南極の海のイメージ画像


記事投稿のテーマとキーワードからロングテールを狙うヒント的な話です。
まずはこの面白い画像から・・・(次の・下部の画像を見てください)何かチェックできますか?

キーワードをズラしてロングテールを狙うという発想

この画像は、とあるキーワード(複合キーワード=○○○○○ △△△)で検索した画面です。
ライバル数は約22万ページです。この程度のライバル量だと1位、2位といった上位表示は十分に可能です。

見つけて仕掛けたいものです。(テーマ、キーワードが)稼げるものでないとダメですけど。



キーワード検索結果画像

  • 1位の記事と2位の記事が同じサイトの記事になっている。それだけライバルがいないからです。
  • つまり、○○○○○というキーワードと△△△というキーワードの両方を使ったページが少ない、ということです。
  • ネット上にライバルが少ないので検索エンジンはやむなく同じサイトの記事を拾ってきているということです。
  • しかも、日付の違う記事があります、ということは・・・?
  • ○○○○○・・編と○○○○○・・のまとめ、という2種類の記事を投稿しているということです。
  • △△△方法という右側のタイトル(キーワード)は同じものです。
  • ・・・手を変え品を変えて同じような内容に関連した記事を投稿している。
  • 単純に記事をリニューアル(更新)するとの、どっちがSEO上は有効なのか?

ここから分かることは、複合キーワードで(場合によっては○○○○○ △△△ □□□□ という組み合わせでも)、そのキーワードを使って(組み合わせて)記事を書けば、たとえ少ない検索者数であってもロングテールからアクセスを集めることができる、ということです。

であれば、意識してそういった記事を書くことも大切だ、ということでもあります。

日付の違う記事から分かること・・・再度、投稿するということ

この運営者は、○○○○○と△△△という2つのキーワードからの記事を少なくとも2つ投稿しています。
(2014年5月4日と2016年3月22日)

・古い記事の内容が時代遅れになって新しい内容を紹介する必要があったのか・・・
(それなら記事を更新=書き直すだけで良かったかも知れません)
・追加の情報だったのか・・・
・切り口を変えて、投稿記事数を増やすために(ロングテール目的で)投稿したのか・・・
(3月22日の頃に、適当な記事のテーマ・キーワードがなかったのか)

いろんな理由があると思います。

ただ、一つ間違いないことは、検索結果からみると、記事数を増やしていたことが有効に働いたということです。
検索エンジンが2つも上位表示してくれたのです。

秋田秀一秋田秀一

ここから言えること・・・下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる!ではありませんが・・・
・複合キーワードでいろんな切り口で投稿記事を増やしていくことは非常に大切だということ。
・ロングテールを狙うという意味では正しい戦略ではないか、ということ。
・新しい情報を取得した時は、記事をリニューアルするのではなくて、記事数を増やす方向に考えるのも正解かも知れない、ということです。

記事更新(リニューアル)とSEOと順位変動との関係は?

では、単純に記事をリニューアルするという行為は無駄なのか?という疑問が生じてきます。

これについては、(実は)私は実験していません。

学者的な研究というかチェックがもとめられるからです。
特定のあるページの順位変動を追跡して、あるキーワードを変更したり・言葉や単語の組み合わせを変えたら、順位が上がった、下がったということを調べないといけないからです。

正直、私はそこまでの時間的な余裕や興味がありません。

ただ、私の師匠ともいう方はチェックされています。その情報を受け売り的に紹介しますと・・・

・投稿記事の各ページ毎に順位を追跡。
・キーワードや複合キーワードの組み合わせを変えることで順位が上昇した。
・ページの更新(リニューアル)はSEO対策上は有効である。

というようなことをおっしゃっています。余力のある人は試してみられてもいいかと思います。

ただ、キーワードの組み合わせや言葉・単語を変えることで、逆に順位が下がる場合も起こりうるはずです。
となった場合には、チェックしておいてまた昔の内容に戻す(変更する)必要があります。私にはそれが面倒な作業になってしまいます。

なのでよっぽど時間と心の余裕ができた時にはやってみようかな、程度に考えています。


秋田秀一秋田秀一

記事の更新(リニューアル)は時間的な余力がある時で十分だと思います。
それよりは、きっちりとした記事の投稿数を増やすことでコンテンツの充実を図る方が先決かなという考えです。

ブログ・サイトの各記事が評価順位が何位かということを毎日チェックするGRCは(ブログ開設の最初から)使ってみてもいいかも知れませんけど。