人概要(ワード) 旧ファイル
⇒ 資金計画(今回PDFファイル)
⇒ 長期収支予想表(エクセル) 旧ファイル

追加プレゼント

実は、銀行では担当者以外も含めて・・・みんなで融資の申込みについては協議しますが・・・
融資申込みの審議イメージ画像
といったような検討のための資料を用意するものです。

銀行員の立場で(冷静な第三者的な視線で)、できあがった自分の事業計画を見つめ直してみることも大切です。
[char no=”3″ char=”秋田秀一”]今回のケースでは私が想定問答集ならぬ第三者目線での検討に使えるような資料を作成してみました。
良かったら・・・自分の3 点セットができあがった時にはこの【秘密】のサンプルを参考に「判断する立場」に立って計画をチェックされてみてもいいかと思います。[/char]
※手前味噌ですが・・・金融機関の審査に合格する可能性を少しでも高めるためのものだと理解してください。

作成するのは・・・ 1 枚紙で十分です。

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]もし、この銀行員の立場からの副申書のサンプル(1 枚紙)が欲しいという方は・・・
下記お問い合わせからメールいただけましたら返信メール添付にてプレゼントさせていただきます。
(※ エクセルファイルになります)[/char]

⇒ まとめ資料(副申書)サンプル希望の申し出 (お問い合わせから)

銀行からの資金調達まとめ

銀行からの資金調達まとめイメージ画像
今回のケーススタディはあくまでも私が関わって資料作成とアドバイスをお手伝いした事例です。
再現性 100% ではありません。(どうぞご理解・ご了承ください)

また、チャレンジする事業内容(立地場所やライバル競合等の状況含む)や総投資額、本人の既往借入金の有無、等々で違ってきます。
さらに相談する相手金融機関によっても結果は違ってきます。

ですから・・・
■ 自分の計画は金額が大きすぎるかも知れない、とか
■ 計画通りにスムーズに事業が進むだろうか、といったようなことに悲観的になることなく・・・どうぞ夢実現に向かってチャレンジしてください。

【まとめ】
・自分の言葉で事業計画を(相手に・誰かに)語ることができれば十分に説得できます。
・不安にならずに銀行の門をくぐることが大事です。
・男女の出会いといっしょです。ご縁がなかったら・・・別の金融機関にトライするだけですから。

[br num=”1″]
いろいろとご質問等ありましたらどうぞ遠慮なくお問い合わせください。
⇒ お問い合わせ
[br num=”1″]

ここまで本当にありがとうございました。

[br num=”1″]

自社 CM

クーポン券(割引券)を配るだけの【簡単】副業・・・(しかも継続報酬)に興味のあるサラリーマン・主婦の方は
いらっしゃいませんか?
⇒ アフィリエイト専門学校のオリジナル副業プログラムの 1 つ

[br num=”1″]

スポンサードリンク



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

秋田秀一と申します。銀行に31年勤務して定年退職後、二足の草鞋を履いています。副業・起業・借金(資金調達と返済)についてお手伝いできましたらうれしい限りです。⇒ プロフィール

目次
閉じる