副業・ネットビジネス

中学生・高校生・大学生がネットビジネスやアフィリエイトにチャレンジすることの功罪!

アフィリエイトは中学生・高校生から、また大学生から始めてもいいのではないか?

秋田です。

ブログアフィリエイトは何もビジネスマンや主婦などの社会人だけの副業(または主業)やお小遣い稼ぎとしてのビジネスモデルではありません。

アフィリ王子
実際のところ・・・人生の先輩というか、いろんな人たちや会社をみてきて仕事・職業と若い人たちとの関係についてどう考えていますか?
学生時代は本分である勉強にいそしんで進学や就職のために準備すべきものなのでしょうか?
ネット王女
秋田秀一
人生そのものについての考え方や自分自身での創造の仕方については「正解」はありません。
というのがそもそもの私の考え方です。

極端な話・・・回り道をしても成功すれば、自分が満足のいく人生となれば・・・その回り道すら「正しかった」ということになるのだと思います。

ネットビジネスとの関わりや起業といった観点からの人生創造は若いうちからの選択肢の一つとして絶対に意識しておいた方がいいですよ、という話になります。

今回の記事では3つの理由から中学生・高校生にもお薦め、そしてもちろんのこと大学生にもお薦め、という話を解説します。

・一つは学生時代にお金やビジネスについての勉強をする機会がないこと
・もう一つが、実際にお金を稼ぐということの体験を通して金銭感覚やビジネスマインドが身につくこと
・年金制度の崩壊からの視点

について説明します。
 

【自社PR】

550円のオリジナル体質改善ツール

 

スポンサードリンク



 

学生時代はお金やビジネスについて学ぶ機会がない!

残念ながら・・・学校での授業では「お金」や「ビジネス」について学ぶ機会はまずありません。
友だち同士での会話や親子間の会話でもあまり登場することのない話題だと思います。

特に普通科と呼ばれる進学校ならなおさらそうですね。

専門学校等なら身近に体験する機会があるかも知れませんが。
(私は専門学校に関わったことのある人材が身近にいなかったことからあまりピンときません)

たとえ親が金融機関に勤めている家庭であっても会話が限られていたりするものです。
私の場合がそうでした。(苦笑)
お金の話や金銭感覚やビジネスマインドについての話など聞いたことはありません。

さらに日本人の場合・・・お金に執着するというか、口に出すのもタブー視されるような風土・雰囲気・風潮すらあるように思います。

一般的な家庭だと・・・教育のメインとなる発想が・・・

いい大学(に入って)
いい会社(に入って)
・・・
とりもなおさず・・・いい人生=幸せな人生を送る、といった思考を植え付けられるものです。

三つ子の魂百まで、ではないですが・・・小さい頃からそんなことを耳にしていれば・・・みごとなまでに同じような考え方、発想をする人間が社会という世の中に次から次へと誕生していくことになります。

外国は別だと聞いています。

これからますます世界との関わりというか、日本人が外国人といっしょに仕事をする、というのが当たり前になっていくとするならば(英語は別にしても)、お金やビジネスといったことについても「小さい頃から」「学ぶ」機会があって欲しいものです、と思うのは私だけでしょうか。

【ここでのまとめ】
・もし、あなたが親の立場なら・・・小さい頃、若い頃からお子さまにお金の話をしてもいいかと思います。
・もし、あなたがすでに学生さんでこのブログ記事を目にしているなら・・・ぜひ、ビジネスという観点からネットの世界に関わってもいいかと思います。
・絶対に損はしません、とお墨付きを与えたいという気持ちでいっぱいです。

 

金銭感覚とビジネスマインドを身につける

社会問題とまでは表面化していないかも知れませんが・・・
多重債務やクレジットカード・キャッシング・カードローン等の使い過ぎで人生が借金返済に追われるだけの毎日になっているような人もたくさん存在します。

目先の「欲」に負けてしまい、超楽観主義者的に問題先送りにして、現実の(現実世界の延長線上にある)「リスク」に目を背けてきた、その結果として毎日毎日が同じ生活の繰り返しで、しかもお金の返済、利息の返済に追われる、という人生を選択せざるを得ないという人です。

そんな不幸な人生は本人も知らず知らずのうちに選択してしまったのかも知れません。
ある意味では社会の仕組み・環境においては不幸な出来事でもあります。

折しも・・・過払い金という単語がテレビ・ネット上に登場するようになってから久しいものがあります。
世の中には、債務に苦しんでいる人たちがそれだけたくさん存在する、ということでもあります。

小さい頃から、というよりは若いうちにお金について真剣に家族で議論したり、借金や投資といったものに敏感に会話をしたり、お金を貯めることと投資することについての学びがなかったことからの結果でもあると思います。

一度きりの人生を棒に振るとまではいいませんが、借金と利息に追いかけ回される人生になってしまっているなら、本当に不幸なことでもあります。

金銭感覚というのは小さい頃から身につけることができるものなら絶対的にお薦めです。
私ごとで恐縮なのですが・・・

私は2人の子どもたちが小さい頃に「株式投資」を体験させたことがあります。
お年玉を貯めて・・・3万円になった時に少しばかり応援して2人に5万円の株式を購入してあげました。

すると・・・毎日毎日、新聞を読むようになりました。
もちろん、株価欄です。

○○の株が〇〇円になった、と毎日毎日チェックしているのです。

やがて・・・5万円で買った株式が20万円まで値上がりした時に売却しました。

株式投資という体験で投資マインド、投資(金銭)感覚をある程度は身につけさせることができたと思っています。
今では(子どもたち2人とも)金銭面のみならず堅実な人生を創造してくれています。

話を少しばかり戻しますが・・・
中学生や高校生レベルだと自分の将来、職業についてそこまで真剣に考えていないタイプの人材もいます。

高校生になると、文系・理系の進路選択や職業について少しは意識するタイミングもやってきます。
それでも・・・職業意識や仕事意識を真剣にとらえて自分の人生に思いを巡らせているような若者はごく一部、一握りかも知れません

例の・・・
いい大学
いい会社
・・・
いい人生という頭があると、どこでもいいや、的に安易にサラリーマンを選択してしまう、という判断も多々見られます。

その延長線上に大学生活があると漫然とサラリーマンでも目指そうかな、という企業・会社経営者側からみて「理想の労働者予備軍」が誕生することになります。

残念! です。

いろんなモノに興味がある、しかも冒険心や探求心にあふれている多感な時期に「金銭感覚」と「ビジネスマインド」を身につけることができたら、どんなにか人生創造にプラスに働くか、と思っています。

もちろんビジネスだけが人生のすべてではありません。
主婦として家庭に入るとか、ボランティア活動にいそしむといったようなことも素晴らしい人生の選択です。

決して否定するものではありません。

ただ、大なり小なりサラリーマンになるなら(大多数の人間がそうですが)、お客さまとの関係においてはビジネス的なセンスやコミュニケーションスキル等も含めてビジネスマインドは求められるのでもあります。

 

大学生時代とアフィリエイト等のネットビジネスとの関わり

これは絶対的に(ある程度は)お薦めです。
仮に、いずれは・やがては普通の会社にサラリーマンとして就職しようかな、というタイプの人間でも学生時代にビジネスとの関わりを持つ・体験体感することがどんなに素晴らしいものか(後々役に立つものか)ということを力説したいと思います。

単なるアルバイトでもその体験・経験は役立つものですが・・・それはあくまでも他人事です。

自分事として起業する・しない、に関わらずに学生時代に意識して毎日を過ごす、意識して思考を展開させてみる、ということを機会があればぜひとも実践してみてください。

そして、行動してみてください。
絶対に(あなたの人生において)役立つ時がありますし、やってきます。(間違いない、です)

(もちろん繰り返しますが・・・すべての人間に当てはまるというものではありません)

就職しようか、起業しようか、といったことを意識することがある可能性のある大学生なら、ぜひネットビジネスとか、起業といったことに頭(意識)を向けてもいいと思います。

仮にいろんなチャレンジが失敗したとしても、絶対的に人生にとってはプラスに働くはずですから。

しかも大学時代はある程度の自由と時間がありますし、その気になれば仲間たちの応援ももらえます。
若い時の思いは無限の可能性を秘めているものです。

自分の(まだ磨かれていない)才能や新たな興味を発見できる「きっかけ」にもなります。
人生の大きな転換点となることだってあり得ます。

大学時代にチャレンジしたことがその後の人生の柱となることだってあるのです。
そこからドンドンと人生が大きく展開することも起こり得ります。

まさにワクワクの人生です。

その準備期間となり得るのが大学生時代なのです。

【ここでのまとめ】
・金銭感覚やビジネスマインドは決して受け身では学べるものではない。(一部の親からの家庭環境で触れることのできるラッキーな人たちは別です)
・意図的に身につけようとしなければ社会人になるまで「無知」のまま成長することになる。
・中学生だからはやい、高校生もどうかな、ということではなく若いうちからネットビジネスの世界を体験てみることはその後の人生創造においておおいに役立つことになる!

 

年金制度の崩壊からくる予想と懸念

団塊の世代といった高度経済成長期に日本の成長を支えてきたサラリーマンや主婦の方々は、今の年金制度を謳歌していらっしゃいます。

私の先輩方の世代です。

その次の世代が私の世代です。
白黒テレビからカラーテレビになって、洗濯機・冷蔵庫といった「白物家電」が三種の神器として日本全体に普及していった時代に生まれ育ちました。

実際・・・この記事を書いている私は還暦過ぎのまもなく61歳になろうとする人間です。

私が・・・我が国には年金という仕組みがあるということを知った時・・・お年寄り1人を若者や働き世代10数人で支えるという感じでした。

私が働き始めた頃・・・バリバリの現役世代が6、7人でお年寄り1人を支えるというイメージでした。

私が30数年勤め上げた銀行を定年退職した今の時代は・・・2人で1人を支えています。

やがて・・・

今、現役世代の人たちや学生さんたちが年金をもらう時代になったら・・・予想がつきますか?

日本の今現在の人口1億2,500万人が2050年には・・・約8,500万人になっているという話もあります。
たぶんほとんどが高齢者だと思います。

みなさんに年金を払って支えてくれる現役世代の人たちがどのくらい日本には存在しているものでしょうか。

たぶんに年金制度は崩壊するというか、とんでもないリターンしかもらえない時代になっているというのは十分に予想されることです。

もう一つの懸念があります。

実は・・・私が今60歳ですが・・・このままあと5年間頑張って年金を掛け続けても・・・
65歳からもらえる年金額はいくらかわかりますか?

想像がつきますか?

毎年約250万円レベルです。
月にすると・・・毎月約20万円です。

夫婦二人であわせても(妻はサラリーマンの専業主婦ということで国民年金を掛け続けてきていても)月に約25万円がもらえる年金の金額です。

これで食べていかないといけないのです。

ここから予想される懸念として・・・
今20代、30代の若い人だとたぶんに65歳からもらえるのは夫婦二人で

その大前提として毎月40万円、50万円と給料を稼ぐ人が約40年間、年金を掛け続けた結果として・・・約15万円なのです。
もっと給料が少ない人とか、掛けた月数が少ない人だと・・・もっと少ない金額のリターンしかありません。

【ここでのまとめ】
・若いうちから金銭感覚とビジネスマインドを身につけて
・自分の人生を創造する

 

まとめ

実際のところ・・・本気で学生さんがブログアフィリエイトなどのネットビジネスにチャレンジしようと決意するなら、初期投資額は極めて少なくて済みます。

今現在の中学生、高校生の毎月のお小遣いがいくらかは不明ですが・・・
独自ドメイン代と毎月のレンタルサーバー代で年間に1万円もあれば(ブランド等にこだわらなければ)十分にアフィリエイトのためのブログを構築することができます。

ぜひアフィリエイトに限らずYoutubeビジネスや転売等、何でも構わないのでとにかくチャレンジしてみることが大切です。

たとえば・・・動画ビジネスだけで考えてみてもいろんな「稼ぎ方」があります。
■ Youtuberとして(顔出し・声出しは別にして)稼ぐ
■ Youtuberの動画を編集する仕事を引き受けることで稼ぐ
■ Youtube動画に限らず、動画編集や動画の作り方を「教えることで稼ぐ」
・・・・・

いかがでしょう。
動画ビジネスだから必ずしも「顔出し」して稼がないといけない、というものでもありません。

ある手法での稼ぎ方の「近く」にそれをお手伝いすることで「稼ぐ」という世界もあるのです。
こういったことを感覚的に感じることができるのも「体験」してみることから気づくことでもあります。

頭だけでは・・・
見るだけでは・・・
なかなか思いつかないというか、発想が及びもつかないのが・・・普通の人です。

ぜひ若いうちにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
起業しなくてもいいのです。
一生涯の職業として「あえて選択」する必用もありません。

体験・体感・実感するだけで十分です。
若い時というのは、人生において他のどんな時代の時よりも、多感なのですから、冒険心にあふれているのですから。

【まとめ】
・いちばんは多感な学生時代にビジネスマインドを学ぶことができる。
・学んだこと・体験したことからのスキルやノウハウは一生涯の「宝もの」=財産となる。
・人生創造に大いに役立つことは間違いない。

 

ここまで本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク



 

-副業・ネットビジネス

Copyright© 副業専門学校 , 2020 All Rights Reserved.