外部からの被リンクはSEOで有利か不利か? それとも・・・ペナルティまでいくのか?【実体験からの苦い結果】

秋田です。

昔は「被リンク」の数が検索エンジンの評価項目の中に入っていたことは間違いないと思います。
ただし・・・「むかし」です。

今回の記事は私の「苦い」体験談です。
そこから被リンクとSEOの関係について推察してみてください。

秋田秀一秋田秀一

私はネット通販のサイトを運営しています。
ある時、SEO業者から次のような電話がありました。

上位表示させるためのSEO対策に興味ありませんか?

弊社がSEOを請け負います。
成功したら・・・上位表示の結果で毎月のお金をください。
1位~5位に○ヶ月連続でランクインしたら・・・○円
6位~10位に○ヶ月連続でランクインし続けたら・・・△円
11位~20位に○ヶ月連続で入ったら・・・□円で、いかがでしょうか。

というものでした。

【出典:電話相手のSEO業者】

つまり、結果がでるまでは無料でSEOやります、というものでした。

無料だというので契約してしまいました。・・・これが反省点です。

・成果報酬制のSEOだったので契約してしまった
・結局は検索エンジンの評価は上がらなかった
・最終的に・・・検索エンジンのアルゴリズムが変わった時に、ドンドン順位が下がり続けた!



私のサイトの前提条件というか、サイト全体の構造について先にご案内しますと・・・

■ ドメイントップページと会社概要・お問い合わせ・特定商取引に基づく表示などのページは、html で作成。
■ 下位のフォルダに「blog」を用意してそこにワードプレスを設置。
■ blog 内で通常のブログ記事を投稿して運用、という構成です。

※特にブログ記事をこまめに投稿するようなことはしていません。
※実際、業者が対策をしている期間中は「記事投稿の影響を排除したくて」何もしませんでした。
※純粋に業者のSEOだけでどう順位が変動するか、というのをみたかったためです。


スポンサードリンク



成果報酬制のSEOだったので契約してしまった

SEO業者との契約

何といっても成果報酬式の取り決めでしたので、良かれと思って契約してしまいました。
(もちろん相手サイトを調べたり、ネットでの評判なども入念にチェックした上での契約でした)

最初だけ、サイト診断なるものがあり・・・トップページだけに手直しが入る!

診断の結果、先方の業者から

  • こんなキーワードを「あと何個、追加してください」といったような指示
  • こんなコンテンツを少し加筆してください
  • といったほんの少しの微修正要請が来ただけで、あとは「なしのつぶて」でした

そこから相手の業者はSEO対策をとったはずなのですが・・・

なしのつぶてで、1年経過

特に○○をしました、とか
これこれの対策をしています、といったような連絡も皆無でした。

やがて・・・半年、1年が経過しましたが・・・順位に変動はありませんでした!

まあ、成果報酬の約束でしたので・・・費用を支払うこともなく金銭的な実害はありませんでした。
(※でも、とんでもない負の資産が残ることになりました)

矢印イメージ画像

結局は検索エンジンの評価は上がらなかった

結論からいうと、順位に目立った変動はありませんでした。

そのうち・・・
1年ほど経過した時に・・・別のSEO業者から営業セールスがありました。

まあ、珍しいサイトの上に順位が上がっていなかったので「金になる」と思ってアプローチかけてきたのかも知れません。

その時に・・・2番目の業者から・・・

秋田秀一秋田秀一

おたくのサイトは、こんなところから被リンクをもらっているようですけど・・・
心当たりがありますか?
(私の通販サイトとは無縁の業種というか、内容は意味不明なサイトのアドレスでした)


その時に追加で教えてもらった話では・・・

私の運営する通販サイトにリンクを発していたサイトは、いろんなサイトに「発リンク」しているとんでもないサイトらしい、とのことでした。

つまり、悪徳業者にSEOをお願いした時に・・・どうやら被リンクされたようなのです。
※実は、2番目の業者がわざとリンクをつけておいて「とんでもないですから、わが社がちゃんとしたSEOをやりますよ」というため自作自演だった可能性もあったと思います。

秋田秀一秋田秀一

いずれにしても、2番目のSEO業者のアプローチでSEO業界の実態が見えたような気がして、最初の業者とも契約を打ち切ることにしました。


だいぶ抵抗されましたけど・・・「もっと頑張りますから、今からさらに対策を充実させますから」という対応でした。

私の心境的には、ちゃんとした対策が今からできるなら、なぜ今までの1年間対策してこなかったのか?という不信感でいっぱいでしたから、あっさりと契約を解除しました。

SEO業者との契約は解除したけど・・・

たぶん、私のサイトが受けた被リンクは(とんでもないサイトからのリンクが)、そのまま残っているのだと思います。

自分で調べて対処する方法もあるのは知っていますが・・・これに懲りたので・・・別サイトを立ち上げてそこで通販サイトを運営することにしました。

※当初のサイトはまだネット上に残っている形です。

矢印イメージ画像

そんな「ほったらかし」のままでいた時に・・・検索エンジンのアルゴリズムが変わったようです。

最終的に・・・検索エンジンのアルゴリズムが変わった時に、ドンドン順位が下がり続けた!

実は、30位くらいにずっといたのですが・・・

もちろんサイトの修正も、ブログ記事の投稿も全然していません。
それなのに・・・というか、そんな状況でいたところ・・・

ある日突然・・・検索エンジンのアルゴリズムが変わったのでしょうね。
ドンドン順位が下がり続けたのです。

30位から ⇒ 70位、80位あたりにランクダウンしました。

秋田秀一秋田秀一

今現在も、80位くらいをウロウロしています。

【ここまでの状況から推察できること】
・ランクダウンの原因がアルゴリズムの変動によるものなのか、
・(とんでもないサイトからの)被リンクのせいなのか
・サイトを更新しないことからのランクダウンなのか、というのは不明です。

私の場合は、当初のサイト・ドメインにとっとと見切りをつけて別サイトでの運営をスタートさせましたので、あきらめていますけど・・・

もし、大切に育てたドメインが検索エンジンから「見放されたら」ほんとショックだと思います。
ブラック、グレーなSEOはやらない方がいいと思います。


これまでの体験からSEOと被リンクについて老婆心的にアドバイスとしてまとめてみました。

まとめ

SEO業者との提携

まずSEO業者との付き合い方についてです。

ホワイトなSEOをする業者か、ブラックなSEOをする業者かは、わかりません。
裏で何をされているか、というのは素人に近い自分たちのレベルではチェック不可能に近いものがあります。

ですから・・・

秋田秀一秋田秀一

相手にフリーハンドを与えるようなSEOの依頼はNGだと思います。
業者に丸投げするようなことではなくて、自分たちでもきっちりと勉強して、自分たちだけでSEOができるのがいちばん、だと思いました。

次はSEOと被リンクとの関係についてのまとめです。

・ホワイトな形の被リンクは、少しずつ被リンク数が増えていくのが自然です。
・ということは・・・
⇒ コンテンツの充実・質の高い記事投稿でそれを認めてもらった先からのリンクが自然に増えていくことが望ましいので、それを目指すべき。⇒ ホワイトのSEO
・ブラックなSEOを選択すべきではない、とまでは言いませんが・・・⇒ 正統派のホワイトなSEOを追求することをお薦めします。



あとは、テクニックというかSNSを使っての記事拡散、被リンクの拡大といった地道な策が大切だ、ということですね。

運が良ければバズるかも知れませんから。

繰り返しますが・・・
ブラックなSEOをしてしまった結果・・・検索エンジンから圏外に飛ばされたら・・・本当に悔やみきれません。
そこのリスクをわかった上でブラックに手を染めることは、それこそ人それぞれの価値判断と意思決定ですから自己責任でやればいいのだと思います。

私は体験からの結果として、悪徳?SEO業者に丸投げした結果・・・検索順位が大きくランクダウンしましたので今後は地道に自分でやることにしました。

ここまで本当にありがとうございました。

スポンサードリンク