give-give-giveイメージ画像

アフィリエイト

商売はgive-give-give! 【アフィリエイト・ネットビジネス】も同じ!

秋田です。

返報性の法則、返報性の原理という言葉を聞いたことがありませんか?
ズバリ・・・

人が何かをしてもらったら(相手の人に)何かお返しをしなくてはならない、という気持ち・心理状態になることを言います。
何かモノをもらったら(いただいたら)それこそお返しをしなければ、と普通の人は思うものです。

今回の記事は

・ブログ記事作成・サイト運営においてはgive-give-giveの精神!

について説明します。

ビジネスライクな言葉としてgive and takeというフレーズもあります。
それとまったく反対のことになります。
 

ブログ記事作成・サイト運営においてはgive-give-giveの精神!

givegivegiveイメージ画像

ネットビジネスなどで、情報を小出しにしながら・・・さらに詳しい情報や貴重な情報を知りたかったら・・・こちらを、といった仕掛けでお金を出してください、というビジネスモデルを展開しているケースがあります。

いわゆる出し惜しみして・・・その分をお金を払ってね、というヤツです。

昔はその手法が普通に通用していました。
でも無料でいろんな情報やノウハウ、さらにはツールなどがあふれる時代になりました。

ネットはまさに玉石混交ですが・・・最近では貴重な情報もたくさん目につくようになっています。
本物が無料で転がっているのです。

そんな中、出し惜しみ系でお金につなげようとするなら・・・
あの手この手で「煽る(あおる)」ことが必要になってきているのも事実だと思われます。

実際、ローンチといった手法での「煽り」もよく目にします。
同じような感じでサイト運営やビジネスモデルを構築しようとするなら、なかなか厳しい時代になってきています。

読者(消費者)の目が肥えてきたのです。
簡単には騙されないように学習してきている感じです。

ですから・・・
自分のブログに何回も足を運んでもらう、読者としてファンになってもらう、ためには「騙したり」「煽ったり」というような記事作成・サイト運営は逆効果なのです。

矢印イメージ画像

今や・・・ブログアフィリエイトやネットビジネスにおいては(これでもか、これでもかという具合に)相手に「与える」ことが大切なのです。

■ 貴重な情報・ノウハウ
■ ありがたいツール
■ 成果の出る、効果のある「やり方・手法」
なとを惜しげもなく提供することが「求められる」というか「当たり前」という時代なのです。

人はまず(ネット界においては)、相手の人間性を見ます。
人を判断します。

それから記事を、という時代になったのです。

秋田秀一
この人が書いた記事だから・・・信用できるかも、という流れです。

私も積極的に自分自身のことを開示しています。

give and takeから ⇒ give-give-giveの時代になった、といえるのです。

まとめ

give-give-giveまとめイメージ画像
(繰り返しますが)
いまや出し惜しみというスタンスでは人に評価されない、という時代になりました。
なぜなら・・・

貴重な情報やノウハウを無料で公開している人がたくさん登場したからです。
最たる例が「マナブ氏」だと思います。

マナブログで自ら実践追求したノウハウをすべて公開されています。
だからこそ支持されて毎月毎月1,000万円といった水準のお金を稼ぐことができているのだと思います。
(2020年1月頃の話)

この記事を目にするタイミングによってはマナブ氏の毎月の金額はさらに増えているかも知れません。

【まとめ】
・情報やノウハウは貴重であっても出し惜しみしない。
・提供する人が支持されて人もお金も集まるもの!(そしてさらに・・・)
・また新しい情報やチャンスが・・・惜しげもなく提供する人のところへやってくるもの!

だからです。
 

ここまで本当にありがとうございました。

 

【自社CM・オリジナル教材】
PC・スマホ不要。記事投稿不要。仕入・梱包・発送手続き不要・・・ツール一式用意


 

スポンサードリンク



 

-アフィリエイト

Copyright© 副業専門学校 , 2020 All Rights Reserved.