賢威カスタマイズイメージ画像

5分でできる

賢威7のWP(ワードプレス)での固定ページをLP(ランディングページ)にする方法です。




実は、元々賢威7ではLPを作成するテンプレートがあるのですが、それをトップページに持ってくることはできません。
WPの管理画面(設定画面)では、特定の固定ページをトップページに持ってくることは可能です。でも・・・LPが作れてもそのLPをトップページにすることができないのです。

逆に、固定ページはトップページに持ってくることは可能ですが・・・その固定ページをLP風にすることができません。

ここでは、賢威7で、WPで、固定ページをLP(ランディングページ)化する方法を、しかも5分でできるやり方をご案内いたします。

賢威7のWPでトップページに持ってこれる固定ページを、5分でLP(ランディングページ)化するには?

1.固定ページのテンプレートを別に用意して、それをLP専用にする
2.そのLP専用となった固定ページのテンプレートをLP風にカスタマイズする
3.実際にLP(ランディングページ)風のトップページとなる固定ページを作成する時に、LP専用のテンプレートを指定する

たったこれだけです。この間、コピペとファイルの一部を削除(切り取り)だけですから約5分程度で完了します。
ぜひお試しください。

【1.】まずは固定ページ専用のテンプレート(page.php)のコピーを作成してそれをリネーム(LP専用に)する

FPTソフトが使えるものとしてお話させていただきます。

page.php というファイルのコピーを作成する

■FTPソフトを使って、サーバー内にある(または賢威7WPのテンプレートから)page.php というファイルのコピーを作成してください。

■具体的には、サーバー内の /wp-content/themes/keni70_wp_・・・/page.php というファイルをいったんデスクトップにでもダウンロードします。

※もし、まだ固定ページに何のカスタマイズもしていないのであれば、当初賢威のサポートページ(マイページ)からダウンロードしたテンプレートを使用しても構いません。
keni70_wp_・・・/page.php がすぐ見つかると思います。

■page.php のファイルを右クリックしてコピー、さらに貼り付けします。・・・コピーファイルが作成できます。
■それを page-コピー.php ⇒ pagelp.php というように名前を変更します。もちろんお好きなファイル名で構いません。

pagelp.php という新しいファイルをアップロードする

■FTPソフトを使ってサーバーにアップロードします。場所は問題ないですね。
/wp-content/themes/keni70_wp_・・・/pagelp.php という形にファイルがアップされたらまずはOKです。

では、ここでWPの管理画面にログインしてみてください。下図のような画面になると思います。
※ただし、下図のイメージ画像はすでにテンプレートをカスタマイズしていますので「テンプレート名」が表示されていますが、pagelp.php のファイル(テンプレート)が確認できましたら、それで大丈夫です。

賢威WPランディングページカスタマイズイメージ画像



次は、いよいよLP専用として作成した pagelp.php をカスタマイズしていきます。コピペと切り取りで可能です。

【2.】LP専用となるテンプレート pagelp.php をカスタマイズする

コピペや切り取りは簡単ですが、ファイルの一部削除などを間違うとphpファイルですので、画面が真っ白になったりします。範囲を選択する時は、慎重にされることをお薦めいたします。

まずは作成した pagelp.php ファイルを開いて、1行目にテンプレート名を指示するコードを入れ込みます

WPのメニュー(管理)画面から、外観 ⇒ テーマの編集で、画面右側に表示される pagelp.php を選択・クリックしてファイルの中味を確認してください。

いちばん上に、賢威のヘッダー部分を読み込む命令文があると思います。

賢威カスタマイズイメージ画像



この命令文の上に(いちばん上、1行目に)、以下のコードを(当ページから)コピペして挿入します。

<?php
/*
Template Name: ランディングページ
*/
?>


下図のような感じになります。これで、次回からWPのメニュー(管理)画面を開いた時には、ちゃんとテンプレート名が表示されるようになりますのでご安心ください。

賢威カスタマイズイメージ画像



ここまでは大丈夫ですね。

いよいよLP専用のテンプレートをカスタマイズします。ヘッダー部分のカスタマイズ開始です!

まずは、上の図にもあったように、賢威のヘッダー部分を読み込む命令分がありますが、その部分をカスタマイズします。

賢威7ランディングページカスタマイズイメージ画像



■そのまま読み込んでしまうと、固定ページのスタイルそのままですので、いったん読み込んだ形にして、それをLP専用にカスタマイズする形です。
■WPのメニュー(管理)画面のテーマの編集画面から、テーマヘッダーを選択・クリックします。

賢威7カスタマイズランディングページ



割とたくさんの分量のコードが表示されます。

■コードの部分をどこでもいいですので、クリックして
Ctrl+A で全部を選択 ⇒ Ctrl+C でコピー します。
※コピーしたままの状態でも大丈夫ですが、不安な方はいったんメモ帳にでも貼り付け(Ctrl+V)しておいても構いません。


■そのまま次に、pagelp.php を開きます。

header.php からコピーしたヘッダー部分を pagelp.php にコピペします

再掲しますけど・・・

賢威7ランディングページカスタマイズイメージ画像



■元々の読み込みの命令文は削除する形です。=命令文の上に、上書きする形です。大丈夫ですね。

■これで、賢威7本来の固定ページとしてのスタイルを読み込んでくる形になっている状態です。
次は、これをLP風にカスタマイズしていきます。

ヘッダー部分をLP風にカスタマイズする(いちばんのメインの作業です)

コピペしたコードをLP風になるようにカスタマイズ=コードの部分削除をしていきます。


LP(ランディングページ)のヘッダ画像の真ん中に表示される画面推移用の画像も削除します。

賢威7カスタマイズイメージ画像

残しておきたい方はそのままにしておいてください。


■ズバリ、下図のようにバッサリと削除してください。(ただし、場所を間違えないように範囲選択は慎重にお願いします)
■赤の実線で囲った範囲を削除します。(点線部分は残しておいて構いません。非表示の方法は後述)

賢威7LPテンプレートカスタマイズイメージ画像



■ここまで終了したら、確実に更新ボタンをクリックしておいてください。忘れたらここまでの作業が水の泡です。

ファイル更新イメージ画像

カスタマイズ、最後のステップです。グローバルメニューをそのままにしておきたい人は無視(省略)してください!

LP(ランディングページ)にグローバルメニューを残すか省略するか、です。
WPのメニュー(管理)画面から、賢威の設定 ⇒ トップページ を選択します。

賢威WP設定イメージ画像

■グローバルメニューを非表示にしたい時は、グローバルメニューの表示 ⇒ 表示しない を選択・チェックして保存(ファイル更新)しておいてください。

【3.】トップページとなる固定ページを、作成したLP用のテンプレートを使って作成する

さあ、ここまでで固定ページのLP(ランディングページ)専用のテンプレートの作成が完了しました。

あとは実際にLP(ランディングページ)風の固定ページを作成するだけです。
WPの画面から新規で固定ページを作成します。

■ただし、LP(ランディングページ)としての固定ページを作成する時には画面右側のテンプレートを選択する時に、作成された「ランディングページ」を選択します。

賢威WP固定ページのLP化



これでOKです。サイトを確認してみてください。下書きの段階でもプレビューで確認することができます。

LP(ランディングページ)化されていたらバンザーイ! です。
あとはLP(ランディングページ)での記事作成・コンテンツ充実をするだけです。

いかがだったでしょうか。5分間で完了まで到達できましたでしょうか?

賢威7WP固定ページのLP(ランディングページ)化のまとめ

賢威はどんどん進化していく素晴らしいテンプレートです。しかもバージョンアップが無料ですし、以前のバージョンのテンプレートも使用することができます。本当にありがたい仕組みだと思います。

最新バージョンの賢威7は作成した記事ページをLP化することができますが、残念ながら記事ページとして作成できる、という形で固定ページでは作成できない形です。
そのためLP(ランディングページ)として作成した記事ページをトップページに設定することができない、というもどかしい点がありました。

そういったニーズのある方への一助になれば幸いです。
希望的観測ですが、将来的には固定ページでもLP化ができるようになるのではないかと思ったりしています。

最後に・・・
本ページで案内しているノウハウ・やり方は、あくまでも自己流で行っているやり方です。純粋に賢威の会員サポートページやフォーラムにて案内されているノウハウではありません。

自己責任で行ってください。万が一不都合が発生しても責任は取れませんのでそこだけはご了承ください。