情報商材と高額塾・高額セミナーについてのまとめ【騙されないために】

高額塾・高額セミナー、今では当たり前のように『高価格』の商品・サービスがみられるようになりました。
一方では『騙された』『取り返したい』といった声も聞いたりします。

今回は当ブログで取り上げてきた情報商材と高額塾(セミナー)についてまとめてみました。
 

アフィリ王子
情報商材や高額塾に騙されたという人もいますね。

本当に『悪い』ものなんでしょうか。

 

ネット王女
情報商材で稼げる。高額塾で人生が変わる、バラ色の未来・生活が待っているというくらいに期待してチャレンジする人も多いでしょうから、思ったような結果がでなかったらショックです。

高額塾だと20万円、30万円・・・50万円といった金額が当たり前のように価格設定されていますから、『騙された』と感じる人もいるのでしょうね。

 

情報商材や高額塾は・・・正直セールスレターページが凄いです。まさにプロが『仕掛けた』ヤツです。普通の人だと、ワクワクするような感情が刺激されるのが当たり前だと思います。

実は、私は・・・元・銀行支店長で銀行を定年退職後にネット通販で起業しましたが、自分で情報商材を作って販売もしています。情報商材の販売者・仕掛ける側の人間でもあります。
(ご参考までに ⇒ 副業講座

この情報商材を高価格に設定して動画やスカイプ・ズームといった無料のオンラインツールなどでサポートを充実させれば、すぐに高額塾としての『商品』が出来あがります。

つまり、私でも・・・いつでも高額塾を提供できるということになります。

※こういった情報商材を作ったり、販売したり、あるいは他の人のノウハウとコラボしてプロモーターとしてチャレンジしたいという人には情報商材を作るノウハウも伝授させていただいております。

 
 
秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

 

(私が)情報商材を作成・販売しているという経験から

・情報商材の購入を考える時の、騙されないためのポイント・心構え
・高額塾の功罪と参加したい時の考え方
・情報商材、高額塾で後悔しないために、の3点について考察しました。

 
 

情報商材の購入を考える時の、騙されないためのポイント・心構え

ズバリ、結論からです。
あなたが情報商材のセールスレターページを見る時には・・・

【結論】買いたい情報商材のページに出会ったら
セールスレターページからテクニックやノウハウを盗む・参考にする、という視点・発想でみるようにする!

情報商材のセールスレターページを見た時には、第三者目線でみる『癖(くせ)』をつけてください。
このページから自分のネットビジネスやブログ運営の参考にするとしたら、何が学べるだろうか、という意識です。
 
 
ターゲットにしている人はどの層?
その人たちは何に困っているか、何を解決してあげようと訴えているのか?
解決することでどんな未来が待っていると案内しているか?
購入することで何が手に入るのか、購入しなかった場合はどんな人生になるのか?
決断を急がせるための仕掛けとして何が用意されているか?
 
 
挙げればキリがないですけど、どんな特典が用意されているか・・・でも、冷静に考えると『大した特典ではない』と感じることができるようになれば大丈夫です。

感情的に高ぶっている時は、特典が5つとか、7大特典と表示されているだけで興奮しますし、今購入しないと『損してしまう』と思い込むものなのです。
 
 
もし、その情報商材が特定のASPから提供されているならば、そのASPのサイトに直接行って、そこで同じようなテーマで情報商材を販売している他の販売者の商品=情報商材にも触れて、上にあげた結論の視点で複数の同じような情報商材を比較してみてください。

かなり冷静に見比べることができるはずです。

『騙しのテクニック』とまでは言いませんが『煽り(あおり)』の仕方や表現などの『仕掛け』を一段高いレベルから見比べてみてください。

衝動買いすることはなくなると思います。

あと、情報商材についてはこの記事も参考にしてみてください。
 
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.affi8.com/information-product/]

高額塾の功罪と参加したい時の考え方

セミナー人的交流のイメージ画像

高額塾には2つのタイプがあります。
 

オンラインが中心(一方通行) オフ会メイン(または充実している)
動画やPDFファイルがメインの教材となっているものでサポートも会員専用のサイトやスカイプ・ズームなどのオンラインツールを使ってのフォロー・サポートがメインの塾 オフ会や実際のセミナー会場などでの人と人との触れ合いがメインの塾

もちろん対象としているメンバーの層や提供している塾・セミナーの内容・ツール、目指すところなど違いがありますから一概には言えませんけど。

【結論】オフ会メインの高額塾は人的交流ができることから・・・
いい人材との出会いが期待できるものの、一方では『その場』でお金儲けをしようと企む人が会員として参加してくる可能性もある、ということを忘れないようにする!

結婚相談所などは入会すると結構な会費が必要です。
人と人との出会い、出会えない人とのきっかけが手に入るわけですから納得はしてしまいます。

その結婚相談所と同じ発想をするなら、人的交流ができてひょっとしたらビジネスパートナーと出会えるかも知れない可能性が期待できるなら高額塾の金額も納得できるかも知れません。

結婚相談所イメージ画像

でも・・・酷なことを言うかも知れませんが、(人的な面ではなくて)高額塾で入手できるノウハウなどは、今やネット上で限りなくゼロに近いコストで手にいれることのできるものもあふれていると思います。

ただ、探し方を知らないだけの話だったりします。

※高額塾を全否定しているものではありません。そこでしか手に入らないノウハウ・スキル・情報・ツール等々の高額塾もあるのは事実です。誤解のないようにお願いします。

※あくまでも『高額塾』に騙された、ということのないようにとの視点からのアプローチです。

ですから高額塾の可否を検討する時には・・・

一生お付き合いしていけるようなところ、人材との出会いなどが期待できるものなのか

そういった人的交流が苦手とか、やりたくないという人なら・・・
塾でのノウハウや情報は本当に、よそ(ネット上含めて)にはない独自のものなのか

ということを他の似たような塾を検索して調べながら(必ずこの検索・探しものはしてください)比較検討してから意思決定するようにしてください。

 
 
高額塾についてはこちらの記事も参考になります。
 
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.affi8.com/kougakujuku-no-shoutai/]
 
[sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.affi8.com/wana/]
 
 
次は・・・そんな情報商材や高額塾で後悔しないための心構え的な話です。

情報商材、高額塾で後悔しないために

シビアな話をしますね。

よく株式投資などで 『推奨銘柄』『これから株価が上がるであろう』というシグナル・貴重な情報を教えてくれるサービスがあります。(もちろん高額塾あるいは毎月一定の会費を徴収してのサービスなどもあります)

この手のサービスで誰がいちばん『得するか』考えたことがありますか?

・情報をもらう自分たち会員
・会費を徴収する側の販売・運営会社

ここまではWIN-WINの関係です。

でも、こんな裏側もあるのが現実世界です。
たとえば・・・

運営側の担当が会員に情報・シグナルを発信する前に、意図的に『Aという会社の株』を大量に買って仕込んでいたとします。

それから会員のみんなに『Aという会社の株が上がりますよ。お薦めですよ』とシグナル・情報を発信したら・・・どうなると思いますか?

そうです、A社の株をみんなが買うから・・・当然、値上がりするのです。
当然、同じ日にみんなが買うわけではないので少しずつでもドンドン値上がりしていきます。

となれば・・・

はい、そうです。
担当者は値上がりした後で、事前に仕込んでいた株を売却すれば『大儲け』することができます。
 
 
これと同じようなことが高額塾でも展開できます。
高額塾でセミナーを開催しました、それを動画にしました、その動画をまた販売します、という流れです。

有名アーティストのコンサート風景をDVDにしてファンに『記念コンサート』の特別版などと宣伝して販売するのといっしょです。一粒で二度美味しい、というビジネスモデルが誕生します。

これって理解できますね。

【結論】
高額塾は一粒で二度、三度と美味しいビジネスモデル。それに参加するのは『使われる』という可能性もある。

ならば、それだけのリターンが期待できるものなのか、という視点からもシビアに判断する!

情報商材と高額塾の最後のまとめ

ここまでこの業界の裏側まで含めてシビアに考察してきました。

返金保証が付いているとか、サポートがしっかりしているといったような点は『買う・買わない』においては些細な点です。
買うことを決めた自分への『言い聞かせ』でしかありません。

情報商材・高額塾の商品購入においては

【結論】
・本気でやった時にちゃんとリターンがあるだろうか?
・利用されるだけにならないだろうか?
・投資金額を何ヶ月、何年で回収できるものだろうか?

というのを十分に検討することはもちろんのこと、決意・決心・決断して前進することになったら・・・

やりきってください、一点集中で他のノウハウ・ツールに迷うことなく『元を取る』というつもりで(相手)を利用してください。
 
 
イチロー(元大リーガー)から野球の指導を受けても、そこから上達する野球少年と指導の甲斐もなく伸び悩む野球少年とが出てしまうことは起こり得ます。

世の中には(特にこの手の話においては)再現性100%はありえません。
自分の成功確率を何パーセントに設定しますか?

 
 

ここまで本当にありがとうございました。