初心者・入門者向け【ネットビジネス18選】稼げるか・稼げないか? 成功できるのか? 元・銀行支店長が教えます!

ネットビジネスというとどんなイメージがありますか?

ITビジネスの社長、IT業界に勤めている、ネットビジネスで大成功・・・といったイメージから、
ネットビジネスって怪しい、本当に稼げるものなのか? 毎月スマホで50万円・・・といった何となく胡散臭いイメージまであります。

インターネットを使って大成功している会社として有名な、誰しもが知っているアマゾン、楽天、ZOZOTOWNといった会社のみならず、普通のメーカーなども直販(通販部門)としてネットビジネスに参入しているのが、今や普通の時代です。

昔の占い、トラブル・法律相談といったお悩みゴトの電話相談なども、今ではネットで手軽にできる時代になっています。
もう、私たちの生活からは切り離せないほどネットビジネスは身近に浸透してきています。
 
 

アフィリ王子
そんな大企業のネットビジネスではなくて、個人としても手軽に・気軽に参入できるのがネットビジネスの大きな魅力です。

特別に大きな資本(お金)も不要です。パソコン一つ、下手したらスマホ一つで参入できて、成功するチャンスがあるのが・・・ネットビジネスです。

 

ネット王女
もちろん気軽に参加・参入、チャレンジできることから安易に考えて失敗する人もいます。
いろんなノウハウや情報に振り回されたり、高額のセミナー・塾などに参加したけど思うようには稼げなかった、という声がブログ・SNSなどで拡散されることから、ネットビジネスは稼げない・怪しいといったことが聞かれるようにもなっていると思います。

高額塾については過去記事にしたものがあります。良かったらみてください。
⇒ 高額塾の罠
⇒ 高額塾の正体

極端な話・・・ネットビジネスで起業するとまでは考えなくても、チャレンジする・トライしてみるというのは、修行して街中にラーメン屋さんを開業する、といったような話とある意味いっしょです。
 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

ラーメン屋さんの場合、繁盛しなくて店をたたむケースもあり得ます。

そんな時、街中でのラーメン屋さんの失敗はそんなに失敗例が全国へと飛び交うことはありません。『美味しかったのに、残念だったね』くらいの会話が身近なところで起こるだけです。

それが・・・ネットビジネスの場合だと『失敗した』『稼げなかった』それを『騙された』と言っている人たちの声がネット上にあふれているのも事実です。

だからといって、ネットビジネスを過剰な不安や偏見から避けるとしたら残念な一面もあります。ぜひ、ネットビジネスのプラスの面に注目してください。

ネットビジネスに参入するには、そんな修行も大金も必要ありません。
それでいて、大きな成功・リターンが待っている可能性があるのですから。

ネットビジネスに気軽にチャレンジして
成功したら会社組織にして本格的に起業ということもできます。

 

【結論】
どうぞ、

パソコン一つで始められて、
大きな投資金額・厳しい下積み修行なども必要なく、
大きな成功(お金など)を手にできる可能性がある

ネットビジネスに偏見を持つことなく参加してみてはいかがでょうか。

その成功体験をノウハウにして(動画やPDF資料にして)販売したり、これからネット業界に入ってくる人たちに対して、身についたスキル・ノウハウを教える講師としても活躍する場が広がります。

まさに夢は広がる、海へ山へ、です。

 
ここではいくつかネットビジネスと称されるものをご案内して、最後にお薦めのネットビジネスをご紹介させていただきます。
しばしお付き合いください。
 
 

ネットビジネス18選。ネットで稼ぐノウハウあれこれ!

メジャーなものを18選としてピックアップしました。

ただ、思っているほどネットビジネスは遠い存在ではありません。
意外と身近なところにも同じようなビジネスモデルは存在してもいます。

ネットビジネス 身近なところでのビジネス
不用品をネットオークションやメルカリに出品してお小遣いを稼いでいる 同じことを近所の中古ショップに持ち込んだら不用品処理で、ネットビジネスとはいいません
貯金をインターネットを使った株式投資、FX、投資信託などの金融商品に投資している 同じことを取引先の証券会社や銀行に行って投資したら、それはネットビジネスではありませんね
字がキレイなので、クラウドソーシングで全国から代筆を受けつけてお小遣いを稼いでいる 同じことを近所のレストランに頼まれたので、メニューを書いてあげた・・・お小遣いをもらった
ポイントサイトやアンケートサイトに登録しておいて、クリックしたり、アンケートに回答することでポイントを貯めている ご近所のお店のポイントを貯めて活用している

いかがですか。
結構身近なところの『仕組み』がネット上に展開されています。

どうぞネットビジネスそのものを身近に、しかも『上手く活用することで人生が変わる』そのためのツールだ、くらいのつもりで感じてみてください。

では、一つずつみていきたいと思います。
いずれも、お金を稼ぐことができるもの、という視点からのアプローチです。

ネット通販で稼ぐ・・・1/18選

私が定年退職後に手掛けているビジネスです。
ゼロからスタートしました。(ちなみにサイトはこちらです ⇒ シリカ水イノチの水

何といっても31年間銀行員生活だったのですから・・・まさに手探りでのスタートでした。
ネット通販や起業については何でも質問してください。
(かなりのご相談に応じられると思います)

もちろん、元銀行員ですから金銭的なもの(借金・借金返済・資金調達など)についても遠慮なくお問い合わせください。

余談ですが・・・
お金(ワンコイン500円)を使って思う存分に聞いてみたい、という方向きのサービスも始めました。
⇒ 何でも相談・ワンコインキャッチボール
 
 
さて、ネット通販ビジネスですが商品・商材をどうするか、製造するか、外注するか、単純に仕入れてくるか・・・いろんなパターンがあります。

自分でやってみたいことと、やれることが別になるかも知れません。
でも、花屋さん(フラワーショップ)をやってみたい、パン屋さんをやってみたいと思うように、思う存分に夢をふくらませてください。
 

メリット
自分で一貫してやれるならまさにメーカ兼販売店として起業するようなものになる
規模が大きくなることで会社としての成長も期待できる
成功したら他のビジネスなど展開の可能性が広がる

 

デメリット
商品を用意できなければ売るものがないので商売としては成り立たなくなる
仕入・在庫・発送・資金管理(代金回収など)を当初は全部一人でしなければならない
売れる商品・商材をみつける、取り扱うまでの苦労がある
自前のサイトでやるか、楽天などのモールに出店するか・・・選択肢があるが、それなりに費用がかかる

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・商品が売れると月商ベースで数十万円、数百万円といった単位で収入が入ってくるようにもなります。もちろん『儲け』は別ですけど。(人を雇ったり、外注化したり、それなりにコストも増えますから)
・誰でも、手軽に、というものではありませんが(ネット通販は)可能性が広がるネットビジネスだと思います。
・たとえ『やる・やらない』を別にしても、日頃からネットをいろいろと見る時には、商品探しやアイデア探しを兼ねて、自分のアンテナの感度を上げておくことが大切です。

投資で稼ぐ(株式投資・FX・金融商品・金融派生商品・仮想通貨など)・・・2/18選

ある程度の資金がないとムリな稼ぎ方です。
『お金に、お金を、稼いでもらう』というやり方です。

投資家という人たちのビジネスモデルです。
(もちろん副業・サイドビジネスとしてやっている人もいます)

最近では、昼食時間やスキマ時間にスマホをみて、『売ったり・買ったり』をしているサラリーマン・主婦の方なども大勢いらっしゃいます。

会社・組織も財テクと称して、あるいは純粋に投資として、お金にお金を稼いでもらうということは行われています。(昔は、そんな部署の人たちを花形だとしているところもあったりしました)

この『お金』に『お金を』『稼いでもらう』というやり方は、完全に自己責任になります。
100%の元本保証なんてのはあまりありません。

今や、銀行でも金融商品を販売していますが、自己責任です。
儲かることもあれば、損することもあります。

ですから、この投資をやる、ということであれば『余剰資金』『投資資金』でやるべきです。
まさに『運用』です。

 
ネットビジネス・投資のイメージ画像
 

間違っても借金したり、生活において必要な資金を流用しての投資(特にFXなどのバクチ的な要素が強い手法)は止めておいた方が絶対にいいです。

この『投資』は強くお薦めしない、というか、他のネットビジネスなどで稼げるようになった時の余剰資金で運用するようにしてください。

特に最近では・・・
仮想通貨がブームになっていたりしますが、乗り遅れる形での投資で『ババを引かないように』してください。

株式投資やFXや仮想通貨などは、ゼロサムゲームとまではいいませんが、誰かが損して、誰かが得して、というビジネスモデルの一面があるのは事実なのですから。
 

メリット
ハイリスク・ハイリターン、からローリスク・ローリターンまでいろんな商品があるので、自分の投資・運用方針や用意できる金額によって選択肢が広がる
リターンの大きい投資なら、億単位で稼ぐことも可能

 

デメリット
元本保証はあり得ないので損することもあるし、下手すると著しく元本部分を失うこともある
ブーム性が強い商品だと、後発組は損する可能性もある
自己責任なので、それなりに『市場(マーケット)を読む力』が求められる

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・銀行員はお客さまに、できるだけ『安心・安全』な運用・投資をお薦めする人種でもあります。
・その銀行員がリスクの高い商品を自ら行うことは、ダメ、ということで就業規則で禁止されていた『投資』があります。

・FXと株式投資などでの信用取引(お金や株式を借りて売買する手法)です。
ですから、FXや仮想通貨などは『儲かる可能性』も高いですが、それなりにリスクもある、ということだけは十分に認識された上で取り組んでください。

 
まあ、これからご案内・ご紹介するネットビジネスで稼いでから余剰資金で投資・運用されるのがいちばんです。(今すでに豊富に資金がある人は別です)

せどり・転売で稼ぐ・・・3/18選

せどり・転売ビジネスイメージ画像

『せどり』とは中古本屋さんで珍しい中古本を仕入れてきて、それをネットで仕入価格以上の金額で販売する、というが元々のビジネスモデルです。

いつの間にか、本以外のゲーム、CD、DVDといったようなものも扱われるようになり、最近では何でもかんでもが商品となっているようです。

要は、仕入れた時の価格と販売する時の『価格差』で稼ごうというビジネスモデルです。

いわゆる不用品を(オークションなどで)売る、というところの延長的なビジネスモデルでもありますか、自宅の不用品だけだといつかは在庫がなくなります。

それで、中古本 ⇒ すべての商品 となっていったような感があります。

この『価格差』というのは、身近に毎日のように体験する世界です。

Aスーパーは卵が1パック、120円だったけど、Bスーパーは150円だった・・・というのはよくあります。お店側が戦略的な価格で消費者を集めようとしていたり、ライバル店との競争で値下げしていたり、という世界があるからです。

この価格差を、地域で・お店で・日本全国で・・・(調べたり、計算したりして)行っているのが『せどり・転売』というビジネスです。
 

メリット
手軽に、簡単に始めることができる
(規則違反だけど)在庫なしでも、できないことはない
稼げるようになったら法人組織にしたり、手間ひまを外注化したりすれば、自分はほったらかしでお金が稼げるようにもなる

 

デメリット
仕入れるための資金や、商品をストックしておく在庫のためのスペース(部屋など)が必要
売れる商品を見極める『目利き』としての力量が必要
売れなかったら不良在庫(デッドストック)としてお金が眠ることになる
売れてくると(回転率が上がると)包装・梱包・発送作業に追われることになる
田舎・地方在住者は、商品を仕入れる中古本屋さんや大型のディスカウントストアなどが身近にないため、商品仕入力がライバルに比べると落ちることになる

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・自宅にある不用品をオークションやフリマアプリで売ってお小遣いを稼ぐ(後述)程度の取り組みなら、日々の生活のスキマ時間や週末を利用してのチャレンジができます。
・でも、せどり・転売を本格的にやるとしたら・・・休日などは仕入活動などに時間をさかれることがあります。(なぜなら儲けるために大量に仕入れる必要があるため)
・(時間的な)自由になりたくて副業・ネットビジネスにトライするのに、どんどん忙しくなってしまった、となればある意味不幸なことでもあります。

 

自分のライフスタイルとあわせて検討したいものです。

取り組みやすいのでチャレンジする人(ライバル)が多いのも『せどり・転売』です。
後発組もどんどん参入してきます。

※規則違反という話をしましたが・・・こういうことです。

規則違反をしてまでの裏ワザ的ビジネスとは?

オークションにしても、フリマアプリにしても規則的には、手元に在庫がないのに、架空の商品なのに、それを出品することを(普通は)禁じています。

利用者保護の観点ですね。まあ、当然といえば当然です。

それを商品がないのに(仕入れていないのに)出品する人たちがいるのです。(無在庫転売と称してそのノウハウを販売・レクチャーしている人たちも存在します)

やり方としては、こうです。
フリマアプリに『ある商品』を出品します。
(当然、事前にその商品をアマゾンで仕入れることのできる金額を調べておいて、儲けを上乗せした金額です)

フリマアプリで、売れたら・・・アマゾンに発注して(その送付先をギフト扱いなどで)、購入者宛に送付してもらう、という流れです。

これだと、在庫は必要ありません。
先に仕入れて売れなかった時のように損をすることはあり得ません。

この手法は禁じ手だと思いますが、実は・・・商品がないのに同日のうちに入手してそれを発送できる人たちがいます。

それは・・・大都会または大都会に近いところに住んでいる人たちです。そのやり方・流れとは・・・

 
 
【具体的な流れ】
・アマゾンは大量出品している業者や人がいるので、安くで仕入れることができる。
・しかも、都市部だと(配送機能が)充実しているので、注文してから数時間で届けてもらえる。
・ということは・・・
・フリマアプリで出品したものが(在庫がなくても)売れてから、アマゾンに注文すれば、大都会・その周辺に住んでいる人たには、その日のうちに商品が届く。
・すぐに、転送するような形で、発送すれば何ら問題はない。

いかがですか。
こんな形での転売ビジネスをやれる人たちが存在するのです。

それに大型のディスカウントモールなどは都市部近郊にしかありません。
問屋さんのような価格で、しかも個人でも買えるスポットは田舎や地方都市にはないのです。

つまり・・・
 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

せどり・転売ビジネスは、
地方在住者と大都市近郊に住んでいる人とでは
ハンディキャップがあるようなもの!

なのです。

そんなライバルたちと競争・競合していかなければならないのがせどり・転売ビジネスです。

輸出入ビジネス(転売含む)で稼ぐ・・・4/18選

前述した『せどり・転売』ビジネスの価格差を、海外と日本国内とで利用して行うのが輸出入ビジネスです。
海外の商品を仕入れて、日本国内で販売する・・・いわゆる普通のビジネスといっしょです。

それこそ海外に出かけてお気に入りの雑貨を仕入れて、あるいは海外にいるお友だちや知人にお願いして商品を輸入する。(お友だちにお礼をすれば、自分もお友だちもハッピー)

それを自社サイトやオークションなどで販売するというビジネスモデルですね。
海外旅行という趣味と実益を兼ねたライフスタイルを満喫している女性の方なども多いようですね。

輸出入ビジネスイメージ画像

さらに・・・
このビジネスの『逆バージョン』をやれる人ならもっと稼げる・成功する可能性が高まります。

日本の商品を海外で売ることができれば、マーケットが全世界になります。
(海外のアマゾン・ebay・自社サイト(英語)など)

日本国民は約1億2,000万人ですが・・・それが・・・
英語圏のアメリカだけでも3億2,000万人います。

この輸出入ビジネスを代行してくれるような会社というか、お手伝いビジネスも存在します。

当然、海外との交渉ごとも起こりえますので、ある程度は英語の(読み書き・話す)能力があった方がいいかと思います。
(英語ができない昔の人間である私は、定年後の副業を考える時には、最初から候補に挙がりませんでした。・・・ぜひ、反面教師にしてください。チャンスが転がっています)
 

メリット
国内にない商品を扱うことができるのでライバルは少ない
個性あるサイトを用意すれば競争力が格段に向上する
日本の商品を海外に売ることができれば、もっと可能性が広がる

 

デメリット
英語でのやり取りが基本なので、それなりの語学力が必要
トラブル発生時の対応が大変なことも起こりえる
国境を超えるのであつかえる商品とそうでない商品がある

 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・英語ができる人には、日本の商品を海外に輸出するようなビジネスにチャレンジされることもお薦めします。
・日本政府の施策もありますが、インバウント、今海外から日本にやってくる外国人の数はハンパない人数です。

・以前、年間2,000万人くらいの外国人訪問者が、東京オリンピック前々年の2018年には3,000万人を突破したと言われています。
・今後さらに安心・安全な国としての魅力は高まり、訪日外国人は増えるはずです。

それだけ、日本・日本文化・日本のモノ(商品)は、世界中から注目されているのです。

 

英語ができる人なら・・・
日本の商品を海外に発信・販売してみませんか?

オークション・フリマアプリで稼ぐ・・・5/18選

このフリマアプリというキーワードは、ほんと身近になりました。
テレビCMもバンバン流れていた時期がありました。

それだけ、『当たり前』のツールになってきていることは間違いありません。

実は、この世界に業者が入ってきているのも間違いないのですが、一個人としていわゆる『お小遣い稼ぎ』として参入することはネットビジネスを実感できるいい経験にもなるかと思っています。

オークション・フリマアプリのイメージ画像

最近では、ゆうゆうメルカリ便なるサービスまで登場しました。
あの郵便局が、メルカリとコラボする時代になったのです。

私は個人的にミネラルウォーターのネット通販がメインですので、実際にこのフリマアプリの世界には踏み込んでいません。(値崩れ・価格競争を避ける意味で)

しかし、このオークションやフリマアプリを試してみることはメリットがあります。それは、通販ビジネスの基本的なことや雰囲気などを肌で感じるために実践してみる価値が大いにあると思っています。

オークションも競売物件が地方公共団体から出品されるなど、今や市民権を得ている世界です。

ただ、オークションに限らず、ネットの世界は玉石混交です。
見る目を養うという意味でもあれこれ出品されている商品についていろいろ調べてみるのも勉強になるかと思います。
 

メリット
ネットビジネスの基礎的なものやルール・仕組みなどを肌で感じることができる
お小遣い稼ぎや副収入稼ぎとしては悪くないツール
自宅不用品などの整理にも役立つ

 

デメリット
包装・梱包・発送作業などがどうしても避けられない
落札されればされるほど忙しくなる
落札者とのトラブルも起こりえる

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・オークションの始まりの頃には、オークションで稼げる方法といった情報・ノウハウを販売して億万長者なった人もいました。
・ただ、今ではたくさんの人が参入してライバルが増えたことで人によっては稼げない人も大勢いるかと思います。
・ネットビジネスのイロハを勉強するきっかけとしてチャレンジしてみてもいいかも知れません。

ポイントサイト・アンケートサイトで稼ぐ・・・6/18選

スキマ時間を利用した副業・サイドビジネスとして、主婦やサラリーマンなどの方で取り組んでいる人が多いようですね。

スマホやパソコンで、ポチポチとクリックするだけで稼げるイメージのネットビジネスです。
ほんとお小遣いや臨時収入的な金額を稼げている人はハンパないと思います。

また、アンケートサイトなどでは試供品をもらえることもあります。
いちはやく市場に出回る商品について『知る』ことができる魅力もあります。
 

実は、このポイントサイトやアンケートサイトでの実績というか、経験をそのまま『ノウハウ』として自分のサイト・ブログに公開することで集客して、さらに『そのノウハウ等』を売って稼いでいる、という人も本当にたくさん存在します。

この『やり方』は要チェックです。(この手法を真似ることで大きく成長できます)
二重に儲かる・稼げる、ことになるからです。

もちろんポイントサイト・アンケートサイトだけの話ではありません。
これまで案内してきたネットビジネスにチャレンジした時のノウハウ・情報や、体験などをサイト・ブログで発信することで、次なる副収入の入口につなげていくことは誰しも可能です。

後述するテーマ・キーワードでも同様です。
どうぞ頭を柔らかくしてヒントを見つけてください。
 

メリット
スキマ時間にできるので、いつでも・どこでも稼げる、ができる
ハードな労力がいらない
ちょっとした稼ぎの実績をさらに発信することで次なるビジネス=財布の入口につなげることができる
試供品をもらえるとか、いちはやく新商品をもらえるといったことがある

 

デメリット
自分で『作業』した分だけになるので、単独では稼げる金額に限界がある
やめたら、そこで終わり

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・私は商品を出品する側として、アンケートサイトの業界への参加を検討したことがあります。
・ほんとたくさんの人が取り組んでいるんだな、と感じました。スキマ時間の有効活用という視点からチャレンジしてみるのもいいかも知れません。
・ただ、自分がやった分だけが稼げるという世界です。コツコツやることが苦手な人や、ほったらかしで稼げるようになりたいという人には向かないと思います。

出品サイトで稼ぐ(手作り品・写真などの販売)・・・7/18選

あなたが何かしら『ものづくり』において特技があるなら、自分でつくった作品を製品・商品として販売する手があります。
手づくりのバッグ、アクセサリー、装飾品・・・まさにオリジナルな商品です。

また、写真に興味があるなら写真を登録してダウンロードしてもらえた分だけ報酬がもらえるという仕組みもあります。写真は『スマホで撮影した画像』でも十分です。

趣味と実益を兼ねた、という世界になります。

出品サイトで稼ぐイメージ画像

手づくり品なら、フラワーアレンジメント、陶芸、レザークラフト・・・何でもあります。
極端な話、プラモデルなども一部のマニアサイトや秋葉原のいっかくにあるお店などで売られていたりします。

それこそプラモデルなどは作品として作りあげていなくても(海外のマニアなどに)売れるかも知れません。
(日本の商品・製品はそれほど魅力的なのですね)

これから何かしら趣味として始めようか、という人も将来的な夢として販売までをイメージできたら、またモチベーションが違ってくるかと思います。

売ること・販売すること・稼ぐことが先にきて、それに向かって投資するという時には注意してください。
『楽しさ』『面白さ』が後回しになると挫折することもあり得ますから。
 
【写真】に興味があれば主婦の方、ママさんなどが毎月数万円のお小遣いを稼ぐというようなことが、よく取材されていたりもしました。

・写真なら、わが子やペットなどからスタートして、風景や人物などに広げていって、さらにはアフィリエイトをするブロガーが欲しがっているような画像を意図的に撮影してそれを副収入に結びつけることもできます。

 

・メリット
趣味と実益を兼ねたサイドビジネスとなる
生涯続けることもできる
売れてしまったらそれで終わりだけど、知り得たノウハウ・情報を『教える』というステップに移行させることで、稼ぎ続けることのできるビジネスにつなげることができる

 

デメリット
作品が売れたら、そこでおわり。その作品からは、もうお金を生んでくれない
体力が続かなくなったら途絶えてしまう
大量生産・大量販売というビジネスではないので大きく稼ぐことが難しいこともある

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・世界的に有名な日本の作家がいらっしゃいます。フィギュア製作の世界で有名な方です。作品一体が数千万円で取引されています。
・このレベルまで到達できなくても可能性は広がります。
・何といっても、好きなことをしてお金を稼げることの典型的なモデルです。

好きなことだからお金は関係なく続けられるし、知らない間にお金になっていた、という世界です。
自分にはなかったのが残念です。

クラウドソーシング(ココナラ他)で稼ぐ・・・8/18選

いわゆる『在宅ビジネス』です。

有名なところとしては、ココナラとかクラウドワークス、ランサーズなとがあります。
私は自分のノウハウをココナラに出品していたこともあります。

クラウドソーシング・ココナラのイメージ画像

昔は『内職』といって少し暗いイメージがありましたが、今では『花形』的なビジネススタイルにもなっています。

このクラウドソーシングは、自分に技能や技術、スキル・ノウハウがある人が、それを『切り売りしながら』成果報酬的にお金をいただく、というものです。

それこそ主婦の方や、子育て期間中のママさんなどが自宅でできるネットビジネスになります。
子育てのスキマ時間に(赤ちゃんが眠っている間、家事のスキマ時間などに)できることから、参加している人もたくさんいらっしゃいます。

でも、このビジネスは、『仕事を発注する』側と、『仕事を受注する』側との間でのいわば、マッチングサイトを利用しての出会いです。

今からクラウドソーシングに興味を持って参加してみようかな、という人は・・・
先発組ですでに数々の実績がある人たちが存在するところへ、そんな土俵に、後発組として参入することにもなります。

つまりライバルの存在が大きいのです。
しかも実績十分の、そのサイト内で『顔』になっているような人たちとの競合があるということだけは忘れてはなりません。

結構、厳しい世界だと思います。

いくらスキマ時間に、好きな時に、といっても『ご指名』『発注』がなければ、いつまでたっても仕事がない、ということになってしまいます。
 

メリット
すでに技量・技能がある人なら参加・登録することですぐに仕事が入る可能性もある
スキマ時間に自分のペース・スケジュールでこなせる
時間の有効活用ができるのがうれしい

 

デメリット
仕事内容・分野によってはライバルが多いこともあるので、すぐには仕事に結びつかないこともある
入札方式での仕事だと、見本的な作品の提出、希望金額によっては落選することもある
作業した分だけ、成果物の分だけがお金になる
やり直し(修正)などのクライアントからの指示・要請が入ることもある
ある日突然のアカウント取り消しもある(お金がもらえなくなる)

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・私は、ネット通販の時にデザインやアイデアなどを募ったことがあります。
・参加されている方は、まさに玉石混交でした。
・良かった人には2回目、3回目のお仕事を発注しましたが、一回切りで『この方はダメだね』という方もいらっしゃいました。
・スキルとして『一歩抜きんでたもの』があれば、そしてビジネスとしてマナーや礼節をちゃんとすればファンなってくださるクライアントの方と良好な関係が構築できると思います。

 
余計なことかも知れませんが・・・
 

稼げるようになるための『技能・スキル』などを今から習得しよう、というのは止めた方がいいかと思います。
下手すると、高い教材を売りつけてそれで稼いでいる会社などもありますから。(騙されないようにしてください)

 
今から稼げるために『手に職をつける』という行動は、貴重なことだとは思いますが・・・
本当に稼げるのか、稼げるレベルまでの技能・スキルがマスターできるのか、ということを十分に検討されてください。

すべての市場(マーケット)は、需要と供給で成り立っています。
苦労して取得した弁護士資格でも、稼げている人と稼げていない人が存在します。

そんな大きい資格なんか取得していなくても・・・
ちょっとしたネットでの成功体験を『売り』にして『コンサル』までして、弁護士以上に稼いでいる人たちもたくさんいます。

在宅ワークにチャレンジするとしたら、すでに技量・技能・スキルがある人が、ちょっとした副収入を稼いでみようか、という人でないと大変だと思います。

在宅ワークで通用するための資格や技能をこれから取得しようか、と思い立つくらいなら、すぐに他のネットビジネスにチャレンジした方がずっといいと思います。

YouTube で稼ぐ・・・9/18選

下の動画はネット通販用に私が自分で作ったものです。私のような素人でも動画を作って YouTube に投稿できる時代ですからほんと凄い時代になったのだと(あらためて)思います。


 
 
ユーチューバ―という職業が、子どもたちの憧れの職業にまでなってきています。

一時期の『PPAP』のように爆発的な再生回数とまではいかなくても、それなりにファンがついて毎回アップされた動画が視聴されたら、ほんとうれしいのは誰しもだと思います。

今までテレビ画面や映画などのスクリーンの中に登場してくる人たちは、スターでした。
芸能人や憧れの人たちだけの話でした。

一般の素人が出演するテレビ番組などもありましたが、一般人がヒーロー・ヒロインになれることはなかったのです。

それが・・・

YouTube というプラットホームが登場したことで、誰しもが(ひょっとしたら)スーパースターになれるかも知れない時代がやってきたのです。

ヒカ○ン氏のように有名人になれば、再生回数がハンパないですから、稼ぎは億単位です。

参考までに某ユーチューバ―が告白した年収があります。
ユーチューブビジネスにチャレンジして、約1年の段階での話です。

年収にしたら稼げるようになった金額は約700万円ということでした。

⇒ ユーチューブ動画で稼ぐ

実際には、これからもどんどん動画をアップしていくことになります。
以前の動画が消えるわけではありません。

ということは、新しい動画をアップする度に、またファンが増えます。
そのファンが以前の古い動画もみてくれます。

となれば・・・また(過去の『資産』で)お金が発生することになります。
どんどん稼げる金額が増えることはあっても、減ることはありませんね。(普通は)

ファンに一斉にソッポを向かれたり、アカウントそのものが停止されない限りは稼げる金額が増えるのが当たり前になります。

だからこそ、参入する人も多いし、子どもたちも憧れるのかも知れません。
社会に出て働かなくても稼げてしまうのです。

ネット好きな人なら、生きていくには『いいビジネス』であることは間違いありません。
 

・メリット
特別な機材もいらないので参加・チャレンジがすぐにでもできる
顔出し・声出しだけではなく、文字スクロール動画のようにBGMとテキストの表示だけの動画でも稼ぐことができる
いわゆる『ほったらかし』での副収入(お金稼ぎ)になる、本業レベルにもなる

 

デメリット
顔出し・声出しは個人のキャラクターが重要なのでライバルが簡単には増えないかもしれないけど、スクロール動画形式だと参入者が多いのでライバルが増える
ずっと動画をアップし続けるモチベーションが求められる
広告収入(報酬)が入るまでの最低ラインが、ファン(チャンネル登録者)1,000名と、1年間の再生時間4,000時間、なので、そこをクリアできるまではお金にならない

 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・気楽にスマホなどで撮影した動画をユーチューブにアップしている人たちには、動画投稿そのものが簡単だと思いますが、今から、しかもゼロから始めるという人だと、それなりに情熱・エネルギーを持ってチャレンジする必要があります。
でも、ほったらかしで稼げる、という世界ですので『やる・やらない』は別にしても、ネット上に『資産』をつくる、ということを意識することは非常に大切だと思います。

どうぞ『意識』してみてください。

アドセンスで稼ぐ・・・10/18選

ブログを運営して、読者を集客してそこに『広告』を掲載して、それをクリックしてもらって稼ぐ、というのがアドセンスというプログラムです。

検索エンジンそのものである『グーグル』が提供しているビジネスモデルです。

サイト・ブログを訪問した時に、ページ内にいろんな『広告』がベタベタと貼ってあるのを見たことがあると思います。

あの広告がクリックされた時に、それを貼ってくれているあなたのサイト・ブログに対して『ありがとうございます』ということで広告料・報酬が支払われるものです。

アドセンスで稼ぐイメージ画像

このアドセンスだけで、毎月100万円以上稼ぐ『個人』もたくさんいらっしゃいます。
もちろん法人・組織で取り組んでいる(サイト・ブログを運営している)会社もいっぱいあります。

もし、毎月5万円、10万円アドセンスで稼いでくれるブログを5つ、6つ・・・10個と増やしていけば・・・
毎月毎月、あなたに入ってくる副収入・報酬は完全に『不労所得』としてのお金になります。

そんな『うれしい・美味しい』仕組みがアドセンス(と、次に紹介するアフィリエイト)です。
 

メリット
集客さえできれば、表示されるだけで、クリックされるだけでお金になるので簡単
いわゆる『ほったらかし』での稼ぎ方ができる
他社でも同様のサービスを提供しているASPなどがあるものの、アドセンスがいちばん高単価である

 

デメリット
規定・ルール違反のやり方をするとアカウント停止となる可能性がある
一度、アカウント停止となると二度と取得できない

アカウント停止後に再取得を目指すとなると、普通は、家族名義でチャレンジすることになってしまう
サイト・ブログへの集客が最大の課題となるので、集客できなければ稼げるお金は増えない

 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・私は2003年の頃からネットビジネス業界に関わってきていますが、初期の頃、アドセンスでアカウント停止となったことがあります。
(むやみやたらとペラページにも広告を貼りまくっていました)
・ちょっと前に再取得できましたけど、例外的なケースかも知れません。
(ご希望があればそのノウハウもご案内します)
・今はまだ本業の通販ビジネスが忙しいのでアドセンスには注力できていませんが、そんな私でも(このサイトから)毎月1万円くらいのアドセンス収入が発生しています。
・中年オヤジでもできていますから、若いあなたならもっと簡単に稼げると思います。

このアドセンスは、アカウントを取得できた時は、グーグルからもらった権利のようなものですから、どうぞ大事にしてWIN-WINの関係で報酬をもらえるようにしてください。

お薦めです。

アフィリエイトで稼ぐ・・・11/18選

ネットビジネスの王道というか、稼げる人は本当にこれで(個人レベルでも)稼いでいます。

広告をクリックされて、その商品のサイトからお客さまが購入された場合に、紹介した形のあなたにお礼として報酬 ≒ 広告料が入るような仕組みです。
(商品単価の○%とか、定額○○○円といった感じで還元されます)

クレジットカードの紹介・成約、結婚・恋愛など出会い系の会員登録、といったような商品だと1件当たりが、1万円を超えるようなものもあります。
そんな商品だと・・・毎月10人、20人紹介できるだけで、10万、20万円といった報酬がもらえることになります。

運が良ければ、『美味しいビジネスモデル』ですね。

個人で毎月500万円、1,000万円稼ぐ、といったレベルの人たちもいます。
もちろん会社・組織で取り組んでいるところもたくさんあります。

アフィリエイトで稼ぐイメージ画像

冷静に考えてみてください。
企業は、テレビ・ラジオ・雑誌、といった広告からネットへの広告に比重を移してきていることは間違いありません。

テレビを見ない人、ネットだけから情報を収集する人も大勢いらっしゃいます。
そんな時代なのです。

その多額のお金が、広告宣伝費が流れ込んできているネットで、あなた自身が『広告代理店』として、サイト・ブログに広告を掲載してあげるのは、社会的な意義も大きいビジネスでもあると思います。

究極のほったらかしネットビジネスが、アフィリエイト! です

基本的なやり方は、アドセンスに似ています。
ですから、同時にチャレンジしてみることもお薦めなのです。
 

メリット
いわゆる『ほったらかし』でお金を稼ぐことができる
個人でも稼げる人は数百万円~に到達できる
ネット上に『資産』を作ることができるので、そんな『資産』を次々に増やしていけばドンドン稼げることになる

 

デメリット
成果につながるまで、時間がかかる場合がある
テーマ・キーワードなどの選択にもよるが、3,000文字超の記事を約300記事(約1年間)投稿して初めて目を見張るような成果につながることもある
ライバルは、どんどん参入してくる
相手は法人・組織いったライバルも存在する(書き手・ライターを使ってドンドン記事投稿する)
1年間、頑張ったけど稼げなかった、ということもあり得る

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・実は、このアフィリエイトなのですが・・・もらえる金額(報酬)は、ピンからキリまでです。
・成約1件につき、何十円~何百円、何千円~1万円~といった水準までさまざまです。
情報商材という商品になると・・・数万円の報酬がゴロゴロしています。
・自分でやりたいテーマ・キーワードと、その分野の商品(報酬額)などを十分に考慮しながら、方向性を検討してみてください。

 
『ほったからし』で、毎月10万円、20万円、30万円・・・といった副収入が入れば、新しい人生を創造できます。

最初は毎月1万円を目指すところからでOKです。今毎月100万円稼ぐような人たとも、みんなそこ(ゼロからイチ)からのスタートです。

電子書籍で稼ぐ・・・12/18選

電子書籍というのは、パソコン・スマホ・専用の機器で読むことのできるネット上の書籍のことです。
それを作家の側、出版する側として、書籍をつくって出版してお金を稼ぎましょう、というものです。

キンドルという専用端末のことはご存知だと思います。
専用端末は1万円を下回る価格で購入できます。(見る側として)
タブレット端末のようにネットのブラウザとしても使える上級の機種もあります。

電子書籍端末イメージ画像

もちろんスマホやPCでも専用のアプリをインストールすれば電子書籍を読むことができます。

その電子書籍の市場ですが、いくつか存在します。
アマゾン、楽天・・・

いちばん手軽に、しかもいちばんマーケットが大きいのがアマゾン・キンドルです。
キンドル出版と呼ばれるものです。

ただ、電子書籍にするには専用のソフトやツールが必要ですが・・・
ワープロソフトのワードで作成した文書からでも電子書籍に変換できるツールがありますから、安心してチャレンジできるかと思います。

この電子書籍の出版経験を活かして、そのやり方・ノウハウを教えてお金を稼ぐ、ということをしている人もいます。

まさに電子書籍出版コンサルタント、ということになります。
 

メリット
出版登録が無料
ほったらかし、で稼ぐことができる。
価格設定(値決め)は自分で自由に設定することができる
書籍の購入以外に、読まれたページ数に応じて報酬をもらえる仕組みがある
5日間の無料キャンペーンを利用して読者を広げることができる

 

デメリット
無名からのデビューなので最初は売れないのが当たり前
書籍の内容、分野によっては読者を獲得するのが難しい時もある
つまりずっと売れない場合もある(ただしお試し的に読んでもらえるだけでも報酬になる)
テーマやタイトルの決め方等も重要

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・私ですら毎月キンドルから約1万円くらいの入金があります。完全『ほったらかし』ですからありがたいですね。
・定年退職した中年オヤジでもできていますから、誰しもできると思います。
・このキンドル本からあなたのサイト・ブログに誘導するという使い方もできます。

稼いでいる人、本格的な作家や編集者の方などはこれだけでも食べていけるくらいに稼げている人もいると思います。

情報商材で稼ぐ・・・13/18選

下の図は、副業講座で特典としてプレゼントしているPDFファイルですが、いわゆる情報商材というような部類に入ってくるのだろうと思います。

副業講座特典イメージ画像
PDFファイルA4版・22ページ

前述の電子書籍の延長線上にあるような商品ですが、情報商材は『書籍』だけではありません。

PDFファイル形式の資料が主流ですが、最近では、音声ファイル、動画、場合によってはSkypeやZoomといったツールを活用したテレビ電話スタイルの面談なども商品として登場してきています。

もちろん、PDFベースと動画・音声ファイル・面談などの組み合わせを一つの商品にしたものもあります。

セミナー形式の、通信講座形式の、『高額塾』という商品も存在します。

また、ノウハウだけでなく、株価の予想配信サービス、という商品もあります。
プロの投資家が上昇が予想される株式を、メールやラインなどで配信してくれるというサービスです。

さらに、テンプレートやソフトといったツールを情報商材として販売している人もいます。
えてしてそれなりの料金設定となっています。

余談ですが・・・
逆に前述のアフィリエイトでも『物品をアフィリエイト』するのではなくて、情報商材を専門的にアフィリエイトしているアフィリエイターの方々もいらっしゃいます。

情報商材のアフィリエイトだと報酬が1万円といったようなものもたくさんあります。

さて、話を元に戻します。

ここでの『情報商材』というのは、情報商材を作る側、提供する側での話です。

実は、情報商材には、
自分の体験・スキル・ノウハウなどを販売する場合
自分ではノウハウ・スキルなどがないので、それがある人のノウハウ・スキルなどを『商品』にしてあげて代わりに販売してあげるという場合があります

後者を、情報商材の『プロモーター』と呼ぶことになります。
 
 

自分のスキル・ノウハウ・体験から商材をつくる 他人の商材をつくって販売してあげる
プロモーター
自分に知識・ノウハウ等がある場合 自分に知識・ノウハウ等がない場合
1本3万円でも500本売れたら1,500万円 (契約によるものの)
売れた分の7割~8割をもらう契約でプロモートしている例が多い

 
 
ここまでいかがですか。
億単位の売上が期待できるかも、と思いませんか。
メッチャ儲かるかも? とワクワクしませんか。

実際、プロモーターとしての仕事だけで年間に5億、6億稼ぐ人がいらっしゃいます。

書籍のベストセラー、音楽の世界のロングセラーなど売れ続ける商品というものがあります。
同じように情報商材も何年にもわたって売れ続けているものがあります。

ずっと『ほったらかし』でお金を稼いでくれるものです。
 

メリット
売れたらとんでもなくお金を稼げる可能性がある
フロントエンド商品とバックエンド商品と(バックエンドで高額な商品を用意すれば)さらに稼ぐ金額が違ってくる
一度購入してくださったお客さまは(名簿が手に入るので)、第二弾、第三弾といった商品の売込み時にも反応率が高いので、次々と稼ぐことができる

 

デメリット
売れるテーマ・分野はある程度決まっているのでせっかく作っても売れない商品もある
売り方を含めて、それなりノウハウ・スキルが必要となる
専用のセールスレターページなどを外注するとそれなりに費用がかかったりする

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・情報商材の販売というと、かなり『怪しい』『騙される』というか『人を騙して稼いでいるのでは』というイメージがあるかも知れません。
・もちろん、そんな売り方・稼ぎ方をしている人たちも存在しますから否定はしません。
・でも、情報商材で本当に人生が変わったとか、稼げるようになった、新しい人生を創造できた、という人たちもいっぱいいるのです。
・そんな情報商材を提供した人は、人助けをしたことといっしょです。恩人なのです。決して、『悪い世界の人たちの話ではないか』と色眼鏡でみることのないようにお願いしたいものです。

※もし、あなたが情報商材の販売をする・しない、ということで悩んでいるというか、迷っているなら・・・その結論を先送りしてもいいかと思います。

つまり、アドセンスやアフィリエイトなど他のネットビジネスにチャレンジして、それから判断しても十分だと思います。

また、その時には(今とは)違ったスキル・ノウハウを身につけたあなたでいるはずですから、違った視点からの思考と判断ができることになります。

セミナー講師で稼ぐ・・・14/18選

セミナー講師というとネットと無関係のような話に感じるかも知れません。
実際には、どこかの会場で講義・講演することをイメージするからですね。

ネットではなくて現実世界での話という感じです。

でも、セミナー講師とネットとのつながり・関係を考える時には2つの視点でネットビジネスとしての切り口があると思ってください。

1.講師と受講生とのやり取りをネットでやる
  (Skype や Zoom などの活用。場合によっては動画ダウンロードでも可能)
2.受講生の募集、講演会・セミナーの告知案内のためのネットの活用

の2つの点です。
十分にネットビジネスだということが認識できるのではないでしょうか。
 
セミナー講師イメージ画像
 
セミナー講師とは少し違うかも知れませんが、占い師がネットだけで(現実世界でのお店などを利用しなくても)数千万円稼いでいる、という人も存在します。

あなたが今まで生きてきた中で、身につけたスキル・知識・ノウハウ等や、成功体験など、人に教えることが何かしらあるはずです。
なければ、今から何かにチャレンジしてその経験をテーマにしてもいいのです。

極端な話ですが・・・
運動靴の靴ひもを上手に結べない人は、お金を払ってでも知りたいという人もいるかも知れないのです。

もし、あなたが部活動などをしてきた経験があるなら、1年後輩、2年後輩に(その活動については素人の人に)1(イチ)から教えてきたはずです。
それと同じです。

決して、あなたが何も教えるようなものは、ない、と感じていても『あなた自身の棚卸(たなおろし)』をすれば、何かしら見つかるものです。
気づいていないだけかも知れません。
 

メリット
教える側なので、お金をもらって感謝されることになる
先生、と呼ばれる
受講生をあなたと同じレベルというか、先生役に引き上げるようなビジネスモデルにすれば、さらに稼ぐことができる。(ピラミッド型の組織・・・生け花とか舞踊などと同じような組織にすることで可能)

 

デメリット
自分一人で100%、段取りや手配、スケジュール調整などをこなすのは大変
地方在住だと大都市圏に居住している人と比べて、ハンディキャップがある
(会場の確保、集客、移動手段・・・)

教えるスキルやノウハウ等がなければ、誰かとジョイントする必要がある

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・このセミナー講師ビジネスは、コンサルの資格を所有していたり、その経験・実績があったりする人、あるいは貴重な・希少な体験・経験からのアドバイスを求めているような層(お客さま)がすでに存在している人、といったような人でなくてもいいのです。
・上記のようなすぐにでもスタートできるような人と比べたら、何も『教えるようなことなどない』という人でもチャレンジすることは可能です。
・でも、ゼロからスタートするとなると・・・すぐにお金になるか、という点ではそれなりにハードルが高いかも知れません。
・会場を観客というか受講生でいっぱいにできれば最初から稼げるかと思いますが、知名度もない状況で、集客もゼロからだとなると・・・ちょっと厳しいかも、と思います。
・たとえば、他のネットビジネス・ブログアフィリエイトなどでサイト・ブログにきてくれた人に無料ダウンロードできるプレゼントを用意しておいて(メルマガに登録してくれたらプレゼントを差し上げますという仕組みにして)、少しずつメルマガ読者を集めるようなことから始めた方が得策です。
・メルマガ読者がそれなりに集まれば、メルマガにセミナー開催の案内を告知するだけで、それこそメルマガ一本で参加者を集めることができるからです。
・もちろん集客をお金で買うこともできます。
ですが、それは(現時点では)お薦めしません。

いずれにしても、少しばかりは地道な活動が先行投資的に必要になります。
協力者の存在も(ある程度は)必要不可欠です。

メルマガで稼ぐ・・・15/18選

メールマガジンで稼ぐイメージ画像

前章で少し触れましたが・・・メルマガでいろんな商品を告知したり、セミナーなどに誘導したりして稼ぐこともネットビジネスとして可能です。

ただし、どれだけの『メルマガ読者』=『名簿』を持っているかどうか、ということが最大かつ最重要なポイントになります。

メルマガにしても、通販にして、SNSにしても、現実社会での会員制ビジネスにしても、どれだけの『会員』『読者』=『名簿』を持っているかどうかが、成功する・あまりうまくいかない、といったことの大きな要因となるからです。

もちろん読者を『お金』で買うこともできますが、読者の属性がわかるはずはありません。

自分の得意がゲーム攻略法だから、その知識・情報とゲーム攻略のノウハウをPDFファイルや動画にして販売しようか、と考えても手に入れた名簿が、以前『ダイエットに興味があって特定のサプリメントを購入したことのある人たちの名簿』だったら・・・

たぶんに、反応率は悲惨なものになると思います。
それだけ『名簿』というのは大切なのです。

逆に、悪用されることもありますけど。
名簿業者が卒業アルバムやいろんな職員録などを集めて、それを販売してお金にしているのもご存知だと思います。

ですから、自分のサイト・ブログに興味があってきてくださっている『層』の人たちに、メルマガに登録してもらって、その読者あてにメルマガで興味がありそうなことについて告知・案内すれば、当然、反応がいいことは十分に予想できますね。
 

メリット
読者数が多ければすぐに反応してもらえるので稼ぎやすい
メルマガに自分の商品・サービスなどを紹介するだけでなく、他人の商品・サービスなどを紹介することで広告料を取ることができる
メルマガ読者数が多ければ、1回のメルマガ掲載で10万円といったような広告料も取れる(それだけ依頼主が存在する)

 

デメリット
一定数の読者になるまでが(名簿を集めるまでが)大変
最近はスパム(迷惑)メールが増えてきているのでブロックされることも多い(到達率が悪い)
メルマガ読者をずっとつなぎとめておくには、定期・不定期的にメルマガを発行して役に立つ情報などを発信し続けないと離れていってしまう(解除される)

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・メルマガでのネットビジネスは単独で構築できるものではありません。(単独での仕組みづくりは難しいと思います)
・アドセンスやアフィリエイトなどを取り組むサイト・ブログにメルマガ読者登録用のフォームを設置して、少しずつ読者を増やしていくという戦略で仕掛けづくりをすることが必要です。
・読者をお金で買う・集める、ということなく自分のサイト・ブログにいちばん属性のあった読者を集めるとしたら・・・それなりに時間と工夫が必要です。

ただ、繰り返しますが『読者』=『名簿』です。名簿の威力は、使い方次第では強烈な武器になります。

コンサルタントとして稼ぐ・・・16/18選

コンサルタントというからには、何かしら資格が必要なのでは、と考えないでください。

医師・・・医師免許が必要。
税理士・・・税理士免許が必要。
弁護士・裁判官・検察官・・・司法試験合格が前提。

といったように国レベル・法律レベルで必要な資格が決められている『仕事』は別ですが、人に『自分の経験やノウハウ・知識を教える』というコンサルタントは、何の資格も、試験合格も必要ありません。

腕一本・スキル・ノウハウ・情報で食べていけるのです。
 

メリット
先生という立場になるので高価格での教材なども受け入れてもらえる
情報商材をつくって販売することでさらに稼げるようになる
セミナー講師など次なる展開もドンドンできるようになる

 

デメリット
受講生が多くなるとフォローやサポートで忙しくなることがある
自分の時間と人数との兼ね合いなどを十分に検討する必要がある
ネット専門のコンサルでも問題ないですが、時にはオフ会など顔出しが必要となる時もある

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・完全に匿名(顔出しなし)に近い形でのコンサルも可能ではあります。
ただし、信用される・信用されにくいという観点からは、どうしても顔出しが求められる場面もあります。
・表に出ることなくコンサルで稼ぎたい、ということでも構いません。
・ネット上ですべてを完結させるようなコンサルの形でも十分にやっていけます。

 
人生が次から次へと成長・創造していくためのヒントとして・・・
 

【ヒント】
あなたがこれからネットビジネスを始めて、やがて毎月毎月5万円稼げようになったとします。そしたら・・・

今から初めてネットビジネスにチャレンジしてみようか、という人や、毎月1万円しか稼げていないような人たちにとっては、あなたは『先生』になれると思いませんか?

会員制サイト(会員制ビジネス)で稼ぐ・・・17/18選

この会員制サイトは、これまで見てきたいろんなネットビジネスの集大成的なものです。

ここまで見たきたネットビジネスに『会員制』という仕組みを取り入れる、組み合わせることで次なる展開・さらなる儲けが可能となります。

自然とこれから自分がやろうとしているネットビジスネの延長線上に、自分も『やればできそうだな』と感じられるかも知れません。

また、違う視点からいうと・・・
フロントエンドの商品、バックエンドの商品という切り口も用意することができます。

※フロントエンド商品・・・間口を広げるための商品。本命のバックエンドの商品の一部であったり、サービス・機能を制限したものであったりして、少し低価格で販売する商品。(場合によっては赤字になっても構わない商品)

※バックエンド商品・・・フロントエンド商品を購入してくださったお客さま(それを貴重な会員名簿として)の中から、希望される人向けに用意したフルサービス・フル機能のついた高額商品のこと。こちらで稼ぐ(赤字分をカバーしてさらに儲ける)という性格のもの。

まさに、この会員制ビジネスはバックエンド型の商品としても使えます。

普通のブログ読者だと、ここまでしか閲覧できませんけど、会員になるともっと希少な情報を手に入れることができますよ! 的な仕組みのことです。

そして、この仕組みがいちばんいいのは、あなたに継続的な報酬をもたらせてくれる、ということです。
 

メリット
会員から毎月1,000円といったような会費を徴収することで、安定的に継続収入が入る
会員は優越意識が高まるので、あなたの商品・サービスの信者であることはもちろんのこと、あなた自身への忠誠心も高まる
いろんなタイプの人材が集まることで、また次のビジネスの展開が期待できる

 

デメリット
一定数の会員がいないとモチベーションが続かなかったりすることがある
それなりの『高度なサービスやステータス』につながるものが提供できないと、離脱者がでる
他のネットビジスネとの兼ね合いがあると自分一人でこなすとすれば、ハードワークになる可能性もある

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・ネットビジネスの初心者がいきなりここを目指してチャレンジする、というのは厳しいかも知れません。
・ただ、どんなネットビジネスをやるにしても、最終的には『このビジネスモデル』まで到達できる可能性があります。
まあ、そんな集まりを好むか・好まないか、というのもあります。
・やる・やらない、好き・嫌いは別にして頭の片隅にでも入れておいてください。

 
この会員制ビジネスは、無料のメルマガを有料にして稼ぐ、ということでも可能です。

日本でいちばんメルマガを発行しているスタンドである『まぐまぐ』(インターネットの本屋さん)は、有料のメルマガも発行できるようになっています。

もちろん自前で、自分のサイト・ブログで有料メルマガの仕組みを構築することもできます。
いろんなツールというか、仕組みがありますから自由な発想で、夢をふくらませてください。

サイト・ブログを売却して稼ぐ・・・18/18選

企業買収とかM&Aといったキーワードを目にしたことはありませんか?

現実のビジネス社会でも大手メーカーが半導体部門を切り離して売却したり、清涼飲料水部門を他社に売却したり、といったニュースを耳にします。

外資が・外国資本が日本企業を買収したといったようなニュースの時は、大々的に取り上げられたりもします。
何千億円といった資金が動くこともあります。

サイト・ブログ売却で稼ぐイメージ画像

サイト・ブログを売却して稼ぐというのは、まさにこれといっしょの話です。
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

個人が開設・運営しているサイトが
企業に6億円で売却された!
という実例があります。

凄い金額ですね。

企業からみて・・・
一定数のアクセスや固定客(読者・ファン)、あるいはメルマガ読者を持っているサイト・ブログは貴重なのです。

企業は新分野進出や投資を戦略的に判断します。
『時間を買う』という判断・意思決定もあります。

東日本に大型のスーパーマーケットをチェーン展開している企業が、西日本進出を計画する時・・・西日本地区に土地を探して、建物を建設して、従業員を募集して・・・1店舗ずつ増やしていくという戦略を採用する場合と、
西日本にスーパーを展開している企業を買収して、一気に規模を拡大するという戦略を採用する場合とがあります。

あなたのサイト・ブログを企業が買収してくれることになったら・・・

夢がふくらみます。
 

メリット
高額での売却ができればそれまでの投資分の回収どころか、未来の予想収益を上回る額のお金を手にすることができる
売却までアドセンスやアフィリエイトで稼ぐこともできる
人生そのものにおいて『リタイヤ』することも可能となる

 

デメリット
サイト・ブログを育てるまでのエネルギーがそれなりに必要
売却できなければサイト・ブログへの投資がムダになることもある
売却を当て込むなら、売れるだろうかという不安や続けることのモチベーションの点でハードルを乗り越えるだけの精神力が必要となる

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

・最初から『売却』を意図してサイト・ブログを運営し育てていくことも可能ですが、それよりも・・・
・アドセンスやアフィリエイトで稼ぐことからスタートして、その結果としてサイト・ブログが成長して、やがては『売却』というやり方の方が精神的にもいいと思います。

 

アドセンスやアフィリエイトで稼ぎながら、『もう十分稼いだかな』とか『これから別のネットビジネスにチャレンジしたいから、これまで育ててきたサイト・ブログを売却しようかな』という気持ちが芽生えた段階で考えてもいいのではないでしょうか。

 
 
ネットビジネスにチャレンジした未来のイメージ画像

ここまで、18のネットビジネスをみてきましたが、いかがでしたか。
自分に、自分のライフスタイルに、これからの自分にマッチしたビジネスモデルがありましたか?

結構、いろんなビジネスがあったと思います。

今からどんどん『誕生』して、『登場』してくるネットビジネスもあるはずです。
つまり、それだけチャンスはたくさんあるのです。

どうぞネットビジネスについてアンテナの感度を上げて、意識してみてください。
何を選択するか、迷っている、というような時はどうぞ遠慮なくご相談ください。

実は・・・
あと一つ認識しておいて欲しいポイントがあります。
それは・・・

ネットビジネスに取り組む前に絶対に意識しておいて欲しいポイント。労働・作業の奴隷とならないために!

ここまでいろんなパターンのネットビジネスをみてきました。
実は、1つだけ気づいて欲しい点があったのですが・・・それが何か(あなた自身が自分なりに)気づいたことがありましたか?

ネットビジネスを選ぶ時のイメージ画像

それは、

ネットビジネスの中には、作業しただけ・成果物の分だけしか稼げない、というビジネスがあったと思います。
 
つまり、

作業や労働や成果物の『対価』としてのお金が稼げるものと(やった分だけ)と、
それとは別に

やがては『ほったらかし』にしてもお金が入ってくる可能性のあるものがあった
ということに気づきましたか?

同じネットビジネスでも、その作業をやめたら、仕事しなくなったら、お金が入らなくなるものと・・・
ある程度『ほったらかし』にしても、ずっとお金が入り続けるもの、とがある、ということです。

労働・作業・完成品などの成果物の対価として稼ぐお金
VS
ほったらかしでもお金が入る不動産収入のようなビジネス

 

あなたは、どちらのネットビジネスを追求したいですか。
 

賃貸マンションを所有している・・・毎月、賃貸収入が入ります(あなたが旅行に行っていても)
賃貸アパートを一棟持っている・・・毎月、家賃が入ります(あなたが仕事を休んでいても)
所有している土地に広告看板を建てさせている・・・毎月、賃料が入ります
貸し駐車場を持っている・・・あなたが日本にいなくても料金収入が入ります
印税が入る書籍・DVD・楽曲がある・・・寝ている時も、チャリンチャリンとお金が入ります。

 
同じネットビジネスでも、同じやるなら、同じチャレンジしてみるなら、
やがては『限りなくほったらかし』でお金が入るようになるビジネスモデルの方が(絶対に)いいと思いませんか。

そんなあなたへのメッセージです。

ネットビジネスにチャレンジしたい人へのメッセージ・・・まとめ

銀行を定年退職後にネット通販で起業して、いろんなことにチャレンジしてきました。

たくさんの情報商材も購入しました。
高額塾と呼ばれるようなものにも参加しました。

投資した金額はハンパないかも知れません。
そんな私が老婆心からアドバイスさせていただきます。

あくまでも、あなたがネットビジネス初心者であるということ、アフィリエイト初心者であるという前提です。
 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

【結論】
ネットビジネス初心者が、今からやるなら
ブログアフィリエイト・アドセンスが、いちばんのお薦め!
応用と次なる展開が期待できるから!

です。

中年オヤジの私が(ネット通販の本業が忙しい私が)・・・
いや、私でも、稼げたのですから、あなたが稼げないはずがありません!

アフィリエイト(アドセンス)と成功・新しい人生創造までの青写真

まずは、ブログにチャレンジしてみませんか?

何をテーマですればいい? という疑問があるかも知れません。それについては、いっしょになってテーマを考えることもさせていただきます。
 

1.ブログを開始する
2.記事が少したまったら(20記事くらい)、アドセンスを申請する
3.ブログでアフィリエイトも開始する
4.記事投稿を続ける
5.読者数の増加や検索結果からの流入状況などをチェックしながら、時々は記事を見直す
6.記事投稿を続ける

あとは、5、6の繰り返しです。

これで毎月5万円稼げるようになったら・・・毎月1万円しか稼げていない人や初心者の人を相手に、自分のノウハウを販売しませんか。

そんな人たちを相手にコンサルしてみませんか?

もし、あなたが毎月10万円稼げるようになったら・・・毎月5万円くらいしか稼げていない人に、ノウハウを販売してみませんか。

コンサルもしてみませんか?
さらに会員制ビジネスを立ち上げてみませんか?

どんどん稼げる機会が増えると思えてきませんか。
応援させていただきます。

何といっても人生は一回切りです。
リハーサルなしの、今が本番の人生ですから。
 
 

ここまで本当にありがとうございました。