雪山

ロングテールとは?

聞いたことがあるかも知れませんね。
テールとはしっぽ(尻尾)です。直訳すると長いしっぽのことです。

恐竜の長いしっぽ(ロングテール)をイメージしてみてください。
元々はマーケティングでの品揃えと関連した戦略からきているようです。

よくビジネスの世界で言われる80:20の法則・・・これと全く逆の考え方になるものです。

売上の80%は(金額的にみて80%は)、20%の(品数的に)商品によって達成されている、というのが代表的な概念です。
売れ筋商品でもって(20%)、その商品群が80%の売上に貢献しているということです。

ということは、残りの80%の商品は、在庫として抱えておくことはリスクにもつながる(売れない・売上に貢献しない)ことがある、ということなりますから、実際の商売・ビジネスにおいては売れない80%の商品に対してお金を費やすことはプラスにはならないのではないか、という議論すら生まれるのです。

この80対20の法則は、いろんなコトに応用というか当てはめられたりします。
2割の人間(営業マン)が、全体の売上の8割を稼ぐ、とか
上位20%のお得意さまを確保しておけば(ちゃんと緊密な関係を構築しておけば)、全体の80%の収益に貢献する、といったような感じで言われたりします。

経験則的にそうだと認識されているところもあると思いますが面白い戦略論でもありますね。

現実的な世界では世の中に存在するすべての商品を品揃えすることはできません。
大なり小なり、在庫資金・在庫のための倉庫の手配・管理する人などかなりのコストになってしまうからですね。

下の図をご覧ください。
左側の20%を(一般的な)商売・ビジネスとしては、品揃えしておけばいいというのが80:20の法則(パレートの法則)です。

では右側の部分、年に1個売れるか売れないか、というところを捨てていたのがこれまでのビジネスモデルです。
でも、右側の部分を捨てないで、売るべき対象商品として品揃えしているビジネスモデルがあります。
それができる世界(業界というか)は何だと思いますか?

ロングテールの図

それが・・・ロングテールというヤツです。

ロングテールとは?

まずは先ほどの解答です。

動画や音源(あるいはPDFファイル等の電子媒体を含む)などのデータが商品のものになっているものです。
原価が限りなくゼロに近いものです。在庫資金が要りませんね。

また、保管しておくための特別な倉庫なども不要です。人手も要りません。

こんな話もあります。
アップルのサービスでiTunes Storeというのがあります。ダウンロードできる曲が商品です。3億曲くらいの種類があるといわれていますが、実はこの商品で一度もダウンロードされなかった曲は、ないという話でもあります。

ということは、上で説明しました80:20の法則でのビジネスモデルには該当しない世界のビジネスモデルです。

この世界に一人か二人くらいしか欲しがる人がいないような商品までを含めたたくさんの商品群のことをロングテールというのです。長いしっぽ(尻尾)です。イメージとしては下図のような恐竜のしっぽまでの商品群という感じでとらえてみてください。

アフィリエイトとロングテールのイメージ図

なぜ、こんな少数意見的なものまで大事にするか、ということですが・・・
普通の商品なら在庫や資金的な面で負担になる商品が、デジタル商品だとコスト負担が限りなくゼロに近づきます。

そして、ネット上で検索して探してくれる人が一人でも、二人といったも少人数でも、そのロングテールの部分を積み上げて行けばそれなりの売上・シェアを確保できるということなのです。

原価や在庫や資金的な面でのコストからネット上ではそれが可能になった、ということですね。
ロングテールの意味、理解できましたでしょうか。

アフィリエイトとロングテールの関係

では今度は、アフィリエイトとロングテールの関係について見ていきたいと思います。

アフィリエイトでは、キーワードという概念が極めて重要です。
検索エンジンでのキーワード検索から、お客さまはやってくるからです。
(もちろん全てではありません。紙媒体などの視覚からの情報で直接アドレスを入力して訪問してくれる人もいたりします)

例を挙げてみます。(ダイエット関連のキーワードについての話です)

「ダイエット」というキーワードで検索する時に「ダイエット」というキーワードは前の図で見た時に、一番左側に位置するキーワードだと思います。次が、「痩せる」とか「痩せる方法」とか「ダイエット 方法」といった複合キーワードなども検索回数が多いと思われます。その他「りんごダイエット」とか「○○ダイエット」などもそうですね。よく検索されるキーワードでしょう。

それが「ダイエット 30歳代 注意点」とか「ダイエット 失敗 理由」と複合キーワードになればなるほど検索回数は減少するはずです。つまり、ロングテールの図でいうとどんどん右側のしっぽの部分に近づいていくわけです。

さらに「ダイエット 膝 痛み 解消法」とか「ダイエット カロリー計算 失敗 理由」というようなキーワードの組み合わせになってくると検索回数はほんと少なくなると思います。

これをアフィリエイトの点で考えると、左側のキーワードで上位表示を狙おうとしたらライバルが多すぎます。
でも、限りなく右側の近いところだと、上位表示を狙うことは決して不可能ではありません。

この戦略を(アフィリエイターの観点からみて)ロングテールというのです。

「ダイエット」というキーワードで記事を書くのではなくて、
「ダイエット 膝 痛み 解消法」とか
「ダイエット カロリー計算 失敗 理由」といったようなキーワードの組み合わせで記事を書くのです。

ガイド案内アフィリ王子

このキーワードの組み合わせで、タイトルをつけたり、見出しをつけたり、キーワードを織り込みながら記事を書いていくのです。

そんな、いろんなキーワードの組み合わせで(いろんな、そしてたくさんの)記事を書いていけば、その記事が上位表示された時にそこからのアクセスが(たとえ少なくても)積み上がればそれなりのアクセス数につながる、という戦略が描けます

いかがでしょうか。ロングテールという概念を意識してアフィリエイトでの記事作成においては、そこを狙っていくという戦略です。