原因と結果の法則イメージ画像


過去は変えることができません! という人がいます。
もちろん常識的には、そうですね。

過去を変えることができる! といえば・・・友だちが減っていくかも知れません。
ただ、『過去の評価』を変えることはできます。

『あー、あのトラブルのおかげで今の自分がある』と感じることはよくあることです。
『過去の失敗経験が今の自分を導いてくれた』というようなコメントは、偉人・成功者から
よく耳にすることがあるフレーズであったりもします。

秋田秀一秋田秀一

これなどは・・・過去を(過去の評価を)変えることのできた顕著な例だと思います。

今の人生、過去から今までの人生の流れ、そして・・・
これからの人生、未来をどうしたいのか、と思いやる時間を確保してみませんか?

思いと思考に意識を向けることは、時には大切なことかも知れませんよ。

アフィリエイターさまを募集している側の人間の秋田です。
定年退職後にネット通販で起業しました。

今回は『原因と結果の法則』について、人生・成功・夢実現について考察してみました。


原因と結果の法則とは!

ズバリ、このタイトルの書籍があります。
ジェームズ・アレンという人の本です。
もちろん日本でも翻訳されています。

人生哲学・成功哲学、ひょっとしたらスピリチュアル的なジャンルに入れられているかも知れません。
(ジェームズアレンについては興味のある方はどうぞググってみてください)

ジェームズ・アレンは(James Allen、1864年11月28日 – 1912年)はイギリスの作家である。
自己啓発書と詩によって知られる。

【出典:Wikipedia】

要は、過去に、今現在、種まきしたとおりの花が咲く、というものです。

説明するまでもありません。
運命的なもの、突発的なものも(ある意味では)そうかも知れませんが・・・

ヒマワリの種をまいたらヒマワリが、コスモスの種をまいたらコスモスが花開く

コスモスイメージ画像


特に、お百姓さん(農家さん)が野菜や穀物の種まきをするのは、未来が予想できるからですね。

今をタネを蒔いて、手入れして、雑草を取り除いて、肥料を与えて、愛情をもって面倒みる=世話を焼く、
ということをすれば、大きな『果実=成果』を手にできることを知っているのです。

未来があるから、未来をイメージできるから、未来を信じているから、今、頑張れるのです。

人生もこれといっしょです。

ということは・・・
人生を、未来を変えたければ、今、情熱を注ぐ・エネルギーを費やす、ということは当然のこととなります。

もしあなたが自分の今と未来を変えたければ、どう変えるか、ということを意識して欲しいものです。
何もしなければ、今といっしょ、です。

不平・不満があれば当然のごとく『動き出す』はずです。
何もしないで、ただ『妄想・空想』のように思うだけなら、たぶん明日も明後日も・・・
1年後も、5年後、10年後もいっしょです。

何も変わっていないと思います。
今の延長線上の人生を(喜々として?)過ごしているのだろうね、と予測できます。

人はわかっているのに、できない・やらない・やめられない!

太っている人は、その原因がわかっています。
(病気でどうしても痩せることができない、太ってしまうという方は別です)

食べ過ぎで太ってしまう。
運動不足で太ってしまう。
暴飲暴食で太ってきた。

ストレスから食べ過ぎている。
『ながら族=何か食べながらテレビをみたり、漫画を読んだり、ゲームをしたりしている』が原因。

意思が弱いから、ダイエットできない。
ウォーキングもジョギングも続かない。

食べもの、美味しいモノの誘惑に負けてしまう。
・・・・・

要は、生活習慣を変えることができない、のが人間です。

原因がわかった、解決策も知らないわけではない、ひとことでいうならば
食べなければいいだけ、なのです。

みんなわかっているのです。
じゃあ、食べるの減らせば、やめれば、というのができないのです。

体質改善したいなら、生活習慣を変えることから始めればいいのです。
たったそれだけで違う風景が見えてくるはずなのです。

でも、たったそれだけのことが『できない』。
それが普通の人、生活習慣にコントロールされた(意思の弱い)人間なのです。

いかに人間は、『習慣の動物』なのか、ということが理解できます。
だから、やれた人とやれなかった人(成功した人と挫折した人)で大きな差がつくことになるのです。


【厳しいことをいうなら・・・・】
いつまで、それを続けますか。
ということです。

人は未来永劫ずっと人生が続くものと、思い込んでいます。
いえ、自分自身に思い込ませています。

人生がある突然、エンドを迎えるかも知れないのです。
天変地異、突然の自然災害、突発的な事故、運命ともいえる・・・できごと・・・

縁起の悪い話ですいません。
電化製品が壊れる時は、一瞬です。

急に、今までちゃんと動いていたのに・・・瞬間的に、突然、壊れます。

私たちの肉体も意識も『ある日突然』ということは絶対にない、ということは言えません。
となれば・・・毎日を(いつエンドが訪れても)、意識的に充実させて生きていくことを
選択する方がいいはずです。

人生を意識的に『創造』してください。
自らの人生を、自ら『つくり上げる』のです。

人は何のために生きるのか? じゃあ、動物は?

生まれ変わり、という概念が存在するとしても、私は動物になった記憶がありません。
(もし自分は昔、猫だったのですよ、といったら・・・たぶん周囲の人が離れていくと思います)

動物は、何のために生きているのでしょうね。
・生きるため
・(生きるために)食べるため
・種の保存のため
・・・・・

あくまでも想像でしかわかりません。
心があるのかどうかも、わかりません。

動物にも感情はあるのでは、と思ってはいますが・・・

人は動物とは違います。
人は何のために生きているのでしょうか。

生きるため、は当たり前だと思います。
ズバリ、お答します。

人は『幸せになる』ために生きています。
もちろん『幸せ』は人それぞれです。

食べることが幸せである人もいます。
人を応援することが幸せである人も、もちろんいます。

成功を追求することが、成功することが幸せだととらえている人もいることでしょう。
その成功は、結果として感じることができるもの、感情に浸ることができるもの、だ
という人もいるかも知れません。

一つだけ言えることは・・・

幸せは、好きなことをしている、それができている瞬間だ、といえるのでは、と思います。

暴力や圧力で『好きなこと』をやれている、は問題外ですが。

自分もハッピーで、周囲もハッピーで、みんながハッピーと感じるのであれば、
それを追求することが、その瞬間・時間に浸ることが『まさに幸せ』を感じることのできる貴重な『時間』となります。

幸せを感じることができるのは、『心』があるからです。
自分の『心』に感謝しつつ、『心』が喜ぶことをしてください。

追求してください。
せっかくの一度きりの人生ですから。

あなたの人生ですから、大好きなコトを追求してください。
そんな『生き方』って、いいですよね。

それだけ充実していたら・・・
いつ『エンド』がきても大満足、だと思います。


砂時計イメージ画像

人生において『原因と結果の法則』のまとめ

まずは、過去において、今において、種まきしたとおりにしか花は咲かない、ということです。

今の種まきの結果が『未来のあなたに起こる出来事』になります。

では、今の種まきとは何だと思いますか?

秋田秀一秋田秀一

タネ蒔きの種とは、『今のあなたの心』です。
あなたの思い・心が『種(たね)』になるのです。

それが・・・未来を創る、創造することになるのです。

自分の未来を、どう変えてやるか、と意識してください。

もし、あなたが1年後を心配しているなら、
10年後を不安に思っているなら、
逆に、何も思ったことがないなら・・・

明日のあなたをどうするか、
未来のあなたをどうするか、はあなたの思い・心=『タネ』次第です。