エクセルオンラインなら、ソフトがなくてもクラウド上でエクセルを使える。また、Macでエクセルファイルを編集するにもマイクロソフトのOne Dreiveが便利! ただし・・・

icloudとOneDriveイメージ画像


Mac PC を使ってブログを運営している人、Windows PC でブログアフィリエイトをしている人・・・
お好みの機器との組み合わせでいろんなパターンがあるかと思います。

機動性やブランドからMacを使っている人もたくさんいらっしゃいます。
Macはかっこいいですからね。

ただ、職場でのパソコンや自宅でのエクセルファイル・ワードファイルの管理などは
ウインドウズのオフィスなどで編集している、という人も多いはずです。

じゃあ、Macでエクセルファイルを使うために『わざわざ』Mac用のエクセルを購入するか、
というとそこまでの投資はしなくてもMacでエクセルファイルが編集できてしまう方法を
ご案内したいと思います。

さらに今回の記事テーマは、Windows パソコンを使用していて、エクセルを持っていなくても
クラウド上でエクセルが使えてしまう、という方法です。


秋田秀一秋田秀一

ブログを最低限のPCスペックで運営しているような取り組み方だと・・・
エクセルソフトやワードソフトなどがパソコンに入っていないのが普通だったりします。

そんな時にほんと重宝します。
なぜなら・・・無料ダウンロードできるファイルの中にはエクセルファイルがあったりするからです。

読者特典などでエクセルファイルを入手できても、肝心のソフトがなければ
『宝の持ち腐れ』になってしまいます。

エクセルソフトを所有していなくても、どんどん、エクセルファイルを活用してください!

管理表にはエクセルファイルを活用することが多々あります。
ほんと重宝しますから、使い倒しましょう。


ただし・・・Macのみの所有者だと、
『エクセルソフトを購入する場合とは違う別の投資』が必要になったりします。

でも、長い目でみたら・・・その『ただし・・・別の投資』という方がいいのでは、と私自身は思っているところです。

ガイド案内アフィリ王子

サイト運営者のネット等の環境は・・・
スマホ・・・iPhone 、Mac・・・出張先などでの投稿等に使用して、、

自宅での(ネットビジネス用)機器・・・windows(エクセル等使用可)も活用する、
というパターンもできてしまいます。

ガイド案内ネット王女

実は、iCloudを利用することで、自宅でも・出先でもファイル管理はできるのですが・・・

私は、iPhone のバックアップ専用にiCloudを利用していることから、
すぐに容量がいっぱいになってしまい、通常のファイル管理としては iCloud を活用していない、
できていない、というのが本音・実態です。

そこでお薦めなのが、OneDriveです。
マイクロソフトのアカウントを取得するだけで無料でクラウドが使えてしまいます。

⇒ OneDrive

秋田秀一秋田秀一

アフィリエイトやネットビジネス用に、1つのブログやサイトを運営している、
ということでしたら・・・今回の話はあまり参考にならないかも知れません。

自分のパソコンの中だけのファイル管理で十分だと思います。
もし、複数のブログを管理運営していて、しかも出先などで(スキマ時間に)投稿をすることもある、
というようなアフィリエイターの方なら参考になるのでは、と思っております。

※当サイトは・・・
銀行を定年退職してからネットビジネスを始めた、通販のメーカー側の人間である私が、
アフィリエイターさまを募集する側の人間である私、秋田が運営させていただいております。


副業講座イメージ画像

ワンコイン何でも相談(副業・借金返済・・・元銀行員がお受けします)



スポンサードリンク






iCloudを使わない理由・・・スマホのバックアップ専用だから! それで・・・違う『もの』を選択したのですが・・・

ここでは、今さら iCloud のメリット等をご案内するつもりはありません。

正直、自分が十二分に活用できているか、というとそれも疑問です。

iCloudは5Gまでは無料プランです。
お使い途自由ですけど、5Gだと簡単にいっぱいになってしまうのです。

もちろん、追加のストレージは有料ですね。
※そこは、ビジネスモデルとしての仕掛ける側の戦略がありますから、まあ、納得してしまいますけど。

秋田秀一秋田秀一

実は、私はアイフォンを使ってまして・・・
その(自動)バックアップ用にiCloudを活用しています。

簡単に、5Gくらいだといっぱいになってしまいます。
まあ、ほったらかしでのバックアップですから、ビジネス用に特別なファイルを管理するためには
アイクラウドは使用していない、という形なのです。

それで・・・違う『もの』を選択することになったのです。

そこで、やむにやまれず、iCloud 代わりに利用できるものは、ないか?
ということで(自分の世界で)白羽の矢がたったのが・・・

OneDriveなのです。

OneDrive は5Gの無料ストレージ。iCloud と同じ5G! 他のファイル共有サービス・Dropbox と比較してみる。ドロップボックスは有料化?

ファイル共有化のサービスとして『ドロップボックス』というサービスもあります。

※昔は無料のサービスがありましたけど、今現在はお試し無料はあっても、ずっと無料プランというのは
なくなっているようですね。(すべて有料化)

なので、比較するならiCloudとなります。


iCloud OenDrive Dropbox
無料5G 無料5G 有料
アイフォンの自動バックアップ専用として利用 ビジネス用(ブログ用)に利用



で、お薦めなのは・・・というか、私が活用しているのはマイクロソフトのOneDriveです。


OneDriveイメージ画像

⇒ OneDrive

OneDrive を利用するもう一つの理由は・・・

実は、Macのパソコンでエクセルファイルを編集したくて、OneDriveを選択! ただし・・・

正直に言いますと・・・
わざわざエクセルだけを出先などで管理(ファイル編集)するためだけに、Mac 専用のエクセルを購入したくなかったのです。

しかも最近は月払いや年払いでのスタイルに変わってきています。(ソフト提供側からみての『やり方』としては上手いやり方ですね)

時々、しかも使うかどうかわからないMac専用のエクセルソフトを購入するのは投資としては、非常に
無駄なような気がしたのです。

そこを解決したのが、Mac にWindows の疑似環境をつくりだすプラットホーム的なソフトへの投資だったのです。

秋田秀一秋田秀一

正直、別記事でご案内しているサイトの進捗管理表(エクセルファイル)だけのための
エクセルソフトです。

⇒ ブログ進捗管理表

これを、出先などでの Mac を使ってのブログ記事投稿と記事内容の管理においてエクセルファイルが
編集できないか、というのが思考のスタート地点でした。

そこで、見つけた『ソフト』がパラレルデスクトップだったのです。

Mac環境に疑似windows環境を用意するのが、Palallels Desktop for Mac !

つまり、Macでウインドウズのソフトが使えるようになるのです。

だからといって、ウインドウズ用のエクセルソフトを別に購入するとなると、投資金額がふくらみます。
それは、避けなければなりません。

そのための最善策が、Macにウインドウズ環境を用意して、そこでOndeDriveを利用するというものです。

これだと・・・1.MacからマイクロソフトのOneDriveにログインして、
2.そこに保存してあるエクセルファイルを編集できるのです。
3.しかも、Mac上にエクセルソフトがなくても可能!となります。

これって、凄く便利だと思いませんか?

しかも、Mac用のエクセルソフトを購入するよりも、ずっと低価格投資で望むPC環境を手にすることが
できることになるのです。

※パラレルデスクトップは、キャンペーン期間中などは約6,000円くらいで手にはいります。
しかも、買取りですから、一回だけの投資で済むのです。


秋田秀一秋田秀一

わざわざMac用のエクセルを手に入れるより、ずっと安くで済む、というのがいちばんの理由。

Mac上でエクセルファイルを編集する方法・・・いちばん手軽で安い金額の投資で、できてしまう『やり方』

iCloud上に、エクセルファイルをアップして共有化しても、Mac側にエクセルソフトがないと・・・
ファイル編集はできない。

マイクロソフトのOneDriveだと、そこにアップしたエクセルファイルを編集することができる。

なので・・・

Mac上にwindowsが使える環境を構築して、そこからOneDrive上でエクセルファイルを編集する。

これなら最低限の投資でクラウド上でエクセルファイルの編集ができるようになるのです。

秋田秀一秋田秀一

このやり方、ぜひ興味のある方はお試しください。

Macからブログ管理・エクセルファイルの編集を(できるだけ少ない投資で)したい、
という方にお薦めです。

ほんと、Parallels Desktop のキャンペーン等によっては約6,000円程度の投資で
その環境を手に入れることができてしまいます。

エクセルソフトなしでもエクセルが使える方法が、エクセルオンライン・OneDrive!・・・【まとめ】

むかしは、こんなサービスはありませんでした。
いい時代になったものです。

ネット上からダウンロードしたエクセルファイル、友だちなどからもらったエクセルファイル、
旅先でもアクセスしたいエクセルファイル・・・

マイクロソフトのアカウントを取得して、OneDriveにエクセルファイルをアップして
それを編集するだけです。

オンラインで自動的にエクセルが起動してくれます。
編集すると、つど保存・上書き作業をしなくても自動的に保存してくれます。

ほんと貴重です、重宝します。


秋田秀一秋田秀一

当ブログ内で進捗管理表(エクセルファイル)を無料でプレゼントしています。

PC内にエクセルがない人は、ぜひエクセルオンラインで活用してみてください。

⇒ ブログ進捗管理表



スポンサードリンク