GS1事業者コード(JANコードも)登録更新制度の改定のお知らせが届きました

GS1事業者コード制度の改定イメージ画像

GS1事業者コード(JANコードも)改定のお知らせが届きました。まあ、値上げですね。(苦笑)

秋田秀一

私のネット通販用の商品のために登録しているですが・・・
これまで3年更新でちょうどあと1年で更新期限が到来するということからこのタイミングでお知らせが届いたのだと思います。

【今回の記事がおススメな人】
■ GS1コードについて登録を考えている人。
■ 最新の登録料と更新の概要が知りたい人。

【主な改正点】
■ 更新期間(頻度)と更新申請料

【結論】
青色チェック 3年更新から ⇒ 1年更新へ
青色チェック 3年払いに加えて1年払いも選択可能。(当然3年払いの方が割安となる)

スポンサードリンク

目次

改定ポイント【1】3年更新から1年更新へ

有効期限満了2ヶ月前に連絡がくるそうです。

【改定点】
1年ごとの更新または登録内容確認になる。
■ 1年払いを選択した場合 ⇒ 有効期限が1年間延長される。(1年ごとに登録内容を確認して毎年支払う)
■ 3年払いを選択した場合 ⇒ 有効期限が3年間延長される。(毎年登録内容を確認して3年ごとに支払う

改定ポイント【2】更新申請料の改定

秋田秀一

大きな変更点として・・・
これまで製造業と卸売・小売・サービス業の2つの区分でそれぞれ年商の違いにより更新申請料が異なっていまし。
⇒ 全業種一本化されました。

青色チェック これまで16,500円~最高264,000円(それぞれ3年分)の体系を、
青色チェック ⇒ 16,500円~最高306,900円(それぞれ3年分)の体系に改定。

ランク事業者全体の年間売上高3年払い1年払い
5,000億円以上306,900円110,000円
1,000億円以上~5,000億円未満276,100円99,000円
500億円以上~1,000億円未満152,900円55,000円
100億円以上~5,00億円未満92,400円33,000円
10億円以上~100億円未満46,200円160,500円
1億円以上~10億円未満20,900円7,700円
1億円未満16,500円6,050円

【出典:GS1 JAPAN 一般社団法人 流通システム開発センター資料】

まとめ

秋田秀一

私の場合は2023年3月が更新期限です。
来年に備えて今から準備してください、ということなのでしょうね。

【結論】
青色チェック これまでの3年更新が ⇒ 3年と1年の選択ができるようになった。
青色チェック 業種別の料金体系化が一本化されて、かつ最高更新料が引き上げとなった。
青色チェック ちなみに私の場合は3年で16,500円で変更はなかったですね。

ここまでありがとうございました。

【追伸】
GS1事業者コードについてわかりやすく解説した記事はこちらです。

GS1事業者(旧JAN企業)コードを取得するには?

スポンサードリンク

まさかあなたのスマホやパソコンは・・・

個人情報が「ダダ漏れ」していませんよね?】
ネットにつながっている時間が増えている人・公共的な施設でのWi-Fi利用の機会が多い人

VPNイメージ画像1
矢印
VPNイメージ画像2
これがVPN(仮想専用線)バーチャルプライベートネットワーク

VPN-SAFE.net でわかりやすく解説しました。

GS1事業者コード制度の改定イメージ画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

秋田秀一と申します。銀行に31年勤務して定年退職後、コンサルとネットビジネスの二足の草鞋を履いています。⇒ プロフィール

目次
閉じる