記事投稿原稿作成イメージ画像


たとえば、メモ紙などに投稿する記事の構成を考えてから、
さらにあらすじというか、要点をある程度まとめてから記事を書いていくタイプと

まったく白紙に向かって、思いつくままに(またはそれに近い感じで)記事を書いていく
(いきなりワードプレスなどの記事投稿画面に入力し始める)タイプの
どちらに、あなたは近いですか?

前者 後者
別に原稿を作成してから
ブログ記事投稿画面にコピペ
行き当たりバッタリタイプ



もちろん、折衷案ではありませんが、ちょうど中間的なやり方をしている、という人もいることと思います。

まあ、あなたがトレンドアフィリエイト的なものをメインにやる、ということでしたら
後者でもいいかも知れません。
(つまり、いきなり思いつくままに書きなぐるというか、書き進めるというやり方です)

実は、私も後者のタイプでした。
ダッシュボードの入力画面に向かった時に、まずはタイトルを入力します。
(その後、パーマリンクを編集する人もいるかも知れません)

それこそキーワードを入れ込んだり、キーワードの順番(出現する位置)を考えたりして
「今日は、こんなテーマ・タイトルで書くぞ」とある種の決意表明をして書き出す、ということになります。

それから、おもむろに見出し(h2やh3でくくられる部分)を、箇条書き風に書いていきます。

「○○に重要な3つのポイント」とか、「○○するために大切な5つの視点」といったように、
その時点時点で自分が思いつく小見出しを書き出します。

もちろん5つ書き出したから5つの記事を書かないといけない、というものではありません。

書いているうちに、どうも1つは説得力に欠けるから削除しよう、とか
ちょっと違うテーマというか、キーワードで見出しを追加しようかな、といった弾力的な
作成をしているというのが実際のところです。

ところが・・・

思いつくまま、という文章作成だと『公開』して終わり、今日のお仕事は一段落、バンザーイ!
という感じになってしまうことから・・・
これまでは、記事の控えをとることなく一件落着といったスタイルだったのです。

ブログ記事作成で思いつくまま記事(文章)入力すると・・・困ったことが発生!

ズバリ、後から思いだそうとしても『何を書いたか?』思い出せない、ということが起こります。

毎日毎日、ブログを書いているとまだいいのですが・・・
記憶はどんどん薄れていきますし、自分が成長・進化する過程においては、
(新しいノウハウなどを学んだりした時などにも)
考え方が違ってくる場合すら起こり得ます。

さらに、ちょっとしたテーマを決めて一連のブログ記事を作成している時などは
大変です。

たとえば、アフィリエイト初心者へのワンポイントレッスン・1と書いたとします。

近いうちにワンポイントレッスン・2、3・・・という具合にどんどんそのテーマに沿って
記事投稿ができればいいのですが、日にちがあいたり、手掛けていたテーマを忘れたりします。

何日か、何週間か経過して、ある日突然、
またアフィリエイト初心者に知っておいて欲しいこと・その1なんて別のことを
やり始めたりもしてしまうのです。

私は、そんなタイプでした。
まあ、統一性のないブログというか、まさに行き当たりバッタリのブログが出来上がっていました。
となると、たぶんに・・・


検索エンジンからみた時
(チェックされた時)
ブログを訪問してくれた
読者目線だと
・似たような記事があって質の高いコンテンツとは言えない。
・同じ切り口の記事で違うコメントになっている。
≒ 読者にとっては決していい記事とは言えない。
・ブログ内で検索をかけてもわけがわからない記事が多い。
・使いにくいブログなので滞在時間が短い。
・結果として、検索エンジンが「 このブログは読者が評価していないブログだ 」と判断してしまう。

まあ、目次や参考でのリンクなどを充実させればクリアできるところかも知れませんが、
それだとブログの評価値はなかなか上がらないと思います。

とにかく人は面倒くさがり屋です。
ネット上での情報収集などは、あきらめもはやいです。
(さっさと違うサイトやブログから情報を収集しようとして離脱します)

ブログが評価されるためにも、整合性というか、読みやすい、探しやすい、そんな構成を
(きっちりと)心掛けたいものです。

まあ、現実世界においても掃除や整理整頓が得意な人と、
散らかし放題、整理整頓苦手、大事なものの保管場所がわからずに
探し回るという後ろ向きなコトに時間やエネルギーを費やすタイプの人がいます。

私は後者です。

実は、そんな行き当たりバッタリタイプだった私が少しだけツールに救われた、
というのがあります。

それが別記事でもご紹介したことのある『紙copi』です。


ブログアフィリエイトをする時の記事作成で、後から記事を階層的に把握できるすぐれもの

実は、紙copiというソフトは、キャッチフレーズ的には・・・

『メモ&スクラップソフト』です。

大きくは以下のような特徴があります。

  • 簡単にブラウザ画面を右クリック・『保存する』で保存ができる。
  • つまり、記事・画像等を手軽にスクラップできる、ということです。
  • 自動的に保存してくれるので、アイデア等をどんどん書くだけでいい。
  • 複数の階層に分けて文章を管理できるので後から探す時が楽(ラク)。

私は、この紙copiというソフトをブログ原稿を作成する時のテキストエディタとして使用しています。

この4番目の複数の階層に分けて文章を管理できる、というのがいちばんありがたいです。
もちろん、入力していく時に保存作業が不要なので、記事作成に集中できます。
(書いたところまで・入力したところまでを自動的に保存してくれる)

つい、うっかりの保存し忘れ、さらにPCのハングアップやシャットダウン、
というリスクも回避できるのです。

興味のある人は、リスク回避の観点からも一度見てみられてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらにてご確認ください。⇒ 紙copi

ブログ記事作成、いきなり派と下書き派のどちらかのスタイルを選ぶとしたら・・・

厳密にどちらがいいとか、どうすべきだ、というのはありません。

それぞれの人の個性があります。
実は、私もその時々において使い分けています。というか・・・

気分や記事の内容によって下書きしたり、いきなり書き始めたりと違っています。
ですからあまり大きなことは言えませんが、自分のスタイルが確立するまでは、
いろいろと試してみればいいのではないでしょうか。

記事の内容や書くべきことがきっちりと固まっているならば、まるで上級者のように
そのまま書き始めてもいいのかも知れません。

逆に、アイデアというか記事の内容などがぼんやり、としか決まっておらずに
調べものをしながら書き進んでいく、というようなパターンの時は、面倒くさいかも知れないけど
下書きを用意するところから開始してもいいかと思われます。

要は、和洋折衷のようにA案もB案も併用するというパターンです。

あまり固執することもせずに、弾力的に運用する、
そもそもは、いい記事を、読者に喜んでもらえるように記事を作成する、
コンテンツの質を高める、というのが最大の狙いです。

頭は柔らかくしておいた方がいいかも知れません。

もし、併用するとしたら・・・

下書き作成、または、○○シリーズや○○集のようにタイトル・テーマとして
続きモノを手掛けたり、後々のためにきちんと記事の内容を管理するなら・・・

紙copiで記事作成をする、逆に、記事投稿このダッシュボードから直接入力した時には、
その記事の内容をコピペして、紙copiの方に(備忘・忘備として)残しておくようにしたい
ものです。

後からの管理が非常にラクになります。

ブログ記事の過去記事から電子書籍化したり、メールマガジンでステップメールをつくったり
情報商材のテキストというか商材そのものをつくったり、という次なるステップに活用できます!

ブログ記事そのものを資産にして、ブログアフィリエイトでの収益(報酬)を増やしていくことは
(当初の)狙いだと思います。

それとは別に、せっかくのブログ記事という財産ですからそれを次なるステップに活かしたいものです。
またまたお金を産んでくれることになるからです。

一粒で二度美味しい、です。

そのために過去に書いたブログ記事の内容については、ちゃんと管理できているようにしてください。
絶対に役立つはずですから。

特に私のように、掃除が苦手、整理整頓が苦手、探しもので後ろ向きな時間をとることの多い人は、
今からすぐにでも出来ることとしてお薦めです。

コツコツとブログ記事の管理・整理整頓、です。