ビジネス、起業、成功を目指すためのマインド【2】~バネに力を蓄える時期

人生の山あり谷ありのイメージ画像


人生に成功と失敗はつきものです。
山あり谷ありです。

平坦な道だけだと『退屈』『平凡』『つまらない』『面白くない』のです。

今、押しつぶされそうな人生でも次のステップ・ステージのための準備期間です。
それこそ、『バネ』に力を蓄えている準備期間なのです。

秋田秀一秋田秀一

元銀行員で定年退職後に起業した秋田です。

アフィリエイターさまを募集している側の人間です。




バネ、縮んだバネの法則?

バネ、という道具・器具を知っているかと思います。

そうです、伸び縮みする『あの』道具・器具です。
漫画のキャラクターなどで、バネを使って跳びはねるような動作・シーンをみたことがあると思います。

もともとのバネの強度は反発力によることはもちろんですが・・・
一般的には、バネは『縮むことで反発して大きくはじける』というのが常識的な話です。

今回は、あなたの日頃の頑張りやチャレンジが、バネのような仕組みでのタイミングになっていますよ、
というお話です。

毎日毎日、精一杯頑張っている。
これでもか、これでもか、と精進している。
誰も評価してくれないのか、といった感情を覚えるくらいの頑張りをしている。

人はともすれば、そんな時にあきらめたり、挫折したり、投げ出したりもするものです。
また、方向転換することもあるかも知れません。

その日頃の頑張りを『バネ』だと思ってください。
ただ、まだまだ我慢・押しつける動作の途中なんだ、と。

反動が強ければ強いほど、反動も反発力も強いものになるのは当然です。
力をためるだけの時間もかかります。
そのためのエネルギーも必要です。

今の状況や、頑張りが、成果・結果において不満な時は、まだ『力をためこんでいる途中』なんだ、
と思ってください。

人事を尽くして天命を待つ、ではありませんが・・・
やがて、天が配慮してくれる瞬間がやってきます。

必ず訪れてくれるはずです。

その時こそが、『花開く』時です。
そのチャンスまで、待ってください。

時がきたら必ずバネのように一瞬ではじけて、大きく花開くのです。

頑張りに対してのご褒美としてのチャンスは、24時間365日転がっているものではありません。
もちろん、アンテナをはることでいつでも、どこでもヒントを手にすることできますが・・・
(そういった意味でのチャンスとは別の次元の話として)

いちばんいい時、いいタイミングを『天』が見定めている時なんだ、と発想してください。
それまでの辛抱というか、遠足前夜のような気分でどうぞワクワクしながら、期待しながら
バネが反発する時を待ってください。

必ずはじけるのですから。

人生を投げ出したり、絶望したり、妥協したり、あしらったりするには、もったいないです。
まだまだ、はやすぎます。

縮んだバネは、必ずはじける! ・・・まとめ

たとえ一滴ずつでも、大きな器であっても、水をためていくならば、いつかは満杯になります。

そしてついには、あふれだす瞬間がやってきます。
一滴ずつためている時には、いつ・どの瞬間であふれだすかは、自分たちにはわかりません。
その瞬間は、神さまだけが、天だけが、知っているのだと思います。

それを信じて、毎日毎日、少しずつ少しずつ、一滴一滴ずつでも、繰り返して歩を進めるのです。
自分自身を信じないとできない話です。

それをやった人だけが、認められるのだろう、ということは間違いないはずです。

どうぞ焦らず、慌てず、投げ出さず、に前進してみませんか?

あふれだす瞬間、ズバリ、天の時があなたに微笑む瞬間、です。

やりたいこと、好きなことの魅力・魔力・・・求める道?

人は不思議なものです。

小さい頃を思い出してみてください。
何かにとりつかれたように魅了されて、陽が暮れるのも忘れて(没頭して)遊んだ、
好きな趣味に取り組んで、気がつくと深夜だった、など。

そんな時間の経過をすっかり忘れてしまうほどの経験がたくさんありませんか。

もっとも、大きくなってやむにやまれず(仕事などの締切に追われて)徹夜した、
というものとは別の話です。

好きなことをやっていると時間の経過どころか、何にも『苦にならない』のです。

ハードな、しかも危険を伴うような山登りでも、好きな人は喜々として登ります。
ワクワクがとまらない、のです。

反対に、近所のお店までの『おつかい』だと、いや、『おつかい』でも、
やりたくない時、嫌な時、気分が乗らない時・・・などは苦痛です。

やりたいこと、好きなことの魅力・魔力は不思議です。

人は感情の動物でもありますから、当然といえばそうなのかも知れません。

やりたいこと、好きなことを見つけることの素晴らしさ

やりたいこと、好きなことをやれば、どんどん進んでいけるのが人です。
どんどん前進していけます。

そんなことばかりだと、そんな毎日ばかりだと、幸せです。
ハッピーな人生そのものです。

しかしながら・・・

現実世界はそんな場面ばかりではありません。
好きなことばかりやっている、それで生活できている、というのはほんのごく一部の人たちだけです。

嫌なことも登場します、出現します。

さあ、そんな時はどうするか? です。

一日は24時間。好きなこと以外は、好きなこと・やりたいことの『準備』時間とする

発想の転換をしてみませんか?

好きなこと、やりたいこと、を少しだけ横に置いておきます。
日常での、やらなければならないこと、嫌でもやる必要のあることを、好きなことをやるための
準備期間、準備時間、準備運動、だと思うようにしませんか?

さっさと片づけて、好きなこと、やりたいことをするためのウォーミングアップだと捉えましょう。

心の持ちようかも知れませんが、ワクワクしながら準備する、ような感情でいたいものです。

秋田秀一秋田秀一

私が日常的によく使うキーワードに・・・

遠足前夜気分というのがあります。
いちばん『楽しいひととき』です。

ぜったいワクワクしながら準備するはずです。

ここまでのワクワク感を持ちたいものです、とまでは言いませんが・・・
せっかくの大切な人生における一日一日を過ごすのであれば、

日常を、雑事を、しなければならないことを、好きなことをやるための準備だ、と位置づけましょう。
思い方次第ですけど、心が違ってくるかと、感情が違ったものになるかと、思います。

それが終われば・・・あとは・・・好きなことを思いっきりやるだけ、です。

『雌伏』期間のまとめ

使い古された言葉ですが、

・夜明け前がいちばん暗い
・明けない夜は、ない
・冬きたりなば、春遠からじ

です。

そこからの選択肢が2つあります。

  • あきらめて、次の道・方向に向かう
  • あきらめずに、続ける・頑張る

どちらも正解です。
見切りをつけることでその後、大成功した人もいます。

あきらめることなく頑張ったことで成功者となった人もいます。

もし、あなたが過去に同じような体験・経験をしたことがあったなら、
今頃は、たぶんに『貴重な』体感になっているはずです。

今の人生に活きているはずです。

ぜひ、やりたいことに向かってください。
エネルギーを、情熱を、思考を、行動を、向けることができる『もの』があることは
幸せなことです。

信じましょう。

自分自身を信じてください。
何といっても・・・

あなたのことをいちばん『長く』『よく知っている』のは、あなた自身なのですから。
あなた自身を信じることができるはずです。

そこから発想、思考して、次なる人生創造に向かってください。