コンテンツ発信イメージ画像


時代の流れは(最近では異常なくらい)速いものがあります。
特にネット時代になってからは、地球の裏側のニュースがあっという間に世界中を駆け巡ります。

コンピュータを始めとしてAIや検索エンジンなどの進化も凄いものがあります。
あまりいいたとえ話ではありませんが、犯人捜査の時の駅や街中のビデオ、
ドライブレコーダーなどの画像の精度や解析技術の進捗には驚かされます。

そして、ブログやサイトに集客しようと思っても・・・
他のブログなどと似たような記事・コンテンツの中身だったら、
検索エンジンから評価してもらえない時代です。

ブログアフィリエイトやネット通販、サイト・ブログでの自分の売込み、ブランディング
といったものにおいては、(最近では)非常にレベルの高い中身が求められる時代に
なってしまいました。

広告が消費者に届かない時代になってしまっている。

昔はテレビ・ラジオ、新聞・雑誌などに代表されるマスメディア、という呼ばれる業界の
広告で人は消費行動をうながされていました。

特に、モノがない時代には同じモノが圧倒的に売れていました。
まさにベストセラーというヤツです。

やがてネットの登場と人と違う個性を大事にするという意識も、どんどん浸透して
同じモノが(昔ほど)爆発的に売れるという時代ではなくなりました。

情報があふれかえっています。
氾濫という言葉がふさわしいと思えるほどの情報が飛び交っています。

だからこそ「おまとめ」「とりまとめ」といったようなサイトすら
誕生してきている時代です。

それとネットやSNSの進化・発展・普及とあわせて、
人は一方的なメディアやメーカーからの『お薦め=広告』を信じなくなってもいます。

人は検索という行為から必要な情報を仕入れて、自分で判断します。

つまり、消費者が求めているものが、満足してもらえるものを、
(価値判断の一歩手前の情報ベースであっても)
ネット上に存在するものの中から、検索して、それを判断材料にしています。

そして・・・その情報が信用に値する、となってはじめて行動に移ります。
ということは、消費者にとって必要な情報を用意しておかなければ、お店に入ってきてさえ
もらえない、ということにもなります。

そんな時代だからこそ、コンテンツマーケティング、という言葉・概念が登場してきた
のかも知れません。

オリジナリティのないブログ・コンテンツは評価されない?

実際、コピペというのは問題外ですが・・・
今の検索エンジンの人工知能・AIのレベル・水準は凄いものがあるようです。

そして毎日毎日、1分1秒、どんどん進化・発展し続けています。
もはや人間が追いつけるレベルではありません。

信じられないくらいのレベル・水準だと認識しておいて間違いありません。

ブログアフィリエイトやネット通販などを後発でやる場合には、
先発組と同じような内容の記事やコンテンツだと、どうしても評価が落ちると言われています。

二番煎じ、真似、だと認識されるのでしょうね。
残念ながら、です。

もし、検索エンジン側から「こいつは、○○の真似、コピーだ」とみられてしまったら・・・
ある意味「犯罪者」扱いです。

評価が落ちるのは当然でしょうね。

芸能界などといっしょです。
同じようなキャラだと、片方がいれば、残りは不要な世界だというのは納得できます。

キャラが被るのはNGです。
他のブログやサイトと似たような、同じような、という世界は(特に後発だと)
先発組を超えることは非常に大変なことなのです。

あなたが会社の人事担当だとしましょう。
上司から、多彩な人材をリクルートして欲しいという指示はあっても・・・

あなたと同じような人物だけを採用して欲しい、ということはないと思われます。
(会社・企業が生き残っていくためには、多彩な人材が必要なのです。
同じような人材ばかりだと弱点が改善されないし、新たな発展が期待できないからです)

これと一緒です。

会社が存続するためには、いろんな人材を求めるように、
検索エンジンも検索キーワードに対していろんなサイトを示してやりたい、
というのは自明の理です。

同じようなサイトだけを検索結果に表示するのは利用者にソッポを向かれることになります。
そうなると誰も広告を見てくれません。

となれば・・・スポンサーが離れる=売上減、ということにつながるからです。

いかに個性・オリジナルが大切か、ということになります。

理想は自分がオリジナルのコンテンツを発信し続けること! でも続かない!

コンテンツの質とともに、オリジナリティが求められるのは理解できます。

でも、自分一人でそれをやるとすると・・・どうしても一定量のコンテンツを充実させるのに
時間が足りなかったします。

何といっても1日は24時間ですし、1年は365日しかないからです。

さらに、私たちはロボットではなくて生身の人間です。
体調のよし・わるし、気分のいい日・乗らない日、疲れた日、さぼりたい日、楽(ラク)したい日・・・

そんな人間ならではのポイントをクリアするための方法は何だと思いますか?
あなたなら、そんな状況の時はどう考えますか。
どんなことを発想しますか。もちろんクリアするために、です。

外注化するか、コンテンツ作成の時間短縮をはかるかを徹底するか、しかない!?

いちばんいいのは・・・
自分と同じ人間が、あと1人、あと2人・・・いれば良いのです。

自分の思い・意図を汲んでくれて、考えたとおりに「仕事」をこなしてくれる、
そんな存在がいてくれたらいちばんです。

でも、そんな人物は存在しません。
雇うか、外注するか、あくまでも頑張って自分でやるか・・・しかないのです。

コンテンツ外注化のメリットとデメリット

メリット デメリット
・2倍、3倍のスピードで仕事がはかどる。
・自分が苦労しなくてもいい。
・他のことにエネルギーを向けられる。
・専属のライターならいいけど・・・複数のライター、その時々の依頼だと発想・記事の内容に一貫性がなくなる。
となればオリジナルと言えなくなる可能性あり。
・コストがかかる。
・どこかのサイトからのコピペでないか、のリスクがある。

自分がどこを、いつの時点で目指すのか、
いついつまでに、どこまで到達したいのか、

最終的なビジネスのイメージをどこに置いているのか・・・

といったことで変わってくるかも知れませんが、ぜひ一度はじっくりと
自分自身を振り返ってみてはいかがでしょうか。

もし、一貫性にこだわりたい、オリジナリティにこだわりたい、
外注しても自分で『見直したり』『チェックしたり』する必要があるのであれば・・・

自分でコンテンツ作成・発信をする方がいい、そうしたい、という人は、その方がいいと思います。
お薦めです。

そんな方には、時間短縮についての次のテーマです。
ぜひ、時間短縮について思考してみてください。

記事作成においての時間短縮のやり方・工夫

あなたが、何らかのキーワードやテーマから記事を作成する、パソコンのキーボードから入力する、
というのは時間がかかると認識しているかと思います。

それなら、文字入力よりも速い方法を探しましょう。

文字入力よりも速いのは、口述です。
しかも、口述は(いくら口から出まかせがあっても・苦笑)・・・
あなたが口述したものはあなたのオリジナルのものです。

ですから、口述したものを文字化する、という流れでもオリジナルの文章、
コンテンツをつくることができます。

日常の会話を思い出してください。

あなたは友だちや誰かに質問されたら
(答えられる範囲の内容なら)
ちゃんとアドバイス・回答するはずです。

あまり悩むことなく回答できたりもするはずです。

書く、入力するよりも会話する(口述する)方が圧倒的に簡単だからです。
しかも、口から出てくる文章・会話は、オリジナルです。

このスタイルにしてコンテンツの作成をする方法があります。
これだと、口述そのものは2分、3分でできてしまいます。

次のステップ・・・文字起こしソフトを利用してみる。

入力するのが面倒、手間ひま・時間がかかる、というのであれば、
文明の利器を利用しましょう。

文字起こしソフトがあります。
ただし利用については要領がいるかも知れません。

実際、私は声を『文字起こしソフト』に聞いてもらって
文字化・文章化したことがあります。

それなりに評判のいいソフトだったのですが・・・

・割とゆっくり、大きめの声で話さないといけない。
・「あー」とか「うーん・・・」といったような言葉を入れると誤訳される可能性が高くなる。

といったことはあります。
ですから、しゃべるための工夫というか、自分のくせを排除する必要性も出てきます。

さらに、面倒なことは・・・
結構、間違いがあります。

なので最終的には、録音した口述を何回も聞きながら(補正・修正のために)文字を入力して、
文章化する、仕上げるという作業が発生してしまいました。

私の場合は、文字起こしソフトを使った方が、できあがりが遅くなりました。
それで、断念した経緯があります。

文字入力が遅い人や苦手な人は・・・
口述からの文字起こし、という流れでオリジナルコンテンツを作成することもできます。

番外編

(お金のかかる外注化です)
文字起こしを他の人間に依頼または、外注化する手もあります。

ただし、記事数が増えるにつれていくらでもコストが増大します。
(自分の会社に雇っている人を使う、ということであれば給料以外にはコスト増とはならないかと思いますが)

外注化してコンテンツをつくってもそれがSEO・集客アップ、さらには売上アップ・収益アップに
つながるかどうかは、また別問題です。

コストをかけて外注で作成したコンテンツが、あまり効果がない、ということも起こりえます。
そこのリスクも十分に意識しておいてください。

質問を、テーマ・キーワードを、用意する(考えつく)方法!

ブログアフィリエイトで記事を投稿していると、題材・テーマが切れることがあります。
何といっても一人の人間が考えていることですから、簡単には発想が広がるわけではありません。

アイデア、タネが尽きるのは当たり前のように起こり得ます。

そんな時にどうするか、です。
しかも、ある程度、集客やそこからの収益アップを考慮するなら・・・
狙いとするターゲットが欲しい情報を提供しなければ集客にはつながりません。

しかも、何時間も時間をかけてもいい、というような話ではありません。

できれば毎日5分程度で、質問(テーマ・キーワード)と回答の青写真を用意して、
それに対しての回答を口述またはキーボードからの入力でコンテンツを仕上げなければなりません。

5分、10分程度で、しかも自分の手でつくりあげる方法を考えてみましょう。

テーマ・質問を(しかも最近のヤツを)見つけてくる方法!

ちまたでは、某知恵袋とか、教えて!某、から悩みごとなどを見つけてきて、
それをテーマやキーワードにしてブログをつくりこんでいく、コンテンツを充実させる、
というノウハウがいわれたりもしています。

これだと、自分がイメージしているような質問はあまりない、というのが実情かと思います。
ママ友レベルでの相談ゴトなどは日々新しい話題が取り上げられていたりもするようですが・・・

テーマ・キーワードによっては何年も前に質問事項が(下手すると時代遅れ的になったままで)
ランキング上位に挙がっていたりします。

あなたが稼ぎたいと思っているテーマやキーワードからの質問を探すなら・・・
情報商材のASPから探す方がお薦めです。

たとえば・・・

この商材を使うと・・・
こんな悩みが解決します。
こんな未来が待っています。
こんなこともできるのです。

今のこんな苦労から解放されますよ、
楽になってください。

といったようなフレーズを見つけることができます。

ということは、(売れている商材なら)それで困っている人がたくさんいる、
ということの裏返しでもあるのです。

その層にアピールできるようなコンテンツを用意すれば
それが検索エンジンに評価されれば、
おのずと集客につながってきます。

余計なことかも知れませんが・・・

情報商材を販売する側、プロモーター側は
売れている商材を徹底的に研究して、
その商材を求めている層にさらに魅力あるコンテンツをプラスして
新しい商材をつくりあげる、ということもするのです。

そういった調査に何日もかけるということも聞いたりします。

まあ、今回のブログ記事についてのやり方においては、そんな何日も時間をかける
というところまではやる必要はありませんが、
少しは(流し読みするくらいの)時間をとって、テーマやキーワードを見つけてもいいかと思います。

日頃からそういった商材をチェックするくせをつけておくといいですね。

そうやって探した・見つけたキーワード・テーマで質問を想定して、
次は口述しましょう。

ズバリ、音声データそのものをコンテンツ、とする方法もあります!

文字入力したコンテンツがメインではなくて・・・
メインは、あなたの音声データです。

あなたオリジナルの言葉で、オリジナルの内容で発信します。
そして、もし可能であれば、それを全部または一部なりを、文字化します。

文章化するためのツールとしては、前述のソフトのみならず、無料のアプリなどもたくさんあります。
いろいろと試して自分にあったものを利用してみてください。

ただ、根本的なところは5分、10分レベルでコンテンツを作成、充実させる、
というのが狙いです。
そこだけは忘れないでください。

番外編(質問を用意してもらう)

質問も人工知能に考えてもらう手があります。

今や、人工知能が身近なところにいる時代です。
スマホの中に、Siriという存在もいます。

この人工知能・AIに、テーマというか、トピックというか、キーワードというか・・・
自分で答えられそうな質問事項を探してもらって提供してもらうのです。

あなたはそれに回答するだけです。
口述で回答して、文字化したり、音声データとしてコンテンツに利用したりする
ことでオリジナルのコンテンツが仕上がります。

「○○については困っている○△な人たちに、アドバイスしてあげる」という設定を
わざと、つくりだすのです。

人工知能に自分に合った質問を探してきてもらう、考えてもらう、というものです。

※ただし、私はこのやり方を自分で試したことはありません。
なぜなら、人工知能との会話に「ある種の抵抗感」を覚えているからです。

個人的には人工知能との関わりは避けたい、という思惑からです。

この当たりは自己責任でお願いします。

まとめ・・・オリジナルコンテンツは、最終的には自分自身!

楽して、自分オリジナルのコンテンツを、時間をかけずに(5分程度)
ブログやSNSで発信する、というテーマでまとめてみました。

スマホで質問事項を探して(またはAIに探してもらって)
その質問事項の中から適当な質問を選んで、回答。

回答は口述でスマホに録音。

スマホのアプリなどで文字に起こして・・・

それをブログ記事やSNSで発信。
(もちろん質問と用意する回答は複数でも構いません)

オリジナルのコンテンツのできあがり、です。
出来る人なら試してみられてもいいかと思います。

※注意:私はキーボードからの入力派です。
上記のやり方を実践したことはありません。

ただし、文字起こしソフトは所有していますし、実際に活用したことはあります。
でも、キーボードからの入力の方がはやかったというのが実感でした。

※お手軽・簡単に5分で・・・ということで、質問も人工知能に探してもらう、
というやり方をご案内しましたけど、実は、それだと他の人も考えつくことです。

それよりは、質問やテーマ・キーワードを見つける時には
特にお金を稼ぐための副業としてのブログなら、情報商材のセールスレターから
ヒントを見つけるくる、というやり方もぜひトライされてみてください。



ブログで毎日毎日、読者のためになる記事を投稿し続けることさえすれば、
読者は増えて、ファンになったもらえて、そこからいろいろなビジネスが展開できます。

自分のコンテンツ(情報商材)などを購入してもらえます。
売上増、収益アップにつながるのです。

みんなそれは分かっています。
なのに、やらない・できない・・・なぜなのでしょうか。

人間、誰しも楽(ラク)したいものですし、成果・結果がでなければ
熱意・やる気が薄れていくのは仕方がありません。

だからこそ、長続きした人が、頑張った人が、挫折しなかった人が、
それなりのリターンを手にできるのだと思います。

もし、あなたにリターンが欲しい、稼ぎたい、という思いがあるとしたら
ある程度は、『やらないといけない』ということになります。

逆に、違うお金儲け、お金稼ぎから入って
ある程度のリターンを早々に手にすることで、そこからさらにギアチェンジして
(当然、稼げたら「もっと」という動機づけにはなります)
稼げるステージに、財布の入口が増えるようなやり方に、取り組むという手もあります。

実際に稼げたことが次なる情熱・熱意・やる気につながる、そして・・・
お金儲けがスピードアップする、という流れです。

そんなことを意図したい、企みたい人にピッタリの副業モデルもあります。
私が構築した55歳の定年退職後の副業モデルです。

何といっても55歳というか、中高年になれば体力・気力が低下します。
身体にムリがききません。

そんな人たちに、毎日のように質の高いコンテンツ・ブログ記事(3000文字~1万文字)を
書き続けてください、というのは酷です。

それをクリアした副業モデルです。(そんな副業プログラムがあります)
興味のある方はどうぞ探してみてください。
(もちろんお問い合わせしていただけたら、ご案内させていただきます)

忘れて欲しくないのは・・・

人と違うことをする、違う方向を目指す・・・
それが反対側をいくことになる、(やがては)オリジナリティの世界・個性となる、ということです。

もし、これを遠回りか近道か、でいうと、
きっと近道になるはずです。