インプットとアウトプット
インが無ければアウトもあり得ない。

確かに、器(うつわ)やビンの中にまずはモノを入れないと、取り出せない、というのは事実ですね。
マジシャンや魔法使いじゃないわけですから、何もない、カラの空間からモノを取り出すことはできません。

では、メルマガやブログの記事を書く時もそうなのでしょうか。

もちろん、野球を全く知らない人が野球の記事やメルマガを書くとなればそれなりに知識をインプットする必要はありますね。下手するとはプロやアマチュアでもとんでもないくらいに野球について知っている人がその記事やメルマガを目にする可能性がありますから。

ウソはいけないわけです。

モノを覚えるには人に教えるのがいちばん

テスト勉強に明け暮れていた頃のことを思い出してください。

自分がうろ覚えだった知識も、クイズ形式でも人に教えたりしたらきっちりと覚えることができませんでしたか。
つまり、自分のモノに、血や肉になりませんでしたか。

これです。これをブログ(サイト)の記事投稿に応用しましょう。

アウトプットを前提にインプットというか、「勉強」をしてください。
ブログ(サイト)を構築する時に、テーマは決めているはずです。
ドメインも決まっています。もちろん、対象となるターゲットも決まっているはずです。

ダイエットブログというタイトルで、dietblog.jpなんてドメインを取得したのに・・・

FXについて書いたり、グルメ食べ歩きについての記事や写真を投稿するなんてことは誰しもやらないわけですから。

そんなコトしたら、せっかく訪問してくれた将来の見込み客が「・・・?」と感じてすぐに退却してしまいます。
ブログ(サイト)からの離脱です。

自分があまり知識や情報がなければ、インプットもですが、それよりも記事作成しながら(アウトプットしながら)同時に勉強(インプット)することがお薦めです。

いちばん手っ取り早いですから。
テキスト(教科書)読んで、サブノートにまとめて、練習問題をして・・・なんて型どおりの勉強は時間がもったいないです。

もっと気楽に考えても大丈夫だと思います。
学問の世界は、いつになっても正解は昔と変わりませんけど(もちろん例外的に歴史や化学・科学・物理などでは発見などによって変わることもありますが)、自分たちのいる世界は日進月歩の凄まじく恐ろしいようなところです。

流行りのモノがすぐに、簡単にすたれていきます。

アウトプットしながら、勉強(インプット)です。

さあ、書きましょう。入力しましょう。アフィリエイトのエピソードとしてどんどん記事を投稿することの大切さもお話したことがあります。

アウトプット、アウトプット、アウトプット、そして少しのインプット、またまたアウトプット、です。

逆算で決めるブログ(サイト)のテーマ・ターゲット・タイトル

これまで話から、ふと思ったことがあります。

ということは、アウトプット、アウトプットからブログ(サイト)のテーマやターゲット、あるいはタイトルなどを決めた方がいいかも知れません。

ですが、実は大きな問題があります。

アフィリエイトでチャレンジするのは、報酬です。
自分のスキル・資質・やる気と、取り組みやすさ・アウトプットのしやすさと、報酬の高さ、そして興味がある・なし、のミックスで決めるのが一番でしょうね。

何といっても、モチベーションが大事です。そのためには、報酬という要因が大きく関わってくるからです。

仮に、ダイエットをテーマにブログ(サイト)を構築しようとしたら、そのキーワードで検索してみてください。
現実の世界に、どれだけのライバルが存在するかどうか、ということです。

それも大切なことになります。ライバルも進化しますから。どんどんブログ(サイト)を充実させ続けるからです。

この当たりの話は本サイトの国語・算数・理科・社会などでも取り上げました。
無料のワークシートなども参考にしてみてください。もちろん、お問い合わせいただいても構いません。

最初でいろいろな選定を失敗すると軌道修正が大変ですから。

同じ努力をするのであれば、最少で最大の効果、というのも頭に入れておきたい事柄です。