奨学金返済イメージ画像

借金・クレジット

奨学金をはやく返し終わることの有形無形のメリット! 元銀行員が今よりもっとラクに返済する方法をご提案します!

秋田です。

今回は奨学金について、奨学金の返済を「はやめる・はやく返し終わる」ためのご提案です。

【注意点】
※ただし奨学金残高~300~500万円までの方向けの話です。
それよりも多額の奨学金を利用されている方には追いつかないかも知れません。

どうぞご了承ください。

秋田秀一
私が銀行定年退職後に起業したネット通販ビジネス(シリカ水というミネラルウォーターの通販)のお手伝いをしてくださいませんか? というものですから興味のない方は遠慮なくご退席ください。

今回の記事は

・奨学金のモデルケースからみた毎月の返済額と返済期間
・返済スピードをはやめるために
・奨学金をはやく完済することのメリット!

についてご案内します。
 

【自社CM・オリジナル教材】


 

奨学金のモデルケースからみた毎月の返済額と返済期間

奨学金返済期間のイメージ画像

奨学金を利用している人の平均残高がどのくらいか?

あなたは知っていますか?
もし、あなたが奨学金を借りていて、それを現在進行形で返済しているとしたら・・・

ちょっとだけ考えてみてください。
そして、それが「いつまで続くのか」「いつまで返済しなければならないのか」ということを再確認してみてください。

実は・・・奨学金には2種類あります。

利息が付かないヤツと、利息が付くヤツです。(第一種奨学金と第二種奨学金の違い)

■ 第一種奨学金の平均残高・・・237万円
■ 第二種奨学金の平均残高・・・343万円

もちろん第一種奨学金は第二種奨学金よりもハードルが高くなっているものです。
ですから、一般的には第二種奨学金を利用する人の方が多いかも知れません。

第二種奨学金の平均残高が343万円ですが、平均ですから・・・当然、もっと多い人も、少ない人も存在します。

343万円の1.5倍の515万円と、343万円の半分の171万円の平均が・・・343万円になります。

ということは・・・

約400万円くらい奨学金がある人もいれば、約200万円くらいの人もいる、というところが一般的な水準かと思います。

結構な金額です。
 

モデルケース【毎月8万円を4年間利用した場合】

毎月8万円ずつ4年間、奨学金を利用すると・・・
利息を含めて、約397万円返済しなければなりません。これを毎月毎月16,500円ずつ返済すると・・・
約20年間、毎月毎月16,500円ずつ返済が続くことになります。

20年です。

・・・・・

23歳の大学卒業時点から返済すると・・・43歳まで返済が続くのです。

冷静に考えると・・・
23歳・・・新社会人

矢印イメージ画像

43歳・・・奨学金返済終了(完済)

この間の20年間に、結婚、出産、子どもの入学・卒業・・・といったような人生の大きなイベントが入ってきます。

なんか・・・これだと・・・
人生の大半において、奨学金(借金)を返済している自分がいるような気がしませんか?

自分の人生って・・・何のためにあるのだろうか? と感じてさえしまいます。
この「期間のこと」を残念に思うようになったら大変です。

秋田秀一
奨学金の返済負担が人生において「大きな足かせ」にならなければいいのですが。
もしあなたに毎月返済している奨学金がそれなりにあったとしたら・・・

もし、これを「ラクに」しかも「はやく」返していけたら、きっと
違う人生が選択できるかも知れない、と思うことはありませんか?

少しでも感じたことがあったなら・・・

そのお手伝いができるかも知れません。
 
奨学金返済・完済イメージ画像

矢印イメージ画像

 

奨学金の返済スピードをはやめるために!

奨学金の返済スピードをはやめるイメージ画像

奨学金をもっともっと「はやく」「ラクに」返済するための方策は・・・

それは・・・ズバリ・・・

副業です。
副収入=財布の入口を増やす、ということです。

給料は簡単には増えません。
仕事の業績・能力、会社全体の業績・・・いろんな要因が複雑にからんできます。

給料とは別に、財布の入口を増やすということを意図するなら、それは・・・どうしても副収入=副業、ということになります。

ということは・・・会社の就業規則で副業禁止されている方には不向きです。

奥さんや親兄弟が営んでいる商売のお手伝いの「ちょっとした協力」すらダメ、といったような立場の方にもお薦めできません。

奥さんが自宅で料理教室やピアノ教室をしている。
そのお手伝いでチラシをつくったり、ご近所に配布したり、といったようなことも絶対にダメ、できない、という方はあきらめてください。

秋田秀一
ただし・・・国が就業規則のモデルに副業を認める方向で入れ込みました。
それを受けて企業が副業を認める方向にどんどん動いてきています。
一度・・・じっくりと考えてみてもいいかも知れません。

奨学金を返済するための「毎月の給料」は、当然ある程度は一定です。
それを増やして、奨学金の返済を加速する、ということは簡単にはできません。

ここでご案内する「仕組み」は、あくまでも・・・財布の入口を複数にするための「仕掛けづくり」です。
 

具体的な【仕掛けづくり】とは?

私のネット通販のお手伝いをしてください。
お手伝いOKならイメージ画像
その協力のお礼として、継続的な報酬をお支払いさせていただきます、というものです。

最近ネットで流行りの「アフィリエイト」というヤツです。
ただし、パソコンもスマホもいりません、不要です。

秋田秀一
どんなものかと言うと・・・
三拍子そろった副業モデルです。【お手軽】【簡単】【即効性あり】!
■ 私のネット通販の商品ページを案内した「割引券」を配布してください。
■ その割引券から注文が発生したら・・・お礼(報酬)をお支払いさせていただきます。ありがたいことに・・・その商品はリピーターさまが定期・不定期的に購入してくださる「性質」の商品です。
⇒ ということは・・・ずっと継続報酬が期待できる、というものになります。
■ 配布していただきたい「割引券」は名刺サイズ大です。・・・重さわずか1gです。

理想としては職場などの身の回りや、
お友だちに配布を(その方の職場などで配布してと)お願いしてください。

さらには、あなたの行きつけのお店などに配布をお願いしたら、自分では何もしなくても「できてしまう」副業です。
ただし・・・行きつけ・知り合い・顔なじみのお店の方と良好な人間関係がないとダメだと思います。

そんな「うまい?話」があるものか、というご心配の方もいらっしゃると思います。
そんな声に応える形で全額返金保証を用意しました。

というか、不満足な時は参加費用を全額返金させていただきます。
自分には合わなかったら、上手くいかなかったら・・・全額返金保証を行使して今の状態に戻るだけです。

実は・・・その副業プログラムというのが・・・当副業専門学校で案内しているオリジナルの副業モデルです。

行きつけの飲み屋さんなどにお願いすることでできてしまう副業モデルですから・・・
中高年向きの副業として、気力・体力がどんどん落ちてくる人でもできる副業として構築しています。
アフィリ王子
ネット王女
もちろん若い人が参加しても構わないものですし・・・
貯金・貯蓄・投資という観点から老後資金などに興味のある若い人にもぜひ身近なこととしてみていただけたらうれしいですね。

秋田秀一
そのとおりです。(体力・気力の衰えつつある自分でも、これならできるよネ、という思いで構築しました)
詳しい説明ページを用意しています。
お時間のある方は【STEP1】【STEP2】【STEP3】をどうぞ。

時間のない方は・・・

⇒ 副業専門学校のオリジナル教材・オリジナル副業プログラム

を参照ください。

ただし・・・みんながみんな実行できるかというと・・・NG の方もいらっしゃいます。
それは・・・
 

奨学金をはやく完済してしまうための副業プログラム参加への前提条件【注意点】

奨学金をはやく完済するための副業プログラム参加NGイメージ画像

■ 自分でネット通販を利用して、その商品を職場に送付してもらう、というようなことができないような職場、許されないような職場の方は、たぶん・・・職場での仕掛けづくりができません。

■ 割引券の配布を「この割引券を配布して」とお友だちなどにお願いすることができない人は、別の仕掛けづくりをしなければなりません。

■ 行きつけのお店・顔なじみのお店などがない方は、お店の方に割引券の配布をお願いできないので、別のやり方を考えないといけません。
この仕掛けづくりまでが「できない」という人は・・・残念ながら・・・あきらめてください

【繰り返しになりますが・・・】
こういった「仕掛けづくり」ができそうにない、という方は・・・最初から断念されることを強くお薦めいたします。
 

もう一つの前提条件(こんな方は断念されることお薦めします)

奨学金返済をはやめる副業モデルへの参加できない人イメージ画像
■ キャッシング、リボ払い、カードローンの合計残高が100万円を超える人は・・・毎月の返済が、副収入で入ってくる金額よりも大きいままの可能性がありますので、どうぞご遠慮ください。

■ 奨学金の返済は、利息部分が少ないので奨学金の残高500万円までの方は副収入で入ってくるお金で十分に返済できる可能性があります。

繰り返しますね。
借金の残高100万円までの方で、クレジットカード等含む借金も、奨学金もはやく返したい、という方のみご参加くださいませ。

奨学金の場合は500万円までは「使える」可能性ありと思います。
 

奨学金をはやく完済することのメリット!

奨学金をはやく完済することのメリットイメージ画像

秋田秀一
奨学金に限らず借金は当初の返済期間(○年で返しますという約束)よりも、はやく返し終わることができればそれがいちばんです。

最終的に金利(利息)負担が減りますから「お得」なのは当然です。
それとは別に次のようなメリットがあります。

■ 借金が結婚の足かせとか、人生設計・人生創造において「新しいことへの投資」を躊躇・断念することの要因となっているとしたら・・・解放される!
■ マンション購入や住宅(自宅)新築などの時にローンを組む際に、より多くの金額を借りることができる!
■ (お子さまが奨学金を借りている学生さんだと)就職の時に「借金がある」ということで色眼鏡でみられる可能性がなくなる!

 

借金やクレジットカードの残高、キャッシング、カードローンなどは簡単に残高が増えるものです。
借金は雪だるま式に、というのはある意味事実です。

⇒ だからこそはやく完済して解放されることをお薦めします。

秋田秀一
奨学金があることで「自分は結婚なんかできない」なんて若い人が思っているとしたら・・・
ほんと不幸なことだと思います。

 

元銀行員という老婆心からのアドバイス

奨学金返済について元銀行員からのアドバイスイメージ画像

奨学金は
■ 実質的に自分で借入して、自分が返済している、という方もいらっしゃいます。
また
■ 親御さんが本人名義で借りて、本人に返済の支援をしている、という場合もあるかも知れません。

いずれにしても、社会に出てから本人が、支払いを続けていくことであることは間違いありません。
ずっとついて回るのです。

繰り返しますが・・・

社会人になって、いよいよ自分の人生を「まさに」創造している時に・・・「足かせ」がいつまでも自分の足につながっていたら大変です。

【ここでのまとめ】
・奨学金(借金)は、はやく完済するのが絶対にお薦めです。

返済促進の何かしらのお手伝いができましたら自分では幸せだと思っています。
ここで少しだけ私自身の話をさせていただきます。

私は元銀行員です。(約31年間、地方銀行に勤務しました)
支店長職も経験しました。
最終的には、個人ローン部門の部長職ということで卒業=退職することになりました。

定年退職後は、自分でネットビジネスをやってみたかったことから起業しました。(約5年前、55歳の頃の話です)

私もいつまでも「若く」はありません。
自分の経験が人さまのお役に立てる間は頑張ってみたい、との思いから・・・

借金関係の相談と、副収入(お小遣い)稼ぎのできる副業モデルをご提供させていただくことにしました。

それが当サイトてにご案内している副業プログラムになります。
ご縁ができましたらうれしい限りです。

もちろん借金についての話ですから、そういった世界とは無縁の方は・・・それがいちばんです。
借金は「ないにこしたことはありません」!

奨学金をはじめとして今現在において借金がある方は、どうぞはやく体質改善してください。

まったく異なる世界が目の前に広がりますから。
違う人生を創造してください。

応援しています。

⇒ お問い合わせ(ご相談)

秋田秀一
今や、国民一人ひとりに背番号がついている時代です。

マイナンバー制度はご存知だと思います。
また、納税者番号というものも存在します。

個人の情報が完全に管理されるような時代になりつつある、ということです。

まさか、とは思いますが・・・
そこまではいかなくても、奨学金があることで就職・転職などの時に、不利に働くようになったら不幸です。

もちろん表面的には「奨学金があるから不採用です」とは絶対に言わないと思いますが。
いろんな場面で、足かせやマイナス要因に働くとしたら本当に残念です。

秋田秀一
余計な心配ごとかも知れませんが・・・もし奨学金や借金があるとしたら・・・はやめに返し終わっていた方がいいかと思います。

元銀行員の老婆心からのアドバイス、でした。
 

まとめ・・・奨学金をはやく返し終わる、ことについて

奨学金繰り上げてはやく完済するイメージ画像

ご存知でしたか?

今や奨学金を借りている人の割合が2.7人に1人だそうです。
背景には親からの教育資金の援助が少なくなってきていることがあります。

景気低迷・給料の伸び悩み、(昔と比較しての)物価上昇等々から、これからも同じような傾向が続くかも知れませんね。

こうなってくると、勉強したくてもお金がないと勉強できないという感すらあります。

苦労して、仕送りをやりくりしたり、アルバイトしたりして、そして本来の勉強をして、社会に出ていくという学生の姿が・・・
違う姿になってきているのかも知れません。

今では、約3人に1人の人が、社会に出た瞬間から「借金=奨学金」という(ある種の)負の状態からのスタートを余儀なくされていることになります。

社会に出て働いて、資産形成していくのに・・・ゼロからではなくて、マイナスからスタートしていかなければならない、ということです。

社会に出てからも、学生時代の先行投資を「返済」していかなければなりません。

昔、高度経済成長期には、毎年毎年のベア(ベースアップ)が凄い時代がありました。
毎年毎年ベアが1万円、2万円アップしていましたから、毎月1万円、2万円の奨学金の返済なら何ごともなく返していけたりもしていたのです。

それが今では・・・

なかなか給料は増えない、物価も高い、一方で生活水準も下げたくない・・・
奨学金の返済負担が重荷になっている社会人の人も多いらしいですね。

思うようには増えない給料を補てんするには副業しかありません。
(もちろん就業規則で副業禁止をうたっている会社の方はそれを守ってください)

【まとめ】
・奨学金はできるだけはやく返し終わる(完済)ことがお薦めです。
・毎月の給料は簡単には増えていきません。(昇進・昇格や会社の業績なども関係してきます)
・もし副業が可能であれば・・・チャレンジして奨学金の返済スピードをはやめることも大切です。

 
まあ、最近では「アフィリエイト」なるキーワードも登場してきています。
ネットビジネスでの副業というヤツです。

もし、副業に興味がある、チャレンジしてみてもいいかなということ(特にその理由が奨学金の早期返済)であれば・・・)

【繰り返しますが・・・】
副業というか、副収入を得る方法・何らかの方法に取り組まれることをお薦めします。

奨学金の返済でご質問等がありましたら遠慮なくお問い合わせ(ご相談)ください。

⇒ お問い合わせ(ご相談)
 
【追伸】
奨学金の現況等についてまとめた記事もあります。

 


 

ここまで本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク



 

-借金・クレジット
-

Copyright© 副業専門学校 , 2020 All Rights Reserved.