【将棋】8大タイトル戦の1つ・叡王戦~最後発のタイトル戦

秋田です。

将棋界8大タイトルの1つ、叡王戦についてご案内します。
最後発のタイトルで2015年からのスタートです。

主催(スポンサー)はdwangoです。

・3期まではトーナメント優勝者がタイトルホルダー。
・4期からは本戦優勝者が叡王に挑戦する形(今の形)になったもの。

 

目次

概要と過去の優勝者

[st-kaiwa1]全棋士参加+ト女流棋士1名+アマチュア1名の参加。
段位別予選 ⇒ 本戦 ⇒ 勝ち抜いた1名が叡王に挑戦する形。[/st-kaiwa1]

対局時間は・・・
■ 段位別予選・1時間
■ 本戦・3時間
■ 決勝7番勝負・1時間、3時間、5時間、6時間のいずれか(第1局の先手・後手で決める)

過去の叡王位獲得者

(敬称略)
第1期 山崎 隆之
第2期 佐藤 天彦
第3期 高見 泰地
第4期 永瀬 拓矢

【出典:将棋連盟】

 

王将戦のトーナメント戦イメージ図

全棋士参加+2名(女流とアマチュアそれぞれ1名)

■ 予選勝ち上がり16名+予選免除者8名(前期叡王戦ベスト4、タイトル保持者・・・)の計24名で本戦

予選

各段位別に予選を行います。

【4段戦】・・・勝ち上がった1名が本戦出場。
叡王戦予選4段戦イメージ画像

【5段戦】・・・勝ち上がった2名が本戦出場。
叡王戦予選5段戦イメージ画像

【6段戦】【7段戦】【8段戦】・・・それぞれ勝ち上がった3名ずつが本戦出場。
叡王戦予選6段戦イメージ画像

【9段戦】・・・勝ち上がった4名が本戦出場。
叡王戦9段戦イメージ画像

[st-kaiwa1]予選を勝ち抜くには、4回~5回、連続で勝ち続けないと勝ち上がりでの本戦に進出できません。[/st-kaiwa1]

矢印イメージ画像

 

本戦

一次予選を勝ち抜いた16名と、シードされていた8名の計24名でのトーナメント戦になります。
最後の2名により挑戦者決定戦は3番勝負です。

叡王戦本戦イメージ画像
 

まとめ

叡王戦まとめイメージ画像

本戦3番勝負で勝った方が叡王に挑戦することになります。

叡王に到達するためには10回近く連続で勝ってさらに7番勝負で4勝しなければなりません。
険しい道のりです。

【まとめ】
・叡王戦のタイトル戦は毎年4月~6月にかけて行われます。
・毎年6月から新たな予選がスタートして10月から本戦トーナメントがスタート。(翌年1月頃終了)
・翌年2月に3番勝負で挑戦者が決定します。

 

ここまで本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

秋田秀一と申します。銀行に31年勤務して定年退職後、二足の草鞋を履いています。副業・起業・借金(資金調達と返済)についてお手伝いできましたらうれしい限りです。⇒ プロフィール

目次
閉じる