ゴールドラッシュ

金鉱脈に人々が殺到する様子からゴールドラッシュと呼ばれた出来事がありました。
この時に儲かった人たち、損した人たち、大儲けできた人たち・・・など、チャレンジした人たちは様々なタイプに分けられたと思います。

いろんな人生模様があったと言われています。
東海岸に住んでいた人で自宅を処分して移住までして(金を掘る機械などを購入して)金掘りにすべてを賭けた人もいたはずです。
たとえば何年かチャレンジしたのに金を掘れなくてあきらめた人、そのあきらめた人から土地・機械を購入・引き継いで(後発組で)金掘りを始めた人、しかもその土地をわずか50センチ掘ったら金鉱脈を掘り当てた人など人生哲学・成功哲学に通じるような出来事もたくさんあったと思います。

※あと少しの頑張りができずに、あきらめて他の人に権利を譲った人・・・最終的には失敗した人
後からやってきて、その権利を取得してほんの少しの頑張りで掘り当てた人・・・運よく成功した人

こういった数々の出来事から、「あきらめないことの大切さ」や「何にでもチャレンジすることの必要性」など人生哲学や成功哲学につながる話がたくさん生まれたはずです。


さて、解答です。
実は、金を掘りに来た人にあるものを提供した人々が儲けたのです。

ガイド案内

【ゴールドラッシュにやってきた人々に】

・宿屋(ホテル)を提供した人
・食堂(レストラン)を開いて食事を提供した人
・散髪屋を開いた人
・金を掘るための道具(スコップや機材など)を提供した人
・馬車を用意して(やがては鉄道を敷いて)人々を運んだ人
・金の掘り方(マニュアル・ノウハウ)を教えた人
・金を掘る時に破れない丈夫な作業着を提供した人
・・・

その中でもいちばん儲けたのが・・・・・
最後の「金を掘る時に破れない丈夫な作業着を提供した人」です。この人がいちばん大儲けしたのです。

荷馬車の幌(ほろ)と丈夫な鋲(びょう)で、破れにくい作業用のズボンをつくって提供した人です。
今でいう「ジーンズ」をつくって提供したリーバイスという会社です



さあ、これをネットビジネスの世界に当てはめてみましょう。
あなたも、いくつか手を出したこと(心当り)があるのではないでしょうか。
(同じ話を社会(歴史)に掲げてあります)

1.ネットオークションでお小遣いを稼げるらしいよ。知りたくありませんか?
2.ミクシィが儲かるらしい・・・足あとをつけてくれるソフトあります。欲しい人はいませんか?
 ミクシィで儲ける方法(マニュアル)もありますよ。
3.いやいや、これからは携帯サイトが儲かるらしい。マニュアルは入りませんか?
4.ツイッターが登場。つぶやきで儲かるらしい。自動でフォローしてくれるソフトがありますけど、要りませんか?
5.アフィリエイトが儲かるって? ブログで儲かるらしいね。
6.アドセンスも儲かるって聞いたけど。
7.ドロップシッピングって知ってる? 凄いらしいよ。
8.これからはフェイスブックの時代らしい。FBで稼ぐ方法見つけましたけど誰か要りませんか?
9.動画サイトがビジネスになるらしい。YouTubeで儲ける方法は欲しくないですか?
10.スマホの時代。iPhoneアプリのつくり方知ってますけど。
11.PPCアフィリエイトだぁ! 儲かるぞ!
12.今や、せどりの時代です。せどりで儲ける方法は・・・
13.電子書籍もいいらしいぞ。
14.ライン(LINE)が凄い! ラインスタンプ作りませんか?
15.アマゾン輸出入で儲ける方法は欲しくないですか。
16.いやいや、トレンドアフィリエイトがいちばんだよ。
17.ネットもアフィリエイトも、セールスレターがいちばん大事。スキルアップしませんか?
18.高額塾がはやっています。今なら限定人数で指導しますけど・・・
・・・・・

ゴールドラッシュの時の、それこそ「金を掘る人」になって振り回されていませんか?

こういったブーム的なノウハウやツールなどは、どうしても「時季」「一過性」といったものがあります。
検索エンジンの性能が上がったり、(一時期は検索エンジンにも認められていた)量産された薄っぺらなサイトがどんどん検索順位が下がったり、自動での足あとやフォローやつぶやきなどツールを使うとアカウントが凍結されたり・・・という具合にイタチごっこのように(終わりのない)サイト運営側と儲けをたくらむ?側(悪用側?)との攻防がずっと続いていきます。

ですから何回も言うようですけど、ずっとずっと変わることなく儲かる仕掛けづくり・王道でのアフィリエイト・ネットビジネスを追求したいものです。

本サイトは可能な限りキャッチボールのできるスタイルを採っています。
時々はメルマガでも情報を発信しています。ご希望の方はこちらからどうぞ。
⇒ メールマガジン(アフィリエイト稼ぐやり方初心者卒業塾通信)

本サイトについてご質問・お問い合わせ等いただきました際の回答は、本サイト内の記事やメールマガジンで情報発信させていただきます。(情報発信のお許しを得られた方の場合のみです)