富士山

人生の主人公、主役は自分自身。間違いのないもの。

舞台の上で演じるのも自分、そんな人生も・・・

舞台の上で演じている自分という人を、舞台の横や客席側から眺めるだけの人生も・・・同じ一回の人生。

人生にロスタイムはない。
人生はリハーサルなし、今が本番の人生。

あー、あの時・・・と3年後に思う「あの時」が今日、今。
あー、あの時・・・と10年後に思う「あの日、あの時」が今日、今日1日。

だからこそ目の前の一瞬一瞬に気づいて欲しいもの。

いつでも、すぐにでも、決意・決心・決断できる。しかも、何度でもできる。それが人生。

人生は決してトーナメント戦ではない。総当たり戦だ。
勝てるまでやればいい。勝てる相手に出会うまでやればいいだけのこと。

それを愚直にできるのが、凡人であり、天才である。
凡人だからこそできる。やり続ければ天才になれる。コツコツ、コツコツやり続けるのが天才。

天才になれるのを放棄しているから、普通の凡人どまりとなる。

コツコツやるだけで天才になれるなら・・・やってみる価値は大いにある。
わかっていてやらない。

自己啓発、自己実現、成功法則、成功哲学、人生哲学・・・セミナー等で学び続ける。
でも実践はしない。いつ実践するのだろうか。この世を去る時?

さあ、一度きり、本番の人生を創造しよう。創造し続けよう。

まるで、5年後、10年後の自分が思い出すように・・・「あの時、あの決断・選択をしたんだよなぁ」
「あそこから自分の運命が変わったんだよなぁ」と。