海とヨット

記事を書く時のキーワード選択やタイトル・見出しについての考察は、無料でワークシートを用意してあります。興味のある方はぜひ試してみてください。⇒ 特典プレゼント

さて、キーワードをずらして記事を書くことはロングテールを狙うことでもあります。

キーワードを俯瞰するとか、キーワードをずらすという概念というか、やり方というのはトレンドアフィリエイトでよく言われる、使われるものです。
トレンドアフィリエイトの場合は(通常は)キーワードの旬が短いです。
また、ネタとしては通常の情報の発信元などが一番強いわけですから、それの二番煎じ的な記事を書いてもソース元には勝てませんね。元々ソース元などは検索エンジンからの評価も高く、ブログ・サイトなどが後発組的にトレンドアフィリエイトにチャレンジしても上位表示は大変に厳しいものだと思われます。

そこでテクニックというか、登場した概念が俯瞰とズラしですね。キーワードをずらすことでロングテール的なアクセスを呼び込もうというものです。

アフィリエイトで記事を書く時のキーワードでの俯瞰とは

俯瞰図、鳥瞰図という言葉があります。人間の目ではなくて空から眺めた、鳥の目でながめた、そんなシーンを絵に描いたものが俯瞰図とか鳥瞰図というものです。

端的に言うと、より高い位置から眺める、視線を上から(上空から)見るようにする、というものです。
すると、人間の目では見えなかった世界が見えてきます。

家の敷地内で(壁に囲まれた世界を)見ていた風景は、穏やかな春の一日的なシーンだったかも知れませんが、鳥の目で上空からみると壁の外では(街中では)、お祭り騒ぎをやっていた、騒々しい世界が広がっているかも知れません。
上空からの視点では、人の目では見えない世界が、違う世界が見える、ということです。

俯瞰図とは、まさにこの視点からのアプローチをいいます。
当然、意図的にそうしてくださいね、というものです。

たとえば、ダイエットというテーマで記事を書こうとします。(当然、ビッグキーワードです)
ライバルはとんでもないレベルです。量的にも質的にも、です。

これを俯瞰する時には・・・個別の人物像にスポットを当てていきます。記事の対象をどんな人にしようか、それでいくつかの記事を書いたら、次の人物像はどんな人にしようか・・・といった感じでどんどん対象となる人物やその人物のシチュエーションを変えていくのです。

俯瞰の時の切り口は

人、場所、時(時間)、理由、効果・成果などです。(この切り口の考え方はブログ内でも時にご案内いたしておりますが、特典のワークシートでも少し出てきます)

単純にダイエットにチャレンジする人をイメージするというのではなく・・・昔は運動好きで割と全般的にスポーツが得意な人でずっと痩せていたけど、若い頃に部活で膝を痛めてしまった人。かつ、基礎代謝がだんだんと落ちてきた40歳になって、太ってきたので本格的にダイエットしようかな、と思い始めている人をイメージするということに意識を向けるのです。
つまり、視点を変えるわけです。

すると、(アフィリエイトでダイエット器具やノウハウなどを案内する時に)その人向けのアドバイス・助言をするつもりで記事を書くこともできます。

・単なるダイエットではなくて、過去ダイエットそのもので膝を痛めた人についての記事。
・膝を痛めた人向けのダイエットのやり方の紹介。
・自転車こぎダイエットで失敗した人や膝を痛めた人の記事を紹介しつつ、膝が痛い人は無理して自転車こぎダイエットをしないことをアドバイスする記事。
・膝関節にやさしいダイエット器具をまとめた記事。

次は、逆に(膝が痛くない普通の人向けに)自転車こぎダイエットがいいですよ、という記事。
・人前で走ったり、歩いたりすることなく自宅でこっそりできますよ。
・結構なカロリー消費ができます。
・負荷を変えたり、少ない時間から少しずつ増やしたりと自分のペースでできる点を強調できます。
・雨の日でも、寒い日でもできるのがありがたいという点。
・ジムに通うよりも一回購入するだけでずっと使えるのは経済的ですよ。
というような感じで自転車こぎダイエットについても記事を書いていくことができます。

俯瞰のサンプル別パターン

次はダイエットにチャレンジする理由から考察してみます。
1.夏までに痩せないとみんなが海にキャンプに行く計画に参加できないから。
2.結婚式が決まったからウエディングドレスを着るためにダイエットがしなければならない。
3.健康診断でメタボの検診が始まる。メタボ該当で要チェックとなったらずっと監視されるから嫌だ。
4.禁煙したくて、禁煙にチャレンジするついでにアルコールも避けることで同時にダイエットにもチャレンジすることにした。
5.ドクターから要注意のイエローカードが出た。体質改善のために痩せないといけない。
6.太っているという理由でフラれた。今にてみていろと後悔させたくてダイエットにチャレンジするつもりだ。
など、同じダイエットにチャレンジするにしても、元々の動機やきっかけが違うのは当たり前です。

そこからキーワードやタイトルなどを考えて記事を書いたりします。

フラれた彼氏を見返すためにできる短期間ダイエットはこれだ!とか・・・
結婚式に間に合う美肌にいいダイエット法とか・・・

こういった視点、切り口の持ち方を検討することが俯瞰するということなんだとイメージしてみてください。
いくらでも本命のキーワードから発展的に発想・思考を広げることができます。

実際の記事作成時には、そういう発想が意図的にできるようにチャレンジしてみてください。
訓練でもあります。慣れでもあります。

キーワードをずらすとは具体的にどういうことをするのか?

では次はキーワードをずらす、ということです。
これは人によって、思考・言葉・ボキャブラリーが違うということを考えることです。人によって頭の中の引き出し、図書館が違うのです。
みんな自分と同じレベルの思考や言葉・単語を知っているわけではありません。そこに目を向けるということです。

発想のパターンが違うということです。

連想ゲームはキーワードのずらし?

昔、連想ゲームというのがありました。
キャプテンが「答えとなる言葉」に関連したキーワードを投げかけて、チームの解答者が順に答えていくものでした。しかも、男性VS女性で対抗戦的にやる番組でした。

具体的に少し詳しく紹介しますと・・・

【男性キャプテン】
「夏休み」

男性チームA「キャンプ!」・・・ブッブー

【女性キャプテン】
「宿題」

女性チームA「作文!」・・・ブッブー

【男性キャプテン】
「見上げる」

男性チームB「星座!」・・・ブッブー

【女性キャプテン】
「レンズ」

女性チームB「天体望遠鏡!」・・・ピンポーン!

※女性チームに10点!という具合にして番組時間内に多くの得点をあげた方が勝ちという番組でした。

この連想ゲームの考え方がキーワードのずらし的なものだと考えてください。

ガイド案内アフィリ王子

同じ単語や言葉=キーワードを聞いても、そこから連想する単語・言葉=キーワードは人によって様々です。当然ですね、人生経験が違うのですから。出会った人、出来事、学んだこと、世界に一つとして同じ人生経験の人はいません。

ダイエットと聞いた人が次にイメージする単語・言葉=キーワードは違って当たり前です。では、その人が次に(特に複合キーワードで)思いつく検索用の単語はどんなものがあるか、ということに思いを馳せる・思考を巡らせるのが、キーワードをずらすということだと思ってみてください。

もっと具体的に言うと、時系列で発想したらどうなるか、ということを考えてみてください。

あるキーワードの結果(それを実行することで)、あるいは中間的な段階でどうなるか、そして最終的にはどうなるか、という発想です。

ダイエットからスタートしましょう。
たとえばダイエットで○○という器具を使ったダイエットを記事のテーマ・キーワード(タイトル)として取り上げるとします。

すると、その○○という器具を使ったら、腕が、足が太く筋肉質にならないだろうか、という発想をする人もいると思います。
もちろん、そんな心配など全くしないという人もいるでしょう。

次に、腕が太くなったらいやだ・・・具体的にどう嫌なのか・・・洋服が入らなくなりそうだ、とか夏にノースリーブを着れなくなるといった心配ごとから悩みの種が一つ増えるのは嫌だ、ということかも知れません。

あるいは、彼氏がスリムでマッチョタイプではないので、自分がマッチョみたいな腕になったら嫌われそうだ、というようなことかも知れません。

妄想的な世界を含めて、どんどん連想が膨らむかと思います。(先ほどの連想ゲームと一緒です)

そういった時系列的な発想、思考の展開からキーワードを組み合わせて(複合キーワードで)タイトルや見出しをつけて、記事を書いていくのです。それがキーワードをずらすということだと思ってください。

ネット上で他の方々が指南されているズラしという概念と少し違うかも知れません。あなたがやりやすいというか、とらえやすい発想法を選択すればそれでいいと思います。

例を挙げてみましょう。

・○○器具ダイエットで腕に筋肉がついたら夏に困ると思っている人はいませんか?
・腕が太くなる○○器具ダイエットは本当なのか?
・スリムな彼氏を持つ女性は○○器具ダイエットをすべきではない!

といったような切り口で記事を書いてみてはいかがでしょうか。

キーワードのズラしはトレンドアフィリエイトにも使える

トレンドアフィリエイトは、芸能人の結婚とか、離婚とか、アスリートなどの移籍とか日本代表入りとか、そんな話題が短命ですがニュースとして世の中に流れることがあります。

そのまま、タレント○○結婚!とか、日本代表入り○○!というキーワード・見出し・タイトルの記事だと絶対的にニュースソースに負けるという話はしました。

では、どうキーワードをずらすのか、ということです。

その次の展開はどうなるのか、なぜならとか、関連情報はこういうものがある、というようなことからキーワードを組み合わせます。
人によっては(発想が違いますから)、次は離婚だとか、そういえば結婚から短命で離婚した芸能人って誰がいたかな、とか
逆に、おしどり夫婦的にずっと続いてする芸能人は誰と誰のペアだったかなぁ、なんてことを考える人がいるかも知れません。

そんな人に響くキーワードの記事を用意するようにするというのが、ずらすということです。

○○の結婚でわかるおしどり夫婦の結婚歴長い順ランキングとか
見本は○×と○□夫婦。○○結婚におくる夫婦生活が上手くいく秘訣は○△、というような感じの記事はいかがでしょうか。

アスリートの日本代表入りだと、選手同士の不仲とか、逆に○○と○△とのコンビでの連携の妙だとか、あるいは監督との関係はどうなのか、といった一部のマニアが好みそうなキーワードの組み合わせでの記事を用意する、というようなこともずらしと言えると思います。

日本代表○○に待つ△×との一触即発!○監督はどう使うのか?
○○と○△コンビの連携は○と□がポイント。理想の上司と部下のチームワークをビジネスに活かせる。

といったようなキーワードでの記事作成を考えたりしてみてください。

もちろん上記サンプルが理想的なキーワードと記事との関係というものではありません。
検索エンジンでの評価が上位になるかも、上手く行かないかも知れません。試行錯誤しながらのチャレンジになると思います。

それでも意識してずらしたりしながら創意工夫することで、毎日毎日のモチベーションを自分なりに維持・高めるように努めてみること大切です。

ガイド案内ネット王女

自分の個性を出すことが一番の検索エンジン対策かも知れません。

コンピュータの世界で人工知能の発展・進化がどんどん進んでいます。やがては検索エンジンも同様にもっともっと高度な判断・評価をするような時代になるのでしょうね。

そんな時代が到来しても十分に評価されるような個性的な記事つぐりを心掛けたいものです。

試行錯誤でも構わないと思います。自分流で記事づくりを続けてください。それが一番のSEO対策と言えるのではないでしょうか。