期間限定サービスは虚偽広告には、ならないのか? 情報商材販売のセールスレター作成時に注意したいこと!

期間限定サービスの虚偽広告イメージ画像


以前・・・
テレビの話題で、ずっと『閉店セール』をやっている『靴屋さん』の話がでていました。

確か関西の靴屋さんだったような気がします。

結局は、最終的には『加齢による引退』ということで店を(いったんは)閉じたようでしたが・・・
店主の意思を継いだ支援者がその店を『継続させた』という話もあったりしました。

心温まるような話題でもあったのですが・・・

さて、

ガイド案内アフィリ王子

身近な商店街などで、昔からずっと『閉店セール』をやっているような店をみたことがありませんか?

いつ、本当に閉店するのだろうか、
いや、いつ閉店して、いつ復活したのだろうか、というような店です。

ガイド案内ネット王女

ありますね。
古い商店街など割りと見かけたものです。


期間限定特別サービスがずっと続くことは、ウソになるのかどうか、についてですが・・・
普通の人は、『期間限定特別サービス』がずっと続いていたら、絶対におかしいと思います。

ただ、現実問題としては(場所によっては)よく目にしたりします。

(悪気があるわけではありませんが・・・)
店主が続けられなくなるまで、ずっと閉店セール、みたいな店です。


秋田秀一秋田秀一

今回は、情報商材などを自分がつくる側で、あるいはプロモーターとして
セールスレターを作成する時などに、買ってもらうための『あおり』として刺激的な文言を
入れたくなるのも人情です。

果たしてそんな文言を入れてしまうことが、虚偽広告になるのか、
または、回避するためのちょっとしたアイデアをご案内したいと思います。

元銀行員で定年退職後にネット通販で起業した秋田です。


矢印イメージ画像 元銀行員の私が借金地獄解放のためのご相談にのります・2,000円【秘密厳守】 矢印イメージ画像

矢印イメージ画像 元銀行員の私が構築しました。いまだかつてない副業プログラム 矢印イメージ画像

矢印イメージ画像 メール無制限・ワンコインキャッチボール 矢印イメージ画像




コンプライアンス的には『アウト』です。実態は誰かが指摘・告げ口しない限りはあまり気づかれないかも知れませんが・・・

コンプライアンス違反でレッドカードのイメージ画像


一つのセールスレターページを時系列的にずっと追いかける、といったような『違う意味でのストーカー』的な行為をする人は
そんなには、存在しないと思います。

誰しも忙しい現代社会に生きていますからね。
そこまで『暇な』人は・・・なかなか、いないのが普通です。

ただ、ひとたび指摘されたり、炎上したりすると大変です。
いっぺんに犯罪者扱いになりかねません。

ですから、自分のサイト・ブログ、セールスレターページに責任を持つのであれば、やはり、
コンプライアンスは守るのが王道です。

というか、当たり前ですね。

となると・・・刺激的な文言・『あおり』で購買意欲を刺激したい、と思う販売者はどうすればいいものでしょうか。

期間限定のサービス・プレゼントがいちばんです。しかも複数用意する! というテクニックを使うことですべて解決!


秋田秀一秋田秀一

今なら、○月30日までのお申込みで、○○○を無料プレゼント!

この手の案内は、よく目にします。
自分も、つい刺激的なキャッチコピーで思わず購入ボタンをクリックしそうになったりもします。(苦笑)

さあ、この○月30日が到来したら・・・どうしたらいいと思いますか?

そうですね。

次の無料特典に切り替えるのです。


たとえば・・・

期間限定 特典(無料のPDFや動画など)
最初の30日 3月末日まで 無料特典・A
次の30日 4月末日まで 無料特典・B
3ヶ月の30日 5月末日まで 無料特典・C
1ヶ月目の30日に戻る 6月末日まで 無料特典・

こんな感じです。

これなら、『ウソ』を言っていることには、絶対になりません。

一年中、期間限定セールが可能になります。

期間限定セールを1年中、セールスレターで訴えるための策・アイデア・・・まとめ

はい、結論です。

  • 複数の、できれば3つ以上の特典を用意します。
  • ダウンロードできる商材などがいちばんです(PDFファイル・音声ファイル・動画など)
  • 期間到来のたびに、次の特典に切り替えて『期間限定セール』にすればすべてOK!



いかがでしょうか。

この案って、いいと思いませんか。

ちょっとしたアイデアで虚偽広告には決してなりませんね。
まさに、半永久的に期間限定セール、のできあがりです。